海外の薬・健康に関する情報・ニュース翻訳

翻訳記事検索
現在登録されている記事数:1342

 

2016-11-07
アスピリンの効果:アセチルサリチル酸がどのように痛みを緩和し、炎症を減少させるか。毎日服用すべき?(【Medical Daily】より) - ほとんど人が人生のある時点でアスピリンを使用したことがあるはずだが、どうしてこの小さな白い錠剤がとても効率よく痛みを鎮めるかを考えたことがあるだろうか?幸いにも、「ハウ・スタッフ・ワークス(How Stuff Works)」のチームが....
> 続きを読む

 

2016-11-07
低オキシトシンが共感低下へと導く可能性(【Medical News Today】より) - ロマンチックな愛着と親子の触れ合いに関与しているホルモンが、共感にも影響しているかもしれないことが新しい研究で発表された。オキシトシン値を低下させる原因となる神経疾患の患者を研究者たちが調査し、この結果にたどり着....
> 続きを読む

 

2016-11-04
亜鉛を運ぶ分子の詳細な図面を研究者が作成(【News-Medical.Net】より) - 亜鉛は傷の治癒、視力、DNA合成、味覚や嗅覚、そして性的健康にも必要な物質です。しかしその重要性の割に、科学者たちは現在までそのミネラルが体に移動する仕組みを完全に理解していない。研究者たちは、この重要なミネラル....
> 続きを読む

 

2016-11-02
2種類の一般的な抗生物質が、過去の概念と異なる方法で細菌を攻撃(【News-Medical.Net】より) - 広く使用されている抗生物質であるクロラムフェニコールとリネゾリドは、科学者や医者が長年思い続けていたのとは異なる方法で細菌と闘う可能性があることを、シカゴにあるイリノイ大学の研究者たちが発見した。これらの薬はたんぱく質の合....
> 続きを読む

 

2016-11-02
オメガ3が強化の高オレイン酸キャノーラ油摂取が心臓血管疾患のリスクを低減(【News-Medical.Net】より) - グラナダ大学の科学者、CIDAF、そしてカナダのリチャードソン・センター機能性食品栄養補助食品研究所は、オメガ3が強化された高オレイン酸キャノーラ油の摂取が血中トリグリセリド濃度を大いに低下させたことを立証した。グラナダ大学....
> 続きを読む

 

2016-10-18
新処方のイブプロフェンの鎮痛効果は現行より優れているかもしれない(【Medical News Today】より) - イブプロフェンにアルギニンを加えた処方は、心臓血管系の副作用をなくす鍵になるかもしれないことを、FASEBジャーナル誌で発表された新しい研究が示唆している。FASEBジャーナル誌のオンライン版で発表された研究報告で、イブプロフェアルギニ....
> 続きを読む

 

2016-10-14
心臓疾患に処方される一般的なβ遮断薬に抗がん作用(【News-Medical.Net】より) - プロプラノロールは、不整心拍やほかの疾患に処方されるβ遮断薬で、有意な抗がん作用を持つ、と『ecancermedicalscience』で発表された新しい医療研究を行なった研究者たちが語っている。がん対策基金、ベルギー、アメリカ拠点のグローバル・キュアによ....
> 続きを読む

 

2016-10-14
アルギニンの食事摂取量が、がんへの免疫反応向上の可能性(【Medical News Today】より) - スイス・イタリアーナ大学(USI)と提携している生体臨床医学調査研究所(IRB)の主導による研究で、食べ物から摂取されるアミノ酸のひとつであるL-アルギニンが、T細胞と呼ばれる特定型の免疫細胞の活性を促進することを発表した。L-アルギニン....
> 続きを読む

 

2016-10-12
一般遺伝子多型を持つ高齢者で、葉酸の過剰摂取が末梢神経障害のリスクを上昇させる可能性(【News-Medical.Net】より) - 葉酸(ビタミンB9)の過剰摂取は、一般遺伝子変異を持つ高齢者の神経損傷障害リスクの上昇と関係している。人種や民族の背景による違いはあるが、アメリカ人の6人に1人が、ビタミンB12 輸送たんぱく質をコードする遺伝子であるTCN2の中に....
> 続きを読む

 

2016-09-19
オメガ3、オメガ6脂肪酸が読書能力を向上させる?(Medical News Today】より) - もし子供の読書能力に問題があるなら、家庭教師を雇うよりも、その解決方法として脂肪酸サプリが役立つかもしれない。このような結論を出したスウェーデンのヨーテボリ大学で行なわれた研究が『児童心理学精神医学ジャーナル』で発表....
> 続きを読む

 

2016-09-16
乳がん治療薬の子宮内膜の副作用をおそれる女性を、研究が安心させられるかもしれない(【News-Medical.Net】より) - ロヨラ・メディシンの研究員たちによる研究が、乳がん治療薬のタモキシフェンが子宮がんのリスクを増加させるかもしれないことを危惧している患者を安心させる助けになるかもしれない。 この多機関研究は『ネイチャー・ジャーナル....
> 続きを読む

 

2016-09-15
特定の脂肪酸が女性の糖尿病リスクを上昇させるおそれ(【News-Medical.Net】より) - 新しい研究によると、特定の脂肪酸を多量に摂取する女性は、肥満指数(BMI)に関係なく2型糖尿病を発症するリスクが上昇するそうだ。この結果は、9月12日から16日にドイツのミュンヘンで開催された欧州糖尿病学会(EASD)で報告された。この研究の著....
> 続きを読む

 

2016-09-14
気分安定剤が特定の遺伝子型を持つ精神病患者の陰性反応を減少させる可能性(【News-Medical.Net】より) - 統合失調症や双極性障害を持つ多くの患者に処方される薬が、特定のCOMT変調遺伝子を持つ患者の陰性反応を減少させるかもしれないことが、コロンビア大学医療センター(CUMC)の新しい研究により示唆されている。バルプロエートと呼ばれる....
> 続きを読む

 

2016-09-14
経口抗糖尿病薬が体内の窒素と尿素の代謝を調節(【News-Medical.Net】より) - もっとも頻繁に処方されている経口抗糖尿病薬であるメトホルミンは、代謝経路に有意に働きかけることが、ヘルムホルツ・センター・ミュンヘン研究所の科学者とデュッセルドルフのドイツ糖尿病センター(DDZ)の研究員に....
> 続きを読む

 

2016-09-01
ぜんそく患者の治療に併用療法は安全かつ効果的(【News-Medical.net】より) - 米国食品医薬品局(FDA)が要求した販売後安全試験で、ぜんそく治療のための薬剤併用療法は安全かつ効果的であることがわかった。テストされた治療は、長時間作用のβ(ベータ)作用薬であるフォルモテロールを、吸入グルココルチロイド....
> 続きを読む

 

2016-09-01
妊娠中の新しい2つの抗てんかん薬の服用は子供の思考能力とIQに有害ではない可能性(News-Medical.net】より) - レベチラセタムとトピラマートは、妊娠中にこれら2つの抗てんかん薬を服用していた母親から生まれた学童の思考回路とIQに対して有害ではない可能性があることが、米国神経学会の医学会報である『ニューロジー』のオンライン版....
> 続きを読む

 

2016-08-30
新たな経口抗凝血剤はワルファリン同様に脳卒中を予防するが出血は少ない(【Medical News Today】より) - 新たな経口抗凝血剤は、ワルファリンと同様の脳卒中予防効果を持つが頭蓋内出血はあまり引き起こさない、とデンマークにあるヘアリウ・アンド・ゲントフテ大学の調査員であるライラ・スターク博士は、2016年ESC総会において4万3000....
> 続きを読む

 

2016-08-30
安価な薬が1型糖尿病患者の心臓疾患の速度を遅くする可能性があると専門家が発言(【Medical News Today】より) - ニューキャッスル大学の科学者たちは、1型糖尿病患者が一般に2型糖尿病患者に処方される薬を日常的に服用すると、心臓疾患の発症や進行を遅くさせることを確信している。メトホルミンは、肝臓でのブドウ糖の生成を減少させて2....
> 続きを読む

 

2016-08-30
葉酸が先天性心臓欠陥に効く可能性(Medical News Today】より) - 葉酸が強化された食品が、カナダにおいて特定種類の先天性心臓欠陥率を減少させたという新しい研究結果が、米国心臓協会ジャーナル誌で発表された。葉酸は、新しい細胞を生成する際に体が使用するビタミンBのひとつで、健康....
> 続きを読む

 

2016-08-18
抗精神病薬の服用で出生異常のリスクは上昇しない(【Medical News Today】より) - 130万人の女性を対象としたマサチューセッツ州ボストンのブリガム・アンド・ウィメンズ病院の新調査によると、妊娠中の抗精神病薬の服用は、全体的な出生異常や特に心奇形のリスクを顕著に上昇させないことを示唆している....
> 続きを読む

 

2016-08-03
オメガ3が心臓発作後の心臓障害と機能を改善(【MedicalNewsToday】より) - 一度でも心臓発作を起こすとその心臓は損傷を受けることがあり、さらにほかの心臓関係の問題を起こすリスクが上昇する。しかし新しい研究によると、毎日オメガ3を摂取することでこのリスクを低減することができるかもしれ....
> 続きを読む

 

2016-07-26
一般的な2型糖尿病治療薬の早産に対する驚くべき効果(【News-Medical.Net】より) - 7月25日に発表された研究結果によると、通常は2型糖尿病を持つ何百万もの人が使用する薬であるメトホルミンが、早産の重大な原因を断つという思いがけない働きをするかもしれないことがわかった.初期段階の研究は、シンシナティ....
> 続きを読む

 

2016-07-19
妊娠中のニコチンパッチやザイバン薬は母体と胎児の両方に好影響(【News-Medical.Net】より) - モントリオール大学薬学部の教授であり、ケベック健康調査基金の薬剤妊娠研究長およびセント・ジャスティン大学病院長のアニック・ベラール博士が行なった研究結果は、ニコチンパッチまたはザイバン薬の使用が胎児に対して好影響を与え....
> 続きを読む

 

2016-06-30
パセリとディルががん攻撃に有効(【MedicalNewsToday】より) - モスクワ物理工科大学(MIPT)、ゼリンスキー有機化学研究所(RAS)、発生生物研究所(RAS)、細胞生物物理学(RAS)から成るロシアの科学者チームが、抗がん活性を持つ新薬への効率的なアプローチを提案した。その化合物の合成は、パセリと....
> 続きを読む

 

2016-06-28
オメガ3脂肪酸の血中濃度が心臓発作の致死的リスクの低減と関係(【News-Medical.Net】より) - 海産物と植物由来のオメガ3脂肪酸の血中濃度は、心臓発作による死のリスクの低下とやや関係があることが、本日『JAMA Internal Medicine』で発表されたスタンフォード大学医学部心臓血管内科のポスドク研究員であるリアナ・C・デルゴッボ博士と、ボストン....
> 続きを読む

 

2016-06-28
妊娠中の高オメガ3食品の摂取は赤ちゃんの体重に影響なし(【News-Medical.Net】より) - ヨーロッパでは、10歳未満の学童の約3人に1人が肥満、もしそうでなくても過体重である。この事実に対する原因に関する調査において、母親の子宮内の胎児プログラムが、この「重大な問題」の潜在的な原因であるとして調査の対象....
> 続きを読む

 

2016-06-26
NASHを伴う糖尿病患者にピオグリタゾンが有効(【 News-Medical.Net】より) - ピオグリタゾンが前糖尿病または2型糖尿病患者の非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の進行を食い止めるかもしれないことが、無作為化試験の結果わかった。「Animals of Internal Medicine」で発表された試験の主要転帰は、悪化を伴わない非アルコール性脂肪肝疾患活動指数....
> 続きを読む

 

2016-06-24
ワルファリンに満足(【MedPageToday.com】より) - 新種の経口抗凝固薬は、心房細動の患者に対して生活を今よりも楽にするともてはやされているが、ビタミンK拮抗薬の240人の新規使用者および567人の長期服用者を対象にした将来性のある調査の分析で、これらの薬は実生活の耐容性が実際に....
> 続きを読む

 

2016-06-23
ジスキネジアに安全な長時間作用薬(【MedPageToday.com】より) - ベルリン‐レボドパ誘発性ジスキネジアに対するアマンタジンの徐放薬が、長期的に耐容性がいいことを、研究者たちがメッドページ・トゥデイで報告した。現在進行中の非盲安全試験の中間分析で、ADS-5102(試験薬)における副作用イベント率は....
> 続きを読む

 

2016-06-23
高価な糖尿病治療薬は有効?(【MedPageToday.com】より) - 2型糖尿病の新しい治療に関して、費用と効果に対する新たな疑問が問われている。先週発表された、リラグルチド(ビクトーザ)が主要心臓血管イベントおよび全死因死亡の減少と関係しているという発表を受け、今、医者たちに....
> 続きを読む

 

2016-06-21
心房細動脳卒中リスク低下に依然としてアスピリンを誤処方(【MedPageToday.com】より) - アスピリンには心房細動に関連する血栓塞栓症の予防効果がないにも関わらず、中等度から高度の脳卒中リスクを持つ心房細動患者の実に3分の1以上が、このリスク低減のために経口抗凝血薬ではなくアスピリンを処方されている、と....
> 続きを読む

 

2016-06-17
スタチンが脳卒中患者の感染症を58%低減させる可能性(【News-Medical.Net】より) - スタチンが脳卒中患者の感染症リスクを劇的に低減させたことを、ワシントン州立大学の研究者が発見した。ワシントン州立大学エルソン・S・フロイド医学部の非常勤教授であり、セント・ルーク・リハビリ研究所の研究室長である....
> 続きを読む

 

2016-06-17
妊娠中の葉酸不足は小児肥満症と関連(【MedPageToday】より) - この研究の結果、母親の葉酸と子供体重の間にはL字型関係があることがわかり、葉酸濃度の低い母親から生まれた下位4分の1の子供は、残りの4分の3と比較してリスクの上昇がみられた、と語るのはバルチモアにあるジョンズ・ホプキンス大学の....
> 続きを読む

 

2016-06-14
オキシトシンホルモンに感情の知覚を促進する役割(【News-Medical.Net】より) - オキシトシン(ホルモンとして以外に脳内の神経伝達物質として働く)が、他人の表情における感情の認識を容易にする役割を果たすことを複数の研究が証明している。セバスチャン・コルブ氏(先端研究国際大学院大学(SISSA)の神経科学分野の研究者)と....
> 続きを読む

 

2016-06-14
メラトニンを充填したNLCsがタモキシフェンの効果を増強(【News-Medical.Net】より) - メラトニンが充填された小さな脂質の気泡がタモキシフェンをさらに効果的にする。睡眠ホルモンであるメラトニンで満たされた小さい気泡は、乳がんの治療をより効果的するため抗ガン剤の服用量が少なくて済み、重篤な副作用....
> 続きを読む

 

2016-05-11
リチウムなどの薬剤を使用している双極性障害患者の自傷行為、不慮の外傷(【ScienceDaily】より) - 自傷行為は双極性障害(BPD)における疾患および損傷の主な原因であり、またBPDの不慮の外傷のリスクについては研究中である。リチウムは自殺行為を減少させる可能性があるという新たな証拠があり、また抗けいれん薬の使用は....
> 続きを読む

 

2016-05-11
生体弁術後のワルファリンは「危険」?(【MedPageToday】より) - 抗凝血剤は外科的大動脈弁置換術(SAVR)後の血栓塞栓症を減らさず、さらに高リスクの出血と関連があることが統合分析でわかった。クレーバーランドクリニックのハリス・リヤーズ博士および同僚によれば、ワルファリンはアスピリンおよび....
> 続きを読む

 

2016-05-11
胸やけの治療薬は血管を早く老化させる(【Medical News Today】より) - 胸やけは、食道逆流やGERD(胃食道逆流症)とも呼ばれ、胃から分泌された酸が食道に流れ込んだ際に起こる。この状況はとても不愉快なことがあり、またプロトンポンプ阻害剤(PPIs)は簡単に入手できる上に症状を即座に解消できる....
> 続きを読む

 

2016-04-26
フルコナゾールの妊婦へのリスクをFDAが調査(【MedPageToday】より) - 400-800mg以上の経口フルコナゾール(高用量と考えられる)を摂取した妊婦は奇形児の出産率が異常に高いという報告があることを、とあるデンマークの研究が最近発見した。現在、FDA(米国食品医薬品局)の警告表示には、妊娠中の膣内イースト菌感染症の....
> 続きを読む

 

2016-04-24
チャンティックス(バレニクリン)、ウェルブトリンは精神疾患を持つ喫煙者にも安全(【MedPageToday】より) - 8000人以上の被験者を対象に行なわれた無作為化、二重盲式、多国籍、そして製造業者出資によるイーグルス試験の結果が、4月22日のランセット誌オンライン版で報告された。ニコチンパッチまたはプラセボ群と比較して、バレニクリンまたは....
> 続きを読む

 

2016-04-21
アスピリンはがん患者の生存率を最大5分の1延長させる可能性(【Medical News Today】より) - PLOS One誌で発表されたこの研究は、低用量のアスピリンの服用ががん患者の生存率を最大で5分の1上昇させ、またがんの拡大を減少させる可能性もあることを示唆している。アスピリンは主に痛み、熱、そして炎症の治療、また抗血小板の....
> 続きを読む

 

2016-04-21
よく管理されたワルファリン治療は心房細動を持つ患者の合併症リスクの低減と関連(【MedicalNewsToday】より) - オンラインで発表されたJAMA心臓学の研究で、スウェーデンにあるウメオ大学のフレドリック・ビェアク博士とその同僚は、よく管理されたワルファリン治療を受けている非弁性心房細動の患者における効率性と安全性を評価した....
> 続きを読む

 

2016-04-15
ワルファリンの知識が不充分な患者は致死的な副作用が増える可能性(【Medical News Today】より) - ノルウェーのベルゲンにあるハウケラン大学病院看護師研究科のシャスティ・オターハルス医師が本日、2016年欧州循環器疾患看護会議で発表した内容によると、ワルファリンに関する知識に乏しい患者は、重篤な副作用のリスクが....
> 続きを読む

 

2016-04-12
ゾニサミドがミオクローヌス・ジストニア運動症状を緩解させる(【News-Medical.Net】より) - 無作為化クロスオーバー試験で、ゾニサミドがミオクローヌス・ジストニアを持つ成人の運動症状と関連身体障害を明らかに改善したことが明らかになった。ミオクローヌス・ジストニアはごくまれな疾患で、彼らの研究はこの設定で....
> 続きを読む

 

2016-04-12
米国予防医学専門委員会が心臓血管疾患と大腸がんの予防にアスピリンを推奨(【NEJM】より) - 国予防医学専門委員会は、50~60代の心臓血管疾患および大腸がんの高いリスクを持つ成人に対する第一予防としてアスピリンを推奨している。2007年および2009年にグループ推奨定義が改訂されたそのガイドラインは、アナルズ・オブ....
> 続きを読む

 

2016-04-08
腎障害患者へのメトホルミン薬使用をFDAが承認(【MedPage Today】より) - 現在の医薬表示は、腎臓が完全に機能していない人に対してはメトホルミンを使用しないよう強く推奨している。しかしながら、メトホルミンの腎臓機能に対する影響に関する膨大な研究を検討した結果、FDAは軽度の腎障害を持つ人、また....
> 続きを読む

 

2016-04-06
1型糖尿病患者ではダパグリフロジンとリラグルチドの併用がケトアシドーシスを引き起こすかもしれない(【MedPage Today】より) - 研究者たちは、既にリラグルチドおよびインスリンで治療を行なっている1型糖尿病患者30人を調査した。まず患者をナトリウム・グルコース共役輸送体-2(SGLT-2)阻害薬であるダパグリフロジンまたはプラセボ薬のいずれかを追加薬とするグループに....
> 続きを読む

 

2016-04-06
1型糖尿病患者ではダパグリフロジンとリラグルチドの併用がケトアシドーシスを引き起こすかもしれない(【MedPage Today】より) - 研究者たちは、既にリラグルチドおよびインスリンで治療を行なっている1型糖尿病患者30人を調査した。まず患者をナトリウム・グルコース共役輸送体-2(SGLT-2)阻害薬であるダパグリフロジンまたはプラセボ薬のいずれかを追加薬とするグループに....
> 続きを読む

 

2016-04-01
HIV治療薬REZOLSTA(ダルナビルコビシスタット)が英国国民医療サービス支援の青信号獲得(【Medical News Today】より) - ヤンセンファーマ社は、1日1回服用のダルナビルと薬物動態エンハンサーであるコビシスタットの多剤混合薬「リゾルスタ(REZOLSTA)」(ダルナビル/コビシスタット)に対し、英国NHS(NHSE)が極めて重要な資金援助を行なうと発表した。ダルナビル/コビシスタットは....
> 続きを読む

 

2016-04-01
HIV治療薬REZOLSTA(ダルナビルコビシスタット)が英国国民医療サービス支援の青信号獲得(【Medical News Today】より) - ヤンセンファーマ社は、1日1回服用のダルナビルと薬物動態エンハンサーであるコビシスタットの多剤混合薬「リゾルスタ(REZOLSTA)」(ダルナビル/コビシスタット)に対し、英国NHS(NHSE)が極めて重要な資金援助を行なうと発表した。ダルナビル/コビシスタットは....
> 続きを読む

 

2016-03-21
シクロオキシゲナーゼ-2の阻害がマウスの妊娠高血圧腎症様症状を改善(【News-Medical.Net】より) - 妊娠高血圧腎症(子癇前症)は妊娠後期の血圧上昇を特徴とし、胎盤への血流が低下するために早産や妊娠合併症のリスクを上昇させる。今号の「JCIインサイト」において、ロビン・ダビソン博士と同僚はその根本の原因を発見するために....
> 続きを読む

 

2016-03-18
パラセタモールは変形性関節症患者における臨床効果の最低水準に達せず(【News-Medical】より) - 変形性関節症に対する鎮痛薬の大規模解析において、膝と股関節に変形性関節症を持つ患者の疼痛緩和や身体機能の改善に、パラセタモールが臨床効果の最低水準に達していないことを研究者たちが発見した。パラセタモールは....
> 続きを読む

 

2016-03-17
子供の尿路感染に対する抗生物質耐性が一般的に(【MedPageToday】より) - メタ分析の結果によると、先進国および発展途上国の両方において、子供の大腸菌性尿路感染(UTI’s)の多くは、一般に使用されている抗生物質に対して耐性を持っているようだ。小児のUTIsに対する抗生物質耐性をまとめた26ヵ国58の....
> 続きを読む

 

2016-03-13
レイノー病を引き起こす可能性のある薬(【MedPageToday】より) - チャールズ・クーリとその同僚は、薬の及ぼす範囲がレイノー現象(RP)を引き起こしうることについて、システマティック・レビューを用いて分析した。著者たちは、β遮断薬に続いて最大のリスクを持つシスプラチン、ブレオマイシン....
> 続きを読む

 

2016-03-04
ADHD投薬治療と低骨密度:子供が危険?(【Medical News Today】より) - 米国陸軍外科学研究所の整形外科医であるジェシカ・リベラ博士による研究の結果は、2016年の米国整形外科学会(AAOS)年次総会で発表された。疾病対策センター(CDC)によると、2011年には推定640万人の子供がADHD(注意欠陥過活動性障害)と診断されている。....
> 続きを読む

 

2016-03-04
少量のアスピリン常用が大腸がんを予防(【Medical News Today】より) - アスピリンの長期服用は、わずかではあるものの明らかに全体的ながんリスク、特に消化管(GI)腫瘍の減少と関係している。歴史的に、アスピリンは頭痛や関節炎、筋肉痛をはじめ、心臓血管疾患(CVD)の治療や予防によく使用されている....
> 続きを読む

 

2016-03-01
オメガ3群が肥満女性の乳がんリスクを下げる可能性(【Medical News Today】より) - この研究は非盲検の形式で実行され、標準体重、体重過多、肥満の乳房密度の高い閉経女性266人を無作為化した臨床試験である。結果は「がん予防調査」誌で発表された。ペンシルバニア州ハーシーにあるペンシルバニア大学医学部の内分泌学....
> 続きを読む

 

2016-02-29
テルミサルタンがNASH治療に効果を発揮(【MedPageToday】より) - この研究で、ダッカにあるバンガバンドゥ・シーク・ムジブ医科大学(MSMMU)肝臓病学部のシャイヌール・アラム博士による研究チームは、テルミサルタンが非アルコール性脂肪性肝炎(NAFLD)スコア(NAS)およびNASH患者の線維症スコアを改善....
> 続きを読む

 

2016-02-20
バイアグラがスイマーやダイバーの致死的な状況を救う(【Medical News Today】より) - シルデナフィルを有効成分とするバイアグラは、男性の勃起不全の治療薬としてよく知られているが、肺動脈高血圧症が発生した際の助けとなる可能性もある。アスリートやスキューバダイバーたちが突然冷たい水に入った際に....
> 続きを読む

 

2016-02-20
FDAはエゼチミブの新適用を却下(【MedPageToday】より) - FDAは、コレステロール低下剤であるエゼチミブの単剤(Zetia)使用またはシンバスタチン(Vytorin)との併用使用においても、メルク社の適用範囲拡大の申請を却下した。つまり、この薬剤のとても長く曲がりくねった道のりには、依然として終わりの....
> 続きを読む

 

2016-02-17
ベンゾジアゼピン系とオピオイド系併用で過剰服用リスク(【MedPageToday】より) - オピオイド系薬とベンゾジアゼピン系薬を並行して服用することは危険であり、患者の過剰服用リスクを上昇させるかもしれないことが新しい研究でわかった。マサチューセッツ州の新しい法律は、オピオイドの濫用を減らすため....
> 続きを読む

 

2016-02-17
抗生物質関連せん妄、特定はまれ、現在は分類化(【MedPageToday】より) - 抗生物質関連せん妄は滅多に発症せず過小診断であるが、特定の抗生物質クラスに反応し、特徴的な症状をもつ3つのタイプに分類することができる。ブリガム・アンド・ウイメンズ病院(Brigham and Women's Hospital)のシャミク・バタチャリア医学博士....
> 続きを読む

 

2016-02-11
出産前のアセトアミノフェンの曝露と喘息との関係(【Medical News Today】より) - オスローのノルウェー公衆衛生研究所によるこの研究は、国際疫学会ジャーナルで発表されている。別名プラセタモールとして知られているアセトアミノフェンは、もっとも広く使用されている薬のひとつであり、解熱および頭痛、....
> 続きを読む

 

2016-02-11
強力な細菌感染と闘うために、ペプチド・ジェルは天然の構成要素を活用(【Medical News Today】より) - メディカル・ニュース・トゥデイの独占ゲスト記事で、アイルランドのクイーンズ大学ベルファスト校医学部の医学博士であるゲリー・ラバティ博士は、新耐性菌に対して有能な結果を示し、間違いなく革命的感染治療となりそうな....
> 続きを読む

 

2016-02-04
ベルケイドのレブラミド/デキサメタゾンへの追加は多発性骨髄腫と新たに診断された患者の生存率を改善(【CancerConnect】より) - レブラミド(レナリドミド)とデキサメタゾンとの併用治療へのプロテアソーム阻害薬ベルケイド(ボルテゾミブ)の追加投与が、直ちに造血幹細胞移植を受ける意思のない多発性骨髄腫患者に対する初期治療として使用された....
> 続きを読む

 

2016-01-28
子供のSSRIS使用:思った以上に高いリスク?(【MedPage Today'】より) - 抗うつ薬は自殺企図や自殺念慮と関係しており、特に子供や青年に多い。またその害はとてつもなく過小評価されていることが、以前に行なわれた規制薬物の無作為試験のメタ分析によりわかった。このメタ分析は製薬会社のウエブサイト....
> 続きを読む

 

2016-01-25
抹茶:健康的なメリットと栄養成分(【Medical News Today】より) - 抹茶は文字どおり「粉状のお茶」を意味し、緑茶を粉末状にしたものである。一般的な緑茶は、茶葉をお湯に浸した後に捨てられる。抹茶の場合は茶葉を挽いて粉末にし、お湯と混ぜる。そのため茶葉ごと摂取される。伝統的には....
> 続きを読む

 

2016-01-16
男性の性健康:サプリメントは安全か?(【Medical News Today】より) - 男性の40-70%が時として性的不全を経験している。処方箋薬にお金を払いたくない、もしくは医者に相談するのは恥ずかしいなどの理由から、多くの人が市販薬(OTC)に手を伸ばしている。1999年から2007年の間、アメリカにおける栄養サプリメントの販売量は....
> 続きを読む

 

2016-01-15
糖尿病治療薬メトホルミンが膵臓がんの進行を阻止することが研究で明らかに(【Medical News Today】より) - 糖尿病治療薬であるメトホルミンの効果に隠された膵臓がんの進行抑制という新しい機序を、マサチューセッツ総合病院(MGH)の研究員が見つけたかもしれない。オープンアクセスジャーナルである『PLOSワン』で発表された彼らの研究において....
> 続きを読む

 

2016-01-13
胃酸薬と慢性腎臓疾患との関連性(【Medical News Today】より) - これは、バルチモアにあるジョンズ・ホプキンス大学医学部の新しい研究結果であり、JAMAインターナル・メディシン(JAMA Internal Medicine)で発表されたものである。しかし、プロトンポンプ阻害薬(PPI)と慢性腎臓疾患との関連性に関する研究結果では....
> 続きを読む

 

2015-12-31
多発性硬化症患者のビタミンD3多量摂取は安全(【News-Medical.Net】より) - 多発性硬化症を伴う人にとって多量のビタミンD3摂取は安全であり、また体の過剰な免疫反応の調節に役立つかもしれない、というジョンズ・ホプキンス医師の予備研究が、米国神経学会の医学雑誌である『ニューロジー』の12月30日オンライン版で....
> 続きを読む

 

2015-12-22
ナルメフェンのアルコール依存症治療に対する効果は弱いという根拠を試験のメタ分析で発見(【Medical News Today】より) - 今週出版のPLOSメディスン誌で発表された系統的再検査およびメタ分析(SRMA)によると、現時点で入手可能な無作為化比較試験(RCT)による証拠は、アルコール依存症がおよぼす悪影響の減少に対するナルメフェンの使用を裏付けていない....
> 続きを読む

 

2015-12-10
術前化学治療後疾病を持つ乳がん患者の転帰をカペシタビンが改善(【Medical News Today】より) - 12月8-12日に開催されたサンアントニオ乳がん学会議2015で発表された臨床試験CREATE-XフェイズIIIの結果によると、手術前の化学療法では排除不可能なHER2陽性乳がんを患う女性の無病生存率を、化学療法薬のカペシタビンを利用した治療が引き上げているそうだ....
> 続きを読む

 

2015-12-10
FDA委員会がエゼチミブの警告を高めようとしている(【MedPage Today】より) - IMPROVE-IT試験における徹底的な研究に基づいたエゼチミブ(ゼチーア)およびその配合成分シンバスタチン(バイトリン)の適応引き上げに関するメルク社の申請を検討するFDA諮問委員が来月の月曜日に開催されるが、そこで強烈で知的な激論....
> 続きを読む

 

2015-12-09
イブプロフェンパッチは経口よりもリスクが少ない(【Medical News Today】より) - このパッチは、化学教授のデビッド・ハドルトン教授の指導により、イギリスにあるウォーリック大学の研究者たちによって開発された。米国食品医薬品局(FDA)は最近、イブプロフェンなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の....
> 続きを読む

 

2015-12-08
がんによる静脈血栓塞栓症に対するワルファリンの使用は安全(【MedPage Today) - レジストリ研究において、抗凝固療法を低分子量ヘパリン(LMWH)からワルファリンに切り替えたがんによる血栓症を患う患者は、6ヵ月経過後も安全であった。オンタリオ州ハミルトンにあるマクマスター大学のチャトリー・チャイ・アジサクソファ博士に....
> 続きを読む

 

2015-12-01
アスピリンが持つ病気と闘う能力を研究が明らかに(【Cornell Chronicle】より) - アスピリンはもっとも長い歴史を持ち、また一般的に広く使用されている薬のひとつですが、科学者や医者にとってその健康に有益な効果を説明することは難しい。ボイス・トンプソン研究所(BTI)の研究者による最近の研究では....
> 続きを読む

 

2015-11-30
アスピリンにほかの役割はまだあるか?(【Medical News Today】より) - 植物は歴史を通して治療に利用されている。植物や薬草由来の薬は依然として世界的に治療の基本的形態である。過去20年以上にわたって開発され、FDA(米国食品医薬品局)に承認された薬剤の50%以上が、天然産物もしくは主に植物由来の....
> 続きを読む

 

2015-11-19
バイアグラが糖尿病リスクを持つ人のインスリン感受性を改善する(【Medical News Today】より) - 内分泌学会のClinical Endocrinology & Metabolismジャーナル誌で発表された新しい研究によると、バイアグラの商品名で知られているシルデナフィルには、前糖尿病患者のインスリン感受性を改善するだけでなく、心臓および....
> 続きを読む

 

2015-11-19
アスピリンにがん予防に対する新作用の可能性(【その他ソース】より) - アスピリンは大腸がんのリスクを減少させ、またほかのがんに対してもその可能性があることが知られている。しかしながら、場合によって起こる重篤な胃腸出血などの副作用のリスクがあるため、予防薬としてさらに広く推薦する前にア....
> 続きを読む

 

2015-11-19
脂肪肝疾患の治療に糖尿病薬が効くかもしれない(【MNT】より) - 2型糖尿病の治療薬が一部の人に対する脂肪肝の改善に効くかもしれない、という新しい調査結果がランセット誌で発表された。バーミンガム大学の研究員たちは、現状では認可されている治療がない非アルコール性脂肪性肝疾患....
> 続きを読む

 

2015-11-17
アルコール依存症の治療薬がHIVにも効果があるかもしれない(【Medical News Today】より) - オーストラリアにあるメルボルン大学の研究者による新しい研究結果によると、ジスルフィラムと呼ばれるアルコール依存症の治療薬が、私たちをHIV治癒に近付けてくれる可能性があるかもしれない。研究の主導者であるメルボルンの....
> 続きを読む

 

2015-11-11
心房細動患者における抗凝血薬の使用が減少(【MedPage Today】より) - 脳卒中の再発防止にリバーロキサバンを処方された心房細動を持つ患者のわずか半数が2年後も引き続き治療を受けていたが、彼らのアドヒアランスはワルファリンやダビガトランで心房細動の治療を受けている患者よりも依然としてよかった、と研究者は語っている。....
> 続きを読む

 

2015-11-10
1治療単位の抗生物質は消化管内微生物を1年間低下させる(【Medical News Today】より) - mBio誌で発表された研究によると、1治療単位の抗生物質治療は、消化管内に存在する微生物の正常な生成を最大で1年間中断させるほど強力であり、抗生物質耐性を起こす可能性があるようだ。70年もの間、抗生物質として知られている抗菌製剤は....
> 続きを読む

 

2015-10-30
妊娠中の抗生物質服用はもはや心配なし(【MedicalNewsToday】より) - 最大級の研究の結果、妊娠中のマクロライド系抗生物質の使用は問題がないことを示した。研究の結果によると、マクロライドは胎児の成長には悪影響は与えないとのことだ。アメリカに住む何千人という妊婦は妊娠中に抗生物質....
> 続きを読む

 

2015-10-30
抗生物質が特発性肺線維症の死亡率を削減(【MedPage Today】より) - 特発性肺線維症(IPF)での生存率が、経口抗生物質のピルフェニドンでの治療により劇的に改善したことが、2つの大規模試験の統合データでわかった。ASCEND試験およびCAPACITY試験において、ピルフェニドンで治療した患者はプラセボ(偽薬)治療の....
> 続きを読む

 

2015-10-22
単純性高血圧の治療にβ-遮断薬は古い?(【MedPageToday】より) - β-遮断薬は、血圧の治療に使用される初期の現代薬物治療のひとつである。1950年より以前は高血圧治療の選択肢は限られており、レセルピン、ペンタキン、ヒドララジン、グアネチジンなどの薬は、起立性めまい、鎮静状態、便秘、....
> 続きを読む

 

2015-10-21
下背部痛の緩和にはナプロキセン単剤使用が効果的(【MEDPAGETODAY】より) - 急性の非外傷性、非神経性の下背部痛(LBP)で救急外来(ED)を受けた患者のうち、ナプロキセンにシクロベンザプリンまたはオキシコドン/アセトアミノフェン(パーコセット)を追加して1週間経過観察をしたところ、機能的転帰....
> 続きを読む

 

2015-10-14
一般的な乳がん治療薬がMRSAの攻撃を助ける可能性(【MNT】より) - 抗生物質に対する耐性は世界中で問題になっている。我々がさらにこの問題に取り組まない限り、「ポスト抗生物質時代」に向かうことを世界保健機関が昨年警告している。そして今、一般的に乳がん治療に使用されている薬....
> 続きを読む

 

2015-10-06
メラトニンと食事時間: 一般的な遺伝子の差異が糖尿病により大きなリスクをもたらす可能性(【サイエンスデイリー】より) - 一般的な遺伝子変異を持つ人では2型糖尿病の進行リスクがより高い可能性がある理由について、ブリガム・アンド・ウィメンズ病院(BWH)とスペインのムルシア大学の研究者たちが新たな光を注いだ。健康的な被験者を慎重に研究することで....
> 続きを読む

 

2015-09-23
ビタミンBは夢見の状態を高められるか?(【The University of Adelaide】より) - アデレード大学の研究員が、ビタミンBは夢見をさらによくすることができるかどうかの新しい国民調査に協力してくれる人を募集している。心理学部の学生であるデンホルム・アスピーは、自身の博士号の研究としてさまざま角度から....
> 続きを読む

 

2015-09-15
50歳以上の人は心臓発作や脳卒中予防のために毎日アスピリンを服用すべき(【Medical News Today】より) - 米国予防医学専門委員会が発行しているガイドラインが改定され、心臓血管病リスクの高い50-59歳の人は、心臓発作や脳卒中予防のために毎日低用量のアスピリンを服用することが推奨された。 さらに米国予防医学専門委員会(USPSTF)は....
> 続きを読む

 

2015-09-06
ビタミンCは肥満の人の血管健康に対して”運動と同じくらいの効果”を持つ(【Medical News Today】より) - 35人の肥満または体重過多の成人を対象としたこの研究は、微小血管を収縮させるたんぱく質として知られるエンドセリン-1に対するビタミンCと運動の効果を比較したものである。 たんぱく質の活動は体重過多や肥満の人では上昇し、またこの....
> 続きを読む

 

2015-09-04
アスピリンはがん治療にどのように役立つのか?(【Medical News Today】より) - がんと闘うためにアスピリンを使用することは依然として的外れであると研究者たちは警告しているが、マウスの実験では有望であることが証明されている。 がん細胞は増殖するために免疫細胞に「わな」を仕掛けているらしい、という....
> 続きを読む

 

2015-09-03
アスピリンががん治療の効果を促進させるかもしれない(【News-Medical】より) - 英国がん研究所が設立したフランシス・クリック研究所の研究者たちは、皮膚、胸そして大腸がん細胞は、膨大な量のプロスタグランジンE2(PGE2)を頻繁に生成していることを発表した。PGE2は欠陥細胞を攻撃するという免疫システムの....
> 続きを読む

 

2015-09-03
治療抵抗性高血圧の治療にはスピロノラクトンがダントツ(【その他ソース】より) - パス2試験の結果によると、3剤(治療抵抗性高血圧)を組み合わせて治療しているにもかかわらず血圧の管理が良好でない患者は、利尿薬のスピロノラクトンを追加することで、ほかの血圧降下薬を追加するよりもはるかにいい....
> 続きを読む

 

2015-09-02
スタチン誘発筋力低下の仕組みを科学者が特定(【 Medical News Today】より) - オランダにあるラドバウド大学ナイメーヘン医療センターの研究者たちは、『細胞メタボリズム・ジャーナル』誌において研究結果を発表した。 スタチンは肝臓でのコレステロール生成を阻止する働きを持ち、一般にはコレステロールを....
> 続きを読む

 

2015-08-28
スピロノラクトン:“もうひとつの”ニキビのホルモン療法(【MEDPAGETODAY】より) - 1980年代に行なわれた研究では、スピロノラクトンは特に非ホルモン療法では無反応の女性のニキビに対する治療効果が実証されていた。ところがFDA(米国食品医薬品局)の強制により、腫瘍形成の可能性に関する警告および....
> 続きを読む

 

2015-08-26
オメガ3や身体活動は認識低下に対する効果なし(【MNT】より) - JAMA(米国医療学会)ジャーナル誌で発表された、認知症の進行に与えるライフスタイル介入の影響に関する2つの無作為対象試験が、5800人以上を対象として行なわれた。「認知力に対する目立った恩恵を立証することはできなかったが....
> 続きを読む

 

2015-08-25
前立腺肥大症と男性型脱毛の治療薬の副作用(【ScienceDaily】より) - これらの結果は、現在出ている『内分泌リビュー・ジャーナル』および『メタボリック障害』誌のオンライン版の世界的な共同批評の一部である。ボストン大学医学部(BUSM)の生物化学泌尿器学教授であるアブドゥルマジド・トライシ....
> 続きを読む

 

2015-08-18
肥満による発がんリスクをアスピリンが減少させる(【MNT】より) - 研究者たちは、特に結腸がんや子宮がんなどのがんのリスクを上昇させる遺伝障害であるリンチ症候群を持つ937人を対象に、アスピリンの10年間の効果を評価した。 これらの患者において、太り過ぎの人は大腸がんとして知られる結腸がんのリス....
> 続きを読む

 

2015-08-11
テストステロン治療が高齢者の心臓血管リスクを減らすかもしれない(【MNT】より) - テストステロン補充療法を受けているテストステロン値の低い男性は、心臓発作、脳卒中そして全死因死亡のリスクも減少することが研究によりわかった。 『ヨーロッパ心臓ジャーナル』で発表されたその研究は、復員軍人援....
> 続きを読む

 

2015-08-11
オメガ3が精神病を防止するかもしれない(【MedicineNet.com】より) - 遡ること2010年、高リスクの研究で13歳から25歳までの被験者にオメガ3のサプリメントを12週間投与したところ、精神異常の第1エピソードの発現を最大1年間防いだことがオーストラリアの研究者によって報告された。そして今、その後どうなったかを、....
> 続きを読む

 

2015-08-10
妊婦のヨウ素サプリ服用がお金の節約に(【MEDPAGE TODAY】より) - モデリングの分析によると、イギリスでは妊婦のヨウ素補給はIQを高めるため、お金の節約になるそうだ。 研究者たちは、妊婦に対するヨウ素(ヨード)補給の費用を決定するために臨床データを分析、すなわち補給によってIQ....
> 続きを読む

 

2015-07-28
乳がん患者の性交中の痛みをリドカインが緩和(【MNT】より) - オレゴン健康科学大学(OHSU)の科学者たちは、乳がん治療の一般的な副作用である性交中の痛みを、戦略的に液体リドカインを投与することで緩和できる可能性があることを報告している。この研究は『臨床腫瘍学ジャーナル』....
> 続きを読む

 

2015-07-21
糖尿病治療薬「アクトス」がすい臓がんリスクを上昇させるという概念を研究が否定(【Medline Plus】より) - 過去に行なわれた小さな研究において糖尿病治療薬である「アクトス」が膀胱がんのリスクを高くする可能性があることが示唆されたが、そのような効果はないことが新規の大規模な研究でわかった。しかしながら、その研究で....
> 続きを読む

 

2015-07-17
抗マラリア薬でパーキンソン病を治療できるかもしれない(【Medical News Today】より) - 現在のところ、パーキンソン病の進行を遅らせたり止めたりする標準的な治療法は確立しておらず、有効な治療は個々の症状への対処である。しかし今、画期的な研究により、この病気の進行に対して効果を発揮する2種類の既存の....
> 続きを読む

 

2015-07-16
一般の精神剤に関節炎を治療する可能性(【MNT】より) -塩化リチウムは、主に双極性障害などの精神問題の治療に使用される精神安定剤だが、関節炎の治療にも有効かもしれないことが新しい研究でわかった。研究はロンドンのクイーン・メアリー大学(QMUL)において、ニ....
> 続きを読む

 

2015-07-13
転移性肺がんの一次治療にFDAが標的療法を承認(【FDA】より) -イレッサ(ゲフィチニブ)はキナーゼ阻害剤で、特定のEGFR遺伝子によるがん細胞の増殖を促進する働きを持つたんぱく質を遮断する。この薬は、NSCLC(エクソン19の欠質またはエクソン21 L858R遺伝子突然変異置換)....
> 続きを読む

 

2015-07-09
一部のSSRI抗うつ剤に出生異常リスクを上昇させる可能性(【BMJプレスリリース】より) - SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)として知られている一部の抗うつ剤の妊娠初期における服用は、出生異常リスク上昇と関係しているとの結果が今週のBMJで発表された。 もしこれらに因果関係がある場合、出生異常に....
> 続きを読む

 

2015-07-07
オメガ3サプリが高齢者の心臓血管の健康を改善する可能性(【News-Medical.net】より) -%E3%82%AA%E3%83%A1%E3%82%AC3%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%AA%E3%81%8C%E9%AB%98%E9%BD%A2%E8%80%85%E3%81%AE%E5%BF%83%E8%87%93%E8%A1%80%E7%AE%A1%E3%81%AE%E5%81%A5%E5%BA%B7%E3%82%92%E6%94%B9%E5%96%84%E3%81%99%E3%82%8B%E5%8F%AF%E8%83%BD%E6%80%A7.html....
> 続きを読む

 

2015-07-07
睡眠時頭痛にリチウム、カフェインが有効(【Internal Medicine News Digital Network】より) -ワシントン-遡及調査によると、リチウムは睡眠時頭痛を持つ患者の治療に最適な選択である。米国頭痛学会の年次総会においてクレーブランド・クリニックのノーマン・タリクによる横断的研究の結果が発表された。....
> 続きを読む

 

2015-07-07
アスピリンが中皮腫の進行を阻害する可能性があることが研究で明らかに(【News-Medical】より) -この研究結果は、世界中で年間3200人の死者を出す深刻な病気と闘う医師および患者にとって、いずれ新しい治療方法となる可能性があり、またほかのがんと取り組むための、さらに進んだ知識を与えることになるかもしれな....
> 続きを読む

 

