クリンシトップ(ダラシンジェネリック) 1% 20g

520 円!! 有効性は80%以上!抗生物質を成分とするにきび治療薬! 大人の頑固なニキビ、背中のニキビ改善にもお勧め!アクアチムが効かなかった方にも!ダラシンのジェネリック!

Clincitop Gel (Clindamycin) - 1% (20g Tube)

[ 20gチューブ ]

価格:520 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

「有効成分」

クリンダマイシン(Clindamycin)

 

「製造国」

インド

 

「製造元」

UNIVERSAL TWIN

 

「使用量」

まず顔をお湯と肌にやさしい洗顔料で洗ってから、清潔な指先かコットンでクリンシトップを患部に薄く塗布して下さい。
通常はクリンシトップを1日2回(朝晩)ニキビのある部分に塗布します。塗布する頻度は症状によって異なりますので、医師の指導に従うようにして下さい。

 

「商品詳細」

クリンシトップは、抗生物質であるリン酸クリンダマイシンを有効成分とするニキビ治療薬です。
クリンダマイシンは細菌のたんぱく質合成を阻止し、ニキビの原因であるアクネ桿菌を殺菌します。
毛穴の入り口付近に潜むアクネ細菌は誰にでも存在しますが、毛穴の通気性が悪くなって皮脂の分泌が増え、毛穴がふさがってくるとこの細菌が増え、ニキビの元になります。
クリンダマイシンはこのアクネ桿菌を殺し、赤みや腫れを抑え、熱がある場合は解熱します。また背中のニキビや、原因が複雑で治りにくいといわれている大人のニキビにも効果があります。
クリンダマイシンのニキビへの有効性は80%以上と報告され、高い効果を示しています。

クリンシトップを塗布すると多少ヒリヒリしたり、患部が乾燥することがありますが、これは一般的な反応なので心配する必要はありませんが、あまりにヒリヒリ感や乾燥がひどい場合は医師に相談して下さい。
一般的にクリンシトップの効果は3-4週間で現れてきますが、本来の効果を実感するためには8-12週間の期間が必要です。また、クリンシトップが使用できる期間は、一般的には最長でも12週間といわれています。
自分の判断で長期間使用し続けたり、使用を中止したりせず、医師の指示に従ってください

 

「他の商品との比較」

クリンシトップはアクアチムが効かなかった方にも効果がある事が知られています。
ニキビ治療にはナジフロキサシンを有効成分とするアクアチムもよく処方されます。この成分は細菌のDNA複製を阻害する働きによりニキビを治療しますが、このクリンシトップの有効成分であるリン酸クリンダマイシンは、細菌のたんぱく質合成を阻止する事によってニキビを治療します。その作用機序は全く異なるため、アクアチムが効かなかった方でもクリンシトップはよく効く可能性が高いと言えます。

 

「特別な注意」

妊婦中の方、授乳中の方はクリンシトップの使用を開始する前に必ず医師にご相談下さい。
またクリンシトップの使用中に妊娠が判明した場合は医師に相談して下さい。
クリンシトップを塗布する際は、目や鼻、口の周りを避けて下さい。
クリンシトップを使用中に、ほかにも同様の局所治療を受ける場合は相乗効果で肌のヒリヒリ感が強まることがあります。
過去にクリンダマイシンに過敏反応を起こしたことがある方は、クリンシトップを使用しないで下さい。

 

「他の薬との併用」

クリンシトップとほかの薬との併用において、重大な副作用・影響は報告されていません。

 

「誤って大量に服用した場合」

直ちに病院に相談し、医師の診断を受けて下さい。

 

「服用し忘れた場合」

クリンシトップの使用を忘れた場合は、次の回から通常どおり使用して下さい。ただし、2回分の量を一度に使用する事は避けてください。

 

「副作用」

患部のヒリヒリ感や乾燥は心配いりませんが、あまりにひどい場合は医師に相談して下さい。

 

「この商品に関係するニュース・記事」

2015-11-10
1治療単位の抗生物質は消化管内微生物を1年間低下させる(【Medical News Today】より) - mBio誌で発表された研究によると、1治療単位の抗生物質治療は、消化管内に存在する微生物の正常な生成を最大で1年間中断させるほど強力であり、抗生物質耐性を起こす可能性があるようだ。70年もの間、抗生物質として知られている抗菌製剤は....  
> 続きを読む

2015-05-06
皮膚軟部組織感染の治療に抗生物質の選択は大切?(【メッド・スケープ】より) -このレポートは、皮膚感染の治療を受けている患者の無作為臨床試験の結果の詳細である。患者は全員、蜂巣炎または膿瘍形成のいずれか、または両方を持ち、登録の少なくとも24時間前に診断を受けている。なお患者は....  
> 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。  
> 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト....  
> 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン....  
> 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類....  
> 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性....  
> 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与....  
> 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。....  
> 続きを読む

2011-11-09
歯周病の治療に全身性抗生物質投与(デンティストリーIQより) - 慢性歯周炎は、歯垢バイオフィルムと体内免疫応答との相互作用によるものである。バイオフィルムは、歯面に付着した細菌が多層状になった生態系であり、浮遊する単独の微生物叢と比べ、抗生物質および免疫応答からの....  
> 続きを読む

2011-11-01
一般的なほとんどの感染症に従来の抗生物質が依然として有効(ペディアトリック・スーパーサイトより) - 米国小児科学会2011年全国会議・展示会(American Academy of Pediatrics 2011 National Conference and Exhibition)での発表者の1人によると、全ての有効な抗生物質から....  
> 続きを読む

2011-04-21
にきびに悩んでいます(くすり屋さんオリジナル記事) - にきび(医学的には「尋常性ざ瘡」)のできる仕組みをおさらいしましょう。皮膚の表面には脂腺という小さな穴が無数に存在し、皮脂という油分とともに、身体から出る不要な成分を排出しています。皮脂の産生が過剰になり....  
> 続きを読む

2009-11-03
ニキビ(CNNより) - 痤瘡や面庖又は皮膚の汚れそしてニキビ。どんな名前で呼ばれようと、ニキビはいやになるほどしつこいものであり、人々の悩みの種であることに変わりはありません。ニキビは治るのが遅く、ようやく1つ消えるなと思う頃には、もう他の個所にニキビができ始めています。ニキビの形成は....  
> 続きを読む

2003-03-21
抗生物質の投与で流産リスクが低下(BBCニュースより) - 軽度の腟感染に対する治療を妊婦に行うことにより、流産および早産のリスクが低下する可能性。細菌性腟炎は、悪い細菌種が膣に多く存在しすぎるときに生じる。感染には症状を伴わないことが多く、女性が見落としやすい。一方、妊婦にとってはもっと深刻なことになりかねない。英国の研究者らは、妊娠初期にこの症状を治療することで、流産および早産の両リスクを低下し得る....  
> 続きを読む


 
> 続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。