トラマール SR - 持続タイプ(トラマドール)50mg

1160 円!! 市販では入手困難な、強い痛みに効力の高い即効性鎮痛剤!依存症、重度の副作用を起こす可能性が低いと言われている弱オピオイド系鎮痛剤!

Tramal SR (Tramadol Hydrochloride) - 50mg (20 Tablets)

[ 20錠 ]

1160 円

【現在、在庫切れとなっています】


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

「有効成分」

塩酸トラマドール(Tramadol hydrochloride)

 

「同一成分含有商品」

トラマール‐即効タイプ(トラマドール)50mg (20カプセル) 1690 円
Tramal (Tramadol Hydrochloride) - 50mg (20 Capsules)

トラマール SR - 持続タイプ(トラマドール)50mg (20錠) 1160 円
Tramal SR (Tramadol Hydrochloride) - 50mg (20 Tablets)

トラマール SR - 持続タイプ(トラマドール)100mg (20錠) 2060 円
Tramal SR (Tramadol Hydrochloride) - 100mg (20 Tablets)

トラマール SR - 持続タイプ(トラマドール)150mg (20錠) 3130 円
Tramal SR (Tramadol Hydrochloride) - 150mg (20 Tablets)

トラマール SR - 持続タイプ(トラマドール)200mg (20錠) 3770 円
Tramal SR (Tramadol Hydrochloride) - 200mg (20 Tablets)

トラマザック-即効タイプ(トラマドール)50mg (10カプセル) 980 円
Tramazac (Tramadol Hydrochloride) - 50mg (10 Capsules)

トラマシップ-即効タイプ(トラマドール)50mg (10カプセル) 890 円
Tramacip (Tramadol Hydrochloride) - 50mg (10 Capsules)

トラマドール ‐ 即効タイプ 50mg (100カプセル) 8980 円
Tramadol Hydrochloride - 50mg (100 Capsules)

 

「製造国」

ニュージーランド・オーストラリア市場向け

 

「製造元」

CSL

 

「使用量」

トラマール SR持続性-50mgを1日2回(朝夕)、食前または食後に2錠(トラマドール塩酸塩として100mg)を服用します。最大服用量は1日8錠(トラマドール塩酸塩として400mg)までとしてください。

噛みくだいたり溶かしたりしてしまうと鎮痛物質が急激に作用して副作用が現れる場合があるので、必ず水と一緒に飲み込むようにしてください。

 

「商品詳細」

トラマール SR 50mgの有効成分であるトラマドール塩酸塩は、中等度から高度の痛みに効力を発揮する、オピオイド系鎮痛剤です。このオピオイド系鎮痛剤にはがん性や術後などの中等度以上の痛みに使用されている鎮痛効力の高いコディンやモルヒネも含まれています。

オピオイド系鎮痛剤は中枢神経および脊髄に存在し、痛みを伝達する機能を持つオピオイド受容体に作用することによって鎮痛効果を発揮します。しかしこの『オピオイド(麻薬系)』という名称が示唆するように、使用過多による依存性、耐性、吐き気や嘔吐、、めまい、眠気、便秘および排尿障害、呼吸抑制などの副作用の危険性も見落とすことはできません。

トラマドールはオピオイド系に分類されていますが実際には弱オピオイド系、つまりオピオイド受容体を部分的にのみ活性させる薬です。つまり、モルヒネなどの強オピオイド系のように受容体から発せられる痛みの伝達を完全にブロックさせるよう作用するのではなく、伝達を抑制させるように作用します。そのため鎮痛剤として有効限界があり、有効限度がないために鎮痛作用があるまでの使用ができるモルヒネなどの強オピオイド系に比べて、依存症や重度の副作用が現れる可能性は低いとされています。

通常、ほかのオピオイド系鎮痛剤とトラマドールとの効力比は経口服用の場合でコディンの2倍、モルヒネの1/5倍と考えられています。

 

「他の商品との比較」

トラマール SR 50mgと同様の持続性の薬としてトラマールSR 100mg、トラマール SR 150mg、トラマール SR 200mgがあり、即効性のものとしてはトラマール 50mgが販売されています。

トラマドール塩酸塩を有効成分とするそのほかの経口鎮静剤としてはタイのUnison Laboratories Co.,Ltd.で製造されているセフマール(Sefmal)50mgがあります。