2015-07-07
妊娠中に禁煙薬「ザイバン」を服用した女性で先天性欠損児を出産する可能性(【News-Medical】より) - 現在アレンツ弁護団は、禁煙薬「ザイバン(塩酸ブプロピオン)」服用による先天性欠損児出産の調査中である。妊娠中にザイバンを服用し、先天性欠損を持って生まれてきた子供を出産した女性は、すぐに弁護士事務所に連絡....
> 続きを読む

 

2015-07-02
糖尿病治療薬が体重を減少させることを遂に発表(【MedPage Today】より) -試験終了から2年以上、そしてその結果に基づきFDA(米国食品医薬品局)がある程度の減量効果を承認して6ヵ月以上経過した後、論文審査のある出版物が、SCALE試験における太り過ぎの人および肥満の患者に対するリラグル....
> 続きを読む

 

2015-06-24
バイアグラと高い皮膚がんリスクとの関連性(【Medical News Today】より) -研究者たちがスウェーデン人男性2万人の健康記録を分析した結果、関連性は見つかったものの、シルデナフィル(バイアグラ)およびほかの同等クラスの勃起不全薬(ED薬)は皮膚がんの原因になりえない“だろう”と....
> 続きを読む

 

2015-06-24
長時間作用型抗精神病薬が統合失調症治療を向上させる可能性(【UCLA NewsRoom】より) -統合失調症は、アメリカ国内では200~300万人がかかっている疾病で、幻覚、妄想、混乱などの症状を引き起こす。治療しなかった場合は、失業や愛する人との離別など、生活の質に大きな影響を与えることになる。しかし統合失調症....
> 続きを読む

 

2015-06-06
初期乳がんにおける再発予防にはタモキシフェンよりもアナストロゾールが有効(【Cancerconnect.com】より) - 非浸潤性乳管がん(DCIS)として知られる一般的な乳がんには、タモキシフェンよりもアリミデックス(アナストロゾール)の方がよりよい再発予防効果をもたらす可能性があるようだ。この結果は2015年米国臨床腫瘍学会の年次総会....
> 続きを読む

 

2015-06-01
魚油脂肪酸が高齢者の筋肉量低下を減らす効果があることが研究で明らかに(【FoodBev.com】より) -ワシントン大学薬学部の調査によると、魚油由来のオメガ3多可価不飽和脂肪酸(PUFA)は高齢者の筋肉量を増やし、筋肉の機能を改善する可能性があるようだ。 60-85歳のグループを、ひとつは魚由来のオメガ3脂肪酸を6ヵ月間摂....
> 続きを読む

 

2015-05-27
パラセタモールの過剰服用が肝移植の原因の6分の1を占める(【Wiley】より)-ヨーロッパの国におけるパラセタモール起因の肝不全には大きな開きがあるが原因は不明:アイルランドでは6倍、またイギリスでは2倍の高いリスクがあると研究により明らかに肝移植(ALFT)の原因となるパラセタモー....
> 続きを読む

 

2015-05-27
新世代避妊ピルと高い血栓リスクの関係性が確認される(【BMJ】より) -本日のBMJに掲載された研究で、新世代の経口ピルと重篤な血栓(静脈血栓塞栓症/VTE)との関連性を決定づける新しい証拠を発表している。この研究結果は、新世代の黄体ホルモン(ドロスピレノン、デソ....
> 続きを読む

 

2015-05-21
脳卒中の薬が中耳炎にも効果を発揮(【Georgia State University News】より) -アトランタ-ジョージア州立大学およびロチェスター大学の研究者によると、現在も使用されている抗脳卒中薬が、粘液の過剰産生を抑えて細菌の除去や難聴を減少させるなどの効果を発揮し、さらに中耳炎の治療にも有効である....
> 続きを読む

 

2015-05-20
アセトアミノフェンの長期曝露が、睾丸での男性ホルモン生成を減少させる可能性(【PubMed】より) -胎児のテストステロンが抑制される原因に関してはほとんど解明されていないままだが、ほとんどの一般男性における生殖障害は胎児期におけるテストステロンの曝露の低さと関係している。妊娠中のアセトアミノフェンの長期使用は男児の....
> 続きを読む

 

2015-05-13
スタチン製剤がADT療法中の前立腺がん進行を遅らせる可能性(【cancerconnect.com】より) - 前立腺がん治療でアンドロゲン除去療法を開始する際に、コレステロールを低下させるスタチン製剤を服用していた男性では、そうでない人と比較してより長い間病状がコントロールされたことがダナ・ファーバーがん....
> 続きを読む

 

2015-05-06
皮膚軟部組織感染の治療に抗生物質の選択は大切?(【メッド・スケープ】より) -このレポートは、皮膚感染の治療を受けている患者の無作為臨床試験の結果の詳細である。患者は全員、蜂巣炎または膿瘍形成のいずれか、または両方を持ち、登録の少なくとも24時間前に診断を受けている。なお患者は....
> 続きを読む

 

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。
> 続きを読む

 

2015-05-04
ビタミンBとオメガ3脂肪酸が脳委縮を防ぐ(【スワンソン・ヘルスブログ】より) -オメガ3脂肪酸およびビタミンBが、高齢者の脳委縮に効果を発揮するかもしれないことが新しい研究でわかった。オメガ3の血漿濃度、ホモシステイン濃度、脳委縮の進展および認知症との間にある関係を示した過去の調査を踏ま....
> 続きを読む

 

2015-04-29
糖尿病の発症を予防する薬はほとんど使われない(【UCLSニュースルーム】より) エンリケ・リベロ(Enrique Rivero)著 -メトホルミンは糖尿病の発症を防ぐ薬として値段も手ごろで有効であるが、実際はほとんど使用されていない。UCLAがその理由を調査した。UCLAの研究によれば、糖尿病発症の予防に効果が認められている安価な薬を処方する医....
> 続きを読む

 

2015-04-22
個人の症状に合わせた双極性障害治療(【テル・アビブ大学ニュースルーム】より) -喜びと活力の極致から、急速に悲しみ、疲労、精神錯乱へと変化してしまう双極性障害(BD)の患者は、絶望感とほとんどの場合この地球上での孤独感を感じている。国立衛生研究所によれば、アメリカ人の約3%がBD....
> 続きを読む

 

2015-04-21
研究:高齢者に対するスタチンの費用効果
ただし、副作用が起こる可能性あり。
(【メッド・ページ】より) - 脂質低下薬で治療を行なっているすべての高齢のアメリカ人は、結果的にスタチン使用者を800万人増やし、またその治療が有害性を引き起こさなければ6万8000人を冠動脈性心疾患による死から救うことになるかもし....
> 続きを読む

 

2015-04-14
スタチンがHIV陽性患者の心臓病のリスクを低減するかもしれない(エイズ・メッドより)― スタチンがHIV陽性患者に対し、心臓に繋がる動脈の硬化や狭窄である冠状動脈アテローム性硬化の進行を防止できることを、研究がますます示唆しているとエイズマップは報告している。シアトルで開かれた2015年レトロウイ....
> 続きを読む

 

2015-04-13
乳癌は男性でも女性ほど多くはないが発症例あり(モリスヘラルド・ニュースより)― セネカとマルセイユの間に住むハンク・エングルハウプト(Hank Englehaupt)さんは、まさか自分が医師から乳癌と診断されるとは思ってもいなかった。2002年、告知された。現在71歳になり、乳癌に対する化学療法による足の神経障害を患....
> 続きを読む

 

2015-04-13
乳癌は男性でも女性ほど多くはないが発症例あり(モリスヘラルド・ニュースより)― セネカとマルセイユの間に住むハンク・エングルハウプト(Hank Englehaupt)さんは、まさか自分が医師から乳癌と診断されるとは思ってもいなかった。2002年、告知された。現在71歳になり、乳癌に対する化学療法による足の神経障害を患....
> 続きを読む

 

2015-04-13
研究から―感染症治療に抗生物質の低用量・逐次投与を利用できる可能性(薬学ジャーナルより)― 研究者らは、抗生物質2種を亜致死量で逐次投与することにより、細菌感染症の治療だけでなく耐性発現リスクの減少も可能と信じている。細菌感染症の治療に加えて耐性発現リスクを減らすには、2種の抗生物質を亜致死....
> 続きを読む

 

2015-04-10
イマチニブがEphB Ablシグナル経路を阻害するとともに、結腸直腸癌を抑制(結腸がんニュースより)― スウェーデンのカロリンスカ研究所(Karolinska Institutet)とシンガポールの南洋理工大学(Nanyang Technological University)の研究者らは、白血病に用いるイマチニブ(チロシンキナーゼ阻害剤)で、腸腫瘍の発現を抑制できることを明らかにした。研究表題は「Na EphB Abl....
> 続きを読む

 

2015-04-10
ソラフェニブ投与で、補体調節タンパク質の発現が減少し、リツキシマブとオファツムマブの有効性が向上(血液がんジャーナルより)― 慢性リンパ性白血病の治療は大きな進歩をみせているものの、未だ根治的な治療は存在せず、有効性を向上させるための新たな治療法が早急に必要とされる。免疫化学療法における抗CD20モノクローナル抗体は、慢性リンパ性....
> 続きを読む

 

2015-04-10
ソラフェニブ投与で、補体調節タンパク質の発現が減少し、リツキシマブとオファツムマブの有効性が向上(血液がんジャーナルより)― 慢性リンパ性白血病の治療は大きな進歩をみせているものの、未だ根治的な治療は存在せず、有効性を向上させるための新たな治療法が早急に必要とされる。免疫化学療法における抗CD20モノクローナル抗体は、慢性リンパ性....
> 続きを読む

 

2015-04-10
認知機能と血糖コントロールの改善におけるシタグリプチンの二重の役割(糖尿病・イン・コントロールより)― 認知症の中で最も発症頻度の高いのがアルツハイマー病である。症状はゆっくり増悪し、経時的に悪化し、やがて一般的な日常生活活動に支障をきたすようになる。アルツハイマー病の治療法は分かっていないが、シタグリ....
> 続きを読む

 

2015-04-10
統合失調症の陰性症状が抗炎症薬で軽減する可能性(メッドスケープより)― 新しい研究により、統合失調症のある症状には一般的な薬のオフターゲット作用が有用と考えられている。具体的には、オンダンセトロンとシンバスタチンが統合失調症の安定期において陰性症状の軽減に中程度の効果を示....
> 続きを読む

 

2015-04-10
肝斑に効果がある3剤コンボクリーム(MPRより)― ジャーナル・オブ・コスメティック・ダーマトロジー(Journal of Cosmetic Dermatology)オンライン版で4月6日に発表された研究によると、4%ヒドロキノン、10%グリコール酸、0.01%ヒアルロン酸を含有するクリーム処方が肝斑の治療に非常に効果....
> 続きを読む

 

2015-04-10
抗マラリア薬は関節リウマチに有用(メドページ・トゥデイより)― ヒドロキシクロロキンは、メトトレキサートよりも高脂血症を引き起こしにくい。初期の関節リウマチにおいて、抗マラリア薬ヒドロキシクロロキンによる治療は、メトトレキサートと比較して、高脂血症リスクを低くする....
> 続きを読む

 

2015-04-10
アゴメラチンは緑内障の眼圧を下降させる(MPRより)― オフサルミック&フィジオロジカル・オプティクス(Ophthalmic & Physiological Optics) 3月号で発表された研究によると、経口全身治療薬アゴメラチンは、治療抵抗性の原発性開放角緑内障(POAG)患者の両眼の眼圧(IOP)を下降させる降圧効果がある....
> 続きを読む

 

2015-03-25
てんかん薬が多発性硬化症の人の失明を防ぐかもしれない(【米国神経学会プレスリリース】より) -ワシントンDC ‐ てんかん発作予防のために一般的に使用されている薬が、意外にも多発性硬化症(MS)の失明を予防するかもしれないことが、2015年4月18日から25日までワシントンDCで開かれた....
> 続きを読む

 

2015-03-23
アスピリンやCOX-2阻害薬の服用者ではIII期大腸がんの治療成果がよりよいとの結果(【がんコネクトニュース】より) -がんコネクトニュース: 国立がん研究所の機関誌にこのほど掲載された研究結果によると、アスピリンや補助化学療法実施前後にシクロオキシゲナーゼ-2(COX-2)を阻害する薬を使用しているIII期大腸がんの....
> 続きを読む

 

2015-03-19
妊娠中のネズミにおける過剰なビタミン摂取は、子の食べ物の好みに影響を与える可能性(【カナダ科学出版社】より) -トロント大学栄養科学学部と医学部の研究者グループが、母親が必要量以上のビタミン(A、D、E、K)をすると、子の脳の発達と行動にどのような影響を与えるのかをネズミを使って実験している。彼らの....
> 続きを読む

 

2015-03-18
ビタミンB群の一種である葉酸が高血圧患者の脳卒中リスクを低下(ハーバード・ヘルスレターより)― プロゲステロンに関する研究が見当たらない、なんてよく言われますが、フランスとアメリカのわりと最近の研究では、女性の「乳がんや脳卒中のリスクを減らす」「認知症を防ぐ助けになる」という現実的なメリットが明....
> 続きを読む

 

2015-03-18
メラトニンのサプリメントはICU(集中治療室)患者の回復を促進する可能性があるほか、睡眠障害の人にも有益となり得る(メディカル・デイリーより)― 入院経験者なら誰しも日中の院内がどれほどの喧噪に包まれているかを知っているはずである。夜間、一部は多少静かになるが、集中治療室(ICU)においては、複数のモニターからビーッという音が鳴りやまず、医師や看護師が....
> 続きを読む

 

2015-03-17
シプロヘプタジン(抗ヒスタミン薬)が、MAPキナーゼp38活性化を介して細胞周期進行を遮断し、肝細胞癌の細胞増殖を阻害(7thスペースより)― 肝細胞癌は、世界における癌死亡の主な原因となっている。しかし、現在の肝細胞癌に対する化学療法剤は、効果不十分であったり、高額であったりする上に、これらの薬剤で治療しても満足な治療成績は得られていない。....
> 続きを読む

 

2015-03-16
エナラプリルと葉酸の併用が脳卒中リスク低下に関連(臨床アドバイザーより)― エナラプリルと葉酸の併用が高血圧患者における初回脳卒中リスクの低下につながるという研究結果が、アメリカ医師会機関紙(Journal of the American Medical Association:JAMA)に掲載された。中国北京の北京大学第一医院(Peking University First Hospital)に所属するヨン(Yong Huo)博士らは....
> 続きを読む

 

2015-03-15
オーストリアの専門家らによれば、癌予防にアスピリンを用いると数百人の死亡を回避できる可能性(スタンダード・デジタルより)― 50歳以上の人に定期的に低用量アスピリンを10年間以上投与すると、食道・胃・大腸癌の死亡率が有意に減少する可能性のあることが、金曜日に発表された。製薬会社ラナッハ(Gerot Lannach)社の主催する科学会議において、ロンドン....
> 続きを読む

 

2015-03-13
中等量吸入ステロイド薬へのチオトロピウム追加は中等症喘息患者の安定期管理に有効(肺病ニュースより)― 最近の研究で、吸入ステロイド薬(ICS)の補助薬としてチオトロピウムを使用することにより、中等症喘息患者の気流閉塞が軽減し、喘息コントロールが向上することが明らかにされた。フローニンゲン(オランダ)にあるフロ....
> 続きを読む

 

2015-03-13
エンテカビルもテノホビルもHBV慢性感染に対する長期臨床使用は有効(ニュース・メディカルより)― トルコの臨床試験でHBV慢性感染者にエンテカビルまたはテノホビルを使用したところ、肝硬変の有無にかかわらず、長期のウイルス学的・生化学的治療反応が効果的に維持された。研究者らによると、一部の患者は肝細胞が....
> 続きを読む

 

2015-03-03
妊婦および授乳婦は、幼児の発育に不可欠なオメガ3の摂取が推奨量に満たないことが研究で示唆(【カナダ科学出版社プレスリリ-ス】より) -APrON(Alberta Pregnancy Outcomes and Nutrition)はアルバータ州革新健康対策により創設されたカルガリーおよびエドモントン在住の2000人以上の女性およびその子供から....
> 続きを読む

 

2015-03-02
ヘルペス治療薬バラシクロビルがエイズ患者のHIV量を減少(ミラー・デイリーより)― バラシクロビルを性器ヘルペスウイルス(HSV-2)の治療に使用した際に、HIV量の減少が認められた。新たな研究においてHSV-2ウイルスを保有しない患者でも本剤の影響は大きいことが明らかにされた。ヘルペスウイルスが検出されな....
> 続きを読む

 

2015-03-02
初期の精神病における陰性症状に対する通常治療併用下のミノサイクリン投与による効果 - 有益性の程度と作用機序(BeneMin試験):ランダム化対照試験の実施計画書(7thスペースより)― 精神病における陰性症状は、第一世代・第二世代の抗精神病薬を用いた従来の治療を用いても改善せず、精神病患者に認められる生活の質(QOL)低下の主な原因の一つとなっている。ミノサイクリンとは神経保護作用のある広域....
> 続きを読む

 

2015-03-02
ミネソタ大学とその提携先がアスピリン使用の普及を目指す(ミネソタ・デイリーより)― ミネソタ州ではミネソタ大学(University of Minnesota)と州の50を超える対象店舗が提携して、今春にもアスピリン常用の促進活動を行う。州の住民の心臓の健康管理に役立てるためだ。中年層には心臓発作や脳卒中のリスクが目立つこと....
> 続きを読む

 

2015-03-01
のどの痛みの治療に抗HIV薬を(デジタル・ジャーナルより)― 一般に、のどの痛みというのはやっかいなものです。その原因菌の間では抗生物質への耐性が増していることから、微生物学者たちは病原菌に対抗できる代わりの治療法を探しています。のどの病気の引き金となり、世界的....
> 続きを読む

 

2015-02-28
高用量リファンピンで結核患者の治療期間が短縮される可能性(HCPライブより)― 高用量リファンピン及びモキシフロキサシンを標準的薬物治療に併用すると、結核患者の治療成功に要する日数が短縮される可能性がある。この研究結果は今週シアトルで開催されたレトロウイルス及び日和見感染症学会(Conference....
> 続きを読む

 

2015-02-27
メトホルミンが妊娠糖尿病後の2型糖尿病リスクを低下(糖尿病.co.ukより)― 妊娠糖尿病歴を有する女性におけるメトホルミンの服用が、2型糖尿病の発症リスクを低下させることが、新たな研究で示された。本研究によれば、妊娠糖尿病歴のない女性では、メトホルミンによる2型糖尿病のリスク低....
> 続きを読む

 

2015-02-27
女性にはプロゲステロン補充のほうがプラス(バイオ・ホルモン・ヘルスより)― プロゲステロンに関する研究が見当たらない、なんてよく言われますが、フランスとアメリカのわりと最近の研究では、女性の「乳がんや脳卒中のリスクを減らす」「認知症を防ぐ助けになる」という現実的なメリットが明....
> 続きを読む

 

2015-02-27
葉酸は脳卒中・心臓発作のリスクを減らすことが判明(インターナショナル・ビジネス・タイムズより)― 中国の大規模な研究において、降圧薬と葉酸の併用が脳卒中の初発リスクを有意に減らしました。成人で高血圧だけれど脳卒中や心臓発作の既往がない2万人超を対象に、エナラプリルと葉酸の併用を調べたところ、エナラ....
> 続きを読む

 

2015-02-25
ナルトレキソンの服用で若年問題飲酒者の飲酒量が減少(イェール・ニュースより)― 若年者がナルトレキソンを服用すると、乱酒の程度が抑えられ、アルコールによる悪影響も少なくなることが、エール大学医学部(Yale School of Medicine)による試験で示された。著者らによれば、本剤は若者の飲酒頻度を減らすには至らな....
> 続きを読む

 

2015-02-25
乳癌の予防にタモキシフェン:IBIS-I乳癌予防試験の長期にわたる延長追跡調査(メッドスケープより)― IBIS-I試験は、1992~2001年に乳癌の発症リスクが高いとみられた35~70歳の閉経前・閉経後女性を登録し、タモキシフェン又はプラセボのいずれかに無作為に割り付け、5年間投与したランダム化比較試験である。本試験では7,000人....
> 続きを読む

 

2015-02-25
新たに多発性骨髄腫と診断された患者にも今後はレナリドミド(メッドスケープより)― 米国食品医薬品局(FDA)はレナリドミド(レブラミド、セルジーン社)とデキサメタゾン(複数の商品名あり)の併用について、これまでの適応を拡大し、新たに多発性骨髄腫と診断された患者も対象にすることとした。FDA....
> 続きを読む

 

2015-02-24
関節リウマチに対するメトトレキサートの最新情報(家庭医療ニュースより)― コロラド州スノーマス ― 昔ながらの関節リウマチ治療薬に新たな効能は期待できるのか?メトトレキサート(関節リウマチ治療薬)に関して言えば、答えは間違いなく「イエス」である、とハーバード大学医学部(Harvard Medical School、ボ....
> 続きを読む

 

2015-02-24
ワイオミング大学の教授がカプサイシンの薬理効果を解明(ララミー・ブーメランより)― ワイオミング大学(University of Wyoming : UW)の研究者グループの研究結果によると、日ごろ近所のスーパーで辛いものをあまり買わないのなら、その傾向を変えた方がいいかもしれません。トウガラシの辛み成分であるカプサイシンが....
> 続きを読む

 

2015-02-24
抗癌剤としてのクラリスロマイシン(EurekAlert!より)― 抗生物質の一つが、抗癌剤への適応拡大に適した薬剤の仲間入りをする可能性がある。この新たな研究は、ReDO(癌目的以外の既存薬に抗癌作用を見出し抗癌剤として適用拡大する)プロジェクトによるもので、eキャンサー・....
> 続きを読む

 

2015-02-23
チオトロピウムはアレルギー状態を問わず肺機能を改善する:研究報告(HCPライブより)― 軽度・中等度・重度の喘息を呈し、維持療法を行っても症状が続く成人患者において、チオトロピウム含有の噴霧器レスピマット(Respimat)の治療を追加すると、肺機能が有意に改善した。この結果は、テキサス州ヒューストンで開....
> 続きを読む

 

2015-02-21
アジスロマイシンによる集団治療がいちご腫(熱帯フランベジア)の根絶に有効である可能性(2ミニット・メディスンより)― いちご腫とは、梅毒トレポネーマ(Treponema pallidum)の亜種pertuneuに起因する感染症のことである。通常、皮膚と皮膚の接触により伝播し、主に湿潤熱帯地域の小児に起こる。いちご腫は慢性かつ再発性で、皮膚及び骨の外観を損なうような有....
> 続きを読む

 

2015-02-05
2月10日の全国駆虫デイに子供たちの駆虫をするキャンペーン(ビジネス・スタンダードより)― 全国的なキャンペーンが2月10日の全国駆虫デイを前に開始され、公立の学校やアンガンワディ (Anganwadi) ・センターを通じ、1歳~19歳の子どもを駆虫する。 「このプログラムの第一段階は、アッサム(Assam)州、ビハール(Bihar)州、チャッ....
> 続きを読む

 

2015-02-05
トラマドールは早漏に効果があるようだ(腎臓&泌尿器学ニュースより)― この薬は呼吸困難や中毒の原因となる可能性があるため、医師は慎重に処方すること。早漏(PE)の男性がトラマドールを承認適応症外で使用すると恩恵があるかもしれないことを、無作為化対照試験の新たなメタ分析が示....
> 続きを読む

 

2015-02-05
心筋梗塞後の患者のPAD発症を高用量アトルバスタチンが抑制(ヒーリオより)― MI(心筋梗塞)歴がある患者を対象としたIDEAL試験のデータによると、高用量アトルバスタチンは中用量シンバスタチンと比べて、末梢動脈疾患(PAD)の発生率を有意に下げたという。さらに、ベースライン時にPADの既往があ....
> 続きを読む

 

2015-02-02
メトホルミンが非喫煙・糖尿病患者の肺がんリスクを下げる可能性(DDDマガジンより)― 米国癌学会(American Association for Cancer Research)のジャーナル『キャンサー・プリベンション・リサーチ(Cancer Prevention Research)』に掲載の研究によると、喫煙しない糖尿病患者で、メトホルミン(糖尿病治療薬)の服用者は肺がんリスクが低下していたとい....
> 続きを読む

 

2015-01-08
パーキンソン病治療の徐放カプセル『RYTARY』(カルビドパ、レボドパ)がFDAに承認されたとインパックス製薬が発表(【PRニュースワイヤー】より) -インパックス研究所の一部門であるインパックス製薬は、同社が開発した経口徐放カプセルRYTARYが、本日、米国食品医薬品局(FDA)に承認されたことを発表した。これはカルビドパとレボドパを調合し、パーキンソ....
> 続きを読む

 

2014-12-31
研究において重度のニキビにA / BPO +ドキシサイクリンが効果的な代替薬であった(MPRより)― ブリティッシュ・ジャーナル・オブ・ダーマトロジー(British Journal of Dermatology)12月号で発表された研究によると、経口ドキシサイクリンとアダパレン/過酸化ベンゾイルゲルの組み合わせ(D + A / BPO)は、経口イソトレチノイン(ISO)に代....
> 続きを読む

 

2014-12-13
オキシトシンという「愛情ホルモン」が自閉症にも役立つ可能性(ナショナル・ジオグラフィックより) - 新たな研究でオキシトシンが自閉症の子供に有益となる可能性が示唆された。しかし、広く利用できる準備は整っているのだろうか。「愛情ホルモン」と名の付くものはどれも、よく吟味し、多少懐疑的な見方をする必要が....
> 続きを読む

 

2014-12-05
併用療法におけるサクサグリプチンの有効性(糖尿病・イン・コントロールより)― 2型糖尿病患者において、サクサグリプチンを別の種類の薬剤に追加すると、血糖コントロールが改善される。サクサグリプチンとは、ジペプチジルペプチダーゼ-4(DPP-4)阻害薬のことであり、グルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)と、ブドウ....
> 続きを読む

 

2014-12-05
乳児血管腫に対するプロプラノロール:一部の患児には追加的有用性が大きいとの評価(メディカル・エキスプレスより)― 増殖期の乳児血管腫(イチゴ状血管腫ともいう)がある患児へのプロプラノロールは、適切な比較対照治療に比べ追加的有用性があるかを評価するため、ドイツIQWiG(医療の質・効率研究所、Institute for Quality and Efficiency in Health Care)が資料を調べ....
> 続きを読む

 

2014-12-04
アルツハイマー病薬が、むちゃ食い障害に関連した嗜癖行動を減らすことができるかもしれない(ユニバーシティ・ヘラルドより)― アルツハイマー病の薬が、むちゃ食い障害患者が衝動を制御するのに役立つかもしれない。ボストン大学医学部(Boston University School of Medicine)の研究者らは、神経保護薬であるアルツハイマー病薬のメマンチンが、むちゃ食い障害に関連した嗜....
> 続きを読む

 

2014-12-04
リラグルチドが腎臓病を有する糖尿病患者への適応で欧州にて承認(メッドスケープより)― 注射用グルカゴン様ペプチド1(GLP-1)受容体作動薬である「リラグルチド」(ノボノルディスク社製造のビクトーザ)を、中等度の腎機能障害を有する成人2型糖尿病患者へ適応拡大することについて、欧州連合の承認勧告が得ら....
> 続きを読む

 

2014-12-04
骨髄増殖性腫瘍の発生を女性ホルモンが防ぐ(サイエンス・コーデックスより)― 血液疾患の中には治癒を期待できる治療法が現在もないものがあり、今回の発見はその治療法として応用できる可能性がある。この研究はCNICのサイモン・メンデス‐フェレール博士(Dr. Simon Mendez-Ferrer)がリーダーを務め、バーゼル大....
> 続きを読む

 

2014-12-03
アトルバスタチンがラットの肺線維症の症状を軽減(肺線維症ニュースより)― イランの科学者らは、神経系に対し毒性をもつ毒物であるパラコートに起因する肺傷害および線維症を、脂質低下薬アトルバスタチンが減少させるかもしれないことを見出した。この記事は、アドバンスド・ファーマシュー....
> 続きを読む

 

2014-12-02
肝移植後のC型肝炎再発患者の大半がソホスブビル/レジパスビル配合剤とリバビリンの併用で治癒(エイズ・マップより)― リバビリン併用下で、12週又は24週間のソホスブビル/レジパスビル配合剤(Harvoni)を用いたインターフェロンフリー(インターフェロンを含まない)治療を行うと、C型肝炎ウイルス(HCV)遺伝子型1型の肝線維化患者あるいは初期....
> 続きを読む

 

2014-12-02
クルージングでの時差ボケを治す8つの方法(ハッフィング・ポストより)― 各種旅行プランや客室タイプおよび寄港地の観光ツアーについて何ヵ月もかけて吟味した後、ようやく一生に一度の海外クルージングの準備が整う。しかし、海外クルージングとなると、眠気と葛藤しながらの旅行になり、....
> 続きを読む

 

2014-12-01
オンダンセトロン、過敏性腸症候群の症状を軽減(HCPライブより)― 下痢型過敏性腸症候群(IBS-D)患者は頻繁な軟便による痛みや不快感だけでなく、失禁の恐怖にも苦しむ。多くの患者は、これが原因でパニックや不安になる。これらの懸念に対処するため、イギリスのノッティンガム(Nottingham)にあ....
> 続きを読む

 

2014-12-01
フェノフィブラートはPPARαを介した糖尿病性網膜症に有効(ニュース・メディカルより)― フェノフィブラートが糖尿病性網膜症を防ぐ理由を説明する研究が、ペルオキシソーム増殖因子活性化受容体(PPAR)αが網膜周皮細胞の保護効果を発揮するからだと示している。研究著者である馬建興(Jian-xing Ma) (University of Oklahoma Health Sciences Center, Oklahoma City....
> 続きを読む

 

2014-12-01
処方箋不要の制酸薬が癌の治療に役立つ可能性(ヘルス・エイムより)― 癌治療と言えば、化学療法が最も良く知られているが、最近の研究結果により、消化不良の非処方箋薬が、癌細胞の治療に役立つ可能性のあることが示された。消化不良、胃潰瘍、胃食道逆流性疾患(GERD)患者に処方される一般....
> 続きを読む

 

2014-11-27
低用量ナルトレキソンが体へプラスの影響を及ぼす(ヘラルド・レビューより)― 低用量ナルトレキソンという処方薬は、医師なら誰しも名前は知っているが、まず処方することはない。一般的にナルトレキソンは、ヘロイン常用者、アルコール中毒者、オピオイド断薬に用いられるものである。一方、低....
> 続きを読む

 

2014-11-27
ダントロレンが壊滅的な形態の糖尿病を治療できるかもしれない(糖尿病.co.ukより)― 筋弛緩薬のダントロレンが、まれではあるが壊滅的な糖尿病の形態であるウォルフラム(Wolfram)症候群の効果的な治療薬である可能性がある。ウォルフラム症候群とは? ウォルフラム症候群の患者は、通常ごく若年で1型糖尿病を....
> 続きを読む

 

2014-11-26
ごく一般的な制酸薬が安価な抗癌剤となり得る仕組み(メディカル・エキスプレスより)― 欧州の医学誌eキャンサー・メディカル・サイエンス(e-cancermedicalscience)に掲載された研究によれば、一般的な消化剤で大腸癌の生存期間が延長するという。これについて長年研究が重ねられてきているものの、この研究がなぜ広く浸透しな....
> 続きを読む

 

2014-11-26
受胎前の葉酸が胎内発育遅延リスクを低下(メッドスケープより)― BJOG(産科婦人科学会雑誌(Obstetrics and Gynecology)11月26日号オンライン版に掲載された集団データベースの研究と系統的レビューによれば、受胎前に葉酸を補給することにより出生時の胎内発育遅延リスクが有意に減少する。RCOG臨床品質部門の副....
> 続きを読む

 

2014-11-25
テノホビルはB型肝炎ウイルスを8年間にわたり継続的に抑制(エイズマップより)― テノホビルを8年間投与しているB型慢性肝炎患者のほとんどがウイルス抑制を維持していた。この結果は、米国ボストンで今月開催された米国肝疾患学会(AASLD)で発表された。血清学的な奏効率は経時的に増加し、腎臓・骨関....
> 続きを読む

 

2014-11-10
緑内障の薬、睫毛の成長を促進すると判明(オプティシャン・オンラインより)― サウサンプトン(Southampton)の大学病院の研究者らは、緑内障治療に使用される薬剤が睫毛の成長と際立ち度も促進することを発見した。主として女性の患者368人を対象とした1年間の試験で、サウサンプトン総合病院(Southampton General Hospital)とセント....
> 続きを読む

 

2014-11-10
糖尿病治療薬の第一選択はメトホルミン単剤との結果が改めて示された(薬学ジャーナルより)― 追加の血糖降下薬が必要となった糖尿病患者はメトホルミン服用群では24.5%だったのに対し、スルホニル尿素薬群では37.1%であった。糖尿病と診断されたのが最近で、治療のために処方されているのはメトホルミンだけという患....
> 続きを読む

 

2014-11-10
スキンケア:ハイドロキノンでニキビの跡をなくし肌をきれいにする方法(INQUISITRより)― スキンケアに関しては、ホルモンニキビや加齢、吹き出物によるシミに対処するハイドロキノンなどの製品を使ってニキビの跡を取り除く方法について、毎月33,000人が情報を検索しています。さて、私は人間モルモットとなり....
> 続きを読む

 

2014-11-10
研究がメトホルミン単剤療法を糖尿病薬の第一選択として支持(薬学ジャーナルより)― メトホルミンを服用した糖尿病患者の24.5%のみが、スルホニル尿素を投与された37.1%と比較して、第2の血糖降下薬を必要とした。最近糖尿病だと診断されメトホルミン単剤療法を処方された患者は、単剤療法として他の経....
> 続きを読む

 

2014-10-31
メマンチンが線維筋痛症に有望(Emaxヘルスより)― 線維筋痛症における一部の症状の治療薬としてメマンチンが有望であることが、スペインの研究で明らかにされた。メマンチンを検討する二重盲検ランダム化対照試験で6ヵ月間の追跡調査が行われ、試験結果はプラセボと....
> 続きを読む

 

2014-10-31
小児喘息にも有望なチオトロピウム(メッドスケープより)― 新しい研究においてコントロール不良な小児喘息患者に対し、吸入ステロイド薬の上乗せとしてチオトロピウムを吸入器「レスピマット」で1日1回使用したところ、肺機能の改善を認め、有害作用にはっきりとした変化は....
> 続きを読む

 

2014-10-31
メトホルミンは糖尿病患者の血糖値を下げる最良の初期経口薬(糖尿病・イン・コントロールより)― メトホルミン、スルホニル尿素、チアゾリジンジオン、DPP-4阻害剤を比較し、第2治療薬が必要となる時間への影響を評価した...糖尿病治療には多くの薬剤クラスの経口薬が使用されているが、初期治療として使用するのにど....
> 続きを読む

 

2014-10-20
デキサメタゾン溶出涙点プラグで炎症および疼痛が緩和(ヒーリオより)― 徐放性デキサメタゾン溶出涙点プラグは、白内障手術後における前房内細胞の消失および鎮痛効果において、プラセボ溶出涙点プラグよりも優れていることが、発表された。米国眼科学会(American Academy of Ophthalmology)でトーマス・ウォルター(Thomas....
> 続きを読む

 

2014-10-20
前房内抗菌薬が術後の眼内炎を予防(ヒーリオより)― セフロキシムとモキシフロキサシンの眼房内併用投与は、水晶体超音波乳化吸引術に起因する眼内炎リスクを低下させることが、研究者らによって発表された。ニール・ショーステイン(Neal H. Shorstein)博士は「前房内抗菌薬は眼内炎....
> 続きを読む

 

2014-10-20
血管運動神経症状に対する低用量パロキセチン治療で体重・性欲は変化しない(ヒーリオより)― 『メノポーズ(Menopause)』誌に発表された第III相試験プール解析の結果によると、閉経に伴う血管運動神経症状の治療に低用量パロキセチンを使用しても体重や性機能に有意な変化はなかったという。今回の知見の元になったの....
> 続きを読む

 

2014-10-14
低用量パロキセチンはホットフラッシュを生じる女性で体重増加の原因にならず(ファーマシー・タイムズより)― 低用量パロキセチン(商品名Brisdelle)治療を、更年期のホットフラッシュ(ほてり)を生じる女性に用いた場合、体重増加または性機能障害の原因とはならないことが、2件の第3相試験のデータを統合した探索的解析で示された....
> 続きを読む

 

2014-10-14
臨床ソリューション:学校で呼吸困難を起こした8歳の児童(EMS1.comより)― 呼吸困難を起こした小学生に対応した。次のステップを正しく行ったか?今月の優勝者は、アレルギー反応、そして小児特有のエピペン自己注射での治療の必要性を正しく特定したミケーレ・クラヴィッツ(Michele Kravitz)です。お見事....
> 続きを読む

 

2014-10-06
癌の再発予防に有用な薬剤(WBALTVより)― 乳癌を克服した患者の多くが、自らの経験談として、癌の再発を予防するために、医師と患者が薬剤投与などの長期的戦略計画に取り組むことで、生存し得る場合が多いと話す。マーシー医療センター(Mercy Medical Center)の腫瘍医である....
> 続きを読む

 

2014-10-04
メラトニンの摂取が肥満や糖尿病の治療に役立つ可能性(Zニュースより)― ロンドン:動物・植物・微生物で認められるホルモンの一種であるメラトニンの長期服用が、肥満及び2型糖尿病の治療に有用であることが、研究で示された。主任研究者でスペインのグラナダ大学(University of Granada)に所属するアハマ....
> 続きを読む

 

2014-10-02
基礎インスリンにリラグルチドを追加すると2型糖尿病マーカーが改善(ヒーリオより)― 2型糖尿病入院患者におけるメトホルミン併用下または非併用下で、基礎インスリンにリラグルチドを追加すると、血糖コントロールが有意に改善する。この研究結果は、第50回欧州糖尿病学会(European Association for the Study of Diabetes:EASD)年次総会で発....
> 続きを読む

 

2014-09-30
再発卵巣がんにレナリドミドが有効(ヒーリオより)― 遅発性の再発卵巣がんの女性を対象とした第II相試験の結果によると、継続的なレナリドミド治療の有効性が証明されたという。フランス、AP-HP(Assistance Publique ― Hopitaux de Paris)腫瘍内科のフレデリック・ゼレMD(Frederic Selle, MD)と共同研究者らは....
> 続きを読む

 

2014-09-30
抗痙攣剤ラモトリギンが抗生物質となる可能性を研究者らが示唆(医薬ジャーナルより)― 抗生物質は多くの場合、リボソームの機能を阻害することで、細菌がタンパク質を製造する方法を標的とする。eLIFE(電子版、2014年9月18日)に発表された研究で、研究者らが目的としたのは、そもそもリボソームの形成を防....
> 続きを読む

 

2014-09-03
イブプロフェンが高齢における免疫機能回復を手助けできると研究が見出す(HNGNより)― 新しい研究で、市販の鎮痛剤イブプロフェンが高齢における免疫機能回復に有効であったことがわかった。この研究は米国実験生物学会連合(Federation of American Societies for Experimental Biology)がマウスで行った。この研究のため、研究者らは高齢、そして若い....
> 続きを読む

 

2014-09-02
高用量ロスバスタチンで心発作患者の冠動脈プラークが縮小(メディカル・エキスプレスより)― 2014年欧州心臓病学会(European Society of Cardiology:ESC)総会で発表された新規研究によれば、心発作の一種であるST上昇型心筋梗塞(STEMI)を起こした患者において、最大用量のコレステロール降下薬ロスバスタチンを1年間投与すると、動脈内プラー....
> 続きを読む

 

2014-09-02
血流改善薬物が嚢胞性線維症における運動不耐性の原因の特定に役立つかもしれない(メディカル・エキスプレスより)― 肺が比較的健康であっても嚢胞性線維症患者が通常の人より運動能力が低い理由を科学者が判明するのに、小さな白い錠剤が手助けとなるかもしれない。研究者らは、肺高血圧治療用にレバティオという商品名で、勃起不全....
> 続きを読む

 

2014-08-27
PCOSの女性はメトホルミンで体重増加を避けられるかも(ヒーリオより)― 『ジャーナル・オブ・クリニカル・エンドクリノロジー&メタボリズム(The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism)』に発表された研究によると、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)で中心性肥満とインスリン抵抗性を認める女性にメトホルミンを使用した....
> 続きを読む

 

2014-08-25
低用量ナルトレキソンがクローン病の症状を軽減する可能性(炎症性腸疾患ニュース・トゥデイより)― クローン病などの難病患者にとって、この新しい治療法は、症状の寛解を維持する助けとなり、より快適な生活への希望につながる。今回、クローン病に提案されている開発中の治療法は、低用量ナルトレキソン(LDN)である。....
> 続きを読む

 

2014-08-25
アスピリンが静脈血栓塞栓症の再発リスクを低減(ヒーリオより)― 初発の特発性静脈血栓塞栓症患者において、抗凝固療法を施行した後のアスピリンで、静脈血栓塞栓症の再発リスクが3分の1未満に抑えられることが、新たな研究結果で示された。この患者集団においてアスピリンは出血....
> 続きを読む

 

2014-08-24
アスピリンは痛みを抑える以外にも回復を促進(ヘルス・サイトより)― 米国科学アカデミー紀要(PNAS)オンライン版に掲載された新たな研究によれば、アスピリンは痛みに対して二重の役割を持ち、炎症を抑えるだけでなく、炎症の治癒を早める効果もある。本研究によると、アスピリンはシクロオ....
> 続きを読む

 

2014-08-22
ビューティー101:過酸化ベンゾイル(スタイルビストロより)― お気に入りの化粧品の裏ラベルを見てはコソッと調べている、その成分についてあれこれ知りたいと思ったことはありませんか?すてきなワードやラベルに気を取られて、自分の顔や体にどんなものを使っているかきちんと....
> 続きを読む

 

2014-08-20
香港のエボラ治療薬候補の中には乳がん治療薬(スタンダード紙より)― 衛生防護センター(Centre for Health Protection)の19日夜の発表によると、香港ではエボラ出血熱の患者の治療に乳がん治療薬を使用するかもしれない。保健当局がアメリカの製薬会社から未承認薬ZMapp(ジーマップ)を入手できないためだと....
> 続きを読む

 

2014-08-19
局所用タクロリムスがアレルギー性結膜炎の徴候及び症状を軽減(ヒーリオより)― 新たな研究によれば、増殖性病変又は角膜病変を伴う難治性アレルギー性結膜炎をタクロリムス点眼剤で治療し得た。この前向き試験では、難治性アレルギー性結膜炎患者1,436人を対象とし、タクロリムス眼科用懸濁液剤0.1%(千....
> 続きを読む

 

2014-08-19
NICEが骨髄異形成症候群へのレナリドミド使用推奨の案を出す(NICEより)― NICEは骨髄異形成症候群の治療選択肢として、レナリドミド(レブラミド、セルジーン社)を推奨するガイダンス(最終案)を出した。骨髄異形成症候群(MDS)とはさまざまな骨髄障害をひとまとめにしたものであり、骨髄の....
> 続きを読む

 

2014-08-18
リドカイン注射が線維筋痛症患者の痛覚過敏を緩和(HCPライブより)― 末梢組織にリドカインを注射すると、線維筋痛症患者の痛覚感受性が低下することを、フロリダ大学(University of Florida)の研究者らが明らかにした。本研究の共同研究者で、フロリダ大学疼痛・行動保健研究センター(Center for Pain Research and Behavioral Health)セン....
> 続きを読む

 

2014-08-18
フェノフィブラートは糖尿病の男性同様、女性にも有効(メッドスケープより)― FIELD試験(糖尿病におけるフェノフィブラート治療によるイベント減少を検討する試験)の新たな解析で、脂質低下療法の効果は男性と同様に女性においても認められることが明らかにされた。研究者らによれば、先に行われ....
> 続きを読む

 

2014-08-13
中等度から重度の喘息に効果的なフルチカゾンフロ酸エステル(ニュース・メディカルより)― 第III相試験の結果が、一日一回フルチカゾンフロ酸エステルを100μgまたは200μg使用すれば、コントロール不良の中等度から重度の喘息患者で、肺機能および喘息制御が有意に改善すると示している。英国・マンチェスタ....
> 続きを読む

 

2014-08-12
関節手術中のトラネキサム酸が輸血の必要性を低減するかもしれない(2ミニット・メディスンより)― 研究の概要:整形外科手術後の周術期の失血と輸血は、合併症の懸念があるがそれに対しさまざまな予防戦略が存在している。薬理学的なアプローチの一つはトラネキサム酸の使用である。トラネキサム酸は、プラスミノー....
> 続きを読む

 

2014-08-08
メトホルミン治療、より良い脂質コントロールを提供(糖尿病・イン・コントロールより)― 冠動脈疾患のある2型糖尿病患者では、グリピジド治療よりメトホルミン治療を受けている患者の方が、より良い全体的な脂質効果が見られた....この研究結果は多施設二重盲検無作為化プラセボ対照比較試験(SPREAD-DIMCAD)で解析さ....
> 続きを読む

 

2014-08-08
がん予防に対するアスピリンの利点がリスクを上回る可能性(デイリー・ダイジェスト・ニュースより)― 新しい研究が、がん予防のためにアスピリンを服用する潜在的な利点は、そのリスクを上回る可能性があることを示している。定期的にアスピリンを服用すると、胃、腸などの消化管の主要ながんおよび食道がんを予防でき....
> 続きを読む

 

2014-08-08
パーキンソン病の衝動制御障害を抑えるにはナルトレキソン?(メッドスケープより)― オピオイド拮抗薬ナルトレキソンが、パーキンソン病患者における衝動制御障害(ICD)を抑える可能性のあることが、予備的研究で示唆されている。フィラデルフィアのペンシルバニア大学(University of Pennsylvania)の研究者らが実施した予備試験....
> 続きを読む

 

2014-08-08
予防薬として認可する時が来たタモキシフェン(ザ・テレグラフより)― 実績があるだけではなく薬価が低い(7ペンス/日)のがタモキシフェンです。35歳以上で、その家族歴から乳がん発症リスクが17%を超える女性は48万8千人に上ると推定されており、医師は彼女たちにタモキシフェンまた....
> 続きを読む

 

2014-08-08
糖尿病治療薬メトホルミンで寿命が延びる可能性(メディカル・ニュース・トゥデイより)― メトホルミンは2型糖尿病治療薬であり、米国において認可されている。英国のカーディフ大学(Cardiff University)が実施した18万人を対象とする新たな研究で、メトホルミンが非糖尿病者においても寿命を延ばす可能性のあることが明ら....
> 続きを読む

 

