ダフロン500(ジオスミン/ヘスペリジン)450mg/50mg

1670 円!! 柑橘系由来のフラボノイドとミカン由来のポリフェノールが有効成分!静脈を強くして、血行を促進!慢性静脈不全のほか、慢性や急性のイボ痔にも効果を発揮する治療薬!

Daflon (Diosmine/Hesperidin) - 450mg/500mg (60 Tablets)

[ 60錠 ]

価格:1670 円

数 量 :    ご注文手続き完了後1ヵ月~1ヵ月半で入荷予定となります


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

「有効成分」

ジオスミン/ディオスミン(Diosmine)

ヘスペリジン(Hesperidin)

ミカン科:ジオスミン/ディオスミン、ヘスペリジンなど(Rutaceae)

 

「製造国」

トルコ

 

「製造元」

Servier Laboratories Pty. Ltd.

 

「使用量」

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

●慢性静脈不全
通常、成人は1日2錠を食事と共に経口服用します。

●慢性痔疾患
通常、成人は1日2錠を食事と共に経口服用します。

●急性の痔核
通常、成人は1回3錠を1日2回4日間継続服用した後、1回2錠を1日2回3日間服用します。その後は1日2錠を経口服用します。

 

「商品詳細」

ダフロン500mgは、慢性静脈不全における脚のむくみ、痛み、熱感、夜間のひきつりなどのほか、慢性および急性の痔核症状の治療に使用される薬です。

慢性静脈不全は、静脈の流れが慢性的に悪くなることで血液がうっ滞し、静脈血が心臓に送られにくくなるために下半身を中心にさまざまな症状が現われる疾病です。
この慢性静脈不全を引き起こす原因のひとつに、深部静脈血栓症(DVT)があります。脚には皮膚の下の脂肪層にある表在静脈と筋肉内にある深部静脈が通っており、このうち深部静脈は主にふくらはぎの筋肉と血管弁の働きにより血液を上方へ送るという重要な役目を持っています。ところが同じ姿勢を長時間続けたり、医療行為における静脈の損傷、脱水症状、妊娠などが原因となって深部静脈に血栓ができることがあります。これを深部静脈血栓症と言い、血行が悪くなるためにしびれやむくみ、痛みなどを引き起こします。
これ以外に、下肢静脈瘤も慢性静脈不全の大きな原因です。下肢静脈瘤は男性よりも女性に多くみられる血管疾患で、成人女性の約43%に認められています。運動不足や立ち仕事などの要因により血管弁に異常が起こるために、本来であれば逆流しないはずの血液が逆流して脚の静脈に血が溜まり、血管が拡張します。そのため外見的にコブのようになり、足のむくみ、血管がデコボコに浮き出る、足がつる、足が重くなるなど、さまざまな症状が現われます。一度壊れた血管弁は自然修復しないため、下肢静脈瘤も自然治癒しません。
深部静脈血栓症を放っておくと血栓が血流に乗って肺に送られ、肺塞栓症を起こして呼吸困難や心肺停止の原因になることがあり、また下肢静脈瘤は皮膚炎、潰瘍、色素沈着などを誘発することがあります。

一方、痔核はイボ痔とも呼ばれる痔で、肛門部周辺にある痔静脈という静脈が圧迫され、血液の流れが滞るなどによってコブができることで発生します。
人類が二本足で直立するようになって以来、肛門は常に心臓より低いところに位置しているため、痔静脈への圧力が高くなっています。そのため、立ちっぱなしや座りっぱなしなど、長時間同じ姿勢を続けていると痔静脈への圧力がさらに高くなり、痔核が起こりやすくなると言われているほか、年齢、遺伝、食習慣なども関係していると考えられています。
痔核は、その発生する位置により外痔核と内痔核に分かれ、外痔核の場合は痛みを伴いますが、内痔核の場合はほとんど痛みがありません。しかし症状が進行していくにつれて痔核が肛門の外にまで出てくるようになり、痛みを感じるようになります。

慢性静脈不全と痔核のいずれも基本的には静脈の血流が原因であり、静脈の状態を改善することが治療のポイントになります。ダフロン500mgは静脈を強化するだけでなく、抗炎症作用などを発揮することで慢性静脈不全の症状や痔核を効果的に治療する薬です。
ダフロン500mgの有効成分のジオスミン/ディオスミンは、柑橘類から抽出されるほか、ビタミンの仲間でありミカン由来のポリフェノールでもあるヘスペリジンからもつくられるフラボノイドのひとつです。血行を促進して毛細血管を強くする以外にも、毛細血管の適度な透過性を保つ働きがあるとされているだけでなく、優れた抗炎症作用や抗酸化作用により慢性静脈不全の症状や、痔核に伴う肛門の痛み、はれ、不快感を効果的に抑えます。

 

「他の商品との比較」

静脈を強化し、血行を促進します。

副作用やほかの薬との飲み合わせの心配がほとんどありません。

ジオスミン/ディオスミンは、海外ではサプリメントとしても使用されています。

ヘスペリジンはビタミンPのことで、ミカン由来のポリフェノールです。毛細血管の強化、血管コレステロール値の改善、血流改善、抗アレルギー作用などがあると言われています。

 

「特別な注意」

ダフロン500mgの服用に関して、特に注意は報告されていませんが、ほかの薬剤と併用する際は事前に医師または薬剤師に相談するのが望ましいとされています。

妊娠中の人または妊娠の可能性のある人は、事前に医師または薬剤師に相談してください。

授乳中の人の服用に対する安全性は確立していません。

 

「他の薬との併用」

ほかの薬剤とダフロン500mgを併用に関して、特に注意は報告されていませんが、ほかの薬剤と併用する際は事前に医師または薬剤師に相談するのが望ましいとされています。

 

「誤って大量に服用した場合」

医師の診断を受けてください。

 

「服用し忘れた場合」

気付いたときにすぐに服用してください。
次回の服用時間が近い場合は、服用し忘れた分は飛ばして、次回分から服用してください。2回分を1回に服用することは絶対におやめください。

 

「副作用」

ダフロン500mgを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

●主な副作用
胃腸障害、自律神経障害

 

「この商品に関係するニュース・記事」

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。  
> 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト....  
> 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン....  
> 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類....  
> 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性....  
> 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与....  
> 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。....  
> 続きを読む


 
> 続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。