ホルモン補充療法・抗ホルモン剤 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2014-01-15

ソース(記事原文):UBCニュース

女性のほてりへのプロゲステロン使用が心血管系の健康に安全であることを示す研究結果

UBCニュース(2014年1月15日) ― ブリティッシュ・コロンビア大学のジェリリン・プライア(Jerilynn C.Prior)によれば、「プロゲステロンのリスクは誇張されている」ことが最近の研究結果で明らかにされた。

閉経後女性における重度のほてりや寝汗を軽減することが明らかとなっている自然発生的ホルモン(プロゲステロン)治療は、心血管リスクを全く伴わないか、ほとんど伴わないことが、ブリティッシュ・コロンビア大学(UBC:University of British Columbia)とバンクーバー沿岸地域保健機関(VCH:Vancouver Coastal Health)による新たな研究で示された。

月経周期・排卵研究センター(Centre for Menstrual Cycle and Ovulation Research)責任者で内分泌学部教授を務める主著者ジェリリン・プライア(Jerilynn C.Prior)博士によれば、今回の結果は、ほてりや寝汗の治療薬としてのプロゲステロンの広範な使用を阻む主な障害を一掃するのに役立つものである。研究成果は米科学誌プロス・ワン(PLOS ONE)に本日掲載された。

数十年間にわたり女性が合成エストロゲンとプロゲステロンの合剤を用いてきたのは、ほてりや寝汗の重症度を軽減させ、その発生回数を減少させるとともに、骨粗鬆症を回避するためであった。これは「ホルモン補充療法」と呼ばれるが、2002年に大規模試験でこの治療法による心疾患・乳癌・脳卒中・その他の重大疾患のリスク上昇が明らかにされてから使用が激減した。

症状緩和のためのプロゲステロン使用における心血管リスクを評価するため、プライア氏らは、最近閉経(最終月経後1年経過)したバンクーバー地域の健常女性110人を試験に登録し、患者の半数に経口プロゲステロン、残る半数にはプラセボをそれぞれ3ヵ月間投与した。

本研究チームは、各患者の年齢と血圧・コレステロール値の変化を用いて、心発作やその他の血管疾患が今後10年間に発生するリスクを算出した。その結果、プロゲステロン群と対照群との間に差のないことが明らかとなった。その他大部分の心血管疾患マーカーにおいても有意差はないことが、本試験で示された。

プライア氏は「多くの女性が、ほてりにプロゲステロンを服用することに懸念を抱いているのは、このホルモンにエストロゲンと同等以上のリスクがあると考えているためである」と述べている。「我々が既に明らかにしているように、プロゲステロン単剤投与の有益性が見落とされている。今回の試験により、プロゲステロンのリスクが誇張されていることが証明されている」

背景 | ほてりと寝汗の治療

更年期:女性が最終月経周期を迎える年齢は平均51歳である。予測不可能なエストロゲンの激しい変動により生じる寝汗やほてりは、一般に閉経周辺期(最終月経周期に至るまでの数年間またはその1年後)に現れ、通常は閉経後も継続する。

見落とされた選択肢? 合剤による「ホルモン補充療法」の全盛期中、エストロゲンは寝汗やほてりを緩和するだけでなく、後年の骨粗鬆症も予防する有効成分であるとみなされていた。女性がより若く女性らしく見えるよう保つのにも有効であると考えられていた。主に子宮癌につながりうる子宮内膜の肥厚を予防するためにプロゲステロンが含有された (子宮摘出術を受けた女性には通常エストロゲンのみを投与する)。

エストロゲンの終焉:医師らは重度の寝汗やほてりのある女性に対して未だに短期的エストロゲンを処方しており、骨粗鬆症や加齢に伴う疾患に対する長期的予防としては安全でないと考えられている。エストロゲンの使用が減り始めてから、乳癌発症率が低下し始めている。保険統計学者は両者の傾向に因果関係があると考えている。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- プロメトリウム(プロゲステロン)100mg (30錠) 1340 円

- マイクロゲスト(微粒子状プロゲステロン)100mg (50ソフトジェルカプセル) 3520 円

- マイクロゲスト(微粒子状プロゲステロン)200mg (50ソフトジェルカプセル) 5480 円

- サステン ジェル (プロゲステロン) 8.0% (1.35gチューブ) 350 円

- クリノン (プロゲステロン) 8%  (15本) 12140 円

- クリノン(プロゲステロン)8%(トルコ製) (15本) 5800 円

- プロゲストゲル(プロゲステロン)10mg/g (100gチューブ) 6980 円

- ルティナス膣錠(プロゲステロン)100mg (21錠) 12450 円

- ゲストン(プロゲステロン)50mg/mL  (1アンプル) 630 円