2014-08-08
自閉症児でもそうでなくても社会的スキルにオキシトシンが関連(ヒーリオより)― 『プロシーディングズ・オブ・ザ・ナショナル・アカデミー・オブ・サイエンシズ(Proceedings of the National Academy of Sciences)』に最近掲載された研究結果によると、社会的機能を向上させるオキシトシンの力は、一部の自閉症児の治療に有用かも....
> 続きを読む

 

2014-08-08
英国の学校、喘息発作治療にサルブタモール吸入器を備えることが可能(医薬ジャーナルより)― 喘息による死亡を減らす措置として、英国の学校では、2014年10月に法律改正が施行されると生徒が緊急時に使用するためのサルブタモール吸入器を保有しておくことができるようになる。 イングランドとウェールズでは毎年....
> 続きを読む

 

2014-08-05
線維筋痛症の治療にリドカイン注射が有用な可能性を研究が示唆(USニュースより)― 鎮痛補助薬リドカインの注射で線維筋痛症の痛みが和らぐかもしれないと、新しい研究が示唆している。線維筋痛症の患者は、全身の慢性痛や痛覚感受性の亢進を訴える。研究者らによると、原因がはっきりしないために医....
> 続きを読む

 

2014-07-31
認知症治療薬が脳卒中を回復させる?(メッドペイジ・トゥデイより)― アルツハイマー病治療薬メマンチン(Namenda)が、脳卒中からの回復力を高める点で検討するに価し得ることが、マウスモデル試験で示唆された。本剤を、脳卒中から2時間後に経口投与し始め、28日間継続したところ、最初の1週....
> 続きを読む

 

2014-07-30
ナルトレキソンがパーキンソン病患者の衝動制御障害を軽減(メディカル・エキスプレスより)― パーキンソン病患者の20%以下とその家族が直面する一般的な問題のうち、あまり知られていない問題に、強迫性賭博、衝動的性行動、過食、衝動買いなどからなる衝動制御障害の発症がある。こうした患者におけるパーキン....
> 続きを読む

 

2014-07-30
リポソームアムホテリシンBが小児の熱帯リーシュマニア罹患期間を短縮(ヒーリオより)― リポソームアムホテリシンBによる全身治療は、5価アンチモンの治療と比較して、小児における熱帯リーシュマニアの罹患期間を大幅に短縮したことが、研究結果で示された。後向き研究において、熱帯リーシュマニア(....
> 続きを読む

 

2014-07-30
ベバシズマブとロムスチンの併用が再発膠芽腫の転帰を改善(ヒーリオより)― ロムスチンとベバシズマブの併用は、いずれかを単剤で用いるよりも全生存期間の延長につながることが、ランダム化非盲検第2相試験の結果で示された。再発膠芽腫患者にはあまり治療選択肢がなく、二次化学療法では軽....
> 続きを読む

 

2014-07-29
認知機能を強化するシチコリンが青年における運動動作速度および注意力を向上(PRニュースワイヤより)― フロリダ州ハリウッドで先日開催された米国臨床精神薬理学会(American Society of Clinical Psychopharmacology)年次総会の発表において、ユタ大学(University of Utah)ブレイン研究所(The Brain Institute)の実施した新規ランダム化二重盲検プラセボ対照ヒト臨床試験で、青年男性がシチコ....
> 続きを読む

 

2014-07-29
研究者らが頭部外傷の治療法を検討中(ワシントン大学デイリーより)― ワシントン大学外科学教授で、ハーバービュー医療センター(Harborview Medical Center)外傷部門責任者のアイリーン・バルガー(Eileen Bulger)氏は、外傷性脳損傷後の生命予後および回復に対するトラネキサム酸の有効性を検討する全米試験で、同施設の....
> 続きを読む

 

2014-07-28
排卵誘発効果は従来のクロミッドよりもレトロゾールのほうが高いと研究で判明(メディカル・イクスプレスより)― フロリダ大学(University of Florida : UF)が関係した研究によると、排卵誘発剤はまもなく、40年以上使われてきた薬から別の薬に取って代わるかもしれない。女性の妊娠を助ける効果は新しい薬のほうが30%高いという。『NEJM(New England Journal of....
> 続きを読む

 

2014-07-23
2型糖尿病薬が認知症リスクを大幅に削減(糖尿病ヘルスより)― 新しい研究で、ジェネリックの糖尿病薬に驚くべき示唆がなされた。2型糖尿病薬患者によく処方されるピオグリタゾン(Pioglitazone)は、認知症発症のリスクも減少させるようである。ピオグリタゾンがアルツハイマー病および認....
> 続きを読む

 

2014-07-22
ソバルディとリバビリンがHIV・ C型肝炎患者を高率で治癒(AIDSMEDSより)― エイズマップ(aidsmap)は、ソバルディ(Sovaldi、ソホスブビルsofosbuvir)及びリバビリン(ribavirin)が、HIVとゲノタイプ1~4型のC型肝炎ウイルス(HCV)との重複感染患者を84%から91%治癒したと発表した。274人が参加した第III相PHOTON-2試験....
> 続きを読む

 

2014-07-22
ナトリウム特異的イオンチャネルの機能を光で調整することを可能にした光感受性タイプのアミロライド(PHYS.ORGより)― 利尿薬アミロライドは高血圧の治療薬として用いられている。ミュンヘンのルートヴィヒ・マクシミリアン大学(Ludwig Maximilian University:LMU)研究者らは今回、アミロライドに光感受性物質を合成することで、ナトリウム特異的イオンチャネル....
> 続きを読む

 

2014-07-22
認知症治療薬が脳卒中を回復させる?(メッドペイジ・トゥデイより)― アルツハイマー病治療薬メマンチン(Namenda)が、脳卒中からの回復力を高める点で検討するに価し得ることが、マウスモデル試験で示唆された。本剤を、脳卒中から2時間後に経口投与し始め、28日間継続したところ、最初の1週....
> 続きを読む

 

2014-07-21
エンテカビル、EUでB型慢性肝炎小児患者に勧告取得(メッドスケープより)― 欧州連合(EU)の規制当局は昨日、B型慢性肝炎ウイルス(HBV)感染の治療薬であるエンテカビル(バラクルード、ブリストル・マイヤーズスクイブ社)の小児への適応拡大を勧告した。欧州医薬品庁(EMA)の委員会がこの....
> 続きを読む

 

2014-07-21
ER陽性乳がんに対するエキセメスタンの長期ネオアジュバント療法で結果が改善(ヒーリオより)― 多施設共同第II相試験の結果によると、ER強陽性の閉経後乳がん女性にエキセメスタンのネオアジュバント療法を6カ月行ったところ、治療の3カ月時点よりも終了時のほうが結果は優れていたという。ネオアジュバントと....
> 続きを読む

 

2014-07-18
好酸球性食道炎に高用量フルチカゾンが有効(サイエンス・コーデックスより)― 好酸球性食道炎(EoE)は食道の慢性炎症性疾患であり、(食道の組織に)好酸球という白血球が多数存在するのが特徴である。このEoEに対しステロイド薬のプロピオン酸フルチカゾンを高用量で使用すると、患者の多くは安....
> 続きを読む

 

2014-07-17
ドキシサイクリン:眼疾患に対する二重の役割?(メッドスケープより)― ドキシサイクリンは、マイボーム腺機能不全の管理において既に重要な役割を果たしているが、これとは別に一般的な眼疾患である糖尿病性網膜症の治療にも有効となる可能性がある。現行の糖尿病性網膜症の治療法は血糖....
> 続きを読む

 

2014-07-17
全般性不安障害の治療:ブスピロンは良い選択肢?(メッドスケープより)― ブスピロンは利用できるようになってから30年近く経つ抗不安薬ですが、不安障害、特に全般性不安障害(GAD)の治療における役割は曖昧で疑問視されることもあります。この薬が初めて利用可能になった頃、GADにはベンゾ....
> 続きを読む

 

2014-07-17
抗うつ薬が更年期症状の治療に役立つ可能性(精神医学ニュースより)― 辛いホットフラシュ(ほてり)や寝汗の治療時、閉経期女性がエストロゲンを服用したくない時やできない時、抗うつ薬が効果的な代替薬となる可能性がある。エストロゲンは長年、閉経期のホットフラシュや寝汗に対する....
> 続きを読む

 

2014-07-15
乳癌治療薬をゲルとして使用すると副作用が少ない可能性がある(ヘラルド・スコットランドより)― 研究者らは、何千人もの女性が乳癌の治療に役立てるため使用している錠剤をゲル製剤で使用すると、副作用が低減する可能性があることを見出した。タモキシフェンは、ソルタモックス(Saltamox)と呼ばれる無糖液としても入....
> 続きを読む

 

2014-07-14
レイク郡の判事ら、アヘン中毒の犯罪者のための自主的なナルトレキソンプログラムを開始することで合意(ニュース・ヘラルドより)― レイク郡(Lake County)の一般訴訟裁判所の判事ら4人は、薬物関連の犯罪者がアヘン中毒と戦う助けとなるよう、自主的なナルトレキソン注射が含まれるよう代替治療計画を進めることを決定した。判事であるユージン・A・ル....
> 続きを読む

 

2014-07-14
心臓病リスクがある多くの患者に、有益なアスピリン治療に関する助言が欠如(フロリダ大学ニュースより)― フロリダ、ゲインズビル(GAINESVILLE, Fla)。毎日アスピリンを低用量服用すると、心血管疾患の重要な予防となりうるが、フロリダ大学(University of Florida)の 研究者らは、アスピリンで最も恩恵を受けることができる人が服用していない可能....
> 続きを読む

 

2014-07-12
フェイスリフト手術後の痛みがセレコキシブで軽減する可能性(メッドスケープより)― 新しい研究において、フェイスリフトの手術前後に抗炎症薬セレコキシブ(セレブレックス、ファイザー社)を使用すると術後の痛みが軽減し、さまざまな副作用を伴うことで知られるオピオイドの使用も減ることが分かっ....
> 続きを読む

 

2014-07-11
乳癌増殖への撃退効果で注目されるメラトニンとビタミンD(ザ・スペック.comより)― ハミルトン(カナダ)で実施される小規模臨床試験において、研究者らはホルモンの一種メラトニンとビタミンDの錠剤で乳癌細胞の増殖を遅らせられることを明らかにしたいと願っている。本試験は、12月開始を予定して....
> 続きを読む

 

2014-07-10
アスピリンが乳癌死亡リスクを半減し得る仕組み(ザ・ガーディアンより)― アスピリンを極めて低用量服用している女性においても高い効果を得られる。アスピリンは乳癌女性患者の生存確率を2倍以上向上させる可能性のあることが、研究で示唆されている。乳癌診断後にアスピリンを服用した女....
> 続きを読む

 

2014-07-10
食事から摂るリコピンでがん予防や免疫力アップの見込み(WCPOより)― がんの予防には、夕食でピザやスパゲティを食べるという簡単なことが小さな一歩になるかもしれません。トマトに含まれているリコピンはフリーラジカルと闘う抗酸化物質です。ワシントンD.C.にある非営利団体「TPC(The Physicians....
> 続きを読む

 

2014-07-09
妊娠率の向上にレトロゾールが有効との研究報告(ウォール・ストリート・ジャーナルより)― 不妊症と闘う多嚢胞性卵巣症候群患者は、現在一般に病院で使用されている薬剤とは別の薬剤を用いて妊娠確率を高められることが、新たな研究で示唆されている。本試験は、政府の資金援助で750人の女性を対象に実施され....
> 続きを読む

 

2014-07-09
テノホビルベースのPrEPがHSV-2感染を低下させた(ヒーリオより)― ワシントン大学(the University of Washington.)の研究者らによると、男女間で、テノホビルベースのHIV暴露前予防投薬は単純ヘルペスウイルス2型のリスクも有意に低下させた。「HIV感染者にHSV-2の罹患率が高いこと、そしてHSV-2がHIV感染の有意....
> 続きを読む

 

2014-07-09
フルオキセチンと行動療法の併用で小児うつ再発が減少(ドクターズ・ラウンジより)― うつ病障害の若者において、フルオキセチンと再発予防的認知行動療法の併用が、再発リスクを削減する。この研究結果は、精神医学雑誌アメリカン・ジャーナル・オブ・サイキアトリー(American Journal of Psychiatry)6月17日号オンライン版に掲....
> 続きを読む

 

2014-07-09
乳癌治療薬が一部の女性の妊娠にどう役立つのか(ヘルス.comより)― 多嚢胞性卵巣症候群の女性患者は、現在の推奨薬の代わりに乳癌治療薬を服用することで、妊娠確率を高められることが、新たな研究で示唆されている。多嚢胞性卵巣症候群は、米国における女性不妊症の最も一般的な原因....
> 続きを読む

 

2014-07-08
デソニド・ハイドロゲルでアトピー性皮膚炎のかゆみが改善(皮膚&アレルギーニュースより)― 軽症から中等症のアトピー性皮膚炎患者を対象とした小規模な予備試験において、デソニド・ハイドロゲル0.05%を1日2回使用したところ、7日後には全員で「かゆみの臨床症状」「QOL」スコアが有意に改善した。「(皮膚の....
> 続きを読む

 

2014-07-08
アシクロビル錠の単回投与タイプは口唇ヘルペスに有効(皮膚科学タイムズより)― 口唇ヘルペスの治療目的で作られた昔からある薬で、その送達システムを新しくしたところ、再発が減り、発症期間が短くなり、発症の阻止率が高まった。「研究の結果、30年ほど前からある薬(アシクロビル)は新しい経....
> 続きを読む

 

2014-07-08
バレニクリンとニコチンパッチの併用で禁煙率が向上(サイエンス・コーデックスより)― 米国医師会誌(JAMA)7月9日号に掲載された研究によれば、禁煙補助薬バレニクリンとニコチン置換療法(ニコチンパッチ)の併用は、6ヵ月時点の禁煙達成においてバレニクリン単独よりも効果が高かった。行動療法アプローチ....
> 続きを読む

 

2014-07-07
乳児の血管腫のプロプラノロール治療が良い結果を出す(ヒーリオより)― 研究結果によれば、プロプラノロール治療で、眼周囲に毛細管血管腫がある乳児の屈折異常や不同視が有意に減少した。この後ろ向き研究は、毛細管血管腫患者17人を対象としたもので、1mg / kgプロプラノロールで1日3回....
> 続きを読む

 

2014-07-06
髪はフサフサがグッド(スター紙より)― 友人がよく帽子をかぶるようになって、変に思ったことはありませんか?あるいは生え際を隠すように、フェイスブックの写真を額のところでトリミングし始めた時とか…。たいていの人にとって、フサフサした髪というの....
> 続きを読む

 

2014-07-06
カミソリ負けにはヒドロコルチゾンクリームやアロエベラを(シアトル・タイムズより)― Q:ビキニ・ワックス後の赤いブツブツを治す方法はありますか?A:カミソリ負けは男性の首に起ころうと、女性のビキニラインであろうと、皮膚科医は鬚毛部仮性毛包炎という病名で呼びます。この症状は、ワックスや....
> 続きを読む

 

2014-07-03
アセタゾラミドと低カロリー食が頭蓋内圧亢進症に有用(メドスケープより)― アセタゾラミド治療を受けながら減量食を摂る特発性頭蓋内圧亢進症患者は、視野機能、うっ血乳頭の重症度、QOL(生活の質)、脳脊髄液圧に有意な改善がみられ、忍容性も良好であることが、新たな多施設共同無作為化プラ....
> 続きを読む

 

2014-07-03
メラトニンのサプリメントが骨粗鬆症を予防する可能性(ニューズウィークより)― 近年、メラトニンのサプリメントは睡眠補助薬として急速に市場を拡大している。栄養ビジネスジャーナル(Nutrition Business Journal)の概算によれば、2007年にわずか9千万ドルであった売上高が、2012年(参照可能な最新データ)に2億6千万ド....
> 続きを読む

 

2014-07-02
研究報告:背部痛の軽減にリドカインが役立つ可能性(WNYT.comより)― 硬膜外ステロイド注射は背部痛に対する一般的な治療法であるが、新たな研究でリドカイン局所麻酔注射も同等の効き目を有することが示唆されている。ワシントン大学(University of Washington)の研究者らが、脊柱管狭窄による背痛および下....
> 続きを読む

 

2014-07-02
テストステロン治療は心発作リスクを増加せず:研究報告(サイエンス・デイリーより)― 米国の高齢男性におけるテストステロン処方率は過去10年で3倍に増えている。最近の研究でテストステロン使用と心発作・脳卒中リスク増加が関連付けられ、患者やその家族に懸念が広まっている。高齢男性25,000人以上を対....
> 続きを読む

 

2014-07-01
膀胱癌患者におけるメトホルミンが腫瘍学的治療成績を改善する可能性(腎臓&泌尿器学ニュースより)― 膀胱癌に対する根治的膀胱摘除術を受けた糖尿病患者において、メトホルミン治療が腫瘍学的治療成績の改善に関連することが、セントジョンズのニューファンドランド島で開催されたカナダ泌尿器科学会年次総会(Canadian Urological Association annual....
> 続きを読む

 

2014-06-27
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS):メトホルミンに抗炎症薬ロフルミラストの追加で肥満が軽減する可能性(メディカル・リサーチより)― メディカルリサーチ:今回の研究の主な知見を教えてください。イェンスタール:多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の肥満女性を対象に、ホスホジエステラーゼ(PDE)4の選択的阻害薬ロフルミラストをメトホルミン(MET)に追加....
> 続きを読む

 

2014-06-25
肥満・過体重患者におけるリラグルチドは体重減少を促進して2型糖尿病の発症を遅延(HCPライブより)― リラグルチドを投与された肥満患者や過体重患者は、プラセボ投与患者と比較して、体重が有意に減少し、2型糖尿病を発症する可能性も低くなった。SCALE(非糖尿病・糖尿病患者における満腹感と肥満-リラグルチドの臨床的....
> 続きを読む

 

2014-06-24
研究がアルコール中毒に対して可能な治療を見出す(デイリー・トロージャンより)― 南カルフォルニア大学薬学部(USC School of Pharmacy)の研究が、一般的な抗寄生虫薬を使用してアルコール使用障害を治療する、新しい薬物治療の可能性を見出した。イベルメクチンという薬剤は従来、人や動物の寄生虫感染治療に使用さ....
> 続きを読む

 

2014-06-24
イブプロフェンが早期老化および死亡を予防する可能性 - 研究報告(インディペンデントより)― 最も広範に使用されている鎮痛剤の一つが、炎症を抑え、早期老化と死亡を予防する可能性のあることが、新たな研究で示唆された。免疫系の過剰な活性化・老化促進・関連疾患に起因する慢性炎症と、寿命短縮との間に強....
> 続きを読む

 

2014-06-23
糖尿病治療薬リラグルチドによる治療で心血管リスク因子が改善(ニュース・メディカルより)― 食事・運動療法の併用下における糖尿病治療薬リラグルチドは、有意な体重減少につながり、複数の心血管リスク因子(高血圧や高コレステロールなど)を改善させることが、多施設共同試験で示された。この結果は、3,700人....
> 続きを読む

 

2014-06-18
プロゲステロンが脳腫瘍の治療法となる可能性(エモリー大学ニュースより)― プロゲステロンというホルモンが高悪性度の脳腫瘍に対する治療に部分的に寄与する可能性がある。この腫瘍を発症させたマウスにおける高濃度プロゲステロンは、神経膠芽腫(グリオブラストーマ)細胞を死滅し、腫瘍増....
> 続きを読む

 

2014-06-16
多発性骨髄腫に対するレナリドマイド投与でサリドマイドよりもQOL向上(癌ネットワークより)― 新たに多発性骨髄腫と診断された患者において、メルファランおよびプレドニゾン併用下で、サリドマイドまたはレナリドマイドの追加を比較したところ、奏効率、効果の深さ、治療期間、無増悪生存率、全生存率において....
> 続きを読む

 

2014-06-16
人工膝・股関節全置換術を受ける患者へのトラネキサム酸使用で出血が減少(ヒーリオより)― ある研究結果によると、人工膝または股関節全置換術を受ける患者にトラネキサム酸を局所使用したところ、出血が有意に減少し、副作用も認めなかったという。研究者らは、人工膝関節全置換術(TKA)を受ける患者50人と....
> 続きを読む

 

2014-06-14
初の早漏症治療薬(インクワイアラーより)― 早漏(早発射精)は、最も発生頻度の高い男性性機能不全であり、心理的要因と身体的要因が重なり合って生じるもので、その中心的役割を果たすのがセロトニンという物質である。セロトニンとは、脳および神経系におい....
> 続きを読む

 

2014-06-14
老いた筋肉と骨の健康を回復させるために幸せホルモンと呼ばれるオキシトシンが役立つ可能性(テック・タイムズより)― カリフォルニア大学バークレー校(University of California, Berkeley)の研究者らは、幸せホルモンと考えられているオキシトシンが、老化した筋肉を再生させ、骨の健康を向上させるのに役立つ可能性があるとしている。本研究者らはオキシトシンを....
> 続きを読む

 

2014-06-13
抗マラリア薬HCQの併用でタモキシフェン耐性乳がんの感受性が回復(メディカル・エキスプレスより)― 進行性閉経後ER陽性乳がんの女性の一部には、タモキシフェンにHCQを追加する治療が新しい選択肢となるかもしれない。ジョージタウン大学ロンバルディ総合がんセンター(Georgetown Lombardi Comprehensive Cancer Center)の研究者らが『クリニカル・キャン....
> 続きを読む

 

2014-06-13
ラノラジンでQOLが改善(ダイアビーティス・イン・コントロールより)― 2型糖尿病(T2DM)と安定狭心症を有する患者を対象にラノラジンを検討した「TERISA試験(Type 2 Diabetes Evaluation of Ranolazine in Subjects with Chronic Stable Angina)」の結果から、この薬は狭心症の発生頻度とニトログリセリンの使用を減らすことが分かった。TERISA試験のデ....
> 続きを読む

 

2014-06-12
メトホルミンの使用で前立腺がんと診断されるリスクが低減(腎臓&泌尿器学ニュースより)― 糖尿病治療薬であるメトホルミンの使用は、前立腺がん(PCa)と診断されるリスクの低減に関連付けられると新たな発見が示唆している。ボストンのマサチューセッツ総合病院(Massachusetts General Hospital)のマーク・A・プレストン(Mark A. Preston)医師お....
> 続きを読む

 

2014-06-12
結膜下リドカインが硝子体内注射後の眼内炎の発生率を低減(ヒーリオより)― 研究によると、麻酔として結膜下に投与するリドカインの抗菌性が、硝子体内注射後の眼内炎の発生率を低減する可能性がある。この遡及的診療録レビューは、硝子体内注射15,042例を対象とした。これらの注射のうち6,853例の前....
> 続きを読む

 

2014-06-10
肺気腫による影響をイブプロフェンで改善させられるのかテンプル大学病院が検討(ヘレニック・ニュースより)― テンプル大学病院はイブプロフェンが肺気腫の影響を改善できるのか検証する全米多施設共同第II相臨床試験に参加している。同大学病院は、本試験へ参加することを認められたフィラデルフィア地域で唯一の施設であり、....
> 続きを読む

 

2014-06-06
家族性高コレステロール血症児でロスバスタチンが粥状動脈硬化を遅延(メドスケープより)― ヘテロ接合性家族性高コレステロール血症(ヘテロ接合型FH)を呈する小児および青年において、ロスバスタチン(アストラゼネカ[AstraZeneca]社製造クレストール)を2年間投与すると、無症候性粥状動脈硬化の進行を遅延させられる....
> 続きを読む

 

2014-06-05
死亡率低下が肺炎に処方されたアジスロマイシンに関連(ドクターズ・ラウンジより)― ジャーナル・オブ・ジ・アメリカン・メディカル・アソシエーション(The Journal of the American Medical Association)の6月4日号で発表された研究によると、肺炎で入院し、アジスロマイシンで治療した高齢患者は、他の抗生物質で治療した高齢患者と比....
> 続きを読む

 

2014-06-04
エストラジオールが女性統合失調症患者に有用となる可能性(アジアン・サイエンティストより)― エストラジオールは、他の治療法が効かない統合失調症女性患者の症状を軽減させることが、無作為化臨床試験で示された。エストラジオール(女性ホルモン)が治療抵抗性の統合失調症女性患者の治療に役立つ可能性のあ....
> 続きを読む

 

2014-06-04
エキセメスタンは乳癌の再発を防ぐことができる(FIGOより)― 米国臨床腫瘍学会(ASCO:American Society of Clinical Oncology)の年次総会で発表された新しい研究によると、エキセメスタンは閉経前女性の乳癌の再発予防に有効である可能性がある。現在、抗エストロゲン薬は閉経した女性にのみ処方されている....
> 続きを読む

 

2014-06-04
アウトドアの専門家:衣服に防虫剤を噴霧しマダニを寄せ付けない(シラキュース.comより)― フィンガーレイクス・モール(Fingerlakes Mall)内のバス・プロ・ショップス(Bass Pro Shops)キャンプ用具売場の責任者シェーン・ウィルキンソン(Shane Wilkinson)さんは、多くの人たちと同じく、去年の冬にマダニをやっつけられるものと思い込んでいたとい....
> 続きを読む

 

2014-06-02
エストラジオールもベンラファキシンもホットフラッシュに有効(メッドスケープより)― 5月26日の『JAMAインターナル・メディシン(JAMA Internal Medicine)』オンライン版に掲載された記事によると、閉経周辺期および閉経後の女性を対象に、血管運動神経症状(VMS)の治療として低用量エストラジオールと低用量ベンラファ....
> 続きを読む

 

2014-06-02
エストリオールが多発性硬化症の再発を減らす可能性(NPRより)― ずいぶん前から、多発性硬化症(MS)の女性が妊娠するとその間は病状が改善する傾向にあると指摘されています。これが基になって、妊娠と関連するホルモンをMS治療に使う試験が実施されました。そのホルモンとは、エ....
> 続きを読む

 

2014-06-02
抗糖尿病薬メトホルミンによる老化遅延と延命効果(メディカル・エキスプレスより)― ルーヴェン・カトリック大学(KU Leuven)に所属するベルギー人博士研究員ワウテル・デハース(Wouter De Haes)氏らによる研究で、世界で最も広範に使用されている抗糖尿病薬メトホルミンが、老化を遅延させ、寿命を延長させるという新た....
> 続きを読む

 

2014-05-30
DMDの男の子に希望を持たせるタダラフィル(リバティ・ボイスより)― タダラフィルは肺血管を拡張したり勃起不全(ED)を改善するための薬で、シアリスやアドシルカという名でも知られています。でもデュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)に苦しむ人たちにとってタダラフィルはEDの治療....
> 続きを読む

 

2014-05-27
リラグルチドは1型糖尿病患者に有効(メッドスケープより)― 注射用グルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)アゴニストであるリラグルチド(ノボノルディスク社製造ビクトーザ[Victoza])を、インスリンに併用すると、1型糖尿病患者に有益となる可能性のあることが、12週間の無作為化試験による結果で示....
> 続きを読む

 

2014-05-26
2型糖尿病ではないが太っている子どもの減量にメトホルミンが有用(STIXSより)― 2型糖尿病ではないけれど太っている子どもは、メトホルミンを服用して運動習慣と食生活を改善することで減量が可能です。ある研究によると、この薬を使用しつつライフスタイルを変化させることもできれば、結果は素....
> 続きを読む

 

2014-05-26
ハンチントン病の神経変性を遅らせる有望な方法が動物モデルで判明(レッド・オービットより)― ハンチントン病の動物モデルにおいて特定のグルタミン酸受容体(シナプス外NMDA受容体)をブロックすると、運動の学習および協調性が改善し、細胞死も防げることを研究が示している。ブリティッシュコロンビア大学(University....
> 続きを読む

 

2014-05-26
肥満治療薬候補と目される糖尿病治療薬(メッドスケープより)― 過体重および肥満の非糖尿病者に対し、血糖降下薬リラグルチド(ノボノルディスク社製造のビクトーザ[Victoza])を投与すると、体重減少しやすくなることが、多国間SCALE試験(肥満および糖尿病前症試験)の結果で示され、第23回....
> 続きを読む

 

2014-05-19
リラグルチドは1型糖尿病にも肥満にも有効(メドページ・トゥデイより)― リラグルチドは、1型糖尿病に対するインスリン療法の追加治療としても、非糖尿病者における抗肥満薬としても有効なようだ。研究者らがここラスベガスで報告した。報告が行われたのは、米国臨床内分泌学会(American Association of Clinical....
> 続きを読む

 

2014-05-19
MERSに対して活性を示す薬剤、クロロキンとクロルプロマジン(グローバル・ディスパッチより)― 印刷に先駆けてジャーナル「アンチマイクロバイアル・エージェンツ・アンド・ケモセラピー」 (Antimicrobial Agents and Chemotherapy)に発表された一連の研究論文が、中東呼吸器症候群(MERS)に対して効果的な治療法となりえる多くの既存の医薬品と開....
> 続きを読む

 

2014-05-18
メトホルミン-スタチンの組み合わせがPCaの再発率を削減(腎臓&泌尿器学ニュースより)― オーランド-糖尿病性前立腺癌(PCa)患者は、メトホルミンとスタチンを両方服用すると、根治的前立腺切除術後の生化学的再発(BCR)のリスクを低下させることができることを、研究者らが2014年米国泌尿器科学会(American Urological Association....
> 続きを読む

 

2014-05-16
薬物療法の向上に希望を与えるHIV/エイズ研究の飛躍的な進歩(UPMCより)― 多くのHIV関連合併症の原因となるのではないかと長年疑われてきたことの直接的証拠が、ピッツバーグ大学(University of Pittsburgh)ワクチン研究センター(Center for Vaccine Research:CVR)を中心とする研究チームによって初めて把握された。今回の結果から、HIV....
> 続きを読む

 

2014-05-10
デスモプレシン口腔内崩壊錠が夜尿症児の睡眠パターンと心理機能を改善させることが新規研究で示唆(パイプライン・レビューより) - インスブルック(オーストリア) ― 夜尿症児における睡眠パターンと心理機能(注意力に関する問題や記憶など)が、口腔内崩壊錠デスモプレシン(MINIRINRMelt)*で改善されることが、新たなデータで示された。また、小児の神経心理機....
> 続きを読む

 

2014-05-09
市販薬で重度の片頭痛が軽減する可能性を示す研究報告(フォックス・ニュースより) - 市販薬イブプロフェンとエキセドリンが、頭痛や重度の片頭痛症状を、プラセボよりも軽減させることが、新たな研究で示された。研究者らが臨床試験データを再解析したところ、どちらの非処方薬においても過半数がある....
> 続きを読む

 

2014-05-09
腰痛とうつ病を抱えて暮らしている高齢者が参加可能な調査研究(メディカル・エキスプレスより) - 慢性腰痛とうつ病とを経験している高齢者が、両方の症状を治療するのに、投薬治療のみか、健康指導と新たな問題解決能力学習を伴う投薬治療かの、どちらが最善であるかどうかを見出すことを目的とした5年間の研究の....
> 続きを読む

 

2014-05-08
致死性デュシェンヌ型筋ジストロフィーをバイアグラやシアリスで治療(レッド・オービットより) - シアリスとバイアグラは一般的に男性の勃起不全を治療するために処方されるが、新しい研究で、これらの薬がデュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)として知られている致死性障害を治療するために使用できることが示さ....
> 続きを読む

 

2014-05-08
アスピリンが化学療法による聴覚消失を食い止める可能性(BBCニュースより) - 化学療法を受けている癌患者の聴覚をアスピリンで保持できるのではないか、とカーディフ(英国)の研究者らが見込んでいる。高用量アスピリンが永続的な難聴を予防するのかどうかを確認するための試験が、カーディフ....
> 続きを読む

 

2014-05-06
境界性パーソナリティ障害にセロクエルXRが有用(メドページ・トゥデイより)― 境界性パーソナリティ障害の患者に対し長時間作用型の抗精神病薬クエチアピンフマル酸塩(セロクエルXR)を使用するプラセボ比較試験を実施したところ、有意な改善が見られたという。研究者がここニューヨークで発表....
> 続きを読む

 

2014-05-05
「実地臨床」試験の現場でうつ病に対するデスベンラファキシンは安全かつ有効(HCPライブより) - デスベンラファキシン(商品名: Pristiq)は、成人のうつ病(旧病名:大うつ病性障害)治療薬として、臨床試験での検証を経て、米国食品医薬品局(FDA)によって2008年認可された。今回、アルゼンチン、チリ、コロンビア、メキシコ....
> 続きを読む

 

2014-05-02
抗精神病薬による体重増加の治療にメトホルミンが役立つ可能性(精神医学ニュースより) - 体重増加を抑えるメトホルミンの効果はそれ程大きくないが、抗精神病薬に伴う体重増加やその関連症状を生じるリスクのある患者にとって、メトホルミンが重要な併用薬となる可能性がある。新たなメタ分析で研究者らが....
> 続きを読む

 

2014-04-29
急性心筋梗塞患者に対するエプレレノン投与で主要評価項目が改善(メディカル・エキスプレスより) - エプレレノンは、心不全患者の死亡率を低下させることで知られているが、急性(ST上昇型)心筋梗塞発症後の患者において早期投与することで、有意な効果を得られることが今回明らかにされた。研究者らによれば、本試験....
> 続きを読む

 

2014-04-25
閉経後の性交痛が局所リドカインで軽減(臨床内分泌学ニュースより) - 46名の女性が参加した無作為化比較試験の結果によれば、閉経後のひどい性交痛がある乳がんサバイバーは挿入前に局所リドカイン液を膣前庭に塗ることで、苦痛のない性交ができるそうだ。ポートランド・オレゴンヘルス....
> 続きを読む

 

2014-04-25
頭蓋内圧亢進症において利尿剤アセタゾラミドが視力予後を改善(メディカル・リサーチより) - 今回、軽度の視力低下を伴う特発性頭蓋内圧亢進症症(旧病名:偽脳腫瘍)患者について検討しました。その結果、低ナトリウム食の減量プログラムに加えて、利尿剤の一種であるアセタゾラミドを服用した患者は、同プロ....
> 続きを読む

 

2014-04-25
子どもへの抗てんかん薬ゾニサミドの使用は忍容性が良好(HCPライブより) - 『エピレプシア(Epilepsia)』4月号に掲載された研究によると、1年にわたりゾネグラン(ゾニサミド)を小児てんかん患者に使用する試験を行ったところ、忍容性は良好であったという。イタリア、フィレンツェ大学(University of Florence....
> 続きを読む

 

2014-04-24
ペンシルベニア大学の研究:進行性分化型甲状腺癌にソラフェニブが有効(ペンシルバニア・メディスンより) - ペンシルベニア大学アブラムソンがんセンター(Abramson Cancer Center at the University of Pennsylvania)の研究者らによる研究が、『ランセット(Lancet)』誌に発表された。この新しい研究によると、腎癌・肝癌の治療薬ソラフェニブはプラセボと比べ、転移性....
> 続きを読む

 

2014-04-23
母体レチノイド値が子の免疫への鍵(メドページ・トゥデイより) - 妊娠中の母体の食餌由来レチノイド量が、成体になってからの二次性リンパ性器官の大きさや、免疫応答の効率をコントロールすることが、マウスの研究で示された。また、妊娠中の母体の栄養状態が子の健康に影響を及ぼ....
> 続きを読む

 

2014-04-22
アセタゾラミドと低ナトリウム食が視力を改善(ドクターズ・ラウンジより) - 特発性頭蓋内圧亢進症と軽度視力低下を有する患者において、アセタゾラミドと低ナトリウム減量食の併用療法は、食事療法単独と比較して、視野機能をやや改善させることを示す研究結果が、アメリカ医師会機関紙(Journal of....
> 続きを読む

 

2014-04-22
抗真菌薬イトラコナゾールにおける基底細胞癌の抑制作用(クリニカル・オンコロジーより) - 探索的試験において、イトラコナゾールを経口投与した基底細胞癌患者で、細胞増殖が減少し、腫瘍サイズが縮小した。今後、さらなる研究が必要と考えられる。FDA認可済みの抗真菌薬イトラコナゾール(ヘッジホッグシグ....
> 続きを読む

 

2014-04-22
糖尿病治療薬が乳癌リスクを低下(メイン州ニュースより)― 糖尿病治療薬メトホルミンを5年間服用した女性は、それ以外の治療薬を服用した女性よりも乳癌リスクが低いことが、新たな研究で明らかにされた。本研究は、一般に入手可能な2型糖尿病治療薬が、抗癌作用を有するこ....
> 続きを読む

 

2014-04-16
オレンジ郡(米国)で昔ながらの薬剤を新たに救急救命薬剤として使用(ニュース・プレックスより) - この救急救命薬剤は、米国や世界中で数十年間も用いられているが、今回、オレンジ郡で新たな使用法が発見された。オレンジ郡の消防・救急医療部門の副責任者トム・ジョイス(Tom Joyce)氏は「これまで使用されてきたのとは異....
> 続きを読む

 

2014-04-10
非ホジキンリンパ腫におけるレナリドマイドとリツキシマブの併用投与による持続的効果(ヘアリオより) - 第2相試験の結果によれば、再発性または難治性、もしくは低悪性度の非ホジキンリンパ腫の患者グループにおいて、レナリドマイドとリツキシマブを併用投与すると、持続的効果が得られる。患者30人に、週1回のリツキ....
> 続きを読む

 

2014-04-10
アルコール依存症治療にバクロフェンを使うクローダ先生(デジタル・ジャーナルより) - バクロフェンという薬を、アルコール依存症の治療に使うことができます。実はこの薬、昔からあるんです。バクロフェンは筋弛緩薬であり、重症の筋痙縮の治療に使われています。この薬は主にGABA-B受容体に作用します。そ....
> 続きを読む

 

2014-04-08
アルコール依存症治療薬がマウスの中皮腫を縮小(キャンサー・マンスリーより) - アルコール依存症の治療薬として米国食品医薬品局(FDA)に認可された薬剤が、悪性胸膜中皮腫(従来の治療法に反応しないことの多い浸潤性肺癌)を抑制する可能性があるとみられる。ジスルフィラム(商品名アンタビュー....
> 続きを読む

 

2014-04-08
アルコール依存症治療薬がマウスの中皮腫を縮小(キャンサー・マンスリーより) - アルコール依存症の治療薬として米国食品医薬品局(FDA)に認可された薬剤が、悪性胸膜中皮腫(従来の治療法に反応しないことの多い浸潤性肺癌)を抑制する可能性があるとみられる。ジスルフィラム(商品名アンタビュー....
> 続きを読む

 

2014-04-06
「後期高齢者」に対する降圧薬(ビジネス・ミラーより) - 私の母は今年の9月で99歳になる。母は私が医学生だった30年以上前から高血圧を患っている。長年にわたり私は母にカルシウム拮抗薬を投与し続けており、重大な心発作や脳卒中はこれまで起きていない。ただ、さんご状....
> 続きを読む

 

2014-04-04
「特効薬がなければ、既に命は尽きていた」(ボルトン・ニュースより) - 十年前なら、クリス・エバンス(Chris Evans)は、余命わずか数週間というところである。32歳のエバンスさんは、死の宣告をされたも同然の慢性骨髄性白血病に罹患している。稀な疾患だが、一旦罹患すると大半の人は、診断後3~....
> 続きを読む

 

2014-04-04
ARVが「HIV感染を防止するかもしれない」(インディペンデント・オンラインより) - 抗レトロウイルス(ARV)治療薬テノホビルを製造する米国のバイオテクノロジー企業、ギリアド・サイエンシズ(Gilead Sciences)は、医薬品規制協議会(MCC)が、性交によるHIV感染の予防のためARV薬の使用を可能にする適用に判断を....
> 続きを読む

 

2014-04-04
低用量アスピリンが受胎能をアップ:研究結果(ビジネス・スタンダードより) - 高額な治療や薬剤に頼ることなく、ごく普通のアスピリンで女性の受胎能が増強される可能性のあることが、研究で明らかにされた。低用量のアスピリンを服用すると、妊娠と生児出産の確率が高まる可能性がある。その理....
> 続きを読む

 

2014-04-02
葉酸が神経管の先天性欠損を予防(ラスクルーセス・サンニュースより) - アシュレー・グレイリー(Ashley Graley)が、もし葉酸の重要性を知っていたとしたら、おそらく随分前から服用し始めていたにちがいない。彼女曰く、「毎日1錠の小丸薬を服用することで、これまで味わってきた心痛(手術など)を....
> 続きを読む

 

2014-04-01
レストレスレッグス症候群の治療にプレガバリンが効く可能性(ドクター・ティプスターより) - レストレスレッグス症候群(むずむず脚症候群)は、神経障害の一つであり、脈に合わせたような脚のずきずき感や、むずむず感のほか、どうしても脚を動かしたくなるなどの不快感がある。健常者でも同様のことが時々起....
> 続きを読む

 

2014-03-31
心臓緊急手術時の患者にはビバリルジンよりもヘパリンが有効(メディカル・エキスプレスより) - 心発作後の直接的経皮的冠動脈インターベンション(プライマリーPCI)施行患者を対象に、2種類の抗凝固薬を比較したところ、ヘパリンの方がビバリルジンよりも28日時点の重大な心血管病変が有意に少なかった。この研究....
> 続きを読む

 

2014-03-31
アロプリノールは高尿酸血症や痛風の死亡リスクをやや低下させる(ドクターズ・ラウンジより) - アナルズ・オブ・ザ・リウマチック・ディジーズ(Annals of the Rheumatic Diseases)電子版に3月24日掲載された研究によると、アロプリノール開始は高尿酸血症患者および痛風患者の死亡リスクの若干の低下と関連している。ボストン大学医....
> 続きを読む

 

2014-03-31
メトプロロールという安価な医薬品で心臓発作患者を救うことが可能:死亡リスクが60%低下(メディカル・デイリーより) - 新しい研究は、メトプロロールとして知られている安価な薬剤が緊急外来に向かう途中の心臓発作の患者を重篤な障害が起きる前に治療し、心臓の筋肉の低下を防ぐのに非常に有効であることを見出した。この研究の著者ら....
> 続きを読む

 

2014-03-31
悪性黒子に対するイミキモドを支持する新たな研究(皮膚&アレルギー・ニュースより) - 悪性黒子または悪性黒子型メラノーマの患者において、免疫調節物質イミキモドの局所投与が有益な治療法となり得ることが、これまでで最大規模となる症例集積研究で示された。「我々の経験に基づくと、手術不可能な患....
> 続きを読む

 

2014-03-31
ビタミンAが前がん細胞を逆転するかもしれない(ラボラトリー・エクイップメントより) - サツマイモやニンジンに豊富に含まれるビタミンAの誘導体はレチノイン酸として知られているが、今月インターナショナル・ジャーナル・オブ・オンコロジー(International Journal of Oncology)で発表された研究によると、レチノイン酸は前が....
> 続きを読む

 

2014-03-31
昔ながらの薬剤(コルヒチン)が心疾患に有用(ライブ・ミントより) - コルヒチンは、古代エジプト王ファラオの時代にリウマチに対して使用されていたものであり、新たな臨床試験の結果によれば、再発する心膜炎の発作(心嚢の炎症)に優れた効果を有する。何世紀にもわたって急性痛風に....
> 続きを読む

 

2014-03-31
アスピリン使用が大腸癌診断後の生存率改善に関連する可能性(サイエンス・コーデックスより) - 結論:腫瘍細胞にHLAクラスI抗原の発現がみとめられた場合では、大腸癌診断後に低用量アスピリン(血小板機能の阻害作用を持つ)を投与すると、生存率が改善される可能性がある。著者: オランダのライデン大学医療セ....
> 続きを読む

 

2014-03-28
骨関節炎の疼痛と炎症にメトトレキサートが有用:研究報告(リウマチ学アップデートより) - メトトレキサートが変形性関節症の痛みと炎症を抑制するのに役立つとみられることが、新たな研究で示唆されている。滑膜炎の臨床所見のある変形性膝関節炎患者144人を対象とした無作為化試験で、疼痛・滑膜炎の軽減や....
> 続きを読む

 

2014-03-25
2型糖尿病におけるトレシーバ(Tresiba)とビクトーザ(Victoza)の拡大利用をヒト用医薬品委員会が承認勧告(ファーマビズより) - ヒト用医薬品委員会(Committee for Medicinal Products for Human Use :CHMP)は、2型糖尿病におけるトレシーバ(インスリンデグルデク)とビクトーザ(リラグルチド)の利用拡大を承認勧告した。今後、欧州委員会(European Commission)が適応追加を承認すれば、ビクトーザ....
> 続きを読む

 

2014-03-25
丘疹膿疱型酒さに対する安全かつ効果的な治療薬イベルメクチン1%クリーム(ヘアリオより) - 米国皮膚科学会(American Academy of Dermatology:AAD)年次総会で発表された最新の研究結果によると、イベルメクチン1%クリームは、丘疹膿疱型酒さ患者の治療において安全かつ有効である。デトロイトのヘンリー・フォード病院(Henry Ford Hospital)の臨床研究責任....
> 続きを読む

 

2014-03-25
ベバシズマブで効果の得られない糖尿病性黄斑浮腫患者にはトリアムシノロンが有効(ヘアリオより) - 短期的ベバシズマブ硝子体内投与で効果を得られない糖尿病性黄斑浮腫患者において、トリアムシノロンを硝子体内投与すると有用であることが、研究で明らかにされた。本研究は、ベバシズマブの硝子体内投与で効果を得....
> 続きを読む

 

2014-03-24
糖尿病に対する2剤併用療法が血糖コントロールに役立つ可能性(デイリーRxニュースより) - 2種類の糖尿病治療薬による併用療法で、血糖値を効率的にコントロールすることができる。具体的にはメトホルミンにビルダグリプチンを加えると、効果的な併用療法となることが、新たな研究で確認された。糖尿病患者....
> 続きを読む

 

2014-03-24
脊椎固定手術後の痛みと長期転帰:プレガバリンで向上?(ベッカーズ・スパインレビューより) - 前向き二重盲検無作為化対照試験で、研究者らはガバペンチンまたはプレガバリンを投与された脊椎手術患者の術後疼痛および長期機能的転帰を調べ、結果をスパイン(Spine)誌で発表した。試験では患者90人が組み入れられ....
> 続きを読む

 

2014-03-22
アロエベラ液汁で血糖値を下げることができる:ベターダイジェスチョン.オルグの新しいレポート(PRウェブより) - 「アロエベラ液汁で血糖値を40%下げることができる」というタイトルのベターダイジェスチョン.オルグ(BetterDigestion.org)の新しいレポートは、アロエ液汁がどうやって血糖値を下げ調整を保つことができるのかを詳しく説明していま....
> 続きを読む

