ニューロフェン(ヌロフェン)風邪&インフルエンザ薬(イブプロフェン/塩酸プソイドエフェドリン)200mg/30mg

1960 円!! 海外ではポピュラーな風邪やインフルエンザの常備薬!鼻の通りをよくするほか、鎮痛・抗炎症成分も配合!頭痛、のどの痛み、発熱、鼻づまりなどの症状を素早く緩和します!

Nurofen Cold & Flu (Ibuprofen/Pseudoephedrine Hydrochloride) - 200mg/30mg (24 Tablets)

[ 24錠 ]

価格:1960 円

X 【現在、在庫切れとなっています】


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

「有効成分」

イブプロフェン(Ibuprofen)

塩酸プソイドエフェドリン(Pseudoephedrine Hydrochloride)

 

「製造国」

イギリス(トルコ市場向け)

 

「製造元」

Reckitt Benckiser

 

「使用量」

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の使用においては医師の指示に基づき、適切な量を使用するようにしてください。

通常、成人は1回1-2錠を1日最大3回経口服用します。

・服用間隔は少なくとも4時間はあけてください。
・24時間以内の服用量が6錠を超えないようにしてください。
・食中または食後に服用するのが望ましいとされています。

 

「商品詳細」

ニューロフェン風邪&インフルエンザ薬は作用の異なる2つの成分を配合した薬で、主に風邪やインフルエンザに伴う発熱、頭やのどなどの痛み、鼻づまりなどの症状をやわらげる効果を発揮します。

一般に「風邪」と呼ばれている疾患は正式には「風邪症候群」と言い、普通感冒、インフルエンザ(流行性感冒)、咽頭炎、気管支炎など、主に上気道の急性の炎症を指します。いずれも原因はウイルスによる感染がもっとも多くて全体の80-90%を占めており、そのほかの原因としては寒さ、アレルギー、細菌感染などがあります。空気中に浮遊しているウイルスが吸い込まれて鼻やのどに付着し、そこの粘膜で増殖して炎症を起こします。例えばこの炎症が鼻の粘膜で起こると鼻水や鼻づまり、のどの気管支に達した場合は咳やたんなど、ウイルスの種類や感染する場所によって出る症状は異なります。

普通風邪は鼻風邪やのど風邪のことで、5-6日の潜伏期間を経て発症します。くしゃみ、鼻水、鼻づまり、のどのいがらっぽさなど、主に鼻やのどの粘膜の異常がみられますが、高い熱は出ず、頭痛や全身倦怠感などの全身症状も軽いのが特徴です。
一方のインフルエンザは、流行性感冒とも呼ばれているように冬に流行しやすい病気です。感染後1-2日で発病し、38度以上の高熱に伴う悪寒、頭痛、筋肉痛、関節痛などの全身症状があらわれるほか、上気道に炎症が起こることもあります。

これらの症状を引き起こす原因のひとつがプロスタグランジンという物質です。人間のほとんどの組織や器官、体液に存在して血管の収縮・拡張、胃液分泌の調節、腸管収縮、子宮筋収縮、血小板凝集などの生理活用作用をしており、痛みや発熱、炎症の発生にも深く関わっています。何らかの原因で組織に損傷が起きると細胞膜にあるリン脂質がアラキドン酸に変わり、これにシクロオキシゲナーゼ(COX)-2という酵素が作用することによってプロスタグランジンがつくられ、炎症を引き起こします。このCOX-2は別名「炎症性COX」とも呼ばれ、炎症が発生すると産生が亢進されるという特徴があります。またCOX-2は血管内でアラキドン酸に作用して痛みの原因となるブラジキニンという物質を生成しますが、プロスタグランジンはこのプラジキニンに働きかけ、さらに痛みを増強させます。

このCOX-2を含むすべてのシクロオキシゲナーゼの作用を阻害するのが、ニューロフェン風邪&インフルエンザ薬の有効成分のひとつであるイブプロフェンです。これにより痛みやはれ、炎症、熱が抑えられるほか、体温の上昇と関連のある脳内のプロスタグランジンの増加を防いで体温を低下させる働きも持つことから、その結果として熱も下がります。
またニューロフェン風邪&インフルエンザ薬のもうひとつの有効成分である塩酸プソイドエフェドリンは、充血除去剤と呼ばれる薬の一種です。鼻の粘膜は、スポンジ状の血管が粘膜の中に存在するためはれやすく、ここに炎症が加わると血液がうっ滞して鼻づまりを引き起こします。血管の収縮をつかさどるα受容体を刺激し、鼻粘膜の容積血管を収縮させることで鼻づまりの症状を改善させるのが充血除去剤です。即効性にすぐれ、薬剤中でも確実な効果が期待できると言われています。