アメリカやカナダではウルトラム (Ultram)のブランド名で販売されています。

トラマール SR 50mgと同様にトラマドール塩酸塩を有効成分とする鎮痛剤は、日本では日本新薬がトラマール注100の名前で非経口薬(注射)として製造、販売しています。これは1管2mLにトラマドール塩酸塩を100mg含み、10管1セットとなっています。

 

「特別な注意」

モルヒネなどのほかのオピオイドに対して過敏症の方、呼吸器に障害のある方、発作、けいれん、ひきつけの既往歴のある方、頭部内外に損傷、病変のある方、胃・腎臓・肝臓・すい臓に障害のある方、薬やアルコール依存の方、ガラクトース不耐症、ラクターゼ欠乏症、グルコース・ガラクトース吸収不良症の方、または睡眠薬、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)および三環系の抗うつ薬、抗精神病薬、不整脈の薬、抗けいれん剤などほかの薬剤との併用する場合は事前に医師に相談してください。

薬や、モルヒネ、コディンなどのほかオピオイド類、そしてそのほかの物質に対してアレルギーのある方、アルコールなど正常な意識の保持に影響を与える物質を大量に摂取した場合、Nardil、Parnateなど、MAOIとして認識されているモノアミン酸化酵素阻害薬を含んだ抗うつ剤を服用後および服用後2週間以内の場合、麻薬依存症の治療中の方はトラマール SR 50mgの服用は避けてください。

12歳未満の子供へのトラマール SR 50mgの使用は安全性が確立されていないため極力避けるようにしてください。

75歳以上のお年寄りへは1日に服用するトラマール SR 50mgの量を少なくする必要がある場合があります。

妊婦および妊娠している可能性がある方、授乳中の方、車の運転前、麻薬依存症の治療を受けている方はトラマール SR 50mgの服用を避けてください。

トラマール SR 50mgは服用する量を守って使用している際には依存症になる可能性は極めて低いとされています。ただし長期にわたる使用を突然止めた場合には軽度の禁断症状が現れる場合もあります。

 

「他の薬との併用」

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)および三環系うつ薬、抗精神病薬、不整脈の薬、抗けいれん剤などほかの薬剤との併用は中枢神経系、呼吸器系、心血官系における重度の副作用のおそれや、熱、興奮、混乱、下痢、バランスや歩行困難などのセロトニン症候群が現れるおそれがあるので、使用前に必ず医師と相談してください。

 

「誤って大量に服用した場合」

直ちに病院に相談し、医師の診断を受けて下さい。 

大量に服用した場合、発作、けいれん、呼吸抑制などの症状が現れる場合があります。

 

「服用し忘れた場合」

気づいたときに服用し、次の服用との間隔は12時間以上あけるようにするか、医師の指示に従ってください。

 

「副作用」

トラマール SR 50mgの有効成分であるトラマドールは弱オピオイド系のため、報告されている副作用は軽度かつ短期間で消失するものがほとんどです。 具体的にはめまい、鎮静状態、頭痛、便秘、吐き気、嘔吐、口の乾燥などが挙げられます。

ただし紅斑、かゆみを伴う発疹、はれもの、まぶた、顔、唇のはれ、胸部絞扼感、喘鳴、胸部の痛み、動悸、めまい、衰弱、幻覚、けいれんなどの症状が現れた場合にはすぐに医師の診断を受けてください。

 


 

「この商品に関係するニュース・記事」

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト....   続きを読む

 

2013-10-16
トラマドールとは何であるか?(ライブサイエンスより) - トラマドールとは、オピオイド鎮痛薬として知られているタイプの鎮痛剤で(ウルトラム(Ultram)、ダロマドール(Dromadol)、ラリビア(Ralivia)、その他いくつかの製品名で販売)、モルヒネ、コデイン、ヒドロコドンなどのアヘン剤と化学的に....   続きを読む

 

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン....   続きを読む

 

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類....   続きを読む

 

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性....   続きを読む

 

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与....   続きを読む

 

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。....   続きを読む

 

2011-11-03
トピラマートとクエチアピンの併用により青年期の双極性障害患者における大麻使用が減少(クリニカル・サイカイアトリー・ニュースより) - 患者75人を対象とした試験に基づき、大麻(カンナビス)の使用頻度が高いと報告した双極性障害(躁鬱病)の青年(12歳~19歳)に対するトピラマートとクエチアピンの併用療法は忍容性が良好であったことが....   続きを読む

 


  続きを読む