 

2014-03-21
アスピリンを常用しても腎臓に影響しない(アラブニュースより) - サウジアラビア王国で腎臓専門医が腎臓病について話し、血栓形成防止にアスピリンを常用しても腎障害患者には副作用がないと語った。これは、ハーリド・アブドゥルアジーズ・アル・サラン(Khalid Abdulaziz Al-Saran)が木曜日にサウジ....
> 続きを読む

 

2014-03-21
スタチンが多発性硬化症を抑制するのに役立つ可能性(ヘルスセントラルより) - ロンドン大学ユニバーシティー・カレッジ(University College London)の研究者らが実施した初期試験の結果から、スタチンは高コレステロールの治療薬として一般に使用されてきたが、多発性硬化患者においても疾患進行を遅らせたり、症状を....
> 続きを読む

 

2014-03-21
ヘパリンはプリオンの立体構造変化とプリオン病を防ぐカギかもしれない(メディカル・エキスプレスより) - プリオンは感染因子であり、牛海綿状脳症(いわゆる「狂牛病」)や、ヒトのクロイツフェルト・ヤコブ病などの神経変性疾患の原因とされている。立体構造が変化したミスフォールドタンパク質だけでできている感染因子....
> 続きを読む

 

2014-03-19
リバビリンはE型肝炎に有効(メドページ・トゥデイより) - 臓器移植患者の慢性E型肝炎ウイルスを、抗ウイルス薬リバビリンで治せることが、研究者らによって報告された。後向き症例集積研究において、リバビリンの3ヵ月投与で、患者の78%が持続性ウイルス陰性化(SVR)を得られた....
> 続きを読む

 

2014-03-19
トリメトプリム抗生物質は連鎖球菌に対して予想以上に効果的(メディカル・エキスプレスより) - 発展途上国では、連鎖球菌感染症を治療するための安価で忍容性の高い抗生物質は入手困難なことが多い。ドイツのHZIに所属する研究者らは、トリメトプリムが治療選択肢となり得ることを突き止めた。長年信じられてきた....
> 続きを読む

 

2014-03-17
ビグアナイド系薬剤の抗がん作用のメカニズム(メディカル・エキスプレスより) - 悪性腫瘍内には低グルコース環境があり、がん細胞がそのような環境でどうやって生き延びるのかを調べるために、ホワイトヘッド研究所のキヴァンス・ビルソイとリチャード・ポッセマトは、細胞の周りを低栄養培地が継....
> 続きを読む

 

2014-03-17
男性へのテストステロン注射で糖尿病を予防できる?(メディカル・エキスプレスより) - シドニー大学(University of Sydney)の研究者たちが、いままでにない試験に参加してくれる男性を探しています。その試験とは、男性にテストステロンを定期的に注射することで2型糖尿病を予防できるか評価するというものです。....
> 続きを読む

 

2014-03-16
関節炎に伴う膝関節痛がプレドニゾロンで3分の1ほど軽減(フィリピンスター紙より) - 中等度から重度の変形性膝関節症患者において、膝痛重症度を測るWOMAC疼痛尺度の疼痛スコアが、プラセボと比べて、プレドニゾロンで約3分の1改善されることが、新たな研究で示された。エジプトのアレクサンドリア大学....
> 続きを読む

 

2014-03-14
メトホルミンにビルダグリプチンを追加すると血糖コントロールが改善(腎臓&泌尿器学ニュースより) - ビルダグリプチンとメトホルミンの併用投与は、忍容性不良や低血糖を誘発することなく、血糖コントロールを改善させることが、新たな研究で示唆された。多施設共同二重盲検比較試験において、東京医科大学のMasato Odawara博士....
> 続きを読む

 

2014-03-13
オキシトシンが摂食障害への新たな治療薬となる可能性(ヘルス・カナルより) - 「幸せホルモン」としても知られるオキシトシンが、神経性食欲不振症に対する新たな治療薬となりうることが、イギリスおよび韓国研究者らのチームによる新たな研究で示された。本研究は、高カロリー食および肥満体形....
> 続きを読む

 

2014-03-12
認知症リスクのある閉経後女性においてエストラジオールが重要な脳領域を保持(メディカル・エキスプレスより) - 認知症リスクの高い女性において、エストラジオールによるホルモン療法を閉経直後に開始すると、重要な脳領域の委縮が予防されることが、スタンフォード大学(Stanford University)医学部の研究者らが主導する新たな研究で示された。商....
> 続きを読む

 

2014-03-10
子宮頸がん治療の向上にエルロチニブが有望(ニュース・メディカルより) - 新しい臨床研究から、分子標的抗がん剤エルロチニブは子宮頸がん治療の向上に有望なことが分かった。結果は米国がん協会(American Cancer Society)の査読付きジャーナル『キャンサー(CANCER)』オンライン版に先行発表されており、子宮....
> 続きを読む

 

2014-03-08
小児外科手術後のクロニジン投与による疼痛緩和と回復促進(ドクター・ティップスターより) - 小児外科手術では極めて重要な期間の一つに手術後がある。この段階において医師は小児の疼痛・苦痛を管理し始める。小児が疼痛またはストレス状態にあるとき、感情の起伏の波が激しくなるが、こうした感情は長い時間....
> 続きを読む

 

2014-03-07
非増殖糖尿病網膜症においてドキシサイクリンが視力を改善する可能性(2ミニット・メディスンより) - この研究の狙いは、ドキシサイクリンの抗炎症という要素が非増殖糖尿病網膜症の進行を妨げるか確認することであった。患者30人をプラセボ群と治療群に分け、後者の群ではドキシサイクリンを24カ月にわたり毎日服用し....
> 続きを読む

 

2014-03-04
多種類の治療を受けた喘息でスピリーバが発作を低減(メドページ・トゥデイより) - 抗コリン薬チオトロピウム(スピリーバ)を充填した噴霧器レスピマット(スピリーバ・レスピマット)が、あらゆる治療選択肢を試みた重症喘息患者において肺機能を改善させ、喘息増悪(発作)を減少させたことが、2....
> 続きを読む

 

2014-02-27
脳梗塞予防薬が軽度認知症を遅らせると判明(バンコク・ポストより) - 米国のオンライン科学ジャーナル『プロス・ワン(PLoS One)』で木曜日に発表された研究によると、研究者らは、脳梗塞予防に用いられる薬剤であるシロスタゾールが軽度認知症の進行を抑える効果があることを見出した。国....
> 続きを読む

 

2014-02-24
老年期のうつ病・認知症の発症をオメガ3脂肪酸サプリメントやセルトラリンが防ぐ可能性(ニュース・メディカルより) - 老年期のうつ病・認知症の発症を防ぐために、オメガ3脂肪酸サプリメントと抗うつ薬セルトラリンは高齢者の抑うつ症状や認知機能低下を軽減できるかどうか、シドニー大学(University of Sydney)で研究が行われている。脳血管の変....
> 続きを読む

 

2014-02-24
ケガやキズを早く治したいならセラペプターゼ(gbトリビューンより) - 普通のケガでも、体に傷や痕がつくことがあります。でも時間が経てば、たいていのケガはきれいに治るものです。ただ、場合によっては傷が深すぎてなかなか治らないことも…。そんな時は食事に加えて、セラペプターゼ....
> 続きを読む

 

2014-02-21
「承認されている最大投与量を超えるスタチンが生存期間を延長」:医師らが報告(エクスプレスより) - 承認されている最大投与量を超える用量のスタチンが、延命につながり、早期死亡リスクを低下させることが、新たな研究で示された。通常タイプのコレステロール低下薬は、心疾患や脳卒中による死亡率を削減するほか、....
> 続きを読む

 

2014-02-17
更年期症状を改善させる治療法(ヘラルド・トリビューンより) - 米国産科婦人科学会(American College of Obstetricians and Gynecologists : ACOG)の better-late-than-never(「遅くとも義務を果たすことを始むるは、決して果たさざるにまさる」)」部門が、更年期症状の効果的治療におけるガイドラインを改訂した。「更年期症状の管理」という診療ガ....
> 続きを読む

 

2014-02-17
抗けいれん薬トピラマートが大量飲酒を抑制(サイエンス・ブログより) - 米国において大量飲酒は一般的であり、個人的および社会的費用の増加を招き、具体的には職場の生産性・医療費・刑事裁判費の損失により年間推定2,235億ドルの費用がかかる。データによると、12歳以上の23%が直近1ヵ月で....
> 続きを読む

 

2014-02-17
二分脊椎の予防目的として政府が食品メーカーにパンへの葉酸添加を推進(トップニュースより) - 政府は、乳児が二分脊椎で生まれることのないよう予防する目的で、パンに葉酸を添加するよう食品メーカーに義務付けたい考えである。23年間にわたるこの問題への長い討論の末、保健相は二分脊椎への予防策を決定した....
> 続きを読む

 

2014-02-14
「うつ病」と「線維筋痛症の痛み」にクエチアピン(アバウト.comより) - 大うつ病性障害(MDD)に線維筋痛症を併発している人に、クエチアピンXR(徐放性)が有効なことを新しい研究が示唆しています。クエチアピンの商品名は「セロクエル」「セロクエルXR」です。研究者らが8週間の二重盲....
> 続きを読む

 

2014-02-13
プレガバリンは下肢静止不能症候群を効果的に治療し症状悪化のリスクが少ない(メディカル・エキスプレスより) - 2月13日の『二ュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディスン』(The New England Journal of Medicine)で発表された報告は、下肢静止不能症候群(RLS)の治療に一般に処方されるタイプの薬剤を使用した長期的な治療が、一部の患者に重....
> 続きを読む

 

2014-02-11
真菌症に効く乳癌治療薬(ワールド・ファーマ・ニュースより) - タモキシフェンは、乳癌の治療薬として現在使用されているが、免疫不全患者における致死的な脳感染症の原因となる真菌類も死滅させる。こうした疾患は、結核患者よりもHIV/エイズ患者でより多くの死者を出しており、今....
> 続きを読む

 

2014-02-11
オキシトシンが更年期の体重増加と骨減少を元に戻す(メドページ・トゥデイより) - オキシトシン投与はマウスにおいて、卵巣摘出によって誘発される骨減少症、および骨髄脂肪蓄積を正常化する。この海綿骨パラメータに対する効果は、RANKL / OPG軸を経由した骨芽細胞と破骨細胞とのクロストークの回復を介....
> 続きを読む

 

2014-02-06
これらのヘアトリートメントで頭皮を保存(タンパベイ・タイムズより) - 髪が傷むと何日もしないうちに、いい状態の髪がどんなに価値があるかわかります。けれど、美しい髪は偶然には生まれません。1年365日髪をいい状態に保ちたければ、持つ価値がある他のどんなものと同じように、努力す....
> 続きを読む

 

2014-02-06
自閉症治療薬が動物試験で有望視(ライブサイエンスより) - 特定の自閉症患者の症状を消失させることを目的とした薬剤が、初期研究の動物試験で有望であることが示されたことを、研究者らが報告している。科学誌「サイエンス」2月6日号に掲載された本研究によれば、マウスと....
> 続きを読む

 

2014-02-03
同種移植時と自己免疫疾患へのケトプロフェン適用の可能性(ビジネス・レコーダーより) - ケトプロフェンとは、筋痛、関節障害、関節炎、強直性脊椎炎、軟部組織損傷に用いる非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)のことである。ケトプロフェンは、パキスタンやその他多くの国々で、人間医学と獣医学の両方で広く使用さ....
> 続きを読む

 

2014-02-03
基底細胞がんの治療に抗真菌薬イトラコナゾール(ヘルス・ニュース・ダイジェストより) - 2月3日の『ジャーナル・オブ・クリニカル・オンコロジー(Journal of Clinical Oncology)』オンライン版に発表された研究によると、皮膚がんの中で最も多い基底細胞がんには、イトラコナゾール治療が有用かもしれません。イトラコナゾ....
> 続きを読む

 

2014-02-03
早産の予防法を患者ごとに個別化する新規アプローチの発見(サイエンス・コーデックスより) - この新しい研究結果は、早産リスクの高い女性のうち、プロゲステロン注射が効く女性を特定することにより、近い将来、患者ごとに個別化した早産の予防的治療を医師が行えるように導く可能性がある。自然に産生される....
> 続きを読む

 

2014-02-03
お腹の痛みを「ラブドラッグ」オキシトシンが治す(フューチャリティーより) - 研究者らの発表によれば、オキシトシンが慢性的な腹痛を治すカギを握っているかもしれません。オキシトシンは陣痛を誘発したり、社会的つながりを促したりするホルモンです。過敏性腸症候群のような病気では慢性的に....
> 続きを読む

 

2014-02-01
抗癌作用を持つ素晴らしい天然色素リコピン(ダッカ・トリビューンより) - リコピンの最も濃縮された食物源はトマトである。リコピンとは特定の果実や野菜の赤色の元となる色素の一種でカロテノイドのことである。リコピンには強力な抗酸化作用もあり、DNAやその他の脆弱な細胞構造に損傷を与....
> 続きを読む

 

2014-01-31
オキシトシン、腹痛治療の鍵:研究(Zニュースより) - 新しい研究によると、愛のホルモンとして知られるオキシトシンは慢性的な腹痛の治療の鍵となるかもしれない。プレス声明によると、クイーンズランド大学(University of Queensland)のポール・アレウッド(Paul Alewood) 教授およびアデレード大学(University of ....
> 続きを読む

 

2014-01-31
二次進行型多発性硬化症におけるラモトリギンの神経保護作用を調べた試験(バイオニュース・テキサスより) - 少し前に、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンに属する病院(University College London Hospital)である試験が完了した。試験の結果は、ある薬の投与で神経細胞へのナトリウムイオン流入をブロックすると、攻撃的な神経細胞障害を防ぐことが....
> 続きを読む

 

2014-01-31
手術前のクロニジン投与が小児の術後の痛みと不安を軽減する可能性(ニュース・メディカルより) - 小児において手術後の痛みや心理的ストレスを管理することは、手術の回復過程に不可欠な要素であるが、手術後に強力な鎮痛剤を使用すると、副作用やその他の合併症リスクを招くことになる。コクランライブラリー(Cochrane Library)....
> 続きを読む

 

2014-01-28
メラトニンがトリプルネガティブ乳癌の成長を遅らせる可能性(ニュースワイズより) - 体の睡眠・覚醒リズムを調節するホルモンのメラトニンを使って、あるタイプの乳癌の成長を遅らせることができるかもしれない。デトロイトのヘンリー・フォード病院(Henry Ford Hospital)とサンパウロ州研究財団(Foundation for Research Support of the State....
> 続きを読む

 

2014-01-27
自閉症児にリスペリドンを用いるのは望ましい?(イーマックス・ヘルスより) - 薬物療法は自閉症における最も適切な治療法ではないと考えられるが、自閉症児の生活を規則正しいものにする手助けとして、リスペリドンなどの特定の医学的に認可された調合薬を時々投与することは非常に有用である。....
> 続きを読む

 

2014-01-27
急性高山病の予防にイブプロフェンが有用(アバウト.comより) - 登山者、ハイカー、スキーヤー、旅行者たちを悩ませるのが、高度障害、いわゆる急性高山病(AMS)とその症状(悪心、頭痛、嘔吐、疲労など)です。コロラド州のロッキー山脈にある高い峰や、アラスカ・アジアの高い山....
> 続きを読む

 

2014-01-27
青年期の慢性疲労に対するバラシクロビル治療(NCBIより) - 慢性疲労症候群とは、疲労感、意欲減退、意気消沈、身体活動低下を呈する疾患であり、全ての症状がうつ病の診断基準と広範囲にわたって重なっている。複数の研究で、慢性ウイルス感染症と慢性疲労症候群が結び付けら....
> 続きを読む

 

2014-01-25
移植後の新規発症糖尿病に対する有望な薬剤(腎臓&泌尿器学ニュースより) - 小規模試験で、腎移植後の新規発症糖尿病の治療薬シタグリプチンに短期的な有効性および安全性が示された。ノルウェーにあるオスロ大学病院(Oslo University Hospital)のテア・アニン・ストレム・ハルデン(Thea Anine Strom Halden)博士らは、移植後に新規....
> 続きを読む

 

2014-01-23
AIDS関連カポジ肉腫にイマチニブが有効(ヘアリオより) - AIDS関連カポジ肉腫の患者を対象にイマチニブ第II相試験を行った結果、有効性が明らかとなり、忍容性も良好なようであったという。試験には患者30人が参加して、幹細胞因子受容体・血小板由来増殖因子受容体阻害薬のイ....
> 続きを読む

 

2014-01-23
健康コラム:プロゲステロンの乳癌防御能(ポスト・インディペンデントより) - ホルモン補充療法を行うべきか検討している女性が抱く最大の不安が乳癌であるというのもうなずける。マスコミや医学界は、リスクに関する包括的な発言や、具体性に欠けるお粗末な説明で、問題を混乱させただけである....
> 続きを読む

 

2014-01-22
糖尿病の胃不全麻痺に対するメトクロプラミド点鼻薬の良好な結果:イヴォーク・ファーマ社による研究報告(ウォール・ストリート・ジャーナルより) - イヴォーク・ファーマ(Evoke Pharma)社(ナスダック登録名:EVOK)は、市販のメトクロプラミド経口錠と比較して、メトクロプラミド経鼻投与薬の方が、糖尿病性胃不全麻痺の症状管理に効果的であることを示した研究論文を本日発表した....
> 続きを読む

 

2014-01-21
ループス患者における妊娠合併症の予防に抗マラリア合剤が役立つ可能性(ヘルス・ニュース・ダイジェストより) - エール大学医学部(Yale School of Medicine)の研究者らによる新たな研究で、ループス(狼瘡)とそれに関連した抗リン脂質症候群という疾患を呈する女性患者における妊娠合併症を予防するのに、抗マラリア合剤が役立つ可能性があること....
> 続きを読む

 

2014-01-21
術後せん妄とメラトニン濃度低下の関連性を研究が示す(ファーマシー・プラクティス・ニュースより) - 日本の小規模研究において、術後せん妄を呈したICU患者はそうでない患者と比べ、術後1時間時点でのメラトニン濃度が低いことを示唆する知見が得られた。研究結果からは、セボフルラン曝露量とメラトニン濃度の間に負....
> 続きを読む

 

2014-01-19
メラトニンは前立腺癌リスクを低下させる可能性(米国がん学会より) - 睡眠-覚醒サイクルに関与するホルモン(メラトニン)が高値であると、浸潤性(進行)前立腺癌の発症リスクが低下する可能性がある。この結果は、1月18日~21日に開催されたAACR(米国がん学会)前立腺癌財団(Prostate Cancer Foundation)によ....
> 続きを読む

 

2014-01-16
HIV感染者における炎症性酵素Lp-PLA2の濃度がロスバスタチンで低下(ヘアリオより) - エモリー大学(Emory University)とケース・ウェスタン・リザーブ大学(Case Western Reserve University)の研究者らによると、HIV感染者に対するロスバスタチン治療はリポタンパク質関連ホスホリパーゼA2(Lp-PLA2)を有意に減少させたという。Lp-PLA2は、一般集....
> 続きを読む

 

2014-01-15
女性のほてりへのプロゲステロン使用が心血管系の健康に安全であることを示す研究結果(UBCニュースより) - ブリティッシュ・コロンビア大学のジェリリン・プライア(Jerilynn C.Prior)によれば、「プロゲステロンのリスクは誇張されている」ことが最近の研究結果で明らかにされた。閉経後女性における重度のほてりや寝汗を軽減することが明....
> 続きを読む

 

2014-01-06
関節リウマチの治療に用いるメトトレキサートは化学療法とみなされる?(About.comより) - 関節リウマチ患者の中にはメトトレキサートを処方された際に不安を感じる人もいる。この薬剤は癌の治療に用いる化学療法剤として知られている。一方、メトトレキサートを関節リウマチに処方した場合、これを化学療法....
> 続きを読む

 

2014-01-03
乳がん治療薬エキセメスタンには紫外線の悪影響からあらゆる細胞を守る能力も(ヘルス&ビューティー・ニュースより) - ステロイド系のエキセメスタンは通常、乳がんがエストロゲンで成長するタイプの場合に使われる薬です。この薬はエストロゲン生成を妨げるだけでなく、紫外線や炎症の悪影響からあらゆる細胞を守ることが分かりました....
> 続きを読む

 

2014-01-03
ガバペンチンとは具体的にどのような薬剤なのか?(ライブサイエンスより) - ガバペンチン(別名ニューロンチン)は、鎮痛作用のある抗けいれん薬であり、カプセル剤、錠剤、経口液として販売されている。用途は幅広く、てんかん患者における特定タイプのてんかん発作の抑制や、ヘルペス後神経....
> 続きを読む

 

2014-01-03
フケの悩みは「家にあるもの」を使って解決(ハッフィングトン・ポストより) - フケのトラブルはとても困ったもので解決が難しいこともあります。原因はいろいろで、脂漏性皮膚炎、湿疹、乾癬のほかには頭を十分に洗っていない場合なども…。でも、たいていは不衛生が原因ではありません。ドラッ....
> 続きを読む

 

2014-01-02
ケニア:不思議な植物 - アロエベラの上位5つの最も優れた有益性(オールアフリカより) - エジプト人は6千年前からアロエベラを「不死の植物」と呼んでおり、エジプト人以外の人にはこの見慣れた低木は「不思議な植物」として知られている。その呼称にかかわらず、1つだけ確かなのは、アロエベラが内服剤....
> 続きを読む

 

2014-01-02
ケニア:不思議な植物 - アロエベラの上位5つの最も優れた有益性(オールアフリカより) - エジプト人は6千年前からアロエベラを「不死の植物」と呼んでおり、エジプト人以外の人にはこの見慣れた低木は「不思議な植物」として知られている。その呼称にかかわらず、1つだけ確かなのは、アロエベラが内服剤....
> 続きを読む

 

2014-01-02
高用量のアスピリンが前立腺癌の死亡率を削減する可能性(腎臓&泌尿器学ニュースより) - 用量75mgを超えるアスピリンを服用する男性は、アスピリンを服用しない男性と比較して、前立腺癌の死亡リスクに有意な低下を認めることが、最近の研究で示された。低用量を服用する男性においてはリスク低下がみられな....
> 続きを読む

 

2014-01-01
ネオスチグミンが小児患者の術後鎮痛を延長する(ペイン・メディスン・ニュースより) - 鼠径部の手術後、小児患者にネオスチグミンをブピバカインと共に仙骨注射すると、ブピバカインのみと比べ、より良く、より長く術後鎮痛が得られた。この最近の調査結果は、洪水で中止となったカナダ麻酔学学会(Canadian Anesthesiologists....
> 続きを読む

 

2014-01-01
小児の焦点性てんかんにトピラマートが有効であることを示す研究報告(てんかんリサーチより) - トピラマートは、小児の焦点性てんかんの薬物療法として有効かつ忍容性の高い治療法であることが、最近の研究で示された。この抗けいれん薬は、トパマックスという商品名で販売されており、レンノックス・ガストー症....
> 続きを読む

 

2013-12-30
絶対音感が身につく薬?音楽家でなくてもバルプロ酸でドレミの聞き分けが可能に(国際ビジネスタイムズより) - てんかんや双極性障害の躁状態を治療する薬の副次的効果が、人によっては嬉しいものになるかもしれません。『フロンティアーズ(Frontiers)』に発表された新しい研究によると、動物でも人でも、FDA承認薬のバルプロ酸で絶対....
> 続きを読む

 

2013-12-30
絶対音感が身につく薬?音楽家でなくてもバルプロ酸でドレミの聞き分けが可能に(国際ビジネスタイムズより) - てんかんや双極性障害の躁状態を治療する薬の副次的効果が、人によっては嬉しいものになるかもしれません。『フロンティアーズ(Frontiers)』に発表された新しい研究によると、動物でも人でも、FDA承認薬のバルプロ酸で絶対....
> 続きを読む

 

2013-12-25
シプロフロキサシンが一部の急性リンパ性白血病児の発熱を予防する可能性(ヘアリオより) - 特定種類の癌に対する化学療法を開始している小児患者の発熱を、シプロフロキサシンで予防できる可能性のあることが、オンライン版に掲載された研究結果で示された。タイのソンクラーナカリン大学(Prince of Songkla University)小児科のカ....
> 続きを読む

 

2013-12-23
一般的な抗生物質がドライアイに効く可能性(マサチューセッツ・アイ&イヤーより) - マイボーム腺機能不全(MGD)はドライアイ(眼乾燥)の主な原因であり、数千万のアメリカ人に発症がみられる。しかし、FDAに認可されたマイボーム腺機能不全の治療薬は存在しない。一つの治療薬候補が、スケペンス眼研究所....
> 続きを読む

 

2013-12-19
減量を助けてくれるメラトニン(ハッフィングトン・ポストより) - 12月も半ば、世間はホリデーシーズンの真っただ中です。そう、この時期は休日にパーティーがあり、あまりヘルシーとはいえないごちそうを食べて乾杯を何度もするので太りやすくなります。シーズン中に太らないように....
> 続きを読む

 

2013-12-19
アスピリンが「怒り症候群」との闘いに役立つかもしれない(英テレグラフ紙より) - 研究によると、複数の抗炎症薬が、通常十代後半に始まり「攻撃的衝動に抵抗できないこと」と定義されている症状である間欠性爆発性障害の抑制に役立つかもしれない。あなたが短気なら、アスピリンを服用するだけで激....
> 続きを読む

 

2013-12-17
ルンブロキナーゼ(About.comより) - ルンブロキナーゼは、ミミズの1種であるルンブルクスルベルス由来の酵素である。栄養補助食品の形で販売され、線維素溶解酵素(血栓の分解を促進する成分)として分類されている。ルンブロキナーゼで補うと、より良....
> 続きを読む

 

2013-12-16
抗がん剤が認知力を増強(ヴァンダービルト大学ニュースより) - 乳癌治療および予防に使用される薬として一般に知られているタモキシフェンが、閉経後の女性の認知能力を向上させることを、ヴァンダービルト(Vanderbilt)大学の研究者らが発見した。精神医学教授ポール・ニューハウス(Paul ....
> 続きを読む

 

2013-12-16
抗がん剤が認知力を増強(ヴァンダービルト大学ニュースより) - 乳癌治療および予防に使用される薬として一般に知られているタモキシフェンが、閉経後の女性の認知能力を向上させることを、ヴァンダービルト(Vanderbilt)大学の研究者らが発見した。精神医学教授ポール・ニューハウス(Paul ....
> 続きを読む

 

2013-12-16
進行性非小細胞肺がんに対するエルロチニブ「発疹発現用量」戦略は有効(ニュース・メディカルより) - 進行性非小細胞肺がん(NSCLC)の患者に対し1次治療としてエルロチニブを使用した場合の全生存期間は、化学療法を施行した場合と同程度である。「オールカマー(患者から参加の同意を得ており、選択基準を設けない)」 ....
> 続きを読む

 

2013-12-15
夜更かしの習慣をメラトニンで直す(フィリピンスター紙より) - 患者さんの睡眠リズムが世間一般とずれているのなら、メラトニンと光療法が役に立ちます。イリノイ州エバンストン・ノースウェスタン大学睡眠・概日生物学センター(Northwestern University Center for Sleep and Circadian Biology)のアソシエイト・ディレクター....
> 続きを読む

 

2013-12-15
オキシトシンは精神障害の治療に有用か?(YottaFireより) - 自閉症と統合失調症の治療薬としてこのホルモン(オキシトシン)が有用であるという科学的根拠が示されていることを、精神医学誌ハーバード・レビュー・オブ・サイカイアトリ(Harvard Review of Psychiatry)が報じた。ペンシルベニア州フィ....
> 続きを読む

 

2013-12-14
2型糖尿病における認知症に対する防御能をメトホルミンが付与する可能性(糖尿病ヘルスより) - 糖尿病治療薬メトホルミンは、血糖値のコントロールに役立つのみならず、糖尿病患者に多い健康リスクの一つである認知症リスクを低下させる可能性もある。糖尿病症状をコントロールするためにスルホニル尿素を服用し....
> 続きを読む

 

2013-12-14
2型糖尿病における認知症に対する防御能をメトホルミンが付与する可能性(糖尿病ヘルスより) - 糖尿病治療薬メトホルミンは、血糖値のコントロールに役立つのみならず、糖尿病患者に多い健康リスクの一つである認知症リスクを低下させる可能性もある。糖尿病症状をコントロールするためにスルホニル尿素を服用し....
> 続きを読む

 

2013-12-13
ビクトーザ(Victoza)糖尿病治療薬がアルツハイマーに対する治療の鍵を握る可能性(Diabetes.co.ukより) - 新たな研究の目的は、糖尿病治療薬リラグルチドが初期のアルツハイマー病患者の記憶を改善させるのかどうかを検討することにある。本研究プロジェクトは、アルツハイマー病協会慈善団体から一部の財政的援助を受けて....
> 続きを読む

 

2013-12-13
オキシトシンという「愛情ホルモン」が自閉症にも役立つ可能性(ナショナル・ジオグラフィックより) - 新たな研究でオキシトシンが自閉症の子供に有益となる可能性が示唆された。しかし、広く利用できる準備は整っているのだろうか。「愛情ホルモン」と名の付くものはどれも、よく吟味し、多少懐疑的な見方をする必要が....
> 続きを読む

 

2013-12-13
イエメンのプラジカンテル治療キャンペーン、住血吸虫症に対し良好な結果を示す(グローバル・ディスパッチより) - 木曜日に発表された世界保健機関のニュース・リリースによると、イエメンで行われているビルハルツ住血吸虫症対策キャンペーンは、3年間でこの慢性寄生虫症の感染症が半分以下に減少するという非常に良好な結果を示....
> 続きを読む

 

2013-12-13
オキシトシンという「愛情ホルモン」が自閉症にも役立つ可能性(ナショナル・ジオグラフィックより) - 新たな研究でオキシトシンが自閉症の子供に有益となる可能性が示唆された。しかし、広く利用できる準備は整っているのだろうか。「愛情ホルモン」と名の付くものはどれも、よく吟味し、多少懐疑的な見方をする必要が....
> 続きを読む

 

2013-12-10
降圧薬アムロジピンが脳血管性認知症の初の治療薬になるかも(ブリストル大学ニュースより) - 2つの主要な慈善団体によると、1日4ペンスで済むアムロジピンがあと10年のうちに脳血管性認知症の初の治療薬になるかもしれない。認知症の中でも、アルツハイマー型に次いで多いのが脳血管性認知症だ。アムロジピ....
> 続きを読む

 

2013-12-09
重症度の低い小児肺炎に対する狭域抗生物質の効果は「広域」と変わらない(メディカル・イクスプレスより) - 肺炎で入院し、抗生物質による治療を受けた子どもの転帰を調べたところ、「広域」抗生物質(セフトリアキソンまたはセフォタキシム)と狭域抗生物質(アンピシリンまたはペニシリン)のどちらを使用しても、入院日数....
> 続きを読む

 

2013-12-09
新たに診断された多発性骨髄腫の標準治療候補としてのレナリドマイド持続投与(OncLive.comより) - 移植術非適応の新たに診断された多発性骨髄腫患者において、持続的Rd(持続的レナリドマイドと低用量デキサメタゾン)の併用は、MPT(メルファラン、プレドニゾン、サリドマイド)による標準的併用と比較して、無増悪生存....
> 続きを読む

 

2013-12-05
ED(勃起不全)治療薬の経膣投与が生理痛を軽減(ペンシルヴァニア州立大学ニュースより) - ペンシルベニア大学医学部(Pennsylvania State College of Medicine)のリチャード・レグロ(Richard Legro)氏が主導する研究チームによれば、中等度から重度の生理痛に悩む女性は、勃起不全(ED)治療薬の一種により緩和効果を得られる可能性がある。女性における骨....
> 続きを読む

 

2013-12-01
アスピリンは認知症の歯止めにも有用か(ニュース・トラック・インディアより) - アスピリンは心発作および脳卒中の予防に役立つことで一般に知られているが、研究者らは昨今、ごくシンプルなアスピリンが認知症および癌を撃退する鍵を握っているのではないかと考えている。こうした主張は、長らく....
> 続きを読む

 

2013-11-29
セラペプターゼは乳房嚢胞の除去に有効(SBワイヤより) - 乳房嚢胞とは、乳房内にみられる液体を含んだ嚢のことである。癌ではなく良性なのが救いだが、乳房嚢胞の数は増えていく。乳房嚢胞が描出されると輪郭の明瞭な円形または卵形の塊のように見える。手触りはブドウの房....
> 続きを読む

 

2013-11-29
糖尿病薬のメトホルミンが、化学療法と放射線療法との併用で肺がん患者の予後を改善する可能性(ザ・アルマゲストより) - 糖尿病治療薬メトホルミンによる放射線療法と化学療法とを併用しての悪性肺がんの治療が腫瘍の増殖および再発を遅らせる可能性があることが、第15回肺世界肺癌学会 (World Conference on Lung Cancer)での口演で発表されたペンシルバニア大学....
> 続きを読む

 

2013-11-26
研究:オセルタミビル―有益という証拠が増えているのに使用は減少傾向(CIDRAPより) - インフルエンザの患者にタミフル(オセルタミビル)などの抗インフルエンザ薬を使用する際の推奨は、発症から48時間以内の治療開始が標準である。しかし、バングラデシュの子どもらを対象に行った新しい試験で、症状....
> 続きを読む

 

2013-11-25
オキシトシンは一夫一婦制につながる:パートナーを見るとホルモンが脳の報酬系を刺激する(メディカル・エキスプレスより) - 愛し合っている人たちの絆はどうやって維持されているのだろうか?ボン大学医療センター(Bonn University Medical Center)の科学者らが発見した生物学的メカニズムは、愛し合っているカップルの間に働く引き付ける力を説明できる可能性がある....
> 続きを読む

 

2013-11-22
新たに進行期甲状腺癌への適応でソラフェニブの認可拡大(オンコロジー・レポートより) - ソラフェニブの認可適応疾患に、進行期の甲状腺分化癌が追加されたことを、米国食品医薬品局(FDA)が11月22日に発表した。処方情報によれば、このキナーゼ阻害剤(ソラフェニブ)は、放射性ヨード治療に効果を示さない局....
> 続きを読む

 

2013-11-21
初期のアルツハイマー病における運転能力障害を遅らせるのにメマンチンが有用(精神科ニュースより) - メマンチン20mg/日を1年間投与したアルツハイマー病患者は、プラセボ投与患者と比較して、運転能力が維持または改善されたことが、小規模な予備試験で示された。アナ・リーザ・カーチス(Anna Lisa Curtis)氏は、メマンチンは中等度....
> 続きを読む

 

2013-11-21
糖尿病治療薬が癌に有効(デジタル・ジャーナルより) - 長年用いられている糖尿病治療薬メトホルミンが、さまざまな種類の癌(子宮、肝臓、膵臓、大腸、肺、卵巣、乳房)に対し改善作用のあることが明らかとなった。メトホルミンは、患者の血糖値を下げることで2型糖尿病....
> 続きを読む

 

2013-11-20
糖尿病治療薬は雄マウスで延命効果がある一方、雌では効果が弱い(UofMヘルスより) - メイン州にあるミシガン大学(University of Michigan)ジャクソン研究所(Jackson Laboratory)と、テキサス大学医療科学センター(University of Texas Health Sciences Center)が主導する研究により、2型糖尿病の治療に多く用いられる薬剤が、雄マウスの生存期間中央値を22%延長させること....
> 続きを読む

 

2013-11-16
PCI(経皮的冠動脈インターベンション)時の腎障害をスタチンが回避する可能性(メッドペイジ・トゥデイより) - 経皮的冠動脈インターベンション(PCI)施行前のアトルバスタチン(リピトール)単回投与で、造影剤による急性腎障害の発生頻度が4分の1に減ったことを、イタリアの研究者らが報告した急性腎障害の所見は、アトルバスタ....
> 続きを読む

 

2013-11-16
ヒドロコルチゾンが両側膝置換患者を守る(ニュース・メディカルより) - コルチコステロイドの反復投与は、両側人工膝関節置換術(TKA)を受けた患者を、発熱、疼痛、急性呼吸窮迫などの術後の副作用から守る可能性があることを、研究が示唆している。無作為化プラセボ対照試験の結果、手術....
> 続きを読む

 

2013-11-15
肺と心臓の末端器官虚血/再灌流傷害に対するヘパリンの予防効果(7thスペースより) - 虚血/再灌流(I/R)傷害は、心血管系に有害であり、炎症反応および多臓器機能不全の原因である。本研究では、全身炎症反応を誘発する活性凝固時間レベルの大動脈遮断に対する影響と、その肺や心臓への影響を調べた。方法....
> 続きを読む

 

2013-11-15
疥癬治療「アタマジラミに有効」(パルス・トゥデイより) - イベルメクチン外用薬は、塗布後24時間で患者のアタマジラミ寄生虫を駆除することが、新たな研究で結論付けられている。イベルメクチン使用開始から1日後、孵化したシラミがなくなっていた患者は94.9%で、対照薬使用(31.3%....
> 続きを読む

 

2013-11-15
低用量でも効果のある抗マラリア薬(メディカル・ニュース・トゥデイより) - 新しい研究で、プリマキンという薬が、低用量でもマラリア伝染を防止するのに標準用量と同じ効果があることが発見された。プリマキンは、マラリア原虫の感染ステージである生殖母体を標的とし、マラリア撲滅に重要な....
> 続きを読む

 

2013-11-12
一部の胃腸管間質腫瘍患者にイマチニブ投与再開が有益となる可能性(キュア・トゥデイより) - 一部の消化管間質腫瘍患者は、イマチニブとスニチニブ治療から効果を得られなくても、後にイマチニブ投与を再開することで有益性を得られることが、RIGHT試験の結果で示された。韓国ソウルの牙山医療センター(Asan Medical Center)と蔚....
> 続きを読む

 

2013-11-12
新ガイドラインはもっと多くの人へのスタチン適用を推奨(サンタフェ・ニューメキシカンより) - 米国で、心臓発作や脳卒中を予防するための新ガイドラインが10年ぶりに発表された。このガイドラインでは、コレステロール低下薬スタチンの服用を考慮すべき人の数は、これまでの2倍(全成人の3分の1)となる。米....
> 続きを読む

 

2013-11-11
研究:抗てんかん薬でアルコール依存症を治療(CBSサクラメントより) - スクリプス研究所(Scripps Research Institute)の科学者らが行った新しい研究によると、普段はてんかんや神経因性疼痛の治療に使われている薬を、アルコール依存症の治療にも安全に使用できるという。「ガバペンチンは医師にとって新し....
> 続きを読む

 

2013-11-10
小児アデノイド口蓋扁桃摘出術後の鎮痛薬としての経口セレコキシブ(ペイン・メディスン・ニュースより) - 小児手術後の鎮痛薬としてセレコキシブの評価を行う初めての研究が実施され、本剤がアデノイド口蓋扁桃摘出術後に効果的な除痛作用をもたらすことが、カナダの研究者らによって明らかにされた。オンタリオ州オタワの....
> 続きを読む

 

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト....
> 続きを読む

 

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト....
> 続きを読む

 

2013-11-01
バルプロエートがどうやって発作の進行を阻止するか(DDDマガジンより) - バルプロエートが最初に発見された50年後、ニューロバイオロジー・オブ・ディジーズ(Neurobiology of Disease)誌で今日発表された研究は、この薬がどう機能して発作の進行を阻止するかを報告している。バルプロエート(エピリム(Epilim)、....
> 続きを読む

 

2013-10-29
線維筋痛症患者の不安や痛みが低用量ナルトレキソンで減少(MPRより) - 2013 ACR/ARHP年次総会で発表された前向き非盲検試験の結果によると、低用量ナルトレキソンは線維筋痛症患者に有効であり、忍容性も非常に良好で安価な治療となる可能性がある。線維筋痛症は、中枢作用性の前炎症性サイトカイ....
> 続きを読む

 

2013-10-25
線維筋痛症治療薬サベラが片頭痛の予防にも役立つ可能性(プロヘルスより) - 片頭痛は有病率の高い反復性および慢性の神経障害であり、偏頭痛以外は健常な男女において、生殖可能年齢期の大半で影響を及ぼす。線維筋痛症治療薬ミルナシプランは、片頭痛患者の頭痛発生率を減少させることが、臨....
> 続きを読む

 

2013-10-23
リナグリプチン ? 1日1剤のみで糖尿病をコントロール!(ヘルス・インディアより) - 糖尿病のコントロールに、複数の薬剤を服用しなくてはならないことに、うんざりしていませんか? リナグリプチン(linagliptin)という錠剤がこうした悩みを解決してくれるかもしれません。この新世代の薬剤は、体重増加の回避に有....
> 続きを読む

 

2013-10-20
葉酸欠乏症は玄孫の健康に影響を及ぼす可能性がある(ヴァーチャルメディカルセンターより) - 葉酸欠乏症は、子に二分脊椎、心臓欠陥、胎盤異常など深刻な健康問題を引き起こす可能性がある。本日発表された研究で、葉酸の代謝に必要な遺伝子の変異が、次の世代の子に影響を及ぼすだけでなく、次の数世代の健康....
> 続きを読む

 

2013-10-19
ビンポセチンは脳への血流を改善(ニュース・ウィズ・ビューズより) - ニチニチソウ植物由来ビンポセチンは優れた記憶改善剤として定評がある。主な作用機序は、脳全体の血流を増加させ、神経を損傷から守ることにある。ビンポセチンが血管疾患を有する人への一助となるよう世界中で使用 ....
> 続きを読む

 

2013-10-18
プレガバリンはうつ病を併発している線維筋痛症患者の痛みも有意に改善(ニュースワイズより) - 米国リウマチ学会年次総会(American College of Rheumatology Annual Meeting)(開催地サンディエゴ)にて10月29日発表の研究によると、プレガバリン(「リリカ・カプセルCV」)は、うつ病治療を行っている線維筋痛症患者の痛みも有意に改善するという....
> 続きを読む

 

2013-10-17
スタチンが手術に起因する記憶障害を防止すると発見される(アルツハイマー協会より) - 一般に処方されているスタチンであるアトルバスタチンが、マウスにおいて、術後に起こる脳内の炎症を軽減することが見出された。この炎症は、術後の記憶低下やアルツハイマー病につながることがある。ロンドン大学イ....
> 続きを読む

 

2013-10-16
トラマドールとは何であるか?(ライブサイエンスより) - トラマドールとは、オピオイド鎮痛薬として知られているタイプの鎮痛剤で(ウルトラム(Ultram)、ダロマドール(Dromadol)、ラリビア(Ralivia)、その他いくつかの製品名で販売)、モルヒネ、コデイン、ヒドロコドンなどのアヘン剤と化学的に....
> 続きを読む

 

2013-10-15
前立腺がんと闘う「脱毛症治療薬」(メンズジャーナルより) - がんの中でも米国男性に最も多いのが前立腺がんであり、6人中1人が一生に一度は前立腺がんの診断を受けます。ところで、一般的な脱毛症治療薬が低悪性度・低侵攻性の前立腺がんリスクを43パーセント下げることを、....
> 続きを読む

 

2013-10-15
プレガバリンが心臓手術後の持続痛を軽減(ヘアリオより) - アメリカ麻酔学会(American Society of Anesthesiologists)の年次総会で発表された研究データによると、手術前後にプレガバリンを投与された患者において、心臓手術後の慢性疼痛の発生率が減少した。無作為化二重盲検試験には、選択的心臓手術が....
> 続きを読む

 

2013-10-14
プレガバリン剤は心臓手術後の慢性痛発生率を減少させるのに有用(ニュース・メディカルより) - 2013年麻酔科学会(ANESTHESIOLOGY)の年次総会で発表された研究によれば、プレガバリン剤を心臓手術前と手術後14日間にわたり使用した場合、手術後の慢性痛発生率が低下するという。また、術後に長期的持続痛を発症するリスクのある患....
> 続きを読む

 

2013-10-11
大腸癌におけるアスピリンの有益性はHLAクラスI発現に関連(へアリオより) - 欧州がん学会(European Cancer Congress)で発表された研究結果によれば、定期的なアスピリン使用が、ヒト白血球抗原(HLA)クラスI発現腫瘍細胞を有する大腸癌患者の生存率を2倍に高める。オランダのライデン大学医療センター(Leiden University Medical Center)外科に....
> 続きを読む

 

2013-10-10
部分てんかんの小児へのゾニサミド使用が承認される(てんかんリサーチUKより) - ゾニサミドは斬新な抗てんかん薬(AED)であり、「ゾネグラン」という名で販売されている。このたび小児への使用が承認され、英国でも6歳以上の子どもおよび青少年に部分てんかん治療薬として処方できることになった....
> 続きを読む

 

2013-10-10
マントル細胞リンパ腫に対する単剤レナリドマイドは安全かつ有効(ヘアリオより) - ボルテゾミブ治療後もしくは治療抵抗性となった後、再発または進行が認められたマントル細胞リンパ腫患者において、レナリドマイドは持続的な効果と予測可能な安全性プロファイル(特徴)を持つことが示された。米国....
> 続きを読む

 

2013-10-10
「ニコチンを含まない禁煙補助薬」の使用で自殺リスクは増加しないことが研究で判明(メディカル・エキスプレスより) - ある研究で、「ニコチンを含まない禁煙補助薬」を処方された患者はニコチン置換療法(NRT)利用者と比べ、自殺、自傷行為、うつ病治療のリスクが高まるのか評価したところ、リスクが高まったという証拠はなかったこと....
> 続きを読む

 

2013-10-10
ST上昇型心筋梗塞後のメトプロロール早期投与が梗塞サイズを縮小するとともに左室駆出率を上昇(ヘアリオより) - プライマリーPCI(直接的経皮的冠動脈インターベンション)を受けたKillip分類II以下の前壁ST上昇型心筋梗塞患者において、血流再開前にメトプロロールを早期投与すると、梗塞サイズが縮小し、左室駆出率が上昇した。血流再....
> 続きを読む

 

2013-10-09
救急搬送中のメトプロロール投与が心臓損傷を減少(ヘルス・ニュースラインより) - 病院搬送中の心発作患者に安価なβ(ベータ)遮断薬を投与すると、心臓へのダメージを有意に小さく抑えられることが明らかにされた。スペイン国立カルロスIII循環器研究所 (Centro Nacional de Investigaciones Cardiovasculares Carlos III:CNIC)と、米国マウントサイナイ....
> 続きを読む