ニューロフェン風邪&インフルエンザ薬は、イブプロフェンとプソイドエフェドリンの2つの成分がより素早く確実な効き目をあらわすため、オーストラリアやイギリスなどでは常備薬として一般家庭に置かれているほどポピュラーな薬です。

 

「他の商品との比較」

抗炎症鎮痛成分のイブプロフェンと、充血除去成分であるプソイドエフェドリンを配合。

風邪やインフルエンザに伴う痛みや鼻水・鼻づまり、発熱に効果を発揮します。

欧米では病院だけでなく、一般家庭でもよく知られたポピュラーな薬です。

イブプロフェンとプソイドエフェドリンの合剤は日本では販売されていませんが、海外ではDemetappなどの名前で発売されています。

 

「特別な注意」

以下の場合、ニューロフェン風邪&インフルエンザ薬を絶対に服用しないでください。
・12歳未満の子供
・アスピリン、イブプロフェンまたはほかの非ステロイド性抗炎症薬(ジクロフェナクなど)に対し過敏症の既往歴のある人
・進行中の消化性潰瘍のある人またはその既往歴のある人(2つ以上のエピソード)
・過去にNSAIDを服用した結果として腸内出血や腸内穿孔を起こしたことのある人
・重度の肝障害のある人
・重度の腎不全のある人
・重度の心不全、そのほかの心不全のある人
・高血圧の人
・甲状腺機能亢進症の人
・褐色細胞腫のある人
・糖尿病の人
・緑内障の人
・過去14日以内にMAOI(モノアミン酸化酵素阻害薬)を服用した人
・妊婦
・ニューロフェン風邪&インフルエンザ薬の成分に対し過敏症の既往歴のある人

【慎重服用】
・高齢者
・ぜんそく、または過敏症の既往歴のある人
・胃や腸に影響を与える疾患の既往歴のある人
・クローン病、潰瘍性大腸炎など炎症性腸疾患の人
・腎臓病の人
・肝疾患のある人
・心臓病または脳卒中の既往歴のある人
・レイノー病など血液循環に問題のある人
・血液凝固障害のある人、抗血液凝固薬を服用している人
・全身性エリテマトーデスなど結合組織に影響を与える疾患を持つ人
・前立腺肥大症など排尿困難の人

妊娠中の人の使用は推奨されていません。

授乳中の人の使用は推奨されていません。

 

「他の薬との併用」

以下の薬剤とニューロフェン風邪&インフルエンザ薬は絶対に併用しないでください。
・充血除去薬、イブプロフェンを含むほかの薬剤: イブプロフェンの摂取量が過剰になることがあります。ほかの風邪・インフルエンザ治療薬や鎮痛剤に成分が含まれる場合もあるのでご注意ください。
・MAOI(モノアミン酸化酵素阻害薬)を服用中の人、または過去14日以内に服用した人: MAOIsには抗うつ剤(フェネルジン、トラニルシプロミン、イソカルボキサジド、モクロベミド)、抗パーキンソン薬(セレギリン、ラサギリン)が含まれており、これらの成分との組み合わせは血圧の危険な増加を引き起こす可能性があります。
・食欲抑制剤: 血圧を上昇させる可能性があります。
・メチルフェニデート、デキサンフェタミン、モダフィニルなど、アンフェタミン様興奮剤: 血圧を上昇させる可能性があります。
・ほかの充血除去剤(しばしば市販の咳止めや風邪薬に含有): 血圧を上昇させる可能性があります。
・リネゾリド(抗生物質): 血圧を上昇させる可能性があります。
・三環系抗うつ剤(アミトリプチリンなど): 血圧を上昇させる可能性があります。
・高血圧治療薬: イブプロフェンおよび塩酸プソイドエフェドリンが、高血圧治療薬の効果を低下させることがあります。

以下の薬剤とニューロフェン風邪&インフルエンザ薬を併用する場合は注意してください。
・アスピリン、ほかの経口NSAID(ジクロフェナク、ナプロキセン)、COX-2(シクロオキシゲナーゼ-2)阻害剤(セレコキシブ、エトリコキシブ): 胃腸の副作用のリスクを高めるおそれがあります。

以下の薬剤とニューロフェン風邪&インフルエンザ薬を併用した場合、イブプロフェンとの相互作用により胃腸潰瘍または胃腸出血のリスクが高くなることがあります。
・副腎皮質ステロイド(プレドニゾロンなど)
・抗凝血剤(ワルファリンなど)
・抗血小板物質薬(少量のアスピリン、ジピリダモール、クロピドグレルなど)
・ダビガトラン
・エルロチニブ
・SSRI抗うつ薬(フロキセチン、パロキセチン、シタロプラムなど)
・ベンラファキシン

