高血圧 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2012-12-11

ソース(記事原文):モスクワ・ヴィレジャー

リコピンとは何でしょう?

モスクワ・ヴィレジャー(2012年12月11日)― 抗酸化作用のある植物顔料の出所とメリット

リコピンは黄色やオレンジ色、赤色の果物や野菜に存在するカロテノイドです。米国国立医学図書館は「カロテノイドは植物によって合成され、様々な果物や野菜の鮮やかな色の素となる天然色素である」と記載しています。リコピンは天然の抗酸化剤で、健康全般に有益です。

リコピンの出所。リコピンは、いくつかの一般的な果物と野菜に含まれています。これらの果物、野菜の多くは食料品店や農産物の野外市場で簡単に入手可能で、また、個人の庭で栽培することができます。リコピンを含む野菜や果物は、トマト、赤ピーマン、パパイヤ、アプリコット、スイカ、ピンクグレープフルーツ、グアバなどです。米国がん協会(American Cancer Society)によると、単に生のトマトを食べるよりトマトペーストやソースなどの調理したトマト製品の形のほうが、より簡単にリコピンを体内に吸収できることを示す研究があります。食事療法にもう少しリコピンを追加する手段として、トマトペーストと生のトマトで作った自家製のマリナラソースを添えることを考えてみましょう。

リコピンの利点。メイヨークリニック(Mayo Clinic)によると、リコピンは抗酸化物質として運動誘発喘息症状緩和に有用です。リコピンはまた、白内障や加齢黄斑変性症などの眼の疾患の進行を予防する治療として使用することができます。リコピンは、子宮、卵巣、前立腺、大腸、肺などの様々ながんの予防に有用である可能性があります。男性不妊の問題、高血圧、高コレステロールの症状を減少させるかもしれません。メイヨークリニックは、リコピンの全身投与が歯肉炎の治療に有効である可能性も報告しています。

ご存知でしたか?リコピンはあなたの体内で見つけることができます。副腎、大腸、肝臓、肺、前立腺内に存在します。トマトにアレルギーがある場合、リコピンアレルギーかもしれません。大量に摂取したり何か食事を変更する前に、信頼できる医師に相談してください。妊婦がトマトやトマトソース、ペーストなどのトマト製品を摂取すると、母乳のリコピン濃度が高まることがあります。妊娠中の食事と母乳育児中の食事が母親と赤ちゃんのために安全であることを、医師に確認してください。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- メネビット/メンエビット  (30錠) 3580 円

- プロスタタン (60カプセル) 3900 円