 

2013-10-07
美顔パックとしてアスピリンを利用? 傷んだ肌や鱗状の皮膚に対する自己治療として手頃な鎮痛剤を用いる方法(デイリー・メールより) - アスピリンは頭痛の治療に用いられるのが一般的だが、ニキビにも素晴らしい効果があるとみられる。化粧品関連ウェブサイト「XOVain」に寄稿したベス・ノッティンガム(Beth Nottingham)という女性によれば、99セント(約100円前後)とい....
> 続きを読む

 

2013-10-07
肌や体の調子を整えてくれるアロエベラ(chiroeco.comより) - アロエベラには治癒効果や若返り効果があるとされています。この昔からある多肉植物は構成成分の99%ほどが水ですが、栄養が豊富で、多くの有機化合物・代謝を触媒する酵素・タンパク質・ビタミンを含みます。そのエキ....
> 続きを読む

 

2013-10-07
認知機能の薬が脳腫瘍患者に有益なことが判明(メディカル・エクスプレスより) - 全脳放射線療法(WBRT)は成人の脳腫瘍の治療における有益な治療・生存手段であることが判明しているが、長期的な脳機能・能力に対するWBRTの効果は大きく懸念されている。このため、エモリー大学のネル・ホジソン・ウッ....
> 続きを読む

 

2013-10-04
扁桃摘出の術後鎮痛には処方薬よりOTCイブプロフェンが適切(ナショナル・ペイン・リポートより) - 新しい研究によると、扁桃摘出術後の患者の疼痛緩和において、あるOTC鎮痛薬は処方薬による2種の併用療法より安全であり、効果も同程度であるという。ヘンリー・フォード病院(Henry Ford Hospital)(デトロイト)の研究者らが小....
> 続きを読む

 

2013-10-03
大腸癌におけるアスピリンの有益性を見出す手がかり(エブリデイ・ヘルスより) - 腫瘍検体1,000検体を分析したところ、アスピリンによる大腸癌の延命効果は同剤の持つ抗血小板作用と相関するが、一般的な腫瘍の変異や癌の病因・病理に関連する酵素には関連しないことが示された。ヒト白血球抗原(HLA)クラ....
> 続きを読む

 

2013-10-02
葉酸欠乏の影響は何世代も後にまで及ぶ(ニュー・サイエンティストより) - 親が食事から葉酸を十分に摂取できているかどうかで、その子どもだけでなく後の世代の健康が左右されるかもしれません。これはマウスを使った研究で、葉酸欠乏が引き金となり子や孫マウスに異常が起きたという結果か....
> 続きを読む

 

2013-10-01
5年以上のタモキシフェン服用はすべてのER陽性乳がん女性に有益なことを研究で確認(メディカル・エキスプレスより) - タモキシフェンを推奨の5年に加えてさらに5年間服用することは、リンパ腺への転移がない乳がん(リンパ節転移陰性乳がん)だけでなく、手術時にリンパ節転移が判明した乳がんの女性にも有益であるという。欧州がん....
> 続きを読む

 

2013-10-01
イソトレチノイン継続時間が顔面浮腫を有する座瘡に大変革をもたらす(皮膚&アレルギー・ニュースより) - ティモシー・G・バーガー(Timothy G. Berger)博士の顔面浮腫を有する座瘡の患者はいずれも、経口イソトレチノイン治療に反応していなかったので、ほとんどの臨床医が酒さの後期合併症とみなしていたモルビアン病患者5人のう....
> 続きを読む

 

2013-10-01
安価な薬剤(約3ドル未満)が心発作によるダメージを最小限に抑える可能性(サイエンス・コーデックスより) - 米国循環器病専門誌「サーキュレーション(Circulation)」10月1日号に掲載された臨床試験の結果によれば、病院搬送中の心発作患者にメトプロロールという安価なβ遮断薬を用いた早期治療を施した場合、心筋梗塞時の心臓へのダメ....
> 続きを読む

 

2013-09-27
スタチンを用いたコレステロールの抑制にはエゼトロルの追加が有用(サン・スターより) - 医学部や健康科学部の学生にはHMG-CoA還元酵素阻害薬という名称で知られるコレステロール産生に重要な酵素を阻害する薬「スタチン」を含有した多数のコレステロール低下薬が存在しているにもかかわらず、急性心発作・脳卒....
> 続きを読む

 

2013-09-26
イブプロフェンが関節炎患者のうつ病を緩和する可能性(ボルチモア・サン紙より) - 痛みを伴う軟骨疾患を有する人は、一般的な鎮痛剤を服用すると、うつ症状にも若干効果を得られる可能性のあることが、新たな研究で示唆された。うつ病は変形性関節症患者で2倍以上多くみられ、手、腰、膝などの関節 ....
> 続きを読む

 

2013-09-25
メラトニンは「ベージュ脂肪」(カロリーを蓄積せずに消費する脂肪細胞)の出現を促進するため体重増加の抑制に役立つことを研究が示唆(サイエンス・デイリーより) - 脂肪細胞には、カロリーを蓄積せず体内で消費させる「ベージュ脂肪」というタイプがある。その出現をメラトニンが促進するため、メラトニン摂取は体重増加の抑制に役立つことをスペインの科学者らが発見した。白色脂....
> 続きを読む

 

2013-09-23
オキシトシンが精神疾患の治療に役立つかもしれない(ビジネス・スタンダードより) - 新しい調査によると、「ラブホルモン」であるオキシトシンは自閉症や統合失調症などの精神疾患の治療に役立つ可能性がある。 科学者らは、オキシトシンが特定の精神的健康疾患、特に社会的機能障害に関わる疾患に対す....
> 続きを読む

 

2013-09-23
性腺機能低下症の肥満男性に対する長期のテストステロンは有益(腎臓&泌尿器学ニュースより) - 第33回国際泌尿器科学会総会(33rd Congress of the Societe Internationale d'Urologie)で発表された研究結果によると、性腺機能低下症の肥満男性が長期にわたりテストステロン注射を受けたところ、体重およびウエスト周囲径が徐々に減少したという。この効 ....
> 続きを読む

 

2013-09-23
イブプロフェンがなぜ癌増殖を食い止めるかもしれないか(メディカル・エクスプレスより) - 本学の薬学&薬理学部の科学者らによる最新の研究は、なぜ抗炎症薬であるイブプロフェンが特定の癌の増殖を食い止める可能性があるのかを示している。イブプロフェンはNSAIDとして知られている薬物群の1つで、パラセタ....
> 続きを読む

 

2013-09-22
プロポフォールの発見が新しい麻酔薬の開発に役立つかもしれない(PHYS.ORGより) - セントルイス(St. Louis)のワシントン大学医学部(Washington University School of Medicine)およびインペリアル・カレッジ・ロンドン(Imperial College London)の研究者らは、広く使われている麻酔薬であるプロポフォールが、手術中に患者を鎮静させるために脳内の ....
> 続きを読む

 

2013-09-22
新規診断の部分てんかんに対するゾニサミド使用は問題なし(メドページ・トゥデイより) - ゾニサミド(ゾネグラン)は成人における部分てんかん発作の長期単独療法として有効であり、カルバマゼピンに対し非劣性を示したと、研究者らが報告した。フランス、パリにあるピティエ‐サルペートリエール病院(Hopital ....
> 続きを読む

 

2013-09-19
オーリスタットはウエストのサイズダウンに有用(メドページ・トゥデイより) - 過体重および肥満の人をオーリスタット(ゼニカル、アライまたはアリ)で治療すると、プラセボや標準ケアと比べウエスト周囲径が大幅に減少することがメタアナリシスで判明した。英国レスター大学(University of Leicester)のローラ....
> 続きを読む

 

2013-09-18
パラセタモールが暑さの中での運動耐容能を改善(メディカル・エキスプレスより) - パラセタモールは暑さの中で運動した際の熱的課題に耐えられる運動能力および身体能力に顕著な効果を与えるという研究報告が、実験生理学雑誌(Experimental Physiology)9月20日号に掲載された。これまで研究チームによって、パラセタモール....
> 続きを読む

 

2013-09-18
ケトコナゾールが急性尿閉の管理に役割を担う可能性(腎臓&泌尿器学ニュースより) - 良性の前立腺閉塞に起因する急性尿閉(AUR)患者において、TWOC(カテーテル抜去後に自然排尿がスムーズにできるかの試験期間)成功を向上させるには、タムスロシンとケトコナゾールの併用投与が安全な治療法となることが、....
> 続きを読む

 

2013-09-16
デキサメタゾンがアトピー病歴のある細気管支炎の乳児の転帰を改善(ファミリープラクティス・ニュースより) - デキサメタゾンによる5日間のコースは、アトピー性皮膚炎歴があったり、喘息を患う近親者がいる細気管支炎の乳児の入院期間を大幅に短縮した。ハーリド・アランサリ(Khalid Alansari)博士とその同僚らによると、無作為化プラ....
> 続きを読む

 

2013-09-12
オキシトシン:自閉症の人に「ラブホルモン」が有用?(デコーデッド・サイエンスより) - オキシトシンはとても強力なホルモンです。このホルモンは多くの社会的行動・親としての行動・ストレス関連行動において重要な神経伝達物質であり、セックス、出産、母体ケア、社会的認知、きずな形成の際に濃度が高....
> 続きを読む

 

2013-09-12
メラトニンには安眠以上の効果も(ハッフィングトン・ポストより) - メラトニンには睡眠を促し老化を遅らせる強力な力があり、多くの医師がアンチエイジングの必需品とし、スザンヌ・サマーズ(Suzanne Somers)のような有名人がもてはやしていますが、これには理由があります。メラトニンは熟睡....
> 続きを読む

 

2013-09-12
糖尿病治療薬がアルツハイマー病を改善(Zニュースより) - 一般に処方される糖尿病治療薬が、脳内に蓄積されたアルツハイマー病に関連するプラーク(老人斑)や記憶障害を改善させることを、研究者らが明らかにした。本研究はランカスター大学(Lancaster University)クリス・ホルスカー(Christian Holscher )教....
> 続きを読む

 

2013-09-12
バレニクリンがうつ病の喫煙者の禁煙を手助けする(UCサンディエゴより) - 禁煙治療を求める喫煙者の約半数には、うつ病歴がある。うつ状態でない喫煙者と比べて、大うつ病性障害(MDD)患者は禁煙が困難である。ファイザー(Pfizer)は、現在うつ病または既往歴のある喫煙者の気分や不安のレベル....
> 続きを読む

 

2013-09-11
急性虚血性脳卒中におけるアトルバスタチンの抗炎症・抗血栓効果(PHYS.ORGより) - 中国北東部の人口は、虚血性脳卒中の発生率が高い。先行研究において、頭蓋内の太い動脈のアテローム硬化が虚血性脳卒中の主要原因の1つであること、その機序に罹患動脈の炎症および血栓形成が関係することが明らか....
> 続きを読む

 

2013-09-11
睡眠時無呼吸に抗てんかん薬が有望(メドページ・トゥデイより) - 抗てんかん薬ゾニサミド(ゾネグラン)が過体重・肥満の成人における閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)をある程度緩和したことを、パイロット試験が示した。スウェーデン・ヨーテボリ大学(University of Gothenburg)のヤン・ヘドナーMD(Jan Hedner, ....
> 続きを読む

 

2013-09-11
糖尿病治療薬が後期段階のアルツハイマー病における脳損傷を改善させる可能性(ミラーより) - インスリン産生を促進するのに用いるリラグルチドがアルツハイマー病患者の記憶障害を軽減させる可能性のあることが、ランカスター大学(Lancaster University)の研究で判明。糖尿病患者によって一般的に用いられる薬剤が、記憶障害を改....
> 続きを読む

 

2013-09-10
分子メカニズム:オキシトシンが脳のシグナル伝達を増強する(SFARIより) - 『ネイチャー(Nature)』に8月4日に発表された研究によると、オキシトシンは脳のシグナル強度を高めるとともに、背景ノイズを最小限にすることでシグナル伝達を強化するという。ここ数年で複数の研究がにわかに、オキ....
> 続きを読む

 

2013-09-10
試験薬チオトロピウムで中等度の喘息患者における肺機能改善効果と持続的な気管支拡張効果が得られるとの研究データ(マーケット・ウォッチより) - バルセロナで開催される2013年欧州呼吸器学会年次総会で、第3相試験UniTinA-asthmaプログラムから得られた新規データの統合解析が、ベーリンガーインゲルハイム(Boehringer Ingelheim) 製薬会社によって発表される予定である。この統合データは、MezzoTinA-asthma試....
> 続きを読む

 

2013-09-05
オキシトシン経鼻吸入が相貌失認を改善(サイエンス・デイリーより) - ホルモン剤オキシトシンを吸入すると、相貌失認(失顔症)が一時的に改善する可能性がある。この研究結果は、ボーンマス大学(Bournemouth University)顔認識障害センター(Centre for Face Processing Disorders)のセーラ・ベイト(Sarah Bate)氏とレイチェル・ベンネット(Rachel Bennetts)氏....
> 続きを読む

 

2013-09-05
糖尿病処方薬で心発作リスクは上昇せず(デイリーRxより) - 糖尿病治療薬サクサグリプチン(saxagliptin)は心発作リスクを上昇させないと考えられるものの、心不全患者はその危険性を通告された。サクサグリプチンは糖尿病患者の血糖値を抑えるのに役立つ薬である。本剤は心発作リスクを上....
> 続きを読む

 

2013-09-04
コルヒチンは心膜炎の第一選択薬になるかも(メドページ・トゥデイより) - 抗炎症作用を持つコルヒチンの適応が、急性心膜炎の治療および再発予防にまで拡大される可能性を無作為化試験が示唆している。イタリア・トリノにあるヴィットリア病院(Vittoria Hospital)のマッシモ・イマジオMD(Massimo Imazio, MD)と共....
> 続きを読む

 

2013-09-04
乳がんの薬が400人以上の女性の命を救うことを研究が示す(ザ・ガーディアンより) - タモキシフェンは毎年13,000人の女性に処方される - しかし、深刻な副作用ため多くの患者がコースを終えることがない。研究によると、時に深刻な副作用はあるものの、この最もよく使われる乳がんの薬のフルコースを受ければ....
> 続きを読む

 

2013-09-03
手根管症候群におけるステロイド注射は症状の重症度を軽減(2ミニット・メディスンより) - 研究の概要:手根管症候群(CTS)はよくみられる病態であり、最初に保存療法(手首の固定)を試みた患者のほとんどが、最終的には手術を必要とする。CTSの手術は一般に良好な転帰にもかかわらず、リスクがないわけでは....
> 続きを読む

 

2013-09-03
長期的アスピリン使用が女性の大腸癌を減少させる可能性(ヘアリオより) - 米国内科学会誌(Annals of Internal Medicine)に掲載された研究結果によれば、低用量アスピリンの隔日使用が10年後の女性大腸癌リスクを低下させるという。乳癌または肺癌にリスク低下は認められなかった。先行研究ではアスピリンの連日使....
> 続きを読む

 

2013-09-02
花粉症患者における数多くの薬剤選択肢(デイリー・ヘラルドより) - 質問:今年、初めて季節性アレルギーに罹患しました。アレルギーの季節を乗り越えられるような薬剤を教えてください。回答:花粉症は、くしゃみ、鼻のかゆみ、鼻水、鼻詰まり、赤目、目のかゆみ、流涙、咽頭炎の原因....
> 続きを読む

 

2013-09-02
人生を変えるビタミン:葉酸(onislamより) - いずれは人の親になりたいと思っている人なら、誰だってかわいらしく健康な赤ちゃんを夢見るものです。でも、残念ながらその夢が叶わないこともあります。オースティン(Austin)はとても健康な男の子でした。最初の頃は....
> 続きを読む

 

2013-09-01
欧州心臓病学会: 急性心膜炎におけるコルヒチンの有効性(メドページ・トゥデイより) - 主に痛風治療に使用される抗炎症薬コルヒチンは、急性心膜炎の治療とその再発防止に効果的であるとみられることが、欧州心臓病学会で報告された。イタリアのトリノにあるマリア・ヴィクトリア病院(Maria Vittoria Hospital)のマッシモ・....
> 続きを読む

 

2013-08-31
強力なスタチンを高用量で使用すると認知症リスクが低下(臨床内分泌学ニュースより) - 台湾で行われた後向き観察研究によると、アトルバスタチンやロスバスタチンなどの強力スタチンを総等価用量として高用量服用した高齢者は、認知症の発症リスクが3分の1に減少していたという。欧州心臓学会議(European ....
> 続きを読む

 

2013-08-29
乳がんの薬が400人以上の女性の命を救うことを研究が示す(ザ・ガーディアンより) - タモキシフェンは毎年13,000人の女性に処方される - しかし、深刻な副作用ため多くの患者がコースを終えることがない。研究によると、時に深刻な副作用はあるものの、この最もよく使われる乳がんの薬のフルコースを受ければ....
> 続きを読む

 

2013-07-27
葉酸(ビタミンBの一種)が加齢に伴う視力低下リスクを低減(ニュースFIXより) - 新たな研究によれば、女性の加齢黄斑変性リスクを低減させるには、複数のビタミンサプリメントの服用が役立つという。これは加齢に伴う視力の衰えを予防するのに役立つシンプルな方法であることを確証しうるものである。....
> 続きを読む

 

2013-07-02
ミルナシプラン/プレガバリンが線維筋痛症患者を効果的に治療(ヘアリオより) - 研究結果によると、プレガバリン治療にミルナシプランを追加すると、プレガバリン単独では不完全著効であった線維筋痛症患者の間で症状が改善した。多施設共同非盲検試験で、研究者らは、プレガバリンを300 mg /日また....
> 続きを読む

 

2013-07-02
降圧薬ARBも片頭痛の予防に有用(ザ・アルマゲストより) - 片頭痛発作の予防には、降圧薬(β遮断薬、カルシウム拮抗薬、ACE阻害薬)や抗てんかん薬などが使われています。さて今回は、違うタイプの降圧薬であるアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)カンデサルタンのニュース....
> 続きを読む

 

2013-07-01
統合失調症に対する新たな治療選択肢を発見(ニュース・メディカルより) - 極めて大量のファモチジン(200mg/日)を投与することにより、血液脳関門に十分な量の薬剤を浸透させられ、脳内ヒスタミン系に影響を与えられることが、ジェスパー・エケルンド(Jesper Ekelund)教授を中心とする研究グループによって明....
> 続きを読む

 

2013-06-19
テストステロンがインスリン感受性を惹起(メドページ・トゥデイより) - ホルモン不足の2型糖尿病男性患者にテストステロンを投与すると、インスリン感受性を改善させられることが、研究者らによって報告された。無作為化対照試験において、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症を伴う2型糖....
> 続きを読む

 

2013-06-19
喘息薬がダウン症候群患者の認知力を高めるかもしれない(カウンセル&ヒールより) - 新しい研究は、喘息薬がダウン症候群患者の認知力を向上させることを示唆している。スタンフォード大学の研究者らは、FDA承認喘息薬であるホルモテロールが、ダウン症候群のマウスモデルにおいて認知機能を改善したこ....
> 続きを読む

 

2013-06-18
1日1錠のアスピリンでがんが予防できる?研究がこの鎮痛剤でDNAの損傷を遅らせることができると示す(メディカル・デイリーより) - アスピリンは特定のタイプのがんの発症リスクを低下させることで知られているが、科学者はその正確なプロセスは分からないままだった。先日、研究者らは、この処方箋なしで購入できる抗炎症薬が、バレット食道と呼ば....
> 続きを読む

 

2013-06-18
アルツハイマー病治療のための合剤で消失したシナプスが再生する可能性(ヘルスラインより) - 10年にわたる研究でアルツハイマー病により脳が障害される仕組みを明らかにした結果、その障害を回復させる新規薬剤が開発されている。その新しい薬はニトロメマンチン(NitroMemantine)と呼ばれており、優れたアルツハイマー病....
> 続きを読む

 

2013-06-18
テストステロンが女性の頭の切れを維持(メドページ・トゥデイより) - 閉経後女性を対象とした無作為化試験で、テストステロンゲルの連日塗布による認知機能改善の可能性が示唆された。オーストラリア・メルボルンにあるモナシュ大学(Monash University)のスーザン・デイビスMBBS, PhD(Susan Davis, MBBS, PhD)による....
> 続きを読む

 

2013-06-18
進行した甲状腺分化癌患者の腫瘍増殖をソラフェニブが阻止(腫瘍学ナース・アドバイザーより) - 腎臓癌と肝癌に対する抗癌剤ソラフェニブ(ネクサバール)は、遠隔転移を有する甲状腺癌の進行までの期間をプラセボの約2倍延ばすことが、無作為化第III相試験(DECISION試験)の結果で明らかにされた。この結果は、イリノイ....
> 続きを読む

 

2013-06-17
化学療法による卵巣卵の死滅を予防(サイエンス・コーデックスより) - 化学療法および放射線治療は卵母細胞と呼ばれる未成熟の卵巣卵を破損または死滅させることから、癌治療を受けた若年女性は受胎能を失うことが多い。今回、ノースウェスタン・メディシン(Northwestern Medicine)の研究者らが、化学療法に....
> 続きを読む

 

2013-06-17
テストステロンは閉経後の女性における言語学習及び記憶を向上させる(e!サイエンス・ニュースより) - 新たな調査で、テストステロンジェルで治療を受けた閉経後の女性は、プラセボで偽治療を受けた女性と比較して、言語学習及び記憶が向上したことが明らかになった。調査結果は月曜日、サンフランシスコで行われた第95....
> 続きを読む

 

2013-06-17
スタチンは1型糖尿病の子どもにも有効(メドページ・トゥデイより) - 1型糖尿病でLDLコレステロール高値の小児および青少年を対象とした小規模な無作為化試験において、スタチン療法は6カ月にわたり有効かつ安全であった。フロリダ州ジャクソンビルにあるヌムール小児クリニック(Nemours Children's Clinic....
> 続きを読む

 

2013-06-17
多嚢胞性卵巣症候群の女性に対するリラグルチドやメトホルミンの体重減少効果は単独投与よりも併用投与のほうが優れる(ヘアリオより) - 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)で肥満の女性に対するリラグルチドとメトホルミンの短期併用投与は、有意な体重減少をもたらしたという。米国内分泌学会議(ENDO 2013)において、リュブリャナ大学医療センター(University Medical Center in Ljubljana)....
> 続きを読む

 

2013-06-17
気管支肺異形成症に対するヒドロコルチゾン:脳発達に影響せず(現代小児科学会誌より) - 気管支肺異形成症を有する早産児にとって朗報である。ヒドロコルチゾン治療は脳発達に有害作用を及ぼさないとみられ、デキサメタゾンのより安全な代替薬となる可能性がある。気管支肺異形成症は慢性肺疾患の一種であ....
> 続きを読む

 

2013-06-17
テストステロン低値の男性における疼痛の改善にテストステロン療法が有用となる可能性(サイエンス・コーデックスより) - オピオイド(麻薬性)鎮痛剤によってテストステロンが減少した男性において、テストステロン治療が痛覚認知の抑制と関連することが、新たな研究で明らかにされた。この結果はサンフランシスコで開催された内分泌学会....
> 続きを読む

 

2013-06-15
アスピリンでスキンケアする方法(フィール・グッド・スタイルより) - 心臓発作や脳卒中のリスクがある人なら、炎症の軽減や血栓形成の予防のためにアスピリン療法を始めるよう、医師に勧められますよね。アスピリンにはこうした命を救う効果だけでなく鎮痛効果もあるため、軽い痛みを和....
> 続きを読む

 

2013-06-15
パーキンソン病に関連する葉酸欠乏症(ニュースFIXより) - 葉酸不足の食餌を与えたマウスはパーキンソン病を発症しやすいことが、新たな研究で示された。パーキンソン病では化学物質ドーパミンを産生する神経細胞が死滅するため、患者に運動障害や、振戦・硬直・こわばり感な....
> 続きを読む

 

2013-06-15
前立腺肥大の男性10人中8人が勃起不全も併発(ユアヘルス・アジアワンより) - 勃起機能を改善させる薬剤が、前立腺肥大に関連する下部尿路症状の治療にも処方可能となった。具体的な適応症状には、頻尿や尿意切迫、尿勢減弱、残尿感、排尿後尿滴下などが挙げられる。タダラフィル(イーライリリ....
> 続きを読む

 

2013-06-14
高齢のCML患者にイマチニブの間欠療法が有望(癌ネットワークより) - ある第II相試験において、慢性骨髄性白血病(CML)の高齢患者に対するイマチニブ治療を代替スケジュールで行ったところ、イマチニブ服用の必要回数を減らす有効な方法となりうることが分かった。イマチニブの1カ月服....
> 続きを読む

 

2013-06-14
男性型脱毛症に対する治療薬フィナステリドが飲酒量を減少させる可能性(レッド・オービットより) - フィナステリドとは男性型脱毛症および前立腺肥大の治療に用いられる合成薬のことである。この2つの疾患に対するフィナステリドの副作用は、性欲低下や勃起不全などの性機能障害の発症率が増加することなどからなり....
> 続きを読む

 

2013-06-14
男性の育毛剤がアルコールへの関心を低下させるかもしれない(カウンセル&ヒールより) - 脱毛抑止剤の使用で一部の男性がアルコールに関心がなくなることが、新しい研究で明らかになった。科学者らは、一部の男性がフィナステリド(プロペシア)という生え際の後退を遅らせる薬を服用すると、服用後、アル....
> 続きを読む

 

2013-06-13
デュロキセチンが高齢者GADに有益だと判明(精神科ニュースより) - 65歳以上の患者に限定した第IV相臨床試験において、デュロキセチンは高齢者の全般性不安障害の治療に安全かつ有効であることが判明した。この研究は、デュロキセチン(シンバルタ)の証拠ベースの主なギャップを埋め....
> 続きを読む

 

2013-06-13
線維筋痛症に対する抗うつ薬ミルタザピンの検討(プロヘルスより) - 編集者のコメント:ミルタザピン(商品名レメロン)とは四環系抗うつ薬のことである。ミルタザピンが作用する仕組みは正確に分かっていないが、特定の脳内化学物質(ノルエピネフリンやセロトニンなど)の活性を高め....
> 続きを読む

 

2013-06-13
鼻スプレー「ラブ・ホルモン」はあなたの結婚生活を救えるか?(abcニュースより) - キューピッドの矢が鼻スプレーという形で飛んでくるかもしれない。これは、オックスフォード大学の研究者らが現在レビューしている研究による考えだが、オキシトシンというホルモンを配合したスプレーが、結婚後いつ....
> 続きを読む

 

2013-06-13
痛風の診断・治療の最新情報(アイリッシュ・メディカル・タイムズより) - ダブリンにある関節炎・リウマチクリニック(Arthritis and Rheumatology Clinic)のリウマチ専門顧問医師、シャヒーフ・アルラキ博士(Dr Shaheef Alraqi)が、痛風の診断・治療・管理の最新技術や、治療が十分でないと起こりうる結果について、おおまか....
> 続きを読む

 

2013-06-13
今日は娘の卒乳日(ハッフィングトン・ポストより) - おととしの夏、最悪なことに発疹を発症してしまいました。顔は『オペラ座の怪人』のようになり、首から足にかけてまだら状に発疹が広がったんです。発疹はどんどんひどくなっていきました。これを使えば発疹が消える....
> 続きを読む

 

2013-06-13
一般薬がより大きな治療につながる可能性がある(ジョプリン・インディペンデントより) - ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins)の研究者らは、一般的に使用される2つの治療薬が、他のもっと重篤な疾患の治療に有益であるかもしれないということを見出し、驚いている。これらの研究者らは、足の爪の真菌を治療する....
> 続きを読む

 

2013-06-12
ニモジピンが熱性痙攣を軽減(ニュース・メディカルより) - 熱性痙攣として知られる発熱による幼児期てんかん発作は、それを目の当たりにする親にとって恐怖の体験となる。この全身痙攣は、主に生後6ヵ月~5歳の小児に起こり、ほんの数秒から最長40分以上持続する。現在では....
> 続きを読む

 

2013-06-12
1日1回の薬剤投与で静脈注射薬物使用者におけるHIVリスクが低下(メドページ・トゥデイより) - テノホビル(ビリアード)を1日1回投与すると、注射薬物使用者におけるHIV感染を予防できることが、研究者らによって報告された。米国疾病対策予防センター(CDC)のマイケル・マーティン(Michael Martin)博士らによれば、バンコクに....
> 続きを読む

 

2013-06-08
糖尿病治療薬がアルツハイマー病に効力のある可能性(エキスプレスより) - 数千人の英国人が服用している糖尿病治療薬が、アルツハイマー病による衰弱作用を阻止するのに役立つ可能性がある。また、ピオグリタゾン(インスリン抵抗性改善薬)は、脊髄損傷を修復するのにも有用であることが、....
> 続きを読む

 

2013-06-07
優れたトマト成分リコピンが「男性の夜間排尿をストップ」(SWNS.comより) - 「不老不死薬」という異名を持つ優れたトマト成分に、男性の夜間排尿を防ぐという新たな健康上の利益が見出された。リコピンは、トマトを赤くする抗酸化物質であり、男性における心血管疾患や脳卒中を予防し、前立腺....
> 続きを読む

 

2013-06-05
ベキサロテン、新しいアルツハイマー遅延薬として期待(Palatinateより) - 抗がん剤であるベキサロテンは、ヒトのアルツハイマー病に関連する複数の遺伝子変異を発現しているマウスにおいて、アルツハイマー病に関連する記憶障害の一部を回復させることが示されている。サイエンス(Science)誌で....
> 続きを読む

 

2013-06-05
カンデサルタンとピオグリタゾン併用の抗炎症作用が証明される(糖尿病イン・コントロール.comより) - アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)カンデサルタンと経口抗糖尿病薬ピオグリタゾンを2型糖尿病患者に使用したところ、血圧とHbA1cが改善しただけでなく血清中の炎症性タンパク質レベルも低下した。『カーディオバスキ....
> 続きを読む

 

2013-06-05
バラシクロビルが双極性障害患者の認知を改善(精神科ニュースより) - 双極性障害で認知障害もみられ、さらに単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)血清陽性の患者を対象とした無作為化二重盲検プラセボ対照臨床試験において、4カ月間の経口抗ウイルス薬バラシクロビルは患者の認知機能を高め....
> 続きを読む

 

2013-06-05
ASCO:スタチンとアスピリンが子宮癌患者の生存率を高める(メドページ・トゥデイより) - 米国臨床腫瘍学会(American Society of Clinical Oncology)の年次総会で発表されたレトロスペクティブ解析の結果によると、β遮断薬の使用ではなくスタチンとアスピリンの使用が、子宮悪性腫瘍患者の全生存率の改善に関連している。多変量解析では....
> 続きを読む

 

2013-06-05
GIST治療におけるイマチニブはアジュバント療法としても治療奏効維持生存を期待できる(腫瘍学ナース・アドバイザーより) - ある群間比較試験の中間結果によると、限局性で外科的に切除した高・中リスク消化管間質腫瘍(GIST)の患者において、アジュバント療法としてのイマチニブは短期の無再発生存率に影響を与えるそうだ。高リスクのサブグ....
> 続きを読む

 

2013-06-05
もっと多くの男性がアスピリン療法のベネフィットを得られるかもしれない(デイリーRxより) - 心臓病予防に1日1錠、小児用アスピリンを服用する話を聞いたことがあるかもしれない。この小さな多目的錠剤は、がんによる死亡を低下させる力も見せている。最近の研究で、毎日のアスピリンの服用が、男性のがんに....
> 続きを読む

 

2013-06-05
科学者ら、レチノイン酸が腸炎を保護する役割を発見(ニュース・メディカルより) - ダブリン大学トリニティカレッジ(Trinity College Dublin)の科学者らは、炎症性腸疾患を引き起こす有害な免疫応答に対するビタミンAの保護作用に関し、新規の発見をした。実験免疫学のキングストン・ミルズ(Kingston Mills)教授が主導する研究は、....
> 続きを読む

 

2013-06-04
スタチンは心臓病患者の腎臓障害を防ぐ(ニュースFIXより) - コレステロールを低下させるスタチンが心臓病患者を腎臓機能悪化から守ることを、臨床試験が示している。我々はすでに、高コレステロールが腎臓病につながったり、心臓病を悪化させうることを知っている。だから、コ....
> 続きを読む

 

2013-06-04
禁煙補助薬がアルコール依存症の治療に有望(メディカル・エキスプレスより) - 国立衛生研究所(National Institutes of Health : NIH)の科学者らが行った研究によると、禁煙補助薬はアルコール依存症の治療選択肢として有望だという。この研究では、禁煙補助薬として2006年に承認されたバレニクリン(商品名「チャンピッ....
> 続きを読む

 

2013-06-04
「肝癌」イコール「死」ではない(hpe.comより) - エドワード・パチャサ(Edward Pachasa)さんは、1980年に腫瘍再発のため左の腎臓を失いました。そのため28年経ってから体の左側に痛みを感じたとき、おかしいと思いました。「左側には何もないのに」。ハイポイント在住の彼は、....
> 続きを読む

 

2013-06-04
アルツハイマー病治療薬が心臓発作リスクの低減に関連(メディカル・エキスプレスより) - スウェーデンの7,000人を超えるアルツハイマー病患者を対象とした大規模研究によると、早期段階のアルツハイマー病を治療するために使用される薬は、心臓発作や死亡リスクの低減に関連している。電子版ヨーロピアン・ハ....
> 続きを読む

 

2013-06-04
カプサイシンが健康に及ぼす効果(ベスト・オブ・ニューオリンズより) - コショウ中の化学物質カプサイシンは、疼痛の軽減や、アレルギーの緩和、心臓の健康促進などの効果をもたらす。チリや、カイエンペッパー、アバネロ、またはハラペニョ(いずれもトウガラシの実)を噛むと灼熱感を伴....
> 続きを読む

 

2013-06-04
スタチンが関節リウマチ治療に役立つ可能性(アルバーニポータルより) - 関節リウマチ症状を緩和するのにスタチン抗炎症作用が役立つ可能性がある。関節リウマチの炎症性特性は、罹患者の心疾患リスクを増加させる。スタチンは心臓病の予防に役立つコレステロール降下薬であるが、新たなア....
> 続きを読む

 

2013-06-03
ソラフェニブ(ネクサバール)が治療抵抗性甲状腺癌の進行を5カ月遅らせる(メディカルニュース・トゥデイより) - ソラフェニブ(ネクサバール)が転移性甲状腺癌の増殖を止められる期間はプラセボの倍近い。イリノイ州シカゴで開催の米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次大会において、ペンシルベニア大学(University of Pennsylvania)のアブラムソンがんセン....
> 続きを読む

 

2013-06-03
レバミピドがドライアイの症状を緩和すると研究結果が示す(オプトメトリー・タイムズより) - 日本の京都府立医科大学眼科学教室の医師である木下茂博士と同僚らによると、2%レバミピド懸濁点眼液は、0.1%ヒアルロン酸ナトリウム液よりもドライアイの治療に効果がある。著者らの報告によると、ドライアイ患者....
> 続きを読む

 

2013-06-03
嚢胞性線維症の若年患者の骨密度がアレンドロン酸で改善(Healioより) - ビスホスホネート剤であるアレンドロン酸は、骨量減少の抑制を適応とする。イタリアの研究者らによると、嚢胞性線維症の患者で、骨量減少に対する別の治療法が奏効しなかった患者において経口アレンドロン酸は骨密度....
> 続きを読む

 

2013-06-03
米国臨床腫瘍学会(ASCO):ソラフェニブに甲状腺癌の延命効果(腫瘍学ナース・アドバイザーより) - 5月31日~6月4日までシカゴで開催された米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会で発表された研究によれば、標準的な放射性ヨード治療に反応を示さない甲状腺癌患者において、ソラフェニブ治療がプラセボよりも生存期間を有意....
> 続きを読む

 

2013-06-02
クエン酸カリウムが骨量減少を抑制(ニュースFIXより) - 腎結石の予防・治療薬が、副次効果として骨密度を増やしてくれる。腎結石の予防や治療でよく使われているのがクエン酸カリウムだ。テキサス大学(University of Texas)の研究者らは、腎結石ができる患者の骨密度にクエン酸カリウ....
> 続きを読む

 

2013-06-02
タモキシフェンは10年使用したほうが乳がん再発を減らせる(ロイターより) - 英国の研究によると、乳がんの治療を終えた女性がタモキシフェンを服用する場合、推奨されている5年ではなく10年服用したほうが再発の可能性は低くなるという。この研究は大規模な国際試験の一角をなすものであり、....
> 続きを読む

 

2013-06-02
抗うつ薬が脳卒中の回復に役立つ可能性(アルバーニポータルより) - 抗うつ薬の単回投与が、脳卒中を克服した生存者における体の動きを改善するのに有用となる。フランス(トゥールーズ市)の研究者らは、脳卒中を発症した患者8人を対象に、抗うつ薬フルオキセチンが運動機能に及ぼす....
> 続きを読む

 

2013-06-01
心疾患に対するアスピリンの抗炎症作用(ニュースFIXより) - アスピリンは、冠動脈の炎症を軽減させることにより、心疾患を予防する可能性がある。本来のアスピリンの用途の1つは、関節炎などの疾患における炎症を治療するためのものであった。さらに、心疾患や脳卒中の予防に....
> 続きを読む

 

2013-05-31
アミトリプチリンが機能性ディスペプシアの症状を緩和(精神科ニュースより) - 「機能性ディスペプシア治療試験(Functional Dyspepsia Treatment Trial : FDTT)」の初期結果によると、機能性ディスペプシア患者の一部においてアミトリプチリンは持続的な症状緩和でプラセボを有意に上回ったが、エスシタロプラムはそうではなか....
> 続きを読む

 

2013-05-31
スタチンはプラークの炎症を抑える(メドページ・トゥデイより) - ある画像研究において、強化スタチン療法がアテローム性プラークの炎症を大幅に軽減することが分かったが、心血管イベントに対するスタチン効果を説明できるのかは分からないという。ボストン、マサチューセッツ総合....
> 続きを読む

 

2013-05-31
セベラマー投与が透析患者の死亡リスクを低下(腎臓・泌尿器学ニュースより) - 血液透析患者に対する炭酸カルシウムではなくセベラマー(高リン血症治療薬)投与によるリン酸塩のコントロールが、心血管系による死亡率および総死亡率(全原因による死亡率)リスクを有意に低下することが、データ....
> 続きを読む

 

2013-05-31
アジスロマイシンが慢性閉塞性肺疾患患者の入院頻度を減少させる可能性(ファーマシー・タイムズより) - アジスロマイシンの連日投与を1年間受けた慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者は、プラセボ投与患者よりも再院率が有意に低かった。アジスロマイシンの長期的治療は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者の通院間隔を延ばすとみられる。この....
> 続きを読む

 

2013-05-31
アセトアミノフェンで恐怖や不安が和らぐ可能性、大学の研究者が報告(バンクーバー・サン紙より) - 一般的なOTC鎮痛薬アセトアミノフェンは頭痛を治すだけにとどまらないようだ。ブリティッシュコロンビア大学(University of British Columbia : UBC)の研究者らが行った新しい研究によると、恐怖や不安、そして実存的不安を打ち消す薬として....
> 続きを読む

 

2013-05-31
メラトニンが高地での睡眠および認知を改善する可能性(ヘルスカナルより) - 北米の最高峰マッキンリーで新たに行われた研究が、メラトニンは高地での睡眠および認知の改善に役立つことを示唆している。研究結果によれば、メラトニン服用後の被験者はプラセボ服用後よりも早く入眠し、また入眠....
> 続きを読む

 

2013-05-30
テルミサルタンがメタボリックシンドロームの患者の代謝検査値を改善(糖尿病イン・コントロール.comより) - 新しい研究から、アンジオテンシン受容体拮抗薬テルミサルタンはメタボリックシンドロームの患者の代謝機能を改善することが明らかとなった。近年、テルミサルタンはそのペルオキシソーム増殖因子活性化受容体γ(PPAR-....
> 続きを読む

 

2013-05-08
妊婦が服用しても問題のない制吐薬(デイリーRxより) - 重篤な妊娠悪阻(つわり)に対して投薬を受ける妊婦がいる。しかし、薬剤が胎児にとって常に安全なのか知りたくても十分な情報を集めるのは難しい場合がある。最近の研究で、ある吐き気止めの薬が、妊娠転帰不良の....
> 続きを読む

 

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン....
> 続きを読む

 

2013-04-17
変形性膝関節症の疼痛が見られる高齢患者及びそれより若い患者へのデュロキセチン治療の安全性と有効性:2つの無作為化プラセボ対照試験の事後サブグループ解析(7thスぺースより) - 変形性関節症(OA)の膝の疼痛は高齢患者によく見られ、生活の質の低下の一因である。高齢患者は通常、生理機能の加齢変化により副作用のリスクがより高く、薬物動態、代謝、および応答に影響を及ぼす。これらの解析....
> 続きを読む

 

2013-04-17
薬剤で自閉症患者の記憶力向上が判明(ニュースマックス・ヘルスより) - 高血圧や不安症およびパニック発作の治療に一般的に用いられる薬剤が、自閉症スペクトラム障害患者の作業記憶を改善させることが明らかにされた。自閉症患者は言語・表情・社会的手掛かりの処理方法が異なるため、....
> 続きを読む

 

2013-04-17
コルヒチンで糖尿病患者の金属ステント再狭窄が減少(tctmdより) - 米国心臓病学会誌(Journal of the American College of Cardiology)2013年4月10日号オンライン版に掲載された無作為化試験によれば、糖尿病患者に金属ステント(ベアメタルステント)を留置した後、低用量コルヒチンを連日投与すると、6ヵ月時点のステン....
> 続きを読む

 

2013-04-16
クローン病関連の肛門周囲瘻の閉鎖にアダリムマブ・シプロフロキサシン併用が有効(ヘアリオより) - クローン病関連の肛門周囲瘻がみられる患者を対象とした最近の研究で、アダリムマブ・シプロフロキサシン併用療法はアダリムマブ単独療法と比べ転帰が良好であった。研究者らはオランダで二重盲検多施設共同試験を実施....
> 続きを読む

 

2013-04-16
メトトレキサートが関節リウマチ患者の死亡リスクを最大70%低下(関節炎アバウト.comより) - メトトレキサートが関節リウマチ患者の死亡リスクを低下させる可能性のあることが、医学誌「関節炎&リウマチ(Arthritis&Rheumatism)」2013年2月号掲載の研究結果で示された。米国10ヵ所のリウマチ診療所における関節リウマチ患者約5,000....
> 続きを読む

 

2013-04-15
ジゴキシンが死亡率を上昇させる科学的根拠はないことが新たな試験で判明(ニュースワイズより) - 欧州心臓病学会誌(European Heart Journal)本日号に掲載された研究で、ジゴキシンが心房細動の患者における死亡率を上昇させる証拠はないことが明らかにされ、同じデータを解析した別の研究グループによる同一誌に掲載された結果に相反....
> 続きを読む

 

2013-04-15
シロドシンが急性尿閉の管理を改善させる(腎臓・泌尿器学ニュースより) - 新しい研究によると、前立腺肥大の男性における急性尿閉(AUR)後のシロドシン治療は、「カテーテルを使用しない排尿の試み(TWOC)」が成功する可能性を有意に高める。研究者らはAURを認める50歳以上の男性60名を、3日....
> 続きを読む

 

2013-04-15
自閉症患者のワーキングメモリをプロプラノロールが改善、ミズーリ大学の研究で判明(ミズーリ大学ニュースより) - ミズーリ州コロンビア―自閉症スペクトラム障害(ASD)の人は、言葉、表情、社会的手がかりの処理の仕方が異なるため、他者とのコミュニケーションや相互作用に苦労することが多い。先行研究から、高血圧・不安・パニ....
> 続きを読む

 

2013-04-12
アスピリンは頭頸部癌との戦いを支援できる(DrBicuspid.comより) - ブリティッシュ・ジャーナル・オブ・キャンサー(British Journal of Cancer、2013年3月19日、Vol. 108:5, pp. 1178-1181)に掲載された研究によると、アスピリンは頭頸部癌(HNC)を有意に防御するようである。クイーンズ大学ベルファスト(Queen's University Belfast)と国立....
> 続きを読む

 

2013-04-12
デキサメタゾンが終末期の癌に関連した倦怠感を緩和(腫瘍学リポートより) - デキサメタゾンは、癌に関連した倦怠感の緩和においてプラセボよりも高い効果を示すことが、進行癌患者を対象とした二重盲検無作為化試験で示された。治療から14日後、慢性疾患患者の倦怠感サブスケール(FACIT-F:Functional Assessment of Chronic....
> 続きを読む

 

2013-04-12
リニューアルしたAloeVera.comがアロエベラの効用を説明(PRウェブより) - アロエベラの効用は何百年もの間、何千人もの人々によって賛美、称賛されてきました。今日では、天然のアロエクリーム、ジェル、ジュースが、急ピッチで大量に生産されています。そのような製品の人気に、ナチュラル....
> 続きを読む

 

2013-04-12
健康最前線:糖尿病とメラトニン(トゥーリバーズ・トリビューンより) - 睡眠制御をつかさどるホルモンであるメラトニンが低値である場合、糖尿病リスクが高まる可能性のあることが、新たな研究で示唆された。ハーバード大学ブリガム&ウィメンズ病院(Brigham and Women's Hospital)の研究者らは、大半のホルモン....
> 続きを読む

 

2013-04-10
ファイザー社の乳がん治療薬がブレークスルー・セラピーに指定される(ハッフィングトン・ポストより) - ニュージャージー州トレントン―ファイザー社(Pfizer Inc.)は4月10日、しばしば致死的となる進行乳がんに対する試験薬が、米食品医薬品局(Food and Drug Administration : FDA)からブレークスルー・セラピー(画期的治療薬)の指定を受けたと....
> 続きを読む

 

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類....
> 続きを読む

 

2013-04-10
葉酸は自閉症リスク低下に関連(SCI-TECHトゥデイより) - CDC(疾病対策予防センター)の新たな研究によれば、妊娠前と妊娠中に葉酸を摂取した女性は、その後の乳児における自閉症診断率が約40%低くなった。自閉症の症状は約1歳になるまで現れないものの、自閉症を促す生物学的....
> 続きを読む

 

2013-04-10
放射線障害後の幹細胞再生を上皮成長因子が助ける(メディカル・エキスプレスより) - デューク大学(Duke Medicine)の研究者らによれば、上皮成長因子は、放射線曝露後の造血幹細胞の回復を速めることが判明した。この所見はがん患者だけでなく、いわゆる核爆弾や原子力災害の被害者にとっても、新しい治療の....
> 続きを読む