以下の薬剤とニューロフェン風邪&インフルエンザ薬を併用した場合、イブプロフェンとの相互作用により腎臓の副作用のリスクが上昇することがあります。
・ACE阻害薬(エナラプリルなど)
・シクロスポリン
・糖尿病薬(フロセミドなど)
・タクロリムス

以下の薬剤とニューロフェン風邪&インフルエンザ薬を併用した場合、イブプロフェンが以下の薬剤の体内からの排出を減少させるため、血中濃度と副作用のリスクが高くなるおそれがあります。
・ジゴキシン
・リチウム
・メトトレキサート

以下の薬剤とニューロフェン風邪&インフルエンザ薬を併用した場合、てんかんやけいれんの既往歴の有無に関係なく発作のリスクが高くなるおそれがあります。
・シプロフロキサシン
・ノルフロキサシン

 

「誤って大量に服用した場合」

医師の診断を受けてください。

 

「服用し忘れた場合」

気付いたときにすぐに使用してください。
次回の使用時間が近い場合は、使用し忘れた分は飛ばして、次回分から使用してください。
2回分を1回に使用することは絶対におやめください。

 

「副作用」

ニューロフェン風邪&インフルエンザ薬を服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

●主な副作用
悪心、嘔吐、下痢、消化不良、発疹、不眠症、ふるえ、不安、落ち着きのなさ、めまい、頻脈、動悸、口渇、頭痛、尿閉、胃腸潰瘍、胃腸出血、肝臓疾患、腎臓疾患、幻覚、口唇腫脹、気管支腫脹、血管性浮腫、そう痒、水疱、過敏反応

 

「この商品に関係するニュース・記事」

2016-10-18
新処方のイブプロフェンの鎮痛効果は現行より優れているかもしれない(【Medical News Today】より) - イブプロフェンにアルギニンを加えた処方は、心臓血管系の副作用をなくす鍵になるかもしれないことを、FASEBジャーナル誌で発表された新しい研究が示唆している。FASEBジャーナル誌のオンライン版で発表された研究報告で、イブプロフェアルギニ....  
> 続きを読む

2016-03-18
パラセタモールは変形性関節症患者における臨床効果の最低水準に達せず(【News-Medical】より) - 変形性関節症に対する鎮痛薬の大規模解析において、膝と股関節に変形性関節症を持つ患者の疼痛緩和や身体機能の改善に、パラセタモールが臨床効果の最低水準に達していないことを研究者たちが発見した。パラセタモールは....  
> 続きを読む

2015-12-09
イブプロフェンパッチは経口よりもリスクが少ない(【Medical News Today】より) - このパッチは、化学教授のデビッド・ハドルトン教授の指導により、イギリスにあるウォーリック大学の研究者たちによって開発された。米国食品医薬品局(FDA)は最近、イブプロフェンなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の....  
> 続きを読む

2015-07-15
抗うつ剤と鎮痛剤の組み合わせで脳出血のリスク上昇のおそれ(【その他ソース】より) -初回に抗うつ剤を処方され、なおかつ非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)を服用した人では、その翌月までに頭蓋内出血が起こるリスクが高いことを、400万人以上の被験者から韓国の研究者が見つけた。頭蓋内出血は頭がい骨の下....  
> 続きを読む

2015-07-10
FDA警告後に専門家が有名鎮痛薬に注意を促す(【ヘルスデイ・ニュース】より) - 今週の木曜日に、米国食品医薬品局(FDA)が医薬品製造会社に対してNSAIDsの処方薬と市販薬における警告ラベルを強化するよう命令したことからも、この証拠は充分に強い意味を持つ。ただしこの警告の強化には、一部の患者に対して....  
> 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。  
> 続きを読む

2014-06-24
イブプロフェンが早期老化および死亡を予防する可能性 - 研究報告(インディペンデントより)― 最も広範に使用されている鎮痛剤の一つが、炎症を抑え、早期老化と死亡を予防する可能性のあることが、新たな研究で示唆された。免疫系の過剰な活性化・老化促進・関連疾患に起因する慢性炎症と、寿命短縮との間に強....  
> 続きを読む

2014-06-10
肺気腫による影響をイブプロフェンで改善させられるのかテンプル大学病院が検討(ヘレニック・ニュースより)― テンプル大学病院はイブプロフェンが肺気腫の影響を改善できるのか検証する全米多施設共同第II相臨床試験に参加している。同大学病院は、本試験へ参加することを認められたフィラデルフィア地域で唯一の施設であり、....  
> 続きを読む

2014-05-09
市販薬で重度の片頭痛が軽減する可能性を示す研究報告(フォックス・ニュースより) - 市販薬イブプロフェンとエキセドリンが、頭痛や重度の片頭痛症状を、プラセボよりも軽減させることが、新たな研究で示された。研究者らが臨床試験データを再解析したところ、どちらの非処方薬においても過半数がある....  
> 続きを読む

2014-01-27
急性高山病の予防にイブプロフェンが有用(アバウト.comより) - 登山者、ハイカー、スキーヤー、旅行者たちを悩ませるのが、高度障害、いわゆる急性高山病(AMS)とその症状(悪心、頭痛、嘔吐、疲労など)です。コロラド州のロッキー山脈にある高い峰や、アラスカ・アジアの高い山....  
> 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト....  
> 続きを読む

2013-10-04
扁桃摘出の術後鎮痛には処方薬よりOTCイブプロフェンが適切(ナショナル・ペイン・リポートより) - 新しい研究によると、扁桃摘出術後の患者の疼痛緩和において、あるOTC鎮痛薬は処方薬による2種の併用療法より安全であり、効果も同程度であるという。ヘンリー・フォード病院(Henry Ford Hospital)(デトロイト)の研究者らが小....  
> 続きを読む

2013-09-26
イブプロフェンが関節炎患者のうつ病を緩和する可能性(ボルチモア・サン紙より) - 痛みを伴う軟骨疾患を有する人は、一般的な鎮痛剤を服用すると、うつ症状にも若干効果を得られる可能性のあることが、新たな研究で示唆された。うつ病は変形性関節症患者で2倍以上多くみられ、手、腰、膝などの関節 ....  
> 続きを読む

2013-09-23
イブプロフェンがなぜ癌増殖を食い止めるかもしれないか(メディカル・エクスプレスより) - 本学の薬学&薬理学部の科学者らによる最新の研究は、なぜ抗炎症薬であるイブプロフェンが特定の癌の増殖を食い止める可能性があるのかを示している。イブプロフェンはNSAIDとして知られている薬物群の1つで、パラセタ....  
> 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン....  
> 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類....  
> 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性....  
> 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与....  
> 続きを読む

2013-03-05
イブプロフェン液体ジェルカプセルはにきびの成長を防ぐことができる(ライフハッカーより) - にきびができたのに手元に専用の薬がない、ということであれば、普通のイブプロフェン液体ジェルカプセルを壊して開け、中身を患部に優しく塗布することを検討してもいいかもしれません。これは、アイビレッジ(iVillage)の....  
> 続きを読む

2013-03-05
イブプロフェン液体ジェルカプセルはにきびの成長を防ぐことができる(ライフハッカーより) - にきびができたのに手元に専用の薬がない、ということであれば、普通のイブプロフェン液体ジェルカプセルを壊して開け、中身を患部に優しく塗布することを検討してもいいかもしれません。これは、アイビレッジ(iVillage)の....  
> 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。....  
> 続きを読む

2012-09-09
慢性痛にはイブプロフェンとファモチジンの合剤が有効(MPRより) - ファモチジンなどの高用量H2受容体遮断薬(H2RA)とイブプロフェンを複合する合剤(単一錠剤型)により、イブプロフェン誘発性の潰瘍症が減少し、患者の服薬遵守率も改善することが、 2012年疼痛学会(PAINWeek)で発表された研究で示された....  
> 続きを読む

2011-11-28
鎮痛効果のある一般的な薬(ニュース・ジャーナルより) - 18世紀のイギリスでは、柳の樹皮からサリチル酸と呼ばれる成分を抽出して、関節炎の痛みの治療に使用していました。このサリチル酸から初の関節炎特効薬として発見されたアセチルサリチル酸は、現在、アスピリンと....  
> 続きを読む

2011-11-15
痛風は単なる関節炎の疼痛発作にあらず(イサクア・プレスより) - アメリカ人の830万人以上が痛風に罹患している。滑液中の尿酸が過剰になると、滑液中に針状結晶が形成されて、身体に炎症反応が起き、その結果として急性関節炎の一種である痛風が起こる。尿酸は身体の細胞代謝の老廃物....  
> 続きを読む

2011-11-08
関節炎のためにできること(フィリピン・スターより) - >研究者らの推定では、生涯の間に全成人の半数と肥満成人の3分の2が、膝の関節炎を発症することになる。一方、その発生数は増加しているうえに、かなりの痛みと能力障害を引き起こすものであるにもかかわらず、治療は依然として挫折感や混乱を招ねくものである。  
> 続きを読む

2011-09-29
命取りとなるウィルスを死滅させよう:リステリア症治療(インターナショナル・ビジネス・タイムス紙より) - 先日、マスクメロンに付着していたリステリア菌に感染した72人のうち16人が死亡したと報じられた。リステリアは潜伏期間が長いため、非常に危険なウィルスである。しかし、予防措置を取れば、症状は3日から1週間....  
> 続きを読む

2009-09-01
喘息の引き金(BBCヘルスより) -喘息の引き金となるものは、人それぞれである。冷気や煙、塵ダニや、感情の高ぶりさえもその引き金となるかもしれない....  
> 続きを読む


 
> 続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。