禁煙補助 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2012-12-10

ソース(記事原文):サイエンス・コーデックス

薬が禁煙した女性の体重増加を軽減

サイエンス・コーデックス(2012年12月10日)― バイオロジカル・サイカイアトリー(Biological Psychiatry)誌12月号で発表された研究によると、現在試験中の禁煙薬は、禁煙後に女性のみによく見られる体重増加も防止する一助となるかもしれない。この薬は、禁煙後1年先までの女性の体重増加を軽減することが示された最初の薬である。

ナルトレキソン - アルコール、ヘロイン、ニコチンへの欲求だけでなく、食べる喜びを抑制できるオピオイド拮抗薬は男性の禁煙の一助となった。大規模な対照試験における治療の3か月後に、禁煙率は、服用しなかった被験者の17%から服用した被験者の最大30%に改善した。

この薬は女性の禁煙率をプラセボ以上には改善しなかった。しかし、禁煙が成功した女性では、体重増加が半分以上軽減された。3ヶ月後、プラセボを服用した女性は体重が5.1ポンド増加したが、ナルトレキソンを服用した女性は平均2.3ポンドの増加であった。

「禁煙しようとすると、女性は男性よりも体重が増え、体重増加を心配する傾向がある」とシカゴ医科大学(University of Chicago Medicine)の精神医学・行動神経科学教授であり研究著者のアンドレア・キング(Andrea King)博士は述べた。「禁煙しようとする女性は途中の体重増加が心配ですぐに断念してしまうのかもしれない。これは男性にはあまり見られない。標準治療にナルトレキソンを追加すれば、女性がその困難な初期の期間を通過するのを助けられるかもしれない」

米国で喫煙は予防可能な死因のトップであり、2番目の主要死因は肥満である。皮肉なことに、禁煙できている人の80%以上が禁煙してから年に少なくとも5ポンド体重が増えている。禁煙した人のうち最大25%に、15ポンド以上の体重増加がある。

この研究では、研究者らはナルトレキソンを使用した2つの最大の臨床試験のデータを組み合わせ、ボランティアの禁煙を手助けした。試験には700人が参加したが、シカゴ大学のボランティアが315人、イェール大学(Yale University)のボランティアが385人であった。禁煙した日以降6~12週間、参加者らはナルトレキソンまたはプラセボのいずれかを服用した。参加者らは最初の1ヶ月はニコチンパッチも使用し、禁煙カウンセリングに出席した。

6ヵ月後、女性77人を含む700人の参加者の159人(23%)は検証可能な禁煙を維持していた。12ヶ月後、その数は女性57人を含む115人(16%)に減少した。

禁煙後の最初の12ヵ月間、禁煙が成功している人には体重増加が続いたが、ナルトレキソンによる早期治療の効果は持続した。しかし効果の減少が見られ、3ヶ月後に測定したときナルトレキソンを服用した人の体重増加は50%低かったのに対し、6ヵ月後、差は40%(7.3ポンド対12.1ポンド)に低下し、12ヵ月後は20%(13ポンド対16.3ポンド)となった。

「ナルトレキソンは、禁煙した女性の体重増加低減において、これまでで最も有望な成果を上げている」とキング博士は述べた。「オピオイド拮抗薬は、禁煙すると高脂肪で甘い食べ物を食べる女性の傾向を減少させることが可能である」

しかし、禁煙するために利用可能なツールは「満足できるものではない」とキング博士は付け加えた。喫煙は「大きな健康問題であり、米国の成人の大半は太りすぎか肥満である。我々の研究は、ナルトレキソンがたばこ依存症を治療するが、他の承認された薬とは異なり、多くの人にとって体重増加を軽減するように思われ、有望な薬である可能性を示している」


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- ノディクト(レヴィア/レビアジェネリック)50mg (10錠) 1780 円

- コントレイブ(塩酸ナルトレキソン/塩酸ブプロピオン) () 0 円