 

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性....
> 続きを読む

 

2013-04-10
熱傷小児患者における長期プロプラノロールの有用性(AAPグランドラウンズより) - ガルベストン(テキサス州)とトロント(カナダ)の研究者らは、重症熱傷を負った小児を対象にプロプラノロールを1年間使用した効果について評価した。被験者は19歳未満で、全体表面積(BSA)の30%以上の熱傷により入院....
> 続きを読む

 

2013-04-08
脆弱X症候群の子どもの行動が抗生物質ミノサイクリンで改善(メディカル・エキスプレスより) - ミノサイクリンは広域スペクトルを持つテトラサイクリン系抗生物質で、古くからある薬だ。カリフォルニア大学デービス校MIND研究所(UC Davis MIND Institute)の研究者らが、脆弱X症候群の子どもの治療薬としてミノサイクリンを試験....
> 続きを読む

 

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与....
> 続きを読む

 

2013-04-06
キーホルダーに入ったアスピリンが命を救うかも(ロサンジェルス・タイムズより) - アスピリンの入った小さな赤いキーホルダーをキーチェーンにつないでおけば、心臓発作のときに使用することができます。もしも心臓発作に襲われたら、小さな赤いキーホルダーが生死を分けるかもしれません。アット....
> 続きを読む

 

2013-04-05
特発性正常圧水頭症と考えられる患者の精神神経症状に対するメマンチン治療:症例報告(7thスペースより) - 緒言:特発性正常圧水頭症の患者は、症状の「古典的」三主徴に加え、精神神経症状を呈することが多い。メマンチンは、アルツハイマー病やレビー小体型認知症の患者でみられる精神神経症状にプラスの効果があると報告....
> 続きを読む

 

2013-04-03
メトホルミンが加齢プロセスを遅延させる可能性(オンメディカより) - 広く処方されている2型糖尿病治療薬メトホルミンが、ダイエットに類似した効果により、加齢プロセスを遅らせることが、新たな研究で示された。カロリー制限食は、複数の動物においてその後の人生における健康の改善....
> 続きを読む

 

2013-04-02
デュロキセチンが化学療法による神経障害を軽減(オンコロジー・レポートより) - デュロキセチンを5週間毎日経口投与すると、化学療法による末梢神経障害を有する患者の疼痛が軽減され、機能およびQOL(生活の質)も改善されることが、JAMA誌(米国医師会誌)4月3日号で報告された。化学療法による末梢....
> 続きを読む

 

2013-04-02
デュロキセチンは化学療法による疼痛を緩和する可能性(メッドペイジ・トゥデイより) - 抗うつ剤および不安障害治療薬であるデュロキセチンは化学療法による有痛性末梢神経障害を効果的に治療することが、第III相試験の結果で示された。アナーバーにあるミシガン大学看護学部のエレン・ラヴォア・スミス....
> 続きを読む

 

2013-04-02
ジスルフィラム:従来の依存症治療薬の新たな裏付け(EurekAlert!より) - 50年以上前に、アルコール依存症の治療目的で承認された初の薬がジスルフィラムであった。この薬はアルコールの代謝産物であるアセトアルデヒドを阻害することによって、少なくとも部分的には役に立つ。体内のアセト....
> 続きを読む

 

2013-04-01
ミノサイクリンが出血性脳卒中の治療戦略に導入される可能性(ドクター・ティプスターより) - ジョージア・リージェンツ大学(Georgia Regents University)の研究者らは、広域抗生物質ミノサイクリンが出血性脳卒中により生じた身体障害の度合いを軽減させられるかどうか確認するための試験を主導している。この結果はこれまでのところ....
> 続きを読む

 

2013-03-27
大抵の乳児血管腫はプロプラノロールで安全に消失(皮膚&アレルギー・ニュースより) - 乳児血管腫は、毛細血管の限局的増殖によって生じる良性腫瘍を特徴とする。血管の病気という性質から、病変の色調は鮮紅色から紫や青色までさまざまである。増殖性血管腫の乳児を対象に、無作為化二重盲検適応型第II....
> 続きを読む

 

2013-03-27
母親が免疫抑制剤を服用しても授乳に問題なし(メディカル・エキスプレスより) - 米国腎臓学会誌(CJASN)先行公開版に掲載された研究によれば、免疫抑制剤タクロリムスを服用している女性では、授乳しても乳児の薬物量が増えることはないので心配に及ばないという。臓器移植を受けたことがあるか、その他....
> 続きを読む

 

2013-03-27
高血圧治療薬がコカイン依存症に有用である可能性(ヒューストン・ニュースより) - マイケル・E・ドベーキー退役軍人局医療センター(Michael E. DeBakey VA Medical Center)の研究者らは、一般的な降圧薬がコカイン依存症の治療にも有効である可能性を発見した。本研究で、ドキサゾシンの急速増量法は、同剤の緩徐な増量法(少量....
> 続きを読む

 

2013-03-26
アジスロマイシンは気管支拡張症の治療に有用かもしれない(e!サイエンス・ニュースより) - JAMA 3月27日号に掲載された2件の研究論文によると、非嚢胞性線維症で気管支拡張症の患者に対し抗菌薬アジスロマイシンまたはエリスロマイシンを投与したところ、症状は改善したが抗菌薬の耐性リスクも高まった。気管....
> 続きを読む

 

2013-03-21
鎮痛剤がインフルエンザに対する抗ウイルス活性を示す(サイエンス・コーデックスより) - 店頭販売されている抗炎症薬ナプロキセンは、A型インフルエンザウイルスに対しても抗ウイルス活性を示しうることが、フランスの研究者チームによって明らかにされた。この発見は、構造に基づく研究結果であり、アメ....
> 続きを読む

 

2013-03-20
多発性硬化症患者の酸化ストレスがメラトニンで軽減する可能性(ナチュラル・スタンダードより) - ある研究報告によれば、二次進行型多発性硬化症(SPMS)の患者にメラトニンを補給することで、酸化ストレスによるダメージが減るかもしれません。多発性硬化症(MS)は、脳や脊髄の神経線維が侵されていく慢性疾患です....
> 続きを読む

 

2013-03-20
タモキシフェン服用期間を5年以上にするとさらに効果が高まる可能性(トゥルサ・ワールドより) - 読者からコモロフ先生に質問:私は数年前にER陽性乳癌と診断されました。主治医からは、癌の再発を防ぐためタモキシフェンを5年間服用するように言われています。最近、タモキシフェンはもっと長い期間服用したほう....
> 続きを読む

 

2013-03-18
メマンチンは認知症を伴わない精神障害に有効か?(MPRより) - メマンチンは、非競合的グルタミン酸N-メチル-D-アスパラギン酸(NMDA)受容体遮断薬であり、アルツハイマー病および認知症の治療薬として米国食品医薬品局(FDA)に認可された。本剤は、精神異常作用や幻覚発動作用を及ぼすこと....
> 続きを読む

 

2013-03-15
糖尿病治療薬シタグリプチンはHIV患者に安全―研究で判明(メディカル・エキスプレスより) - シタグリプチンはインスリン分泌の後押しをするため、結果的に血中の糖が多く処理されることになる。この薬は、糖尿病リスクがあるHIV陽性患者が使用しても安全なようだ。HIV患者は、心臓発作、糖尿病、インスリン分泌....
> 続きを読む

 

2013-03-14
米国心臓病学会(ACC):ジゴキシンが心不全による入院率を低下(メッドペイジ・トゥデイより) - ジゴキシンが心不全の高入院率を解決に導く一端となりうることが、DIG試験のサブ解析で示唆された。アラバマ大学バーミングハム校(University of Alabama at Birmingham:UAB)VA医療センターのアリ・アハメド(Ali Ahmed)博士らは、メディケア(老人医療保険)....
> 続きを読む

 

2013-03-12
高用量ロスバスタチンで急性冠症候群患者の造影剤誘発急性腎障害が減少(ニュース・メディカルより) - 急性冠症候群(ACS)患者が冠動脈造影検査を受けた後、造影剤が原因の急性腎障害が起こることがある。第62回米国心臓学会議年次総会(American College of Cardiology's 62nd Annual Scientific Session)で本日3月12日に発表された研究によると、ある人気のコレステ....
> 続きを読む

 

2013-03-11
プライマリPCI施行前のスタチン投与は心保護効果に関連(MPRより) - 急性心筋梗塞患者に対する直接的冠動脈形成術(プライマリPCI)を行う前のスタチン療法は、全死亡リスクや、心臓・脳血管の重大な有害事象リスクの低下に関連しなかったことを、佐賀大学循環器内科の下村光洋博士が発表....
> 続きを読む

 

2013-03-11
広く受け入れられることのなかった心不全治療薬がメディケアおよび病院の高額医療費問題を解決するのに役立つ可能性(アラバマ大学バーミングハム校ニュースより) - 心不全治療薬ジゴキシンは、1997年の臨床試験で「不成功」な結果に終わると、次第に使用される機会が減っていったが、初回投与後30日以内の入院リスクを34%低下させるという点で、どの薬剤でも達成できなかった効果を....
> 続きを読む

 

2013-03-11
妊婦の葉酸の摂取が子供の自閉症のリスクを低減すると、ノルウェーの研究が発表(クリーブランドより) - 妊娠前と妊娠中に葉酸のサプリメントを摂取した母親は、後に子供が自閉症と診断される可能性が低減した。これはノルウェーの小児数十万人を研究したもので、アメリカ医師会機関紙(Journal of the American Medical Association)で2月中旬に発表された....
> 続きを読む

 

2013-03-11
ロスバスタチンの大腸がん予防効果を評価するNCI主導治験(ニュース・メディカルより) - 3月は大腸がん啓発月間である。現在、ノースショア‐LIJがん研究所(North Shore-LIJ Cancer Institute)では、最近大腸がんの治療を受けた人たちをポリープ予防試験に登録している。この試験は米国立がん研究所(National Cancer Institute : NCI)が主導し、脂質....
> 続きを読む

 

2013-03-11
早期のアトルバスタチン強化療法は内皮機能を保護して炎症を軽減する(MPRより) - サンフランシスコで開催された米国心臓学会の第62回科学会議(ACC.13)で、イタリアのブレシアにあるブレシア大学(University of Bresci)と市民病院(Civil Hospital)に勤めるリカルド・ラディノ(Riccardo Raddino)博士が、早期のアトルバスタチンの強化療法の効果を、....
> 続きを読む

 

2013-03-11
早期のアトルバスタチン強化療法は内皮機能を保護して炎症を軽減する(MPRより) - サンフランシスコで開催された米国心臓学会の第62回科学会議(ACC.13)で、イタリアのブレシアにあるブレシア大学(University of Bresci)と市民病院(Civil Hospital)に勤めるリカルド・ラディノ(Riccardo Raddino)博士が、早期のアトルバスタチンの強化療法の効果を、....
> 続きを読む

 

2013-03-11
プライマリPCI施行前のスタチン投与は心保護効果に関連(MPRより) - 急性心筋梗塞患者に対する直接的冠動脈形成術(プライマリPCI)を行う前のスタチン療法は、全死亡リスクや、心臓・脳血管の重大な有害事象リスクの低下に関連しなかったことを、佐賀大学循環器内科の下村光洋博士が発表....
> 続きを読む

 

2013-03-11
アロプリノールが心不全患者の心房細動の発生率を低減(MPRより) - カリフォルニア州サンフランシスコ-アロプリノールが心不全患者の心房細動(AF)の発生率を低減させたことを、米国心臓学会(American College of Cardiology, ACC)第62回学術集会(2013年)で発表された後ろ向きコホート研究が見出した。近年....
> 続きを読む

 

2013-03-11
高リスク脂質異常症の小児に対するエゼチミブの効果を証明(MPRより) - ヘテロ接合性家族性高コレステロール血症、または非家族性原発性高コレステロール血症の小児(6~10歳)にエゼチミブ10mg/日を投与したところ、12週間の治療終了後、LDL-Cだけでなくそのほかの脂質も有意に減少した。この....
> 続きを読む

 

2013-03-11
アスピリンが致死性皮膚がんのリスク低減に関連(ABCニュースより) - 痛みと戦う有名な薬であるアスピリンが、最も致死性の高いタイプの皮膚がんであるメラノーマ(黒色腫)も予防する可能性があることが、新しい研究で明らかになった。約60,000人の閉経後の女性を対象とした研究で、定期的....
> 続きを読む

 

2013-03-08
オレンジ・赤・黄色の食物を食べることで乳がんを予防(エブリデイ・ヘルスより) - カロテノイドとは、特定の食物をオレンジ、赤、黄色に色づける栄養素のことであり、乳がんのリスク低下に関連していることが新たな研究で示された。2012年12月10日月曜日 米国国立がん研究所(NCI)の学術機関誌(Journal of the National Cancer Institute)....
> 続きを読む

 

2013-03-07
画期的:致死性肺疾患の新しい治療法(ケンブリッジ大学リサーチより) - ある研究によって、肺動脈性肺高血圧症の新しい治療法への道が開かれている。この病気は進行性であり、3年のうちには心不全に至るおそれがある。心臓から送り出された血液は、動脈、毛細血管、静脈と体中をめぐった....
> 続きを読む

 

2013-03-05
イブプロフェン液体ジェルカプセルはにきびの成長を防ぐことができる(ライフハッカーより) - にきびができたのに手元に専用の薬がない、ということであれば、普通のイブプロフェン液体ジェルカプセルを壊して開け、中身を患部に優しく塗布することを検討してもいいかもしれません。これは、アイビレッジ(iVillage)の....
> 続きを読む

 

2013-03-05
インヴィオンが喘息治療に血圧薬を転用(ライフ・サイエンティストより) - インヴィオン(Invion)(ASX:IVX)は喘息や慢性気管支炎などの炎症性肺疾患を治療するために、既に試験済みのナドロールの第II相臨床試験を開始する。ナドロールは現在、高血圧、偏頭痛、胸痛の治療に使用されているβ遮断....
> 続きを読む

 

2013-03-05
歯科衛生の観点における葉酸の重要性(ワールデンタルより) - 今年の全国葉酸啓発週間(National Folic Acid Awareness week)は1月6日~12日に開催され、葉酸の日常的摂取の重要性について広く伝えられたが、これは一般的な成人病および出生時欠損症を予防することを目的としている。葉酸とは、ビタミンB9....
> 続きを読む

 

2013-03-05
イブプロフェン液体ジェルカプセルはにきびの成長を防ぐことができる(ライフハッカーより) - にきびができたのに手元に専用の薬がない、ということであれば、普通のイブプロフェン液体ジェルカプセルを壊して開け、中身を患部に優しく塗布することを検討してもいいかもしれません。これは、アイビレッジ(iVillage)の....
> 続きを読む

 

2013-03-01
複数の適応があるイマチニブが膀胱癌への放射線照射効果も増強(キャンサー・リサーチUKより) - 膀胱壁に広がった膀胱癌を破壊する治療法として、放射線療法があります。ある研究によって、抗がん剤イマチニブ(グリベック)にはこの放射線治療の効果を増強する可能性のあることが明らかとなり、本日、キャンサー....
> 続きを読む

 

2013-03-01
アモキシシリンの有効性(ニュース・メディカルより) - アモキシシリンとは広域ペニシリンのことで、英国において最も多く使用されている抗生物質の1つです。一般的な使用方法は、単剤投与(薬剤耐性が特に懸念される)、もしくはCo-amoxiclav(アモキシシリンとクラブラン酸の合剤)....
> 続きを読む

 

2013-03-01
アモキシシリンの有効性(ニュース・メディカルより) - アモキシシリンとは広域ペニシリンのことで、英国において最も多く使用されている抗生物質の1つです。一般的な使用方法は、単剤投与(薬剤耐性が特に懸念される)、もしくはCo-amoxiclav(アモキシシリンとクラブラン酸の合剤)....
> 続きを読む

 

2013-03-01
複数の適応があるイマチニブが膀胱癌への放射線照射効果も増強(キャンサー・リサーチUKより) - 膀胱壁に広がった膀胱癌を破壊する治療法として、放射線療法があります。ある研究によって、抗がん剤イマチニブ(グリベック)にはこの放射線治療の効果を増強する可能性のあることが明らかとなり、本日、キャンサー....
> 続きを読む

 

2013-02-28
長期スピロノラクトン治療が心不全患者の左室拡張機能を改善(ニュース・メディカルより) - JAMA 2月27日号に掲載の研究論文によると、駆出率が保持された心不全患者に対する長期スピロノラクトン治療は、左室拡張機能を改善したものの、患者の最大運動能力、症状、生活の質(QOL)には影響を与えなかった。この....
> 続きを読む

 

2013-02-28
痛風に関する最新の臨床所見(アイリッシュ・メディカル・タイムズより) - 数少ないリウマチ症状の1つである痛風は、根治可能な病気である。長い待機リストに関連する現行の治療と、一般医による地域治療の重要性について「最新の臨床所見(Clinical Update)」記事の更新版でゲアリー・カリトンが論評する....
> 続きを読む

 

2013-02-27
シチコリンは、細胞外シグナル制御キナーゼ(細胞外シグナル制御キナーゼ)1・2およびインスリン受容体基質1に関与する経路を介して、血管/ヒト脳微小血管の内皮細胞の生存を改善し、これにより血管新生を誘発する(7thスペースより) - シチコリンとは、脳卒中患者の治療薬として使われている神経保護薬の1つである。同剤の作用機序を明らかにしている公表データはわずかしかない。方法: 管腔様構造への遊走・増殖・分化を3次元培養(マトリゲルという....
> 続きを読む

 

2013-02-27
ある薬とアスピリンの併用で脳卒中リスクが低下(UPI.comより) - 米国と中国の研究者らによれば、脳卒中や一過性脳虚血発作(TIA)の患者にアスピリンとプラビックス(Plavix)を併用投与したところ、再発のリスクが低下した。カリフォルニア大学サンフランシスコ校脳卒中サービス....
> 続きを読む

 

2013-02-27
胎児に対するオンダンセトロンの安全性が研究により裏付けられる(メドペイジ・トゥデイより) - 妊娠中における制吐薬オンダンセトロンの使用は、胎児の転帰不良に関連しないことが、観察研究で明らかにされた。コペンハーゲンにあるデンマーク国立血清学研究所(SSI:Statens Serum Institut)のビョルン・パステルナーク(Bjorn Pasternak)博士らに....
> 続きを読む

 

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。....
> 続きを読む

 

2013-02-27
慢性疾患の治療にアスピリンが役立つ可能性:研究(トップニュースより) - レゾルビンは、特定の疾患を治すのに役立つ分子である。ある研究から、レゾルビンの生成をアスピリンが惹起する傾向にあることが分かった。レゾルビンはオメガ3脂肪酸から作られる。この分子は、炎症性肺疾患、心疾患....
> 続きを読む

 

2013-02-27
慢性疾患の治療にアスピリンが役立つ可能性:研究(トップニュースより) - レゾルビンは、特定の疾患を治すのに役立つ分子である。ある研究から、レゾルビンの生成をアスピリンが惹起する傾向にあることが分かった。レゾルビンはオメガ3脂肪酸から作られる。この分子は、炎症性肺疾患、心疾患....
> 続きを読む

 

2013-02-25
関節炎の治療に魚油とアスピリン(デッカン・ヘラルドより) - 新たな画期的研究によると、関節炎などの深刻な慢性疾患の原因に打ち勝つには、魚油とアスピリンの併用が鍵となるかもしれない。心疾患、がん、関節炎などの病気には炎症がかかわっている。魚油とアスピリンが一緒に....
> 続きを読む

 

2013-02-23
魚油とアスピリンがアルツハイマー病を治療する可能性(トップニュースより) - ボストンにあるブリガム&ウィメンズ病院(Brigham and Women's Hospital)とハーバード大学医学部(Harvard Medical School)の研究者らによれば、魚油とアスピリンを重篤な慢性疾患に対する攻撃手段として使用できる可能性がある。魚油とアスピリンは疾患の原因....
> 続きを読む

 

2013-02-22
母乳産生量を増やすために母親が薬剤に頼る傾向が増加(ニュース10より) - 最もよく処方される薬剤にはドンペリドンとレグラン(Reglan)の2種類がある。両剤とも胃腸障害に役立つよう開発されたものであるが、女性の母乳産生を刺激する主なホルモンであるプロラクチンの濃度を上昇させるという副作....
> 続きを読む

 

2013-02-22
肝硬変を有するB型肝炎ウイルス感染患者がエンテカビル治療を受けると肝臓の諸症状発現や死亡が減少(ヘアリオより) - エンテカビル治療は、B型慢性肝炎と肝硬変を有する患者において、肝臓の諸症状発現、肝細胞癌、および死亡のリスクを低下させることが、最近の研究で示された。2005年12月~2012年6月にエンテカビル0.5mg/日を12ヵ月間以上....
> 続きを読む

 

2013-02-22
セラペプターゼ―カイコから人への贈り物(mySteinbach.caより) - セラペプターゼはセラチオペプチダーゼという名でも知られている酵素で、日本で最初に発見されました。カイコは成虫になると、自分で作った繭に穴をあけ、そこから抜け出してライフサイクルを次へとつないでいくこと....
> 続きを読む

 

2013-02-21
イマチニブが多発性硬化症の進行を遅延かつ抑制(ニュース・メディカルより) - 米科学誌プロス・ワン(PLOS ONE)に掲載された新たな研究によれば、がん治療に現在用いられている薬剤が、ラットにおいて多発性硬化症という自己免疫疾患の進行を遅延させ抑制することができるという。今回の発見は、スウェ....
> 続きを読む

 

2013-02-21
シタグリプチンの血糖コントロール以外の効果:QOL(生活の質)に焦点を当てる(7thスペースより) - グルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)類似体などのインクレチン(ホルモン)や、ジペプチジルペプチダーゼ-4(DPP-4)阻害剤が、糖代謝を調節することが最近明らかとなっている。今回の試験目的は、日本国内のDPP-4阻害剤の臨床使用における有....
> 続きを読む

 

2013-02-21
好酸球性食道炎に対するエソメプラゾールの臨床効果はフルチカゾンよりも良好(ヘアリオより) - 好酸球性食道炎患者がエソメプラゾール治療を受けた場合、フルチカゾン治療と比較して、組織学的効果は同程度であるものの、より大きな臨床効果を得られることが、最近の研究で示された。前向き単盲検対照試験におい....
> 続きを読む

 

2013-02-20
エルロチニブとセレコキシブの併用は頭頚部癌に有効(MPRより) - がん学会誌(Clinical Cancer Research)2月19日号オンライン版に掲載された研究によれば、EGFR(上皮成長因子受容体)チロシンキナーゼ阻害剤(TKI)エルロチニブと、シクロオキシゲナーゼ2阻害薬セレコキシブの併用は、頭頚部癌の発症リスクの高い....
> 続きを読む

 

2013-02-19
B型肝炎ウイルスとHIVの重複感染患者ではテノホビルをエムトリシタビン(FTC)またはラミブジン(3TC)と併用するとB型肝炎ウイルス抑制の可能性が高まる(エイズマップより) - ヒト免疫不全症ウイルス(HIV)とB型肝炎ウイルス(HBV)に重複感染した人を対象とした研究において、テノホビルをエムトリシタビン(FTC)またはラミブジン(3TC)と併用する抗レトロウイルス療法が、B型肝炎ウイルスの複製を検出限界....
> 続きを読む

 

2013-02-18
長期メトトレキサート療法は若年性限局性強皮症に効果的(ヘアリオより) - ある研究結果によれば、長期メトトレキサート療法は若年性限局性強皮症の治療法として有用であり、忍容性も良好であった。イタリアの研究者らが、若年性限局性強皮症(略称JLS、モルフェアともいう。)の患者65名につ....
> 続きを読む

 

2013-02-18
新形態のミソプロストールが分娩を促進(メドページ・トゥデイより) - 陣痛誘発目的の新しい形態のミソプロストール(サイトテック)は、同様の膣挿入タイプのジノプロストン(サヴィディル)よりに迅速に作用すると、臨床試験が示した。カリフォルニア大学アーバイン校(University of California Irvine)のデボラ....
> 続きを読む

 

2013-02-18
腎細胞癌に対するソラフェニブは高齢患者でも忍容性が良好(癌ネットワークより) - 進行腎細胞癌の治療において、血管新生阻害作用があるVEGF阻害薬ソラフェニブの使用は65歳以上の患者でも忍容性が良好であったと、レトロスペクティブ分析の結果が示している。複数の研究で、腎細胞癌(RCC)と診断され....
> 続きを読む

 

2013-02-15
母親の葉酸使用が「乳児の自閉症性障害になるリスクを低下する」(FIGOより) - ノルウェーの小児85,000人を対象とした新たな研究により、母親の葉酸使用は、乳児の自閉症性障害を持って生まれるリスクを減少させることが明らかとなった。本研究は、ノルウェー衛生研究所(Norwegian Institute of Public Health)が実施し、アメリカ....
> 続きを読む

 

2013-02-08
アロプリノールが腎疾患における心血管系転帰を改善(ニュース・メディカルより) - アロプリノール(キサンチンオキシダーゼ阻害剤)は、高血圧性腎症患者において心血管系合併症と総死亡を予防するのに効果的であるとみられることが、日本の試験による結果で示された。福島県立医科大学医学部の寺脇....
> 続きを読む

 

2013-02-04
慢性腎疾患ステージ5Dの高リン血症に対する炭酸ランタン治療:中国本土における多施設共同無作為化二重盲検対照試験(7thスペースより) - 慢性腎臓病ステージ5D(透析療法中)の患者では血清リン濃度のコントロールが不可欠である。現在、中国本土の集団における経口リン吸着薬の臨床試験成績は得られていない。目的:慢性腎疾患ステージ5Dの患者における....
> 続きを読む

 

2013-01-31
抗生物質が重度の栄養失調児の死亡を減らす(ブルームバーグより) - 栄養療法に抗生物質を加えることで、重度の栄養失調児の治癒と死亡防止の一助となった。この研究結果は、重度の飢餓に苦しむ子供たちに対し抗生物質の日常的な使用を検討すべきだと示唆するものだ。「ニューイングランド....
> 続きを読む

 

2013-01-29
成人及び子供のHIV初回治療に対し、エファビレンツがネビラピンより安全な選択であることを系統的レビューが確認(エイズマップより) - エイズ(AIDS)オンライン版で発表されたメタ分析の結果によると、エファビレンツは、抗レトロウイルス療法を開始する成人と子供にとってネビラピンより安全な選択である。エファビレンツ服用患者に比べ、ネビラピン....
> 続きを読む

 

2013-01-25
花の効力を含む認知症治療薬(バーチェスター・ヘルスケアより) - 数世紀にわたり、花は様々な病気に対する伝統的な生薬(薬草剤)の製造に用いられてきた。最近の研究で、ここ5年間で製造された全ての新薬のうちの3分の1が、天然物由来であることが明らかにされた。これらの治療....
> 続きを読む

 

2013-01-24
薬剤の増量で頻尿が軽減(デイリーRxより) - 過活動膀胱では1日に何度もトイレに駆け込むことになる。特定の薬剤が役立つとはいえ、低用量に効果を示さない患者もいれば、用量を徐々に増やすことに抵抗を感じる患者もいる。一方、特定のソリフェナシン含有剤の....
> 続きを読む

 

2013-01-24
癌との闘い:昔ながらの薬剤の新たな用途(ハフィングトン・ポストより) - 自分が癌と診断されたことを想像してみてください。安全かつ有効でしかも「化学療法」による副作用のない安価な治療薬があると知ったとします。この薬は地元薬局で広く入手可能となっているのに、医師はあなたに処方....
> 続きを読む

 

2013-01-23
リコピン摂取は心疾患リスク低下に関連(ナチュラル・スタンダードより) - リコピン摂取が心疾患リスク低下に関連している可能性のあることが、新たな研究で示唆された。リコピンとは、人の血清中や皮膚内、それに肝臓、副腎、肺、前立腺、および結腸内に存在するカロテノイドのことである。....
> 続きを読む

 

2013-01-22
乳癌の高リスク女性に対する予防薬としてのタモキシフェン(About.comより) - 英国では、主力医薬品であるタモキシフェンが、乳癌に対する予防薬として投与されるようになる可能性がある。今回、エストロゲン阻害薬の処方対象となる患者は、乳癌発症の強い家族歴を持つ人で、リスクが高いか、やや....
> 続きを読む

 

2013-01-22
NHSウェールズでの使用を目的として慢性心不全治療薬エプレレノン(Inspra)採用(ニュース・メディカルより) - エプレレノン(商品名Inspra)の入院・死亡リスク低下における有効性を裏付ける証拠が提示され、このたび同剤がAWMSGに採用された。適応となる患者は、慢性心不全(うっ血性心不全)NYHA(ニューヨーク心臓病学会)クラスIIの成人患者....
> 続きを読む

 

2013-01-22
重いつわりに対する治療候補の模索(バッファロー大学ニュースより) - ケイト・ミドルトン(Kate Middleton)も悩まされた妊娠悪阻(つわり)は 体力を消耗させる稀な症状であるが、こうした症状のある妊婦は、抗けいれん薬ガバペンチンにより著しい効果を得られることが、トーマス・グッツーゾ(Thomas Guttuso Jr.)博士....
> 続きを読む

 

2013-01-22
デュタステリドが組織診にて検出可能な前立腺癌リスクを22.8%低下(ニュース・メディカルより) - 4年間にわたるREDUCE(デュタステリドによる前立腺癌関連事象低下)臨床試験は、前立腺肥大の治療に通常用いられるデュタステリド(5αレダクターゼ阻害薬:5ARI)を服用した男性を対象に、前立腺癌リスク低下について評価した....
> 続きを読む

 

2013-01-21
アロエベラジェルの皮膚に対する効果(ボールドスカイより) - 皮膚に様々な効果をもたらす植物の1つにアロエベラがある。髪や皮膚に塗ると、アロエベラの素晴らしい美容効果が発揮される。また、ニキビの自宅治療用品としてはとても優れた製品の1つであり、アロエベラの持つ抗菌....
> 続きを読む

 

2013-01-20
バイアグラが肥満対策に役立つことが証明される可能性(gizmagより) - ボン大学(University of Bonn)の研究者らが、マウスにバイアグラを投与したところ、同剤が白色脂肪細胞(腹部など同様の厚みのある部位に無駄に集積された組織)をベージュ脂肪細胞に変換させることを発見した。ベージュ脂肪細胞は....
> 続きを読む

 

2013-01-20
メトホルミンは心臓関連疾患の抑制においてグリピジドに勝る(糖尿病ヘルスより) - 冠動脈心疾患を併発する糖尿病患者を対象に中国が実施した調査研究では、脳卒中や心発作をはじめとする主要な心血管関連事象リスクの低下には、メトホルミンがグリピジドよりも有効であるという結論を得ている。シャンハイ....
> 続きを読む

 

2013-01-17
タモキシフェンが筋ジストロフィーに有望なことが動物試験で明らかに(ドクターズ・ラウンジより) - アメリカン・ジャーナル・オブ・パソロジー(American Journal of Pathology)の1月15日付オンライン版に掲載された研究によると、乳癌治療薬タモキシフェンは、デュシェンヌ型筋ジストロフィーモデルマウスの筋力および筋機能を改善する....
> 続きを読む

 

2013-01-17
チオトロピウムはCOPD(慢性閉塞性肺疾患)患者に多くの効果あり(ドクター・ティプスターより) - ドイツの医療技術評価機関IQWiG(German Institute for Quality and Efficiency in Health Care)によれば、チオトロピウム臭化物はCOPD患者の第一選択薬の1つであるという。同剤は、COPDの諸症状ならびに生活の質(QOL)の両側面において、多くの利点を持つとみられる。この結論....
> 続きを読む

 

2013-01-16
進行した軟部肉腫の患者にソラフェニブが有望(ヘアリオより) - 第2相試験の結果から、ソラフェニブは平滑筋肉腫患者の治療薬として有望であるように思われる。本研究は、進行した軟部組織肉腫患者を対象に、多標的チロシンキナーゼ阻害剤ソラフェニブ(商品名ネクサバール、バイエル....
> 続きを読む

 

2013-01-16
アセトアミノフェンは術後転帰を改善させる可能性(ニュース・メディカルより) - アセトアミノフェン(パラセタモール)の予防的静脈内投与が、術後の吐き気と嘔吐を減少させる可能性のあることが、研究で示唆された。ただし、予防的なアセトアミノフェンがもたらす術後の吐き気と嘔吐の減少は、疼痛....
> 続きを読む

 

2013-01-13
ナイジェリア(アフリカ):抗レトロウイルス療法の第一選択薬としてテノホビルを用いる利点が薬剤耐性データにより判明(エイズマップより) - ウイルス学的応答欠如のリスクが高いナイジェリアのHIV感染者で、テノホビル(TDF)をベースとした一次治療を受けている患者は、ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬(NRTI)耐性変異が少なく、二次治療での高活性型NRTI薬の選択肢が多く....
> 続きを読む

 

2013-01-09
男性の浮気心を抑制する鼻スプレー(ベイカーズフィールドより) - 「ザ・アトランティック(The Atlantic)」オンライン版の健康ページのブログに、目を見張るような記事が載っていました。オキシトシンと呼ばれるホルモンを適量使うだけで、男性パートナーの浮気な気持心を抑制する可能性が....
> 続きを読む

 

2013-01-08
メトトレキサートが若年性強皮症に持続的なベネフィットを提供(ドクダーズラウンジより) - ジャーナル・オブ・アメリカン・アカデミー・オブ・ダーマトロジー(Journal of American Academy of Dermatology) 12月号に発表された研究によると、経口メトトレキサートは若年性限局性強皮症患者の大半に、持続的なベネフィットを提供する。イタリア....
> 続きを読む

 

2013-01-07
メトホルミンは2型糖尿病ハイリスク患者における心臓イベントを防止する(MPRより) - ダイアビーティス・ケア(Diabetes Care)で12月10日に発表された研究によると、 メトホルミン治療はグリピジドと比べ、2型糖尿病ハイリスク患者における心血管イベントを大きく低減する。上海交通大学医学院(Shanghai Jiao Tong University School of Medicine)....
> 続きを読む

 

2013-01-07
プロザックが新たな脳細胞の生成に関与している可能性(PsychCentral.comより) - 新しい研究は、通例プロザック(Prozac)、サラフェム(Sarafem)、フォンテックス(Fontex)と呼ばれている抗うつ剤のフルオキセチンが、成体脳における新たな神経細胞生成に関連していると報告している。研究者らは、子孫神経細胞が成人の大脳....
> 続きを読む

 

2013-01-06
シルデナフィルがアポリポ蛋白Eノックアウトマウスの血管内皮機能を回復(7thスペースより) - アテローム性動脈硬化症は、動脈壁の炎症過程であり、活性酸素種(ROS)と一酸化窒素(NO)の産生の不均衡を伴う血管内皮機能障害で始まる。シルデナフィルは勃起不全に使用される選択的ホスホジエステラーゼ5(PDE5)....
> 続きを読む

 

2013-01-04
経口イソトレチノインはモルビアン病患者に有効な治療法(ヘアリオより) - イソトレチノイン長期服薬が、モルビアン病(Morbihan disease)患者の治療成功につながったことが、研究結果で示された。ニューヨーク大学ランゴン医療センター(New York University Langone Medical Center)皮膚科において、モルビアン病患者5名(年齢21~61歳、うち....
> 続きを読む

 

2013-01-04
葉酸は先天性異常の実証された予防法のうちの1つであり、新たな支援団体がこれに取り組む(PRニュースワイヤーより) - 先天性異常に対する最良予防法の1つは、ビタミンB(葉酸)含有の複合ビタミン剤を毎日服用することであり、これが健康な乳児を産む重要なステップとなる一方、このことは女性の約3分の1にしか知られていない。新生....
> 続きを読む

 

2013-01-04
オキシトシンは女性の出産後の痛みの回復を助ける(メディカル・デイリーより) - オキシトシンは、女性が出産後の慢性的な痛みから回復するのに役立つ。ジャーナル「アネスセジオロジー(Anesthesiology)」で発表された新しい研究によると、オキシトシンは女性が出産後の慢性的な痛みから回復するのに役立つ。....
> 続きを読む

 

2013-01-03
ソラフェニブは甲状腺癌の無増悪生存期間を改善(OncLive.comより) - 放射性ヨウ素(RAI)治療抵抗性の局所進行・転移性分化型甲状腺癌患者を対象としたソラフェニブ(ネクサバール)の第3相試験では、主要評価項目としての無増悪生存期間(腫瘍悪化までの時間)に統計学的有意な改善(プラ....
> 続きを読む

 

2013-01-01
5度の流産後に出産したのは「特効薬」アスピリンのおかげであるとする英国人女性(ビックニュースネットワークより) - 5年間で5度の流産を経験したリバプール在住の看護師が、昨年7月ようやく娘を授かったが、それ以前に1日1回アスピリンを服用していた。ドーン・パドック(Dawn Paddock)さん(33歳)は、要となる妊娠12週目を乗り切ることにい....
> 続きを読む

 

2012-12-31
レナリドマイドは皮膚エリテマトーデス患者において効果的かつ安全な治療法(ヘアリオより) - サリドマイド類似体であるレナリドマイドによる治療は、難治性皮膚エリテマトーデス患者において安全かつ有効であることが、研究結果で示された。スペインの研究者らは、2009年~2010年における難治性皮膚エリテマトーデス....
> 続きを読む

 

2012-12-31
コレステロールを低下させるスタチンはマラリアと戦う一助となるかもしれない(メディカル・デイリーより) - 新しい研究によると、スタチンはコレステロールを低下させるだけでなく、マラリア感染と戦うこともできる研究者らは、脳マラリアに感染したマウスにおいて、従来の抗マラリア治療薬に、コレステロール低下薬として広く....
> 続きを読む

 

2012-12-25
スピロノラクトンが拡張期心不全に有効性を示す(ファミリー・プラクティス・ニュースより) - 拡張期心不全患者に対するスピロノラクトン治療を評価した研究としては最大規模となる試験の結果から、明らかになったことがある。それは、この薬が構造的・血行力学的・生理学的に有益な効果を発揮し、その安全性は....
> 続きを読む

 

2012-12-11
一般的な心臓治療薬が自閉症の症状を一部抑える可能性(メディカル・エキスプレスより) - 一般に高血圧コントロールに処方される薬剤(主に利尿剤)が、自閉症症状をいくらか緩和する可能性があると研究者らは述べている。障害が軽度である人の方が効果を得られやすいことが、新たな研究で示された。本研究....
> 続きを読む

 

2012-12-11
リコピンとは何でしょう?(モスクワ・ヴィレジャーより) - リコピンは黄色やオレンジ色、赤色の果物や野菜に存在するカロテノイドです。米国国立医学図書館は「カロテノイドは植物によって合成され、様々な果物や野菜の鮮やかな色の素となる天然色素である」と記載しています....
> 続きを読む

 

2012-12-11
レナリドマイドはループスに対する代替治療として有効(ニュース・メディカルより) - サリドマイド誘導体であるレナリドマイドは、難治性皮膚エリテマトーデス患者において「安全」かつ効果的な治療法である一方、患者の4分の3は投薬中止後に臨床的再発を認めたことが、スペインの研究者らによって発表....
> 続きを読む

 

2012-12-10
薬が禁煙した女性の体重増加を軽減(サイエンス・コーデックスより) - バイオロジカル・サイカイアトリー(Biological Psychiatry)誌12月号で発表された研究によると、現在試験中の禁煙薬は、禁煙後に女性のみによく見られる体重増加も防止する一助となるかもしれない。この薬は、禁煙後1年先までの女性....
> 続きを読む

 

2012-12-10
メトホルミン療法は肥満の子どものBMIと空腹時血糖値を改善(ニュース・メディカルより) - 米国内分泌学会(Endocrine Society)のジャーナル・オブ・クリニカル・エンドクリノロジー&メタボリズム(Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism: JCEM)誌が掲載した最近の研究によると、メトホルミン療法は肥満の子どもの肥満度指数(BMI)や空腹時血糖値の....
> 続きを読む

 

2012-12-08
抗けいれん薬が妊娠悪阻に苦しむ女性の妊娠継続に役立つ(イグザミナーより) - 12月7日に発表されたバッファロー大学(University of Buffalo)のプレスリリースによると、妊娠中に1部の女性が経験する、重度で難治性の吐き気および嘔吐を抑える薬であるガバペンチン(gabapentin)の効力の予備調査を実施した同大学神経学....
> 続きを読む

 

2012-12-08
リナグリプチン投与が腎機能を保護する可能性(糖尿病ヘルスより) - リナグリプチン(linagliptin)の服用は、2型糖尿病患者において腎臓を保護するのに役立つとみられる。同剤は特定の血中天然物質の量を増加させることによって血糖値を低下させるものであり、一般に食事療法や運動と併用したり、....
> 続きを読む

 

2012-12-07
アスピリンが高齢大腸癌患者の延命効果に役立つ可能性(ロイターヘルスより) - アスピリン連日使用の処方を受けた高齢大腸癌患者は、処方されなかった患者よりも死亡する割合が低かったことが、新たな研究で示された。この結果は、より厳密な研究で裏付けられる必要があるものの、癌患者に対する....
> 続きを読む

 

2012-12-06
レナリドマイドは皮膚エリテマトーデス(紅斑性狼瘡)に対する代替治療として有効(EurekAlert!より) - 皮膚エリテマトーデスに対する利用可能な治療法はいくつか存在するが非常に少ない。一方、薬剤で効果の得られなかった人や再発する人では、他の治療選択肢が必要となる。サリドマイド誘導体レナリドマイドを検討した....
> 続きを読む

 

2012-12-05
青少年のB型肝炎の鎮静化に成人用抗ウイルス薬が有効(ヘルス・ニュース・ダイジェストより) - 成人用抗ウイルス薬のフマル酸テノホビルジソプロキシル(テノホビルDF)は、B型肝炎ウイルス(HBV)に感染している青少年の治療に安全で有効なことが最近の臨床試験で明らかにされた。試験結果は、米国肝臓学会....
> 続きを読む

 

2012-12-05
オオアザミのエキスは肝臓によい効果を示す(mySteinbach.caより) - アザミ属の植物に何かしらの利点があるとは信じがたいかもしれない。しかし、そのうち1つ、オオアザミして知られる種は、多くの病気、特に肝臓の疾患の治療薬として何千年も使われてきた。この薬草はカプセルや抽出液....
> 続きを読む

 

2012-12-05
乳癌の再発を防ぐにはタモキシフェン使用期間を『倍に延長すべき』(BBCニュースより) - 10年間のタモキシフェン治療は、現在推奨されている5年間の治療よりも多くの女性の乳癌再発を防ぐ可能性があると、研究者らは述べている。オックスフォード大学(University of Oxford)の科学者らによれば、治療期間を10年にすると....
> 続きを読む

 

2012-12-04
洗口液が親知らず抜歯後の菌血症を低減する可能性(ニュース・メディカルより) - 第3大臼歯抜歯の直後にポビドンヨード(PI)またはクロルヘキシジン(CHX)ベースの洗口液を使用すると、手術後の患者は血液中の細菌レベルが減少することを、トルコの調査結果が明らかにしている。PIやCHXの使用は、....
> 続きを読む

 

2012-12-04
2型糖尿病患者の脳卒中後の脳損傷をリナグリプチンが減らす可能性(ニュース・メディカルより) - スウェーデン・カロリンスカ研究所(Karolinska Institutet)の科学者らは、マウスを用いた研究から、ある新しい治療の可能性を発見した。その治療は、2型糖尿病患者で脳卒中が起きた場合に、その後の脳損傷を減らす可能性がある。....
> 続きを読む

 

2012-12-04
研究:糖尿病治療薬メトホルミンは卵巣癌を撃退するのに役立つ可能性(ドラッグウォッチより) - 安全かつ安価な糖尿病治療薬メトホルミンは卵巣癌女性患者の生存率に寄与してきたと考えられることが、メイヨークリニック(Mayo Clinic)による新規研究で示された。糖尿病治療のためにメトホルミンを服用する女性は、癌の深達度....
> 続きを読む

 

2012-12-03
痒みはここで終わる(デイリーRxニュースより) - 小児の髪に入り込む小さな吸血動物を殺すのは難しい。化学物質がかかわると、シラミ治療の安全性が問題となりうる。しかし、新しい研究で、髪に塗布するイベルメクチン配合治療薬は安全に使用でき、効果が高いことが....
> 続きを読む

 

2012-12-03
アスピリンは肝臓癌のリスク低下に関連(ニューヨーク・タイムズより) - アスピリン使用と肝臓癌リスク低下との間に関連性のあることが、研究者らによって大規模な前向き試験で明らかにされた。50歳~71歳の男女30万人以上のデータを解析することにより、アスピリンなどの非ステロイド性抗炎....
> 続きを読む

 

2012-11-30
局所シンバスタチンが非治癒性の糖尿病創傷に対する答えかもしれない(ニュース・メディカルより) - 局所シンバスタチンはマウスの創傷治癒を著しく促進するので、非治癒性の創傷を伴う糖尿病患者の治療に良い選択肢となるかもしれない、と研究者らは述べている。「糖尿病における創傷治癒の遅延には、いくつかの要因....
> 続きを読む

 

2012-11-25
メマンチンが全脳照射施行患者において認知機能低下を遅延(ヘアリオより) - 第3相試験の結果、メマンチンは全脳照射を受けた悪性脳腫瘍患者における認知機能低下を遅らせることが、ボストンで開催された2012年米国放射線腫瘍学会(American Society for Radiation Oncology)の年次総会で発表された。脳転移は成人において最も多....
> 続きを読む

 

2012-11-25
クエン酸シルデナフィルが前立腺癌患者の性機能を改善(HemOncトゥデイより) - 放射線の治療中や治療後に投与されるクエン酸シルデナフィルの継続的使用は、プラセボと比較して、前立腺癌患者の性機能を改善させる。この研究結果はボストンで開催された2012米国放射線腫瘍学会(American Society for Radiation Oncology)年次総会....
> 続きを読む

 

2012-11-19
脱毛症にビマトプロスト?(レビュー・オブ・オプトメトリより) - 米国実験生物学会連合(Federation of American Societies for Experimental Biology)のジャーナル、FASEB誌オンライン版で先行発表された論文によれば、局所ビマトプロストは男性型脱毛症をはじめ、その他タイプの脱毛症の人の新たな発毛を促進する。ビマトプロストは....
> 続きを読む

 

2012-11-12
NRTI治療に耐性を持ったHBV慢性感染者にはテノホビルが有効(ヘアリオより) - HBV慢性感染者は、ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬(NRTI)による初期治療に失敗することがある。ある研究によれば、そうした患者の大半はその後のテノホビル治療でウイルス抑制が認められた。この研究は、肝臓学会議....
> 続きを読む

 

2012-11-12
白血病の「特効薬」が様々な血液がんの治療に使える可能性(ヘルス・カナルより) - ケンブリッジ大学(University of Cambridge)の研究者らから成る国際研究チームの報告によれば、白血病の一種(亜型)に分類される患者の予後を大幅に改善させた薬剤が、複数タイプの非ホジキンリンパ腫にも同様に有効となりうることが予測....
> 続きを読む

 

2012-11-12
抗ウイルス薬がB型肝炎の発癌リスクを低下(メドページ・トゥデイより) - 慢性B型肝炎患者では、エンテカビル(バラクルード)の長期的治療が肝臓癌リスクを有意に低下させることが、研究者らによって報告された。虎の門病院(東京)の保坂哲也博士によれば、エンテカビル治療患者の後向き....
> 続きを読む

 

2012-11-07
研究:糖尿病治療でメトホルミンが心臓にもたらす有益性はスルホニル尿素薬を上回る(サイエンス・コーデックスより) - バンダービルト(Vanderbilt)での研究で、最も一般に処方されている糖尿病治療薬が心臓発作、脳卒中、死亡のリスクに及ぼす影響について検討が行われた。その研究から、メトホルミンにはスルホニル尿素薬を上回る有益性のある....
> 続きを読む

 

2012-11-06
新たな産後薬が母親の命を救う(ニュース.com.auより) - メルボルンの研究者らが開発中の母体向け新規吸入薬により、毎年最高15万人の女性の命が救われる可能性がある。全ての母親は、妊娠後の危険な合併症を予防するため、産後オキシトシン注射を投与される。発展途上国の....
> 続きを読む

 

2012-11-02
カリフォルニアの研究者らがアルコール依存患者治療の優れた「第一選択薬」として2剤の名を挙げている(テストカントリーより) - カリフォルニアの研究者グループが、アルコール依存患者の治療で優れた第一選択薬となるアカンプロセート(キャンプラル(Campral))とナルトレキソン(レビア(ReVia))について、ある結果を明らかにした。ロイター(Reuters)....
> 続きを読む

 

2012-11-01
HIV薬がHER2乳がんに有効(腫瘍学ナース・アドバイザーより) - ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の治療に使用されるプロテアーゼ阻害剤であるネルフィナビル(nelfinavir)が、マウスのヒト上皮増殖因子受容体2(HER2)陽性腫瘍の成長を阻害することが見出された。ジョン・サップ・シム(Joong Sup Shim)博士....
> 続きを読む

 

2012-11-01
チモロールの使用でレーシック後の再近視化を治療できるかもしれない(ヘアリオより) - ある研究によれば、レーシック後に再び近視となった眼にチモロールを使用したところ、等価球面度数が改善し、効果は治療終了後少なくとも6カ月間持続した。「この治療の屈折矯正効果は弱いものの(12カ月時点で平均差0.62....
> 続きを読む

 

2012-10-31
低用量イソトレチノインは成人ニキビに有効(皮膚科学タイムズより) - 成人ニキビの治療薬としての低用量イソトレチノインの使用は有効であり副作用も少ないと考えられることが、欧州皮膚科学・性病学会議(EADV: European Academy of Dermatology and Venereology)年次総会で発表された臨床試験の結果で示唆された。ハミルトン....
> 続きを読む

 

2012-10-31
効果的で安全なアタマジラミ用ローション(メドページ・トゥデイより) - 局所イベルメクチン(スクライス)を単回、10分間塗布すると、シラミ用梳き櫛を用いずにアタマジラミを殺すのに有効かつ安全であったことを、製薬会社の資金援助による2件の第III相試験が示した。ニュージャージー州....
> 続きを読む

 

2012-10-31
成人のデング熱患者に対するロバスタチン:無作為化比較試験のプロトコル(7thスペースより) - デング熱は、人にとって最も重視すべき昆虫媒介性ウイルス感染症であり、感染リスクがある地域で生活するおよそ20億人が感染している。感染すると、無症候状態から致死的なショック状態や出血まで、さまざまな所見を....
> 続きを読む

 

2012-10-31
抗うつ剤入り洗口液が粘膜炎を減少させる(メドページ・トゥデイより) - 三環系抗うつ剤ドキセピンを含む洗口液は、普通の水よりも、頭頸部癌患者の粘膜炎の痛みを和らげるようだと、研究者らがここボストンで報告した。ミネソタ州ローチェスター(Rochester, Minn)のメイヨー医大学(Mayo School of Medicine)医学....
> 続きを読む

 

2012-10-30
シロスタゾールが血管形成術後の重症虚血肢の再狭窄を減少(ニュース・メディカルより) - キノリノン誘導体のシロスタゾールが、膝下動脈血管形成術の3ヶ月後の再狭窄、再閉塞、および臨床上の必要に応じて実施した標的病変血行再建術(TLR)の減少に関連しているかもしれないと研究者が述べている。重症虚....
> 続きを読む

 

2012-10-29
新たな研究報告でビマトプロストが人毛を再成させる過程が判明(ニュース・メディカルより) - 髪が薄くなりつつあり、もう一度伸びないものかと願っている人に朗報である。新たな研究報告が生物学雑誌「FASEB」オンライン版(www.fasebj.org)に掲載され、FDA認可の緑内障治療薬ビマトプロストがもたらすヒト毛髪再成長過程について....
> 続きを読む

 

2012-10-29
抗うつ薬の新しい用途:ドキセピンが放射線に関連する疼痛を緩和可能(ヘルスラインより) - ボストンで開催された全米放射線腫瘍学会(American Society for Radiation Oncology)の年次総会でメイヨークリニック(Mayo Clinic)が発表した研究によると、不安や抑うつの症状の組み合わせを治療するために使用される抗うつ剤であるドキセピンは、....
> 続きを読む

 

2012-10-29
メマンチンは全脳照射を施行した脳腫瘍患者の認知機能低下を遅延する(グローブ・ニュースワイヤより) - 第54回米国放射線腫瘍学会(ASTRO)年次総会で本日発表された研究によれば、アルツハイマー病患者に対して一般に処方されるメマンチンというNMDA(N-メチル-D-アスパラギン酸)受容体拮抗薬が、全脳照射(全脳照射)を受ける悪性脳....
> 続きを読む

 

2012-10-27
脱毛の解決策? 点眼薬により睫毛が伸びることが判明(ミラー・ニュースより) - 緑内障の治療に用いる点眼薬が脱毛症の解決への鍵を握る。ルミガン(Lumigan)薬の主成分ビマトプロストが発毛を促進することを研究者らが明らかにした。ルミガンは緑内障患者に点眼薬として投与されるものである。緑内障とは....
> 続きを読む

 

2012-10-26
どうして点眼薬が脱毛を食い止めるの?―それはちょっと変わった副作用のおかげです(デイリー・メールより) - 失明を防ぐのに役立つ薬が、脱毛症との闘いに間もなく利用できそうです。ルミガン点眼液は、緑内障治療薬としての地位を確立しています。緑内障とは、眼球内の過剰な体液が原因で起こる病気です。一方でこの薬にはまつげ....
> 続きを読む

 

2012-10-26
シクロスポリンは適応外の抗炎症薬として有効である可能性(ヘアリオより) - 2012年アカデミー(Academy 2012)の会議(ポスターセッション)における臨床医らの報告によると、シクロスポリン(免疫抑制薬)0.05%乳剤は、安全性が認められているとともに、副作用は最小限となっており、一般的にコルチコステロイド....
> 続きを読む

 

2012-10-26
白内障手術後の痛み、(前房の)フレアおよび細胞をロテプレドノールゲルが効果的に消失させる(ヘアリオより) - フェニックス―アカデミー2012(Academy 2012)でのポスター発表によると、最近承認されたエタボン酸ロテプレドノールゲルは、白内障手術後の患者の眼の炎症および痛みの治療に有効なことが研究結果から明らかにされた。そのポスター....
> 続きを読む

 

2012-10-26
メトホルミンが肺がんの生存率を高める可能性(メドページ・トゥデイより) - 非小細胞肺癌(NSCLC)の術後、糖尿病患者の生存期間が延長するという以前の知見は、おそらくメトホルミンという薬の使用を反映したものである、と研究者が下記で述べている。ニューヨーク州バッファローのロズウェルパーク....
> 続きを読む

 

2012-10-24
成人の脳腫瘍で最もよく見られるタイプの治療に抗酒薬が役立つ可能性(英国がん研究所より) - ブリティッシュ・ジャーナル・オブ・キャンサーに今日(水曜)掲載された研究によると、60年以上の間アルコール依存症患者の治療に使用されている薬が、神経膠芽腫の治療に役立つかもしれない。神経膠芽腫は、成人の....
> 続きを読む

 

2012-10-23
マウスにおいて降圧薬がアルツハイマー病に効果を示す(インペリアル・カレッジ・ロンドンより) - インペリアル・カレッジ・ロンドン(Imperial College London)の科学者らは、高血圧症の治療に使用されるプラゾシンがアルツハイマー病に有効な可能性のあることを発見した。アルツハイマー病の特徴を示すマウスを用いた研究により....
> 続きを読む

 

2012-10-22
ロフルミラスト6ヵ月間投与によりプラセボと比較して肺機能が改善(EurekAlert!より) - 中等度および重度の慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者において、ロフルミラストを6ヵ月間投与すると、プラセボと比較し、肺機能の有意な改善と関連することが認められた。ロフルミラストは慢性気管支炎と増悪(症状が急激に悪....
> 続きを読む

 

2012-10-19
アトルバスタチン:歯周病の新しい治療薬?(歯科学iQより) - 歯周病は細菌感染症であり、口腔内の病原菌に対する宿主の炎症性免疫反応の結果として組織破壊が起こります。歯周病原菌は有害な副産物や酵素を産生し、それらがコラーゲンなどの細胞外マトリックス、および宿主細胞膜を....
> 続きを読む

 

2012-10-18
血管運動症状に対する低用量SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)が有望視(モダン・メディスンより) - 北米閉経学会(NAMS:North American Menopause Society)の総会で発表された2件の研究結果によれば、新しいタイプの選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)である低用量メシル酸パロキセチン(LDMP)は、閉経の血管運動症状(のぼせ・ほてり・発汗・動悸・....
> 続きを読む

 

2012-10-18
乗り物酔いの治療に開発されたチューインガム(gizmagより) - 乗り物酔いになってしまうと感じたとき、錠剤やカプセルでは効くのに必要以上に長く待たなければならない。これを念頭に置いて、科学者らがチューインガムを作成し、薬を飲むよりも速く乗り物酔いを緩和すると主張し....
> 続きを読む

 

2012-10-17
ステロイドによる心臓手術の輸血節減(メドページ・トゥデイより) - 心臓手術中に高用量のステロイドを投与された患者は、血液製剤を必要とする割合が低いことが、研究者らによって発表された。オランダのユトレヒト大学医療センター(University Medical Center Utrecht)のジャン・ディルマン(Jan Dieleman)博士らによれば、....
> 続きを読む

 

2012-10-17
集中治療室における血流感染が44%減少(ワシントン大学ニュースルームより) - 病院の集中治療室における大規模研究により、患者を抗菌剤入り石鹸を用いて毎日沐浴させ、抗生物質軟膏を経鼻投与すると、薬剤耐性菌MRSAなどの危険な病原菌に起因する血流感染が44%減少することが明らかとなった。また、ン....
> 続きを読む

 

2012-10-16
これは次世代HIV予防策?(テイクパートより) - 女性のための次世代HIV予防策が実現するかもしれません。それは、抗レトロウイルス薬テノホビルなどの薬剤を最長で90日間供給する膣内リングです。このリングは完全にコンドームに取って代わる訳ではありませんが、....
> 続きを読む

 

2012-10-16
コレステロール治療に何種類かのスタチンの高用量を提案(エギザミナーより) - 米国食品医薬品局(FDA)は、スタチン類を低密度リポ蛋白質(LDL)コレステロール、つまり悪玉コレステロールの血中濃度を減らすために食事療法や運動と一緒に使用される処方薬の群であると規定している。単味製剤の....
> 続きを読む

 

2012-10-16
抗中毒薬は過食症を抑えられる(マイ・ヘルスニュース・デイリーより) - 薬物やアルコール中毒患者の欲求を緩和するために使用される薬が、過食を抑える一助ともなり得ることを、動物を用いた新しい研究が示唆している。研究では、ラットに1日1時間、糖分の多い食餌を与え、他のラットの....
> 続きを読む

 

2012-10-15
研究によれば抗てんかん薬が減量の補助としての有望性を示している(ドクターズ・ラウンジより) - ゾニサミドと栄養カウンセリングの併用は、一部の肥満成人に有効でしたが、副作用がないわけではありませんでした。元々はてんかん治療のために開発された処方薬を、定期的な栄養カウンセリングと併用すると、肥満成人は....
> 続きを読む

 

2012-10-14
乾癬関連関節炎に対するレフルノミドは安全かつ有効とみられる(メディカル・エキスプレスより) - 日常診療においてレフルノミドは関連関節炎患者の治療に有効であることが、医学誌「関節炎ケア&研究(Arthritis Care & Research)」10月6日号オンライン版に掲載された研究で示された。ドイツのフランクフルトにあるヨハン・ヴォルフガング....
> 続きを読む

 

2012-10-14
肝癌を乗り越える(ザ・スター・オンラインより) - ネクスパップ患者支援プログラム(NexPAP Patient Assistance Programme)が3周年を祝っています。バイエル社(Bayer)によるネクスパップ患者支援プログラムの恩恵を受けた肝癌生存者らが、最近、プログラムの3周年にあわせた祝賀会のために集まり....
> 続きを読む

 

2012-10-14
完全勃起障害におけるタダラフィルの有効性と安全性(メディカル・エキスプレスより) - 完全勃起障害の男性において、タダラフィルを1日1回2.5mg投与すると性交の成功率が32.4%となり、5mg投与で46.4%になることが、性医学誌(Journal of Sexual Medicine)10月4日号オンライン版に掲載された研究で示された。Votubiaによる治療 ― エベロリムス....
> 続きを読む

 

2012-10-13
オキシトシンはアルコール依存症者の飲酒渇望を撃退するのに有用(ニュー・サイエンティストより) - 「幸せホルモン」といわれるオキシトシンがアルコール依存症を撃退するのに役立つ可能性がある。チャペルヒルにあるノースカロライナ大学(University of North Carolina)コート・ペーザーセン(Cort Pedersen)氏らは、アルコール依存症のボランティア参加者....
> 続きを読む

 

2012-10-12
新しい研究で、デスモプレシン・メルトが夜尿症の子供の睡眠障害を低減すると示された(ファーミウェブより) - 国際小児禁制学会(International Children's Continence Society (ICCS)、小児禁制改善教育資源(Education and Resources for Improving Childhood Continence (ERIC)、および英国小児泌尿器協会(British Association of Paediatric Urology (BAPU)の最初の合同会議本日で発表された新しい前向き研究の中間結果は、口中溶融デスモプレシン....
> 続きを読む

 

2012-10-12
ネルフィナビルがHER2陽性腫瘍の進行を遅らせる(ニュース・メディカルより) - 乳癌細胞の増殖を止める能力について2,300以上の薬剤をスクリーニングしたところ、抗HIV薬ネルフィナビルは、HER2陽性腫瘍が他の乳癌治療薬に耐性を示す場合でもその進行を遅らせることを、ジョンズ・ホプキンス大学の研究者....
> 続きを読む

 

2012-10-10
研究が早産を遅らせる最良の薬を見出す(メドページ・トゥデイより) - セレコキシブ(セレブレックス)やインドメタシン(インドシン)などのプロスタグランジン阻害剤、および程度は劣るがニフェジピンやニカルジピン(カーディーン)などのカルシウム拮抗薬が早産を遅らせるのに最適で....
> 続きを読む

 

2012-10-10
非ホルモン剤のガバペンチンがホットフラッシュを減らすと報告された(Emaxヘルスより) - ホットフラッシュは極めて不快な閉経期症状です。ホルモン補充療法(HRT)によってこの症状を和らげることができますが、さまざまな理由から、多くの女性はHRTを利用しない選択をします。各種の非ホルモン剤も利用可能....
> 続きを読む

 

2012-10-10
サリドマイドがくすぶり型骨髄腫患者の疾患進行を遅らせる可能性(骨髄腫ビーコンより) - 最近完了した第III相試験の結果から、サリドマイドがくすぶり型骨髄腫患者の疾患進行を遅らせることが示唆されている。具体的に言うと、その試験でゾメタ(Zometa)と併用してサリドマイドを服用した患者らは、ゾメタの投与を....
> 続きを読む

 

2012-10-10
スタチンが多発性硬化症の進行を遅らせる可能性(メッドペイジ・トゥデイより) - 高用量シンバスタチン(商品名Zocor)は、二次進行型多発性硬化症患者における脳萎縮を有意に軽減させ、身体障害の進行を2年間遅らせることを、研究者らが発表した。英国ロンドン大学(University College London)のジェレミー・チャタウェイ(Jeremy Chataway)....
> 続きを読む

 

2012-10-09
乳癌は早期発見が生き延びるための絶好のチャンス(miNBCニュースより) - 2006年12月28日 ― それは、アニタ・ボーム(Anita Baum)さんの人生を永遠に変えた日でした。「人が、人生というのは目の前をあっという間に過ぎていくものだと言うとき、目の前で過ぎていくのが過去の人生ではないことを誰だって....
> 続きを読む

 

2012-10-09
遠隔転移を認める腎細胞癌患者に対するアキシチニブの生存率はソラフェニブと同程度(腎臓泌尿器科ニュースより) - 遠隔転移した腎細胞癌の二次治療にアキシチニブ治療を用いた場合の全生存期間(OS)は、ソラフェニブ治療によるものと同程度であることが、欧州臨床腫瘍学会(European Society for Medical Oncology)2012年総会で発表された最新結果で示された。試験責任医師....
> 続きを読む

 

2012-10-09
赤裸々な真実:抜け毛で地肌があらわになるのを防ぐ方法(JSオンラインより) - 洗面台にいつもよりたくさん毛が落ちている場合であれ、頭皮が完全に露出している場合であれ、脱毛症は多くの人にとって共通の課題です。しかも男性だけではありません。脱毛とは一般に、遺伝、環境、さまざまな薬、....
> 続きを読む

 

2012-10-07
厄介な血栓(ザ・スター・オンラインより) - 静脈に形成される血栓(静脈血栓塞栓症)が出現する確率は、妊娠中に高くなる。血液は動脈(血管)を通って心臓から各身体部位に運ばれ、静脈という別の血管を通って心臓に戻ってくる。静脈は浅静脈と深静脈に分類される....
> 続きを読む

 

2012-10-07
乳癌リスクを減らす10の方法(ゲインズビル.comより) - 皆さんは、乳癌になる必要などありません。乳癌に関する最新情報を提供している非営利団体、ブレストキャンサー.org (breastcancer.org)によれば、この病気は女性の8人に1人が一生のうちに罹ると予想されており、予防策を取れば防ぐ....
> 続きを読む

 

2012-10-06
パーキンソン病ラットモデルにおけるドパミン神経の神経変性は9-cis-レチノイン酸を用いた治療終了後早期に軽減する(7thスペースより) - レチノイン酸とはビタミンAの生物活性誘導体のことである。先行研究において、メサンギウム細胞およびPC12細胞における過酸化水素または酸素-グルコース欠乏に起因する損傷に対して、レチノイン酸に保護効果のあることが示された。....
> 続きを読む

 

2012-10-06
癌患者に糖尿病治療薬が役立つ可能性(ウィニペグ・フリープレスより) - 乳癌、大腸癌、および前立腺癌に対する数ある新薬の中でも、特に1958年に初めて認可された糖尿病治療薬が次の新規治療になる可能性がある。メトホルミンは、血糖を下げるのに最も一般的に用いられる薬剤であり、全世界で....
> 続きを読む

 

2012-10-04
糖尿病患者に対するバイトリン使用でBMIは問題とならない(メドページトゥデイより) - 糖尿病患者が肥満であろうとなかろうと、エゼチミブ・シンバスタチン配合剤(バイトリン)による治療は一貫して効果があり、コレステロール値を下げると研究者らは話した。マイアミ大学(University of Miami)(フロリダ州コーラル....
> 続きを読む

 

2012-10-04
2型糖尿病の高齢者に対するシタグリプチンの使用はスルホニル尿素薬と比較して血糖コントロールは同等だが低血糖は少ない(メディカル・ニュース・トゥデイより) - 欧州糖尿病学会(European Association for the Study of Diabetes : EASD)年次総会(ドイツ、ベルリン、2012年10月1日~5日)で報告された研究結果から、2型糖尿病の高齢患者に対するシタグリプチン(ジャヌビア、MSD社)は、スルホニル尿素薬(SU薬)で....
> 続きを読む

 

2012-10-04
閉経直後に開始するエストロゲン/プロゲステロン治療は安全かつ有効であるとみられる(ニュース・メディカルより) - 閉経直後に開始するエストロゲン/プロゲステロン治療は、安全であるとみられるほか、閉経後の女性が直面する多くの症状を軽減するとともに、気分および心血管リスク関連マーカーも改善させることが、フロリダ州オーランドで....
> 続きを読む

 

2012-10-04
抗うつ薬が更年期症状を減らす(メドページトゥデイより) - 低用量の抗うつ薬パロキセチン(パキシル、ペクセバ)は、ホットフラッシュの頻度および重症度を多少下げる可能性のあることが2件の短期試験で明らかにされた。フロリダ大学(University of Florida)(ジャクソンビル)のアンドリュー....
> 続きを読む

 

2012-10-01
抗インフルエンザ薬が脳損傷に役立つ?(wftv.comより) - 背景:外傷性脳損傷は後天性脳損傷の一種であり、急性外傷により脳損傷が引き起こされるものである。自動車事故などで突然どこかに激しく頭をぶつけた場合、もしくは頭蓋骨に何かが突き刺さることで脳組織が損なわれた....
> 続きを読む

 

2012-10-01
一般的な抗うつ薬パキシルが心不全を予防する可能性(サイエンス・コデックスより) - ミシガン大学(University of Michigan)の研究者らによれば、うつ病や不安障害を治療するのに通常用いられる薬剤が心不全の予防に役立つ可能性があるという。ミシガン大学生命科学研究所(Life Sciences Institute)の研究教授で、ミシガン大学医学部薬理学教授の....
> 続きを読む

 

2012-09-24
アロプリノールによる尿酸値低下と腎結石形成減少(メロディカより) - アロプリノールは体内の尿酸生成量を減少させるものである。尿酸が蓄積すると痛風や腎結石につながる。アロプリノールは、がん治療を受けている人を対象に、痛風または腎結石を治療すること、ならびに尿酸値を低下する....
> 続きを読む

 

2012-09-20
皮膚炎に対するタクロリムス内服薬と外用薬の逐次併用は有益(メディカル・エキスプレスより) - タクロリムス内服薬と外用薬の逐次治療は重篤なアトピー性皮膚炎の治療に有効でありうることが、米国皮膚科学会(Journal of the American Academy of Dermatology)10月号に掲載された予備研究で示された。タクロリムス内服薬と外用薬の逐次治療は重篤な....
> 続きを読む

 

2012-09-18
トラネキサム酸の全般的な救命効果(ニュース・メディカルより) - トラネキサム酸は外傷患者における治療開始前の死亡リスクにかかわらず生存期間に有益性を付与することが、CRASH-2試験の事前に規定された解析で明らかにされた。研究著者でロンドン大学公衆衛生学・熱帯医学大学院(London School of Hygiene and Tropical Medicine....
> 続きを読む

 

2012-09-18
進行性前立腺癌に対する酢酸アビラテロンに関しての最終結果から生存期間の有意な改善が明らかに(OncLive.comより) - 転移性去勢抵抗性前立腺癌(mCRPC)の患者を対象として、プレドニゾンに酢酸アビラテロンを加えた場合とプラセボの場合を比較検討した第III相試験の最終解析から、酢酸アビラテロンは全生存期間を有意に改善したこと、....
> 続きを読む

 

2012-09-17
サリドマイドが致死性の肺疾患患者に有用である可能性(abcニュースより) - ダイアン・ゴートニー(Diane Gwartney)さんは、目覚めている間ずっと咳衝動と闘っていた。英語教師を辞した72歳のゴートニーさんは「一日中、肋骨が痛くなるまで咳をすることを想像してみてほしい。咳をしながら授業を進めようと....
> 続きを読む

 

2012-09-15
扁桃摘出術の際のステロイド使用による出血リスクは認められず(メドページ・トゥデイより) - 扁桃摘出術後の悪心および嘔吐を抑制するためのデキサメタゾン使用により、重篤な術後出血の発生率が高くはならないことを研究者らが報告した。ボストンにあるマサチューセッツ感覚器病院(Massachusetts Eye and Ear Infirmary)のクリストファー....
> 続きを読む

 

2012-09-13
モンテルカスト投与が閉塞型睡眠時無呼吸に対する手術の代替治療となる可能性(ニュース・メディカルより) - ロイコトリエン修飾薬(モンテルカスト)が、重篤でない閉塞型睡眠時無呼吸(OSA)児に対する非侵襲性の治療選択肢となりうることを、研究者らが発表した。モンテルカストを投与することにより、睡眠障害児における睡眠....
> 続きを読む

 

2012-09-12
ミソプロストール-妊産婦死亡率の低下に欠かせないもの(インター・プレス・サービスより) - 「ミソプロストールのない生活なんて私には想像できません」婦人科医で、産科医でもあるアズラ・アーサン博士(Dr. Azra Ahsan)はこう話します。同氏は、女性が分娩後の出血により死亡するのを防ぐため、意見が分かれているこの薬を....
> 続きを読む

 

2012-09-11
トラネキサム酸がより広く用いられることで出血性外傷患者をさらに何百人か救える可能性(メディカル・エキスプレスより) - 血液凝固促進薬トラネキサム酸は、様々な外傷性出血患者に対し安全に投与できるもので、最も重篤な症例への投与に限定されるべきではないことが、イギリス医師会雑誌(BMJ:British Medical Journal)本日号に掲載された研究で示された。先行研究....
> 続きを読む

 

2012-09-09
慢性痛にはイブプロフェンとファモチジンの合剤が有効(MPRより) - ファモチジンなどの高用量H2受容体遮断薬(H2RA)とイブプロフェンを複合する合剤(単一錠剤型)により、イブプロフェン誘発性の潰瘍症が減少し、患者の服薬遵守率も改善することが、 2012年疼痛学会(PAINWeek)で発表された研究で示された....
> 続きを読む

 

2012-09-08
慢性疼痛に対する抗うつ薬および抗てんかん薬の補助療法(JAAPAより) - ネバダ州ラスベガス-テネシー州メンフィスにあるセント・ジュード小児研究病院(St. Jude Children's Research Hospital)のデボラA.ワード(Deborah A. Ward)PharmD, BCOP, BCPSは、ペインウィーク2012(PAINWeek 2012)で、疼痛管理のさまざまな補助療法に関するシンポジウムの....
> 続きを読む

 

2012-09-08
中枢神経系の慢性痛:難題であり承認薬は数少ない(JAAPAより) - 2012年疼痛学会(PAINWeek)の慢性痛と中枢神経障害に関するシンポジウムで、オールバニー(ニューヨーク)医療センターの総合疼痛センター責任者で神経内科学教授チャールズ・アーノルド(Charles E. Arnoff)博士は、中枢神経系病変の治療薬として....
> 続きを読む

 

2012-09-05
アクトスは安全なのか?(AARPより) - 質問:最近、糖尿病治療薬アクトスに関する訴訟の公示をみましたが、服用し続けても安全なのでしょうか?回答:それは一概には言えません。ピオグリタゾン(アクトス)と類似薬ロシグリタゾン(アバンディア)は、....
> 続きを読む

 

2012-09-04
創薬:発生頻度の高い血液のがんに対する新たな治療薬となる可能性(サイエンティスト・ライブより) - スウェーデンのカロリンスカ研究所(Karolinska Institutet)が実施した研究で、腎臓と肝臓の進行がんに用いられる薬剤ソラフェニブが、多発性骨髄腫に対しても有効となりうることが明らかにされた。多発性骨髄腫は発生頻度の高い血液のがんの....
> 続きを読む

 

2012-09-03
エベロリムスがER陽性乳がんにおいて大きな勝利を果たす(腫瘍学レポートより) - エベロリムスとエキセメスタンを併用すると、ホルモン耐性でエストロゲン受容体陽性の進行乳がんの女性において非常に劇的にその病気が抑制されているので、このような患者の治療法の変革が期待されている。第III相BOLERO-2試験....
> 続きを読む

 

2012-09-03
チオトロピウムがICS/LABA配合剤服用を服用している症候性喘息患者の肺機能を改善(ニュース・メディカルより) - 欧州呼吸器学会議(European Respiratory Society)で今日初めて発表されたPrimoTinA-asthmaTMの第Ⅲ相試験のデータにより、ICS/LABA配合剤による治療を施しても症候性喘息のあった患者の喘息増悪がチオトロピウム投与により著しく減少したことが明らかになった。また、ICS/LABA配合剤....
> 続きを読む

 

2012-08-31
幹細胞移植後のレナリドマイド維持療法は多発性骨髄腫患者にとって有益(OncLive.comより) - 多発性骨髄腫患者における自家造血幹細胞移植後、免疫調節剤レナリドマイドを持続的に投与すると、疾患進行までの期間と全生存期間がプラセボと比較して有意に延長することが、第III相CALGB100104試験によって示された。一方で、....
> 続きを読む

 

2012-08-19
遺伝要因を逆転させる脱毛症の治療薬が2年で上市されるかもしれない(メールオンライン・ヘルスより) ― 発見した研究チームは製薬会社との交渉を進めており、2年で治療薬が上市するかもしれない。脱毛症の治療薬は、科学者らと製薬会社との交渉が進展すれば、かつて考えられていたよりも早期に上市するかもしれない....
> 続きを読む

 

2012-07-23
抗高血圧薬は55歳以上の女性における乳癌リスクを増加せず(ヘルス・カナルより) ― 心不全や高血圧などの症状を治療するのに通常処方される薬剤は、55歳過ぎの女性に乳癌のリスク増加をまねかないことが、ダンディー大学(University of Dundee)による新規研究で示された。多くの乳癌は女性ホルモン(エストロゲン)依存性....
> 続きを読む

 

2012-07-23
腰椎神経根痛にメトホルミンが期待される(臨床内分泌学ニュースより) ― メトホルミンが関連付けられていた腰部神経根障害患者の痛みの報告は、これまでずっと控えめなものだった。内分泌学会(Endocrine Society)の年次総会で発表された後ろ向き症例対照研究で、メトホルミンを服用し腰部神経根痛の治療を....
> 続きを読む

 

2012-07-20
トラネキサム酸の単回投与で膝の手術の血液喪失が減少(ニュース・メディカルより) ― トラネキサム酸の術中単回投与は、低侵襲の人工膝関節全置換術(TKA)を受ける患者の血液喪失を減らすのに有効であると研究が示唆している。止血帯を外す5分前に10 mg/kgのトラネキサム酸を投与されるよう無作為に割り当て....
> 続きを読む

 

2012-07-20
ツルバダ:HIV感染リスクが最も高い人達にとって良いニュースの日となった(インディペンデント紙より) - 来週の国際エイズ会議(International AIDS Conference)に先立ち、米国食品医薬品局(Food and Drug Administration : FDA)はツルバダと呼ばれる「素晴らしい」薬に新たな承認を与えました。この薬は、最も感染しやすい人達の一部において、新たなHIV感染を減らす助け....
> 続きを読む

 

2012-07-18
急性腎盂腎炎に対する抗生物質シプロフロキサシン短期間投与の有効性(モダン・メディスンより) ― 急性腎盂腎炎を有する高齢女性に経口シプロフロキサシン(シプロ、Proquin)を7日間投与すると治療に成功し安全性も認められる、とスウェーデンの研究者らが報告している。ランセット(医学誌)2012年6月20日号オンライン版に掲載....
> 続きを読む

 

2012-07-17
アルツハイマー病治療薬がダウン症患者にわずかに記憶回復をもたらす:研究(インターナショナル・ビジネス・タイムズより) ― 新しい研究によると、メマンチン(memantine)と呼ばれるアルツハイマー病治療薬は、ダウン症患者にも恩恵をもたらす可能性がある。コロラド大学の研究者らは、成人初期および10代のダウン症患者38人を対象に小試験を実施した....
> 続きを読む

 

2012-07-17
プラビックス(硫酸クロピドグレル)とは何か?(メディカル・ニュース・トゥデイより) ― プラビックス(クロピドグレル二硫酸)は、血小板の凝集や血栓形成を予防する薬である。この処方薬は血流を改善し、将来の脳卒中や心臓発作の可能性を減らす。プラビックスは、経口のチエノピリジンクラス抗血小板剤である....
> 続きを読む

 

2012-07-17
ツルバダは治療薬ではないものの、HIV対策への転機に(ニュースデーより) - 数十年来蔓延するHIV(ヒト免疫不全ウイルス)を検出・予防するうえで歓迎される医学上の画期的出来事が2つ存在し、うち1つは米国食品医薬品局(FDA)によって承認されたツルバダである。もう1つは7月初旬に導入された革新的な....
> 続きを読む

 

2012-07-16
更年期の気分変動とうつ病への手助け(バイオ・ホルモン・ヘルスより) ― プロゲステロンは気分を高めてくれることが知られていますが、大半の人に当てはまるビタミンD欠乏もみられる場合、それを解消すれば大きな効果があります。更年期の気分変動は本当につらいものですが、ひどすぎる場合、....
> 続きを読む

 

2012-07-16
FDAがHIV感染を防ぐ最初の薬、ツルバダを承認(USAトゥデーより) - 米食品医薬品局は月曜日(2012年7月16日)、HIV感染症のリスクを軽減することが示された最初の薬を承認した。エイズの原因となるウイルスに対し、30年間戦いが続いているが、これは画期的な出来事である。同局は、ギリアド....
> 続きを読む

 

2012-07-16
ツルバダとは?(エイズメッズより) - ツルバダは抗HIV薬です。さまざまな抗HIV薬の中でも、ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬(NRTIs)と呼ばれる部類に入ります。この薬は、HIVが正常なCD4陽性細胞の遺伝物質を変化させるのを阻止します。これにより、感染細胞が新たな....
> 続きを読む

 

2012-07-13
アセタゾラミドで急性高山病を防ぐ(レッドオービットより) ― アセタゾラミドは急性高山病(AMS)の予防および治療のために広く処方されているが、有効且つ安全とされる適正用量ははっきりと定められていない。アセタゾラミドの用量増加に伴う有効性および危険性を比較している....
> 続きを読む

 

2012-07-12
オキシトシンが世界で最も素晴らしい分子である10の理由(io9.comより) ― 「信頼ホルモン」と呼ばれることもよくありますが、オキシトシンは単にカップルの絆を強める以上に多くのことを行う脳内化学物質であると、ますます考えられるようになっています。オキシトシンは、私達が自らの社会的関係を....
> 続きを読む

 

2012-07-11
ツルバダの臨床試験がエイズ流行の「転換点」を示す(USAトゥデーより) - 3つの新しい研究が、エイズの原因となるウイルスであるHIVの蔓延を防止する見込みと課題を浮き彫りにしています。健康ですが高リスクの患者に抗エイズ薬を処方すると、感染のリスクを劇的に減らすことができます....
> 続きを読む

 

2012-07-08
腹部の脂肪と戦うテストステロン(デイリーRxより) ― 長期作用型のテストステロンサプリメントによるメタボリックシンドローム治療。メタボリックシンドロームとは、腹部のホルモン感受性領域を中心とした肥満に関連している可能性のある一群の症状を指す。高血圧、高レベルの脂肪....
> 続きを読む

 

2012-07-08
脳性麻痺患者のために開発された新しい治療法(インジュリー・ローヤー・ニュースより) ― 分娩時に新生児の脳に酸素が不足すると、非常に深刻で生涯に及ぶ結果を招く場合があります。実際、低酸素性脳損傷で子供が脳性麻痺を発症することがあります。これは、中枢神経系や脳に影響する症状で永続します。....
> 続きを読む

 

2012-07-05
脳卒中により損傷した脳をメトホルミンが修復する可能性(メドページ・トゥデイより) - 糖尿病治療薬として広く使用されているメトホルミンは、神経系の損傷に対しても治療薬となる可能性があると、研究者らが報告した。トロント小児病院(Hospital for Sick Children)のフリーダ・ミラーPhD(Freda Miller, PhD)と同僚らによれば、....
> 続きを読む

 

2012-07-04
ノートPCを直接膝に乗せないように(タイムズ・オブ・インディアより) - ノートパソコンを直接膝に長期間乗せていると、皮膚を傷める可能性があります。ノートパソコンは、ユーザーにモビリティーを提供するため考案されました。だから、私たちはもうデスクトップパソコンに縛られていません....
> 続きを読む

 

2012-06-30
インスリン以外の1型糖尿病治療薬(デイリーRxより) - 1型・2型糖尿病は多くの異なる特性を持つと考えられるが、類似している点もたくさんある。これらの類似点を考慮すると、いずれかの糖尿病に対する治療が、もう一方の糖尿病にも使用できる可能性があるということになる....
> 続きを読む

 

2012-06-29
日本人患者におけるリラグルチドの有効性は「容易」に予測(ニュース・メディカルより) - リラグルチドは、BOT(経口薬とインスリンとの併用療法)の代替薬として一部の日本人糖尿病患者に有効である一方、人によっては全く効果がないことが、研究者らによって報告された。ただし、日本人がリラグルチドに効果を示す....
> 続きを読む

 

2012-06-28
人種特有スキンケア:アジア人におけるスキンケアの基本(スリークゴシップより) - アジア人の肌は半透明の輝きと陶器のような艶があるとして昔から高く評価されてきた。一般に余分なメラニンが存在することで黄色く見えるが、色調は明るいベージュ色から色白まで様々である。やわらかいことに加え、....
> 続きを読む

 

2012-06-28
勃起不全に対するスタチン投与の提唱(ニュース・メディカルより) - 内科医(かかりつけ医)は、勃起不全(ED)患者にスタチンを用いた治療を提案するのが望ましい。同剤はQOL(生活の質)を改善させるだけでなく、将来的な心血管リスクも低下させる。40歳以上の勃起不全(ED)患者173人を対象とした....
> 続きを読む

 

2012-06-27
体内に住み着く寄生虫の殺傷方法(io9.comより) - 寄生虫はまさに悪夢である。3.6メートル(12フィート)もの長さの寄生虫が腸内をくまなく動き回り、真夜中に体外へ出る。都市伝説によるとダイエット剤がサナダムシを広めるという話もある。これらの寄生虫を駆除する風変わりな....
> 続きを読む

 

2012-06-25
バイオメドの研究者らがメラノーマの新規治療法を開発している(メディカル・イクスプレスより) - 夏が来たことで、ますます多くの人が戸外に向かっているでしょう。そして、日差しを浴び続けたせいで、さまざまな皮膚状態が生じる危険にさらされている可能性があります。ケビン・ブルーン博士(Kevin Bruhn, Ph.D.)とノア・クラフト....
> 続きを読む

 

2012-06-25
メトホルミンが2型糖尿病患者のがんリスクを低下させる可能性(サイエンスデイリーより) - 一般に処方されている糖尿病治療薬のメトホルミンは、2型糖尿病患者の全がんリスクを低下させることが、大規模な系統的レビューを行った研究により明らかにされている。この結果は、ヒューストンで開かれている米国....
> 続きを読む

 

2012-06-24
インスリンにリラグルチドを併用するとコントロール不良の1型糖尿病が改善される(EurekAlert!より) - コントロール不良な1型糖尿病の肥満成人は、インスリン療法に2型糖尿病治療薬リラグルチドを加えることで、血糖値を良好にコントロールできることが新たな研究により明らかにされている。研究結果は、ヒューストンで....
> 続きを読む

 

2012-06-20
小児期恐怖症に対する新たな治療法(メディカル・イクスプレスより) - 不安障害と情動障害のサポート・治療・研究を担うオーストラリアの主要施設マッコーリー大学情緒的健康センター(Centre for Emotional Health)では、小児期における犬・クモ恐怖症に対する新たな治療法を試験中である。この治療法は心理学者が....
> 続きを読む

 

2012-06-19
プロゲステロンが外傷性脳損傷の患者を救う可能性(リーガル・エグザミナーより) - ある若い女性が歩行者事故に遭い、外傷性脳損傷で肢体不自由となりましたが、事故後の人生で二度目となるチャンスを与えられました。18歳のミシェル・ヴァケーロ(Michelle Vaquero)さんは、道路を横断中、車側の非で宙に舞い上がり....
> 続きを読む

 

2012-06-18
より効果的な乳癌治療薬レトロゾール(ABCヘルスニュースより) - 新しい薬が、乳癌と戦っている命を救えるかもしれない。レトロゾールがタモキシフェンと比較してより効果的に乳癌の再発を防ぐことを、12年間の研究が証明している。研究者によれば、乳癌と闘っている何百万もの女性に対し、....
> 続きを読む

 

2012-06-18
鎮痛パッチが普及しつつある(USAトゥデイより) - キンバリー・スモーリングさん(Kimberly Smalling)は、腕を上げることができないほど線維筋痛症の痛みがひどくなることがあります。彼女は鎮痛パッチの封を開けてフィルムをはがすと、その半分を片方の肩に貼ってからベッドに潜り込み....
> 続きを読む

 

2012-06-18
日焼けを治療するための最良の方法は何ですか?(WTOP.comより) - 誰もが耳にする警告ですが、夏がやってくると日焼けの季節です。ジョージタウン・スキン(Georgetown Skin)の皮膚科医ハワード?ブルックス(Howard Brooks)博士は、冷やすことを考えてくださいと言います。通常の日焼けに対する最良の治療法は冷湿布を....
> 続きを読む

 

2012-06-18
剃刀で除毛する前のアドバイス(ワンダーウーマン・インディアトゥデイより) - まず最初に、剃刀で除毛しても、毛のきめが粗くなったり毛質が悪化したりすることはありません。毛がより濃くなるのはホルモンの変化によるものです。肌が乾燥している(または非情に敏感な)状態で、毛質がより太くなった....
> 続きを読む

 

2012-06-17
心房細動:Flec-SL試験が短期の抗不整脈薬治療の有効性を証明(EurekAlert!より) - 心房細動(AF)は最も頻繁に持続する心臓の不整脈で、ヨーロッパでは数百万人が罹患している。AFは心房の収縮を消失させ、心不全を生じさせる。さらに、脳卒中のリスクの高さに関係がある。脳卒中の5例に1例がAFに起因する....
> 続きを読む

 

2012-06-17
アラブ首長国連邦- 糖尿病男性患者のもう1つの治療選択肢(MENAFN医学誌より) - 糖尿病男性患者は病態コントロールをより効果的に行う一助となるテストステロン補充療法という代替療法に直ちに期待することができる。ただし、この治療は血液検査でテストステロン値が低いと診断された患者にしか処方....
> 続きを読む

 

2012-06-15
有毒なキツネノテブクロ抽出物がどうやって高血圧や心不全を防止できるか(デイリーメール・ヘルスより) - この植物は13世紀以来、傷を浄化するため用いられてきた。かつてビクトリア朝の凶器として使われた有毒な植物から作られた致死性の毒は、高血圧に悩む何百万人もの人々の治療に役立つ可能性がある。13世紀以来、薬草である....
> 続きを読む

 

2012-06-15
MLN9708が多発性骨髄腫治療に有望な結果を示す(ASCO 2012)(骨髄腫ビーコンより) - 3つの臨床試験の中間結果は、MLN9708が、単剤としてあるいはレブリミドとデキサメタゾンとの併用で、前治療を受けていない多発性骨髄腫患者と再発性または難治性の骨髄腫患者の双方にとって、効果的で忍容性が高い治療法である....
> 続きを読む

 

2012-06-15
メラトニンで高齢者はより多くの睡眠を得ることができる(メッドページ・トゥディより) - 市販のメラトニンは不眠で悩む高齢者に睡眠の手段を提供するようだということが、メタ分析で明らかになった。オタワ大学の精神科のレジデントであるジェニファー・ブロールト(Jennifer Brault)医師によると、55歳以上の患者の間で、....
> 続きを読む

 

2012-06-15
若者における中毒による併存症を見極める(精神医学ニュースより) - 青少年における薬物乱用の研究により、治療に関する貴重な洞察(特に併存症の果たす役割)が得られている。思春期の若者における薬物使用が増えている一方、関連疾患を治療する既存の心理社会的介入にはわずかな有効性しか....
> 続きを読む

 

2012-06-15
安価なARV混合薬が、途上国の女性らに高価なARVと同じ効果があったと研究が示す(ザ・ボディより) - ボストンのブリガム・アンド・ウィメンズ病院 (Brigham and Women's Hospital)の研究者らによる新しい研究は、安価な抗レトロウイルス薬であるネビラピンを他の抗レトロウイルス薬(ARV)と組み合わせて使用すると、途上国の女性らの間で、....
> 続きを読む

 

2012-06-15
自閉症の有効な治療法となりうるオキシトシンに関するさらなる興味深い手がかり(アトランティック誌より) - 予備的とされる新たな研究の発表において、医師らは、オキシトシン含有点鼻薬が「社会性」に関わる脳領域の活性化を助けたと述べました。社会性障害は自閉症スペクトラム障害(ASD)の1つであることが多く、「母子の絆ホルモン」....
> 続きを読む

 

2012-06-14
ネビラピンに関するWHO勧告を新たな研究が支持(世界産婦人科連合ニュースより) - 世界保健機関(World Health Organisation : WHO)の勧告では、医療物資が限られている国のHIV治療について、ネビラピンをベースとした治療は手頃で効果的な選択肢とされている。この勧告が新たな研究によって支持された。この研究はハーバード公衆衛生大学院....
> 続きを読む

 

2012-05-06
薬が拒食症からの生還に役立つかもしれない(インディペンデント紙より) - 米国で実施された新たな研究によれば、低用量の抗精神病薬が拒食症の治療に役立つかもしれない。シカゴ大学(University of Chicago)の研究者らは、マウスにおいて、拒食状態での生存率がオランザピンによって改善することを明らかにした....
> 続きを読む

 

2012-05-05
恐怖!血を吸う寄生虫(ウィンフィールド・クーリエより) - 春が来るのが早かったこと、そして冬が暖かかったことがダニの大量発生につながりました。この寄生虫とそれらが運んでくる病気について、多くの人が怖がり、強い関心を寄せているのは当然のことです。現在、米国では病気を....
> 続きを読む

 

2012-05-03
アスピリンの有益性とは?(ケープガゼット・ドットコムより) - アスピリンがもたらす健康への有益性について、いろいろと耳にします。ある種の万能薬といえるのか、それとも誇大な宣伝に私がだまされているのでしょうか?誇大な宣伝とはいえないと思います。アスピリンが多くの病気に効く....
> 続きを読む

 

2012-05-03
ダニ媒介性疾患を減らす(リーダー・テレグラムより) - さまざまな気味悪い感覚の中でも、1つは、ダニが人の脚や頭皮に這い上がってくるのを感じることです。それを考えただけで私は身震いがして、かき始めてしまいます。冬に雪がほとんど降らず、春の訪れが早かったことは....
> 続きを読む

 

2012-05-01
進行したパーキンソン病に対するゲル治療に有望な結果(UMBニュースより) - 今回の全米試験に携わったメリーランド大学医学部(University of Maryland School of Medicine)の神経学者をはじめとする研究者らは、患者の小腸に直接投与するゲルタイプのパーキンソン病治療薬が、標準的な経口薬よりも、進行したパーキンソン病(PD)患者....
> 続きを読む

 

2012-04-23
プロプラノロールが小児血管腫の標準治療とみなされる(ファミリープラクティス・ニュースより) - 現在、食品医薬品局が認可した小児血管腫の治療薬はないが、プロプラノロールが目下の標準治療であるようだと米国皮膚病学会 (the American Academy of Dermatology) 年次総会でアルフィ・クロール (Alfie Krol) 博士が述べた。2008 年以来、プロプラノロールの ....
> 続きを読む

 

2012-04-23
子宮内で脳性麻痺と闘う新たな技術(JDSUPRA.comより) - オーストラリアのメルボルンにあるモナッシュ医療センター(Monash Medical Centre)の医師らは、出産前の胎児の脳性麻痺を含めた脳損傷を防ぐ目的で、メラトニンを用いる新たな医学的研究の実施を発表した。試験は、20名の妊婦を対象に....
> 続きを読む

 

2012-04-15
消化器の診断的手技後のインドメタシン投与が膵炎を防ぐ可能性(ニュース・メディカルより) - 診断的手技、つまりERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)の実施後に膵炎になるリスクは高い。ERCPは、胆管および膵管の障害を治療するため、または診断するために広く用いられている方法である。ERCP手技の際は、....
> 続きを読む

 

2012-04-15
酒さの赤みを止める(ヘルス・ニュース・ダイジェストより) - 4月は、全米酒さ意識月間(National Rosacea Awareness month)です。全米酒さ学会(National Rosacea Society)によれば、1,600万人以上の米国人がこの病気を....
> 続きを読む

 

2012-04-14
パーキンソン病患者に対する抗うつ薬の効果(Nurse.comより) - 特定の抗うつ薬は、運動障害の悪化につながることなく、パーキンソン病患者における抑うつ状態を緩和させるように思われることが、研究で示された。「パーキンソン病では抑うつ状態が多々みられるので今回の結果は興味深いものだが、....
> 続きを読む

 

2012-04-14
関節炎の激痛を緩和させる1日あたり1ポンドの「抗うつ薬」(メールオンライン・ヘルスより) - 1日あたりの費用が1ポンド(約130円前後:2012年4月為替相場)未満の「抗うつ薬」が、変形性関節症の痛みを和らげるのに役立つ可能性がある。ジャーナル・オブ・リューマトロジー(医学誌)の最近の報告によれば...
> 続きを読む

 

2012-04-01
スタチン療法の有益性は脂質低下にとどまらない可能性(ヘルスカナルより) - ノースカロライナ大学チャペルヒル校医学部(the University of North Carolina at Chapel Hill School of Medicine)の研究者らが主導した研究によって、異常な血栓形成につながる分子経路が特定された。彼らは、コレステロール値を低下させる薬剤クラスとして....
> 続きを読む

 

2012-02-18
昔ながらの抗生物質で結核を治療できる可能性(ヘルス・ジョッキーより) ― 副鼻腔感染症の治療に抗生物質は無効であると最近主張された。一方、インペリアル・カレッジ・ロンドン(Imperial College London)の専門家らが実施した今回の分析では、昔ながらの抗生物質が結核の治療に使える可能性のあることが明らかにされた....
> 続きを読む

 

2012-02-13
アルツハイマー病に対するベキサロテン(コロントより) - アルツハイマー病に関するもう一つの興味深い結果をここに報告する。確実に利用する人がいる分野である。ケースウェスタン(Case Western)の研究グループは、様々な異なる疾患モデルマウスにおいて、レチノイドX受容体のリガンド....
> 続きを読む

 

2012-02-12
帯状疱疹は水痘ウイルスの再発です(サウスコースト・トゥデイより) ― ドノヒュー先生、こんにちは。ストレスで帯状疱疹になっていると2人の医師から言われました。確かにそうです。私は北部から南部に移って永住することなどしたくなかったのです。でも、86歳の夫に嘆願されました。....
> 続きを読む

 

2012-02-12
認可済医薬ターグレチン(Targretin)がアルツハイマー病を好転させる見込み(オールボイセズより) - 10年以上前にFDAが認可した皮膚ガン治療薬、今度はアルツハイマー治療の可能性
> 続きを読む

 

2012-02-10
ベキサロテンがアルツハイマー病を治癒する?(エグザミナーより) - アルツハイマー病協会(Alzheimer's Association)による2011年の報告書「アルツハイマー病の正確な情報(Alzheimer's Disease Facts and Figures)」 によると、アラバマ州におけるアルツハイマー病患者が11万人になると予想されている。これは...
> 続きを読む

 

2012-02-10
ベキサロテン ― マウスでアルツハイマー病の症状を好転させる薬(ヘルス・インディア.comより) - ベキサロテンはFDAが承認した抗ガン剤だが、研究によるとアルツハイマー病の発症による病理的、認知的な記憶障害を好転させるようである。この結果が示すのは、ベキサロテンという薬が、この進行性の脳疾患にかかっている....
> 続きを読む

 

2012-02-09
マウスにおいてアルツハイマー病の症状が改善(サイエンティフィック・アメリカンより) - マウスに投与した抗がん剤が、脳に障害を与えるタンパク質を除去し、数日以内に認知機能の改善をもたらしたとはいえ、ヒトにも作用するのだろうか?
> 続きを読む

 

2012-02-09
抗がん剤によりアルツハイマー病が治療できる可能性(マイヘルス・ニュース・デイリーより) - 脳は多量のエネルギーを必要とするが、脳の部位によってはマラソンをするときに脚が消費するのと同じぐらい多くのエネルギーを常に消費している。このエネルギーの大半はブドウ糖から....
> 続きを読む

 

2012-02-08
顔面粃糠疹(ひこうしん)を発症している? - 治療薬(ボールドスカイより) ― 顔面ひこう疹(糠状の落屑を特徴とする皮膚病)を発症していますか? この疾患を知らない人のために具体的な説明を加えると、顔面から薄片が剥がれ落ちる症状がみられるもので、単なる乾燥皮膚ではなく、「脂漏性皮膚炎」....
> 続きを読む

 

2012-02-02
がんに対する新たな対抗手段、コルヒチン(ニュース・メディカルより) ― 体の異常細胞のみをターゲットとし、健康な組織には無害な薬を見つけることは、がん研究者の目標である。それが、ブラッドフォード大学がん治療研究所(the Institute of Cancer Therapeutics at the University of Bradford)の所長であるローレンス・パターソン(Laurence Patterson)教授と....
> 続きを読む

 

2012-02-01
関節形成術にてトラネキサム酸含有の輸液を最初に投与すると輸血をする必要性が減少(整形外科トゥデイより) ― 関節再建における最新コンセプト(Current Concepts in Joint Replacement)2011年冬期総会での発表によれば、人工股関節置換術または膝関節置換術を施行する患者に対し、輸血やトラネキサム酸などの抗線溶薬を使用するよりも、最初に輸液を投与した方が....
> 続きを読む

 

2012-02-01
重症ニキビにアダパレン合剤を用いた継続治療費の節約(スキン&アレルギー・ニュースより) - リスボン発 ― 重症ざ瘡(ニキビ)に対する固定用量のアダパレン0.1%/過酸化ベンゾイル2.5%の合剤を用いた長期治療は、将来的な治療費の大幅な削減になることが、多施設共同無作為化二重盲検臨床試験で示された....
> 続きを読む

 

2012-01-31
腎機能障害を有する糖尿病患者に対するフェノフィブラートは安全であると判明(ドクターズ・ラウンジより) ― フェノフィブラートの長期的連日投与は、中等度の腎機能障害を有する2型糖尿病患者に有益であるほか、軽度腎機能障害を有する患者と比較して薬剤関連の安全性に関する懸念事項は増加しないことが、糖尿病ケア(Diabetes Care)誌2月号に....
> 続きを読む

 

2012-01-25
シルデナフィルがリンパ管奇形に対し可能性を示す(ドクターズ・ラウンジより) ― ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン1月26日号に掲載された手紙で提示された3つの症例によると、シルデナフィルによる治療の結果、小児のリンパ管奇形は退縮する。カリフォルニア州にあるスタンフォード大学....
> 続きを読む

 

2012-01-20
スタチン:心臓病薬の連日投与が何千もの命を救う(イクスプレスより) - スタチンというコレステロールを低下させる心臓病薬を毎日服用することが、癌を打破する鍵となる可能性がある。この薬は心臓発作と脳卒中を予防する目的で何百万という人に毎日服用されているものだが、腫瘍の増殖や....
> 続きを読む

 

2012-01-20
スピロノラクトン投与によりメタボリックシンドローム患者における心筋異常が改善(ヘアリオより) - ACE(アンジオテンシン変換酵素)阻害薬またはアンギオテンシン受容体遮断薬に、スピロノラクトンを併用すると、メタボリックシンドローム患者の線維化マーカーが低下するとの試験結果が明らかにされた。メタボリックシンドローム....
> 続きを読む

 

2012-01-19
皮膚パッチによりアルツハイマー病がいくぶん緩和される(スタンダード紙より) - 皮膚パッチがアルツハイマー病の有害事象を軽減するのに役立つ可能性のあることが、香港中文大学(Chinese University)の医師らによって明らかにされた。アルツハイマー病は不治の病であるものの、アセチルコリンエステラーゼ阻害薬という....
> 続きを読む

 

2012-01-12
3歳の女児、生まれつきのあざに生命を脅かされるも克服(iolニュースより) - 生まれつきのあざのせいで死に直面した3歳の女児が、英国での先駆的治療を試みる最初の患者となった末、ようやく笑顔を取り戻すことができた。ミリー・フィールド(Millie Field)ちゃんが生まれたとき、顔面に小さな青い斑点がみられたが、....
> 続きを読む

 

2012-01-12
熱射病の新薬となるか? 悪性高熱症への影響(ニュースワイズ誌より) - 悪性高熱症と熱射病における類似症状

悪性高熱症とは生命を脅かす遺伝的筋障害であり、麻酔時に使われる特定タイプの薬剤にリスクを有する人が最も発症しやすい。一方、熱射病は主に高温/湿潤環境下での労作により生じるものである。悪性高熱症と熱射病は主な誘因が異なるとはいえ....
> 続きを読む

 

2012-01-12
「あの」感覚を理解する(ポストヌーンより) - 全世界があなたの周りを回っているかのような、あの感覚を経験したことがありますか?突然平衡感覚を失うかのように感じたことがありますか?そうであれば、おそらくあなたが経験したのはめまいです。めまいとは、基本的に....
> 続きを読む

 

2012-01-12
熱射病の新薬となるか? 悪性高熱症への影響(ニュースワイズ誌より) - 悪性高熱症とは生命を脅かす遺伝的筋障害であり、麻酔時に使われる特定タイプの薬剤にリスクを有する人が最も発症しやすい。一方、熱射病は主に高温/湿潤環境下での労作により生じるものである。悪性高熱症と熱射病は....
> 続きを読む

 

2012-01-11
フランベジア治療にアジスロマイシンの経口単回投与が有効(ドクターズ・ラウンジより) - ランセット誌(Lancet)の1月11日付オンライン版に掲載された研究によれば、風土性トレポネーマ症であるフランベジアの治療に関して、アジスロマイシンの経口単回投与は推奨されている標準治療のベンジルペニシリンベンザチン....
> 続きを読む

 

2012-01-07
より早期の薬剤投与により、禁煙しやすくなる可能性(PsychCentral.comより) - タバコをやめたいですか? 禁煙開始する数週間前から禁煙補助薬を飲み始めると、治療が成功しやすくなる可能性のあることが、新たな研究で示唆された。バッファロー大学ロズウェルパークがん研究所(Buffalo Roswell Park Cancer Institute:RPCI)が実施した臨床試験では、....
> 続きを読む

 

2012-01-06
医師の目線で考えてみよう:アイスピック痛が解消!(ニューヨーク・タイムズ紙より) - 頭部にシュー(またはヒュー)という音が感じられ、左側の首と頭に鋭い穿刺痛が認められる中年女性の診断を見立ててもらえるように、水曜日に雑誌「Well(ウェル)」読者へ申し出た。約400人の読者から、この患者の問題について....
> 続きを読む

 

2012-01-05
歯周病の新たな治療法(デンティストリーIQより) - 歯周炎は炎症性疾患であり、バイオフィルム内の細菌と、宿主応答により惹起されたさまざまな因子の多面的相互作用によって生じます。病原性の細菌は、歯の表面や歯肉溝にコロニーを形成します。歯周炎における細菌の....
> 続きを読む

 

2012-01-05
子供におねしょを克服させるための戦略(ナラガンセット・パッチより) - トイレ・トレーニングは終わっているのに、夜まだおねしょをする子供がいたとしても、これはあなただけではありません。米国では、500万人の子供が6歳以上でもまだ夜間、おねしょをしています。育児をする上でたくさんの....
> 続きを読む

 

2012-01-04
痛風の再発を防ぐ(ctpost.comより) - 最近、私は尋常ではない状況を経験しました。何の前触れもなく、ある朝、足の激しい痛みで目が覚めたのです。今までこのような経験をしたことは一度もありません。週末でしたので、私はウォークインクリニックに行きました....
> 続きを読む

 

2012-01-03
喫煙による肺の損傷を降圧薬により軽減しうることが、ジョンズホプキンスによるマウス試験で明らかとなる(パームビーチ・デイリーニュースより) - 一般的に処方される降圧薬が、喫煙に起因するかなりの量の肺損傷を防ぐ能力を持つと考えられる。慢性の肺気腫・気管支炎などの喫煙関連の慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者を対象とするロサルタンカリウムという薬の臨床試験....
> 続きを読む

 

2011-12-26
完璧な組合せ:抗うつ剤と話し合い療法を一緒に行うと効果的な理由を科学が解明し始めた(フォーブスより) - 抗うつ剤は長年、抑うつ症や不安神経症などの気分障害の治療に使われてきており、頼りになる治療薬としてますます信頼を高めている。だが、抗うつ剤がどのように作用するのか、もっと正確に言えば作用する理由を....
> 続きを読む

 

2011-12-26
シルデナフィルが心臓病を緩和させる仕組みに関する報告(ニュース・メディカルより) - バイアグラの有効成分シルデナフィルが心臓病を緩和させる仕組みについて、ロチェスター(ミネソタ州)のメイヨークリニック(Mayo Clinic)の研究者らとの共同研究で、ボーフム(Bochum)の研究者らが....
> 続きを読む

 

2011-12-22
恐れ知らずの若さ:プロザックが脳を若返らせることで不安を消失させる(サイエンティフィック・アメリカンより) - 抗うつ薬は、脳の可塑性を増大させることによって成体マウスにおける恐れを軽減させることが新たな研究で示されている。実験用成体マウスが特定の刺激(音や閃光)と、電気ショックの痛みを結びつけることを一旦学ぶと....
> 続きを読む

 

2011-12-21
失明を阻止する治療に画期的躍進(カリフォルニア大学サンフランシスコ校より) - 失明の可能性のある眼感染症に対する一般的治療を年1回行った場合でも、6ヵ月ごとに行うのと同等の効果を得られることが、UCSF試験によって明らかにされた。この無作為化試験はトラコーマに関するもので....
> 続きを読む

 

2011-12-21
自己免疫疾患および線維筋痛に低用量ナルトレキソン投与? 未完の研究(プロヘルスより) - 「低用量ナルトレキソン(LDN)が、数百万人におよぶ自己免疫疾患・中枢神経障害・癌・HIV/エイズ患者の治療に大いに有望であると考えている第一人者らもいる」-ジョーゼフ・マーコラ医学博士....
> 続きを読む

 

2011-12-18
どんな食品が体の痒みを引き起こすのか?(ジョイ・オンラインより) - 食品は一般に、食物アレルギーや花粉アレルギー、ヒスタミン過敏症など別の疾患がなければ体の痒みの原因とはならない。特定の食品を摂取した後に体の痒みが生じたら、痒みの原因となった食品を書き留めておくこと....
> 続きを読む

 

2011-12-18
ヒト免疫不全ウイルスに未感染で生まれてくるために(アジアン・トリビューンより) - すべての子供たちは、たとえ両親のどちらか若しくは双方がHIVに感染していても、HIV陰性で生まれてくる権利がある。UNAIDS の2011年報告書によると、インドのHIVの新規感染者数は2009年に....
> 続きを読む

 

2011-12-18
禁煙後の人生はより幸福になるという研究(オンライン・インターナショナル・ニュースネットワークより) - 禁煙をすると、人はより健康になるだけではなく、その人のクオリティ・オブ・ライフも向上するということが新しい研究によって分かった。「禁煙するのはつらいのですが、実際に禁煙できた時は考えもしなかったような....
> 続きを読む

 

2011-12-17
スタチン類はインフルエンザ患者の死亡率を下げることができるのか?(デコーデッド・サイエンスより) - スタチン類はコレステロール降下剤だが、近年、インフルエンザで入院している患者に治療効果がある可能性が見出されてきた。12月14日に発表された研究は、これらの薬が血液中のコレステロールを下げることができる....
> 続きを読む

 

2011-12-15
エベロリムスとエキセメスタンの併用が乳癌に有効(ドラッグ・ディスカバリー&ディベロップメントより) - エベロリムスとエキセメスタンの併用が、乳癌の治療として有望であることが明らかにされた。「閉経後のホルモン受容体陽性転移性乳癌患者において、エキセメスタン投与にエベロリムスを追加すると、癌を抑制できる期間が....
> 続きを読む

 

2011-12-15
妊娠中のてんかん治療(デイリーRxより) - 抗てんかん薬フェニトインを服用している妊婦から生まれる乳児に、先天性欠損リスクのあることが明らかとなっている。今回の新規研究では、新しい抗てんかん薬ほど、安全性が高いというデータを裏付けることを目的とした....
> 続きを読む

 

2011-12-12
オキシトシンスプレーが社交不安を軽減する可能性(PsychCentralニュースより) - クリスマスパーティー、面接、更には初デートなどの社交機会がストレスとなる人もいる。研究者らは、鼻スプレーを介した自然薬の服用がストレスを緩和し、より気持ちを落ち着かせ、より社交的な性格にしてくれるという....
> 続きを読む

 

2011-12-10
肺血栓後に低用量のアスピリンを投与すると再発が予防できる可能性(USニューズ・アンド・ワールド・リポート誌より) - 危険な肺血栓に対する強力な抗凝固薬の投与後、患者に低用量のアスピリンを投与することで、血栓の再発する確率が低下する可能性のあることが、新たな研究によって明らかに....
> 続きを読む

 

2011-12-10
抗レトロウイルス剤に関する更なる研究が乳児の人生を変える可能性(ザ・シチズンより) - およそ一世紀前、米国大統領エイブラハム・リンカーンはある感動的な発言をした。この発言は今日においても、特にHIVと共に生きる世界中の人々にとって重要な価値がある。「結局のところ、大切なのは何年生きられるか....
> 続きを読む

 

2011-12-10
再発/進行した皮膚T細胞リンパ腫患者に対する維持療法として経口レナリドマイドが有用である可能性(MPRより) - カリフォルニア州サンディエゴ発 - 第53回アメリカ血液学会年次総会・展示会で発表された第2相多施設共同試験の結果によれば、再発/進行した皮膚T細胞リンパ腫 (CTCL)患者に対する経口レナリドマイドの活性は....
> 続きを読む

 

2011-12-09
スタチン治療は乳房密度を変えない(ファミリープラクティス・ニュースより) - サンアントニオ ― 乳がんのリスクが高い閉経前女性の小規模ランダム化第III相試験で、アトルバスタチンによる治療は1年後のマンモグラフィ濃度を大きく変えなかった。スタチン類は心血管疾患予防に広く使われているが....
> 続きを読む

 

2011-12-09
スタチン類がアルツハイマー病治療に有効である可能性を研究が示す(PRニュースワイヤーより) - アリゾナ州サンシティ ― これまでの研究では、コレステロールを降下させる特定のスタチン類薬剤が、アルツハイマー病(AD)患者に有効でない可能性が示唆されてきた。実際、18ヵ月シンバスタチンで治療した患者の研究では....
> 続きを読む

 

2011-12-09
肥満により乳癌の転帰が悪化(cbs42.comより) - アラバマ州バーミングハム(アイヴァンホー・ニュースワイヤー)発 -- 肥満が原因で生じるいろいろな健康問題とは別に、1つの新たな問題が現れた。最近の研究によれば、肥満は早期乳癌における全体的な転帰悪化と関連している....
> 続きを読む

 

2011-12-08
脱毛症は動物の抜け毛と似ている(abcニュースより) - 一年の間で特定の時期にみられる動物の抜け毛と、男性型脱毛症の科学的背景は同じかもしれない。南カリフォルニア大学(University of Southern California)による新たな研究から、脱毛は毛包内だけでなく、毛包の周囲組織のホルモンによっても....
> 続きを読む

 

2011-12-07
ケトロラク製剤によりPRK後の症状が緩和(モダンメディスンより) - カンザス州、カンザスシティ-PRK(レーザー屈折矯正角膜切除術)後の患者の快適感は、人工涙液製剤(システイン(Systane)、アルコン・ラボラトリーズ社(Alcon Laboratories))よりも....
> 続きを読む

 

2011-12-05
不安症の治療: 薬物療法または精神療法、もしくはその併用療法が有用(ロサンゼルス・タイムズより) - 不安症患者には、認知行動療法を選択する患者もいれば、薬剤を選ぶ患者もいる。また、発作を回避するため、これらの併用療法を必要とする患者もいる...
> 続きを読む

 

2011-12-05
最新の抗うつ剤の有効性はほぼ同じであるが、副作用や即効性は薬によって異なると研究が見出す(WebMD医療ニュースより) - 新たな分析によると、最新の抗うつ剤はすべて、有効性はほぼ同じだが、誰にとっても作用が同じという訳ではない。「製薬業界の主張に反し、有効性だけを基準にし、ある薬より別の薬を選択した方が良いということを....
> 続きを読む

 

2011-12-03
睡眠薬により半死半生の人が覚醒するとみられる(ニューヨーク・タイムズ紙ヘラルド・トリビューンより) - ジュディ・コクス(Judy Cox)が息子を見た瞬間、その死を悟った。2008年10月のある朝のこと、ジュディが用事で出掛けようと玄関を出て車庫に通じる道に急いでいると、仰向けに横たわる紫色の染みに顔面蒼白の....
> 続きを読む

 

2011-12-02
プロザックが成人期自閉症の症状を緩和する可能性(ウェブMDより) - 抗うつ薬プロザックが自閉症スペクトラム障害の特徴的症状(反復的な強迫行動)の治療に有用であるように思われる。新たに発表された研究は、自閉症の成人患者を対象に実施されたもので、プロザック(フルオキセチン)を投与した患者....
> 続きを読む

 

2011-11-30
関節炎の痛み:手術前に試したい3つの新規治療法(Caring.comより) - 関節炎患者は、慢性痛と共に生活するか、手術を受けるかの迷う2択を迫られがちである。実際のところ関節炎の痛みは、18歳以上のアメリカ人における身体障害の主因となっており、50歳を超える全成人の半数に認められる....
> 続きを読む

 

2011-11-28
鎮痛効果のある一般的な薬(ニュース・ジャーナルより) - 18世紀のイギリスでは、柳の樹皮からサリチル酸と呼ばれる成分を抽出して、関節炎の痛みの治療に使用していました。このサリチル酸から初の関節炎特効薬として発見されたアセチルサリチル酸は、現在、アスピリンと....
> 続きを読む

 

2011-11-28
腸内細菌の治療で酒さが改善する可能性(内科学ニュースより) - メリーランド州ナショナルハーバー発 - 酒さと小腸内腸内細菌の異常増殖の両方が認められる患者に対するリファキシミンの治療は、一部の患者で酒さの改善に関連することが、小規模予備試験において認められた....
> 続きを読む

 

2011-11-25
ビスホスホネートの使用によりER陽性症例の対側乳癌リスクが低下(HemOncトゥデイより) - 最初にER陽性の原発浸潤性乳癌を発症した女性において、ビスホスホネートの全身投与と長期使用は、対側乳癌のリスク低下と関連した。研究者らは、ワシントン州西部のSEER集団ベース癌登録のデータを用いて、研究の....
> 続きを読む

 

2011-11-25
医師が勧める睡眠改善効果のある6つの方法(フォックス・ニュースより) - 羊を数えるのに嫌気がさしてませんか? 以下の睡眠改善法の中から1つ試して快適な睡眠を確保しましょう。1. アロマテラピー(芳香植物療法) 適応:眠く感じるものの、少し緊張状態のとき。用法:就寝前、アロマテラピー....
> 続きを読む

 

2011-11-25
ダントロレンでハンチントン病を軽減しうる(メドインディアより) - ハンチントン病(HD)は人の歩行、発話、思考能力に影響する遺伝性の神経変性疾患で、不随意運動や筋肉の協調運動喪失を発症する。新しい研究は、RyanR阻害剤ダントロレンがハンチントン病マウスの歩行とバランスの障害を....
> 続きを読む

 

2011-11-24
スタチンの有益性についての検討(キャリック・トゥデイより) - 「心臓発作や脳卒中のリスクがある人たちに強力なスタチン処方をすれば、1年に何千件もの死亡を防ぐことができる」とデイリー・メール(Daily Mail)紙が報じました。この新聞によれば、スタチンの強力な使用は標準療法より....
> 続きを読む

 

2011-11-23
スタチン使用の長期的な有益性と安全性が試験によって確認された(ファームプロより) - 水曜日にランセット誌(Lancet)に発表されたある試験結果は、心血管疾患リスクの高い人にスタチンを投与すると、その効果が投与終了後少なくとも5年間は持続することを示している。また、この薬を使用しても....
> 続きを読む

 

2011-11-22
オーストラリアの医師がギャンブル依存症患者に抗ヘロイン剤を処方(テレグラフより) - ギャンブル依存症患者を治療しているオーストラリアの医師が、ギャンブル依存症患者に衝動を抑えられるよう抗ヘロイン剤であるナルトレキソンの処方を検討するよう勧告されている。メディカル・ジャーナル・オブ・オーストラリア....
> 続きを読む

 

2011-11-20
エネルギー切れ?脳の動きをスローにしよう(io9.comより) - 脳は多量のエネルギーを必要とするが、脳の部位によってはマラソンをするときに脚が消費するのと同じぐらい多くのエネルギーを常に消費している。このエネルギーの大半はブドウ糖から....
> 続きを読む

 

2011-11-16
結膜下コルチコステロイドで特定の前強膜炎の治療の可能性(OSNスーパーサイトより) - 研究により、結膜下トリアムシノロンアセトニドは、少数の患者に眼圧上昇という限られた副作用は伴うが、非壊死性で非伝染性の前強膜炎の治療に使用できるかもしれない、と分かった。「トリアム....
> 続きを読む

 

2011-11-16
遺伝性皮膚症に対する「天才的」といえる局所外用療法(スキン&アレルギー・ニュースより) - 稀な脂質代謝の遺伝性疾患により生じる皮膚異常を治療する新たな局所的アプローチが、遺伝性皮膚症の専門家らによって絶賛されている。欧州皮膚科学・性病学会議(EADV: European Academy of Dermatology and Venereology)の年次総会でトマス・シュワルツ(Thomas Schwarz)博士は....
> 続きを読む

 

2011-11-16
最大用量のロスバスタチンとアトルバスタチンはアテロームを同程度に退縮させる(ファミリープラクティス・ニュースより) - オーランド-米国スタチン市場でトップに位置するロスバスタチンとアトルバスタチンについて、冠動脈疾患がある患者1,000例以上を対象に直接比較が行われた。試験はロスバスタチンの優位性をより明確に証明するよう意図....
> 続きを読む

 

2011-11-16
痛風治療薬が術後の不整脈発生率を下げる(ヘルスカナル・ドットコムより) - 研究のハイライト:-プラセボ対照無作為化試験において、コルヒチンは、心膜切開後症候群および術後心房細動の発生率を約半分に減らした。-心臓手術を受けた患者の入院期間についても、コルヒチン投与群のほうが....
> 続きを読む

 

2011-11-16
糖尿病治療薬が末期腎不全患者の体重に及ぼす影響に差異(メドページ・トゥデイより) - 2型糖尿病および末期腎疾患(ESRD)を有する患者に2剤の経口血糖降下薬を投与したところ、同程度の糖尿病コントロールが得られたが、シタグリプチン(ジャヌビア)の場合では体重増加を伴わなかったことが、米国腎臓学会(American Society of Nephrology)....
> 続きを読む

 

2011-11-16
脂肪を燃焼させるクレンブテロール(スカイニュースワイヤ・ドットコムより) - 今回は、ステロイドを使用した後の水分排出についてお話します。初心者の多くは、水分排出とは何か、なぜそれを行う必要があるのか理解さえしていません。ボディビルでは、完璧なプロポーションを持つ体を作り上げます....
> 続きを読む

 

2011-11-15
バイアグラで皮膚癌が治癒できる?(フォーブスより) - 世界の高齢男性を救う医薬品バイアグラは、同剤の根強い愛好者でも知らない価値を有する可能性がある。最新研究の結果が裏付けられれば、バイアグラは最終的に悪性黒色腫に対する一次治療となるかも....
> 続きを読む

 

2011-11-15
アルツハイマー病との闘い(モダンメディシンより) - 研究により、結膜下トリアムシノロンアセトニドは、少数の患者に眼圧上昇という限られた副作用は伴うが、非壊死性で非伝染性の前強膜炎の治療に使用できるかもしれない、と分かった。「トリアム....
> 続きを読む

 

2011-11-15
メタンフェタミン乱用に対する抗うつ薬における有望な初期結果(バルチモア・サンより) - 抗うつ薬ミルタザピンは、少なくとも短期的に一部のメタンフェタミン中毒者の薬剤使用を抑制するのに役立つ可能性のあることが小規模試験で示唆された。依存性の高い刺激物質メタンフェタミンは、鼻・口から吸引したり....
> 続きを読む

 

2011-11-15
痛風は単なる関節炎の疼痛発作にあらず(イサクア・プレスより) - アメリカ人の830万人以上が痛風に罹患している。滑液中の尿酸が過剰になると、滑液中に針状結晶が形成されて、身体に炎症反応が起き、その結果として急性関節炎の一種である痛風が起こる。尿酸は身体の細胞代謝の老廃物....
> 続きを読む

 

2011-11-14
乾癬について:症状・治療・予防(エンパワーより) - タザロテンのゲル剤は尋常性乾癬を安定させるために有効だが、コールタールもそれに匹敵する可能性がある。アロエベラは皮膚に塗布して用いる。リンゴ酢は、浴槽の湯に加えるか、モイスチャーローションとして使用、もしくは単に皮膚に....
> 続きを読む

 

2011-11-14
ラティースを頭髪にも?まつ毛育毛剤が薄毛も改善(トゥデイヘルスより) - ラティースが、近々男性向けの(そして女性向けの)ヘアサロンに導入されるかもしれません。ラティースは、最初は患者の性別にかかわりなく緑内障治療薬としてのみ存在していましたが、現在は、まばらで印象の薄いまつ毛を長く濃くして....
> 続きを読む

 

2011-11-14
乳がんに対するタモキシフェン耐性の秘密とそれを克服する方法が識別された(バイオスコラー・ドットコムより) - カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)の科学者らは、乳がんに対するタモキシフェン耐性の分子基盤を発見し、それを克服する可能性のある方法を見出した。この30年間、何千人もの乳がん患者の女性がタモキシフェン....
> 続きを読む

 

2011-11-13
腎臓病を併発している糖尿病患者のための最もよい薬(メドインディアより) - 研究者らは、2型糖尿病と慢性腎臓病を併発している患者の血糖値を下げるのに、シタグリプチンがグリピジドと同程度に有効であることを見出した。シタグリプチンの長所:シタグリプチンは、グリピジドと比べ、血糖値を....
> 続きを読む

 

2011-11-12
中性脂肪の増加に対する治療(クリニカル・アドバイザーより) - トリグリセリド(中性脂肪)が、男性よりも女性における心血管疾患(CVD)リスクの重大な指標であるなら、LDL(低密度リポタンパク質)が正常値であっても治療すべきですか? その場合に用いる最適な薬は何....
> 続きを読む

 

2011-11-12
1日あたり8ペンス(10円)の糖尿病治療薬で「卵巣癌を阻止できる」(メールオンライン・ヘルスより) - 1日あたり8ペンス(2012年6月為替相場で10円)かかるだけの薬剤が、卵巣癌の予防に大躍進をもたらす可能性がある。メトホルミンは錠剤型になっており、NHS(イギリス国家健康保証制度)では2型糖尿病患者の治療に広く使用している....
> 続きを読む

 

2011-11-11
スルホニル尿素剤よりもメトホルミン投与で腎臓リスクと死亡リスクが低下(腎臓&泌尿器科学ニュースより) - 2型糖尿病にスルホニル尿素剤を初期投与すると、メトホルミンの初期治療と比べ、腎機能低下、末期腎疾患(ESRD)、または死亡のリスク増加に関連することが、2011年米国腎臓学会議(Kidney Week)で発表された研究結果で示された....
> 続きを読む

 

2011-11-11
研究:ナルトレキソンの使用によるオピオイド依存症の再発予防(ベッカーズ・レビューより) - 月1回の徐放性ナルトレキソン筋肉内注射の使用は、解毒後のオピオイド依存症再発を予防する有効な方法となる。この結果は、米国精神医学・精神衛生学会年次総会....
> 続きを読む

 

2011-11-11
ビタミンD類似体2種が二次性副甲状腺機能亢進症に同様の有効性を示す(腎臓泌尿器科ニュースより) - 高テストステロンは年配の男性、特に体重が減少している人の除脂肪体重の減少を抑制すると、最近の多施設研究の結果が示している。これらの男性には、高テストステロン値と体力低下緩和との関連も見られた。
> 続きを読む

 

2011-11-11
肺炎は入院治療よりも在宅治療が効果的だと画期的な研究が見出す(メディカルエクスプレスより) - ランセット(Lancet)オンライン版に掲載された画期的な調査によると、「女性ヘルス・ワーカー」が在宅治療した重症肺炎の患児が、医療機関に紹介された患児より回復していることを見出した。
> 続きを読む

 

2011-11-10
上皮下浸潤の治療薬として副腎皮質ステロイドに代わるシクロスポリンA 1%(眼科手術ニュースより) - 副腎皮質ステロイド点眼薬の離脱が不可能な患者に、シクロスポリンA点眼薬を投与すると治療に成功がもたらされることが、研究により明らかとなった。アデノウイルス角結膜炎後の上皮下浸潤の治療薬としてのシクロスポリンA 1%点眼薬....
> 続きを読む

 

2011-11-10
慢性骨髄性白血病(CML)(癌ネットワークより) - 慢性骨髄性白血病(CML)は、未分化造血幹細胞の悪性形質転換(がん化)から生じるクローン性の骨髄増殖性疾患である。CMLはモノクローナル(単一細胞クローン由来のタンパク)が原因となり、骨髄、単球、赤血球、巨核球、B細胞....
> 続きを読む

 

2011-11-10
子供用虫下し錠剤(デカンクロニクルより) - 学校保健プログラムの一環として、チェンナイ市の公社保健局は学童によく見られる腸内寄生虫感染症の治療に対し、児童70万人に錠剤を配布することを決定した。学童の活力レベルを高めることを主要な背景としたこの配布....
> 続きを読む

 

2011-11-10
高テストステロンで筋肉量の維持が可能(モダンメディシンより) - 高テストステロンは年配の男性、特に体重が減少している人の除脂肪体重の減少を抑制すると、最近の多施設研究の結果が示している。これらの男性には、高テストステロン値と体力低下緩和との関連も見られた。
> 続きを読む

 

2011-11-10
急性肺障害および急性呼吸促迫症候群(ALI-ARDS)に対するステロイドは早期投与すれば有用となる可能性(ファミリープラクティスニュースより) - コルチコステロイドの使用が、急性肺傷害と急性呼吸促迫症候群を有する患者に利益をもたらすのかどうかの判定はまだ下されていない、とスチーブン・ペイストアズ(Stephen M. Pastores)博士は....
> 続きを読む

 

2011-11-10
夏が終わってからの肌と髪のお手入れ(ABCモンタナより) - 秋に入ると、肌や髪が日焼けしていた状態から、日焼けによるダメージを受けた状態になることに気づく。ロサンゼルスの皮膚科医レベッカ・フィッツジェラルド(Rebecca Fitzgerald)博士は「9月に来院する患者は、褐色の斑点や、毛細血管の損傷....
> 続きを読む

 

2011-11-09
歯周病の治療に全身性抗生物質投与(デンティストリーIQより) - 慢性歯周炎は、歯垢バイオフィルムと体内免疫応答との相互作用によるものである。バイオフィルムは、歯面に付着した細菌が多層状になった生態系であり、浮遊する単独の微生物叢と比べ、抗生物質および免疫応答からの....
> 続きを読む

 

2011-11-09
腎障害患者における痛風発作の予防 - 投与量の手引き(メディカルニュース・トゥデイより) - 米国リウマチ学会(ACR:American College of Rheumatology)の年次総会で発表された新たな薬物動態(PK)試験の結果では、腎障害患者の痛風発作の予防にコルヒチンを使用することに関し、新たな科学的根拠に基づいた....
> 続きを読む

 

2011-11-09
慢性腎疾患 ― 心血管系有害事象への対処が必要(アイリッシュ・メディカルタイムズより) - 腎臓指導医ジョージ・メロッテ(George Mellotte)教授は、慢性腎臓病患者に対する適切な一次医療での管理が、全体的な心血管リスクを低下させ、腎不全への進行を遅らせる可能性のあることを最近のダブリン....
> 続きを読む

 

2011-11-09
ループス腎炎の新ガイドラインが治療に対応(スキン&アレルギー・ニュースより) - シカゴ-成人ループス腎炎のスクリーニングと管理のための米国リウマチ学会(American College of Rheumatology)のガイドラインは、2012年初旬に最新の改訂版が発行予定だが、この改訂版ガイドラインは....
> 続きを読む

 

2011-11-09
多発性骨髄腫:課題と進歩(EmpowHER.comより) - 多発性骨髄腫は予後が特異なガンである。カナダ統計局の最近の調査で、多発性骨髄腫に罹患し最初の5年間存命した患者が、次の5年間生存する可能性は60パーセントしかないことがわかった。ラリー・F・エリソン....
> 続きを読む

 

2011-11-09
局所性ジストニアの治療法とは(EmpowHER.comより) - 局所性ジストニアの患者は、顎、声帯、首など体の特定部分において、筋肉の不随意収縮が見られます。この病気はさまざまな要因によって起こります。例えば、外傷や脳卒中などの脳損傷が原因となることがあります....
> 続きを読む

 

2011-11-08
関節炎のためにできること(フィリピン・スターより) - >研究者らの推定では、生涯の間に全成人の半数と肥満成人の3分の2が、膝の関節炎を発症することになる。一方、その発生数は増加しているうえに、かなりの痛みと能力障害を引き起こすものであるにもかかわらず、治療は依然として挫折感や混乱を招ねくものである。
> 続きを読む

 

2011-11-08
バイアグラを使用して悪性メラノーマを阻害(インサイエンス・オーガナイゼーションより) - 腫瘍の多くは慢性炎症を引き起こすので、結果として免疫系がもたらす腫瘍への特異的攻撃が抑制される。ドイツがん研究センター(DKFZ)とハイデルベルク大学(Heidelberg University)マンハイム医学部....
> 続きを読む

 

2011-11-04
エスシタロプラムによりオピオイド依存症患者における疼痛強度と疼痛による障害を軽減(ニューズ・メディカルより) - エスシタロプラムという抗うつ薬と一般的疼痛の緩和との間の関連を証明する恐らく初めての研究において、ボストン大学医学部(Boston University School of Medicine:BUSM)の研究者らは....
> 続きを読む

 

2011-11-04
男性更年期の治療方法(FoxNews.comより) - 低テストステロン値の男性を治療すべきかどうかの見方は、ここ数年大きな議論になっている。この議論はテストステロン治療のリスクと利益に関連するもので、データからは加齢に伴う男性の血清総テストステロン値の低下が....
> 続きを読む

 

2011-11-04
心臓病が低テストステロンに関連(サードエイジより) - 低テストステロン値の男性は心臓病のリスクが高い可能性のあることが、新たな研究で示された。3,600人を超える高齢男性から得た5年間にわたるデータを研究者らが解析したところ、低テストステロン値の男性は....
> 続きを読む

 

2011-11-03
トピラマートとクエチアピンの併用により青年期の双極性障害患者における大麻使用が減少(クリニカル・サイカイアトリー・ニュースより) - 患者75人を対象とした試験に基づき、大麻(カンナビス)の使用頻度が高いと報告した双極性障害(躁鬱病)の青年(12歳~19歳)に対するトピラマートとクエチアピンの併用療法は忍容性が良好であったことが....
> 続きを読む

 

2011-11-01
一般的なほとんどの感染症に従来の抗生物質が依然として有効(ペディアトリック・スーパーサイトより) - 米国小児科学会2011年全国会議・展示会(American Academy of Pediatrics 2011 National Conference and Exhibition)での発表者の1人によると、全ての有効な抗生物質から....
> 続きを読む

 

2011-11-01
セレコキシブは手足症候群を軽減できるのか?(クリニカルオンコロジーより) - 最近行われた研究は、カペシタビンをベースとした治療に、セレコキシブを併用すると、手足症候群(HFS)の発生率が低下すると結論付けている。手足症候群には3段階の重症度があるが....
> 続きを読む

 

2011-10-29
ED(勃起不全)を治療する7つの方法(ニューズワイズより) - 経口薬だけでなく、ED(勃起不全)の治療法は他にもいくつかあります。そうした治療法をこの記事でぜひ知ってください。
> 続きを読む

 

2011-10-28
孤立状態からの脱却:季節性感情障害の治療(アトランティック紙より) - 人口の6~10%は冬の間に季節性うつ病を患います。でも、この病気を終わらせる方法はあります。北半球ではどんどん日が短くなり、寒くなっています。そして、中にはどんどん憂鬱な気分になっていく人たちもいます。季節性感情障害(SAD)とは....
> 続きを読む

 

2011-10-28
肌色のむらと点在する色素沈着の改善(Nola.comより) - 生まれたときから日焼け止めをたっぷり塗っていた賢い人間の一人でない限り、日光への過去の露出は皮膚に悪影響を及ぼしています。特に加齢とともに、紫外線のダメージや遺伝によって頑固なしみや肌色のむらができ、肌に対する不満....
> 続きを読む

 

2011-10-27
既存薬で遺伝性腎疾患を治療できる可能性(カリフォルニア大学ニュースルームより) - カリフォルニア大学サンタバーバラ校の研究者らは、別の適応で現在利用されている薬剤を用いて、遺伝性腎疾患の患者を助けられる可能性のあることを発見した。この結果は全米科学アカデミー会報誌(Proceedings of the National Academy of Sciences)今週号....
> 続きを読む

 

2011-10-27
不眠症の治療が小児期および思春期の抑うつ状態の治療を促進(ファミリープラクティスニュースより) - 抑うつ状態の治療を受ける前に明確な不眠症を報告していた小児および思春期患児(13歳~19歳)の約過半数が、フルオキセチン治療開始から最初の数週間で、睡眠および抑うつ状態の両方に有意な改善を認めたことが....
> 続きを読む

 

2011-10-26
線維筋痛症に対する様々な治療法(エンパワーより) - 米国家庭医学会(American Academy of Family Physicians)によれば、米国では600万人が線維筋痛症(疼痛症候群)に罹患している。線維筋痛症患者は、全身に軽度から重度の痛みを生じる。疾病対策予防センター(CDC)によると、線維筋痛症の罹患率は....
> 続きを読む

 

2011-10-25
親の訓練がADHD未就学児に有益となる可能性(USAトゥデイより) - 新たな報告によれば、子供の問題行動の管理方法に関する訓練を受けた両親は、注意欠陥/多動性障害(ADHD)の症状が認められる未就学児のふるまいを改善させられるという。また、6歳未満の幼児に対しADHD治療薬....
> 続きを読む

 

2011-10-25
重度高山病の主要な危険因子を研究者らが特定(ニューズワイズより) - フランスの研究者らが行った研究によると、特定の運動関連反応を測定することが、内科医らが重度高山病(SHAI)に罹るリスクの高い人を見極める判断材料になる。さらに研究者らは、アセタゾラミド(ACZ)という高山病防止....
> 続きを読む

 

2011-10-25
治療法:乳癌再発に対する優れた阻害薬(ニューヨーク・タイムズより) - 乳癌治療薬レトロゾールは、広く使用されているエストロゲン阻害薬タモキシフェンよりも、女性の乳癌再発の確率を低下させ、生存確率を大幅に改善させることが、新たな解析で示された。本試験は、エストロゲン受容体陽性....
> 続きを読む

 

2011-10-24
乳癌のメカニズム理解を目指す研究(ウェールズ・オンラインより) - ウェールズでは毎年約600人の女性が乳癌で死亡しています。乳癌防止月間のこの機会に、癌研究ウェールズ(Cancer Research Wales