心臓・血液の病気 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2016-08-30

ソース(記事原文):Medical News Today

葉酸が先天性心臓欠陥に効く可能性

【Medical News Today】(2016年8月30日)

葉酸が強化された食品が、カナダにおいて特定種類の先天性心臓欠陥率を減少させたという新しい研究結果が、米国心臓協会ジャーナル誌で発表された。

葉酸は、新しい細胞を生成する際に体が使用するビタミンBのひとつで、健康的な胎児の発育に重要である。

カナダでは1998年以来、小麦粉、パスタ、コーンミールに葉酸を添加することが義務付けられている。葉酸が神経管欠損、口腔裂、心血管奇形などを減少させるという証拠が、カナダ政府に妊娠可能年齢女性の葉酸消費量増加の役に立つように、その一歩を踏み出させた。

米国疾病管理センター(CDC)は、赤ちゃんの脳(無脳症)や脊椎(二分脊椎)などの主な先天性欠損症を予防するためにも、少なくとも妊娠の1ヵ月前から1日400マイクログラムの葉酸を摂取することを推奨している。

この研究は、葉酸を強化した食品と、特定の先天性心臓欠陥(CHDs)の有病率との間に関係性があるかどうかを確かめるために行なわれた。

研究によると、アメリカの約65万から130万人の子供と成人が先天性心臓欠陥を持っている。子供におけるもっとも一般的な欠陥の種類は心室中隔欠損症で、その数は62万件である。

過去の研究では、CHDに対する葉酸および葉酸強化食品の効果に関して一貫した結果が出ていない。

「私たちの研究は、1998年に義務化された食品強化の前と後のカナダ人に基づいた、葉酸強化食品の特定の先天性心臓欠陥の各亜型に対する効果を調べました」と語るのは、カナダのバンクーバーにあるブリティッシュコロンビア大学の産婦人科および人口公衆衛生学部の教授で、この研究の主席著者であるK.S.ジョセフ博士。

CHD の特定の亜型に対してのみ葉酸の効果を確認

研究者たちは、カナダにおける1990年から2011年の約600万の出産データを分析し、出産可能年齢、複数出産(双子、三つ子)、妊娠合併症、出生前診断、妊娠中絶などの影響因子を調整した。

結果は、葉酸強化食品が11パーセントの先天性心臓欠陥率の減少と関連していることを示した。

ジョセフ博士とその同僚もまた、葉酸の有益な効果は特定の型の CHD にのみ見られたことを指摘している。例えば、円錐欠陥や重篤な心臓流出路異常は 27 パーセント、また体に血液を運ぶ主幹動脈が狭くなる大動脈縮乍症は 23 パーセントそれぞれ減少した。

さらに、心室を隔てる壁に穴があく心房心室中隔欠陥の15パーセント減少も認められた。幼児の染色体数の異常である染色体関連の欠陥に関しては、変化はみられなかった。

ジョセフ博士は、データはカナダのものであるが、1994年の北米自由貿易協定によりカナダとほぼ同時にアメリカでも同じ葉酸強化食品が展開されることから、この結果はアメリカ人に対しても適用すると言う。

著者は以下のように語っている:

「私たちの研究は、葉酸強化食品と特定のCHD亜型の出生率との関連性を示しています。円錐欠陥や大動脈狭窄ではより強い、そして中隔欠陥ではよりわずかな関連性がありました」。

「高い妊娠可能年齢の人では、妊娠前糖尿病や早産児子癇前症もまたCHDの個体率と関連性がありました」と彼らは付け加えた。

食品からだけでは適当量の葉酸を摂取できないと思われるため、ジョセフ博士はこれから妊娠しようとしている女性が葉酸を摂取することの重要性を強調している。

葉酸強化食品は神経管欠損を減少させることが目的だが、葉酸には特定型のCHDに対しても有益な効果があるかもしれないことをこの研究は示しており、それは総体的により一般的な考えである。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- アポ・フォリック (葉酸) 0.8mg (1000錠) 3130 円

- アポ・フォリック (葉酸) 5mg (500錠) 1340 円

- メネビット/メンエビット  (30錠) 3580 円

- ヨード配合エレビット・マルチ(ビタミン/ミネラル/ヨード) (30錠) 3860 円

- チェラフェラ(セラフェラ)・フォルテ (30カプセル) 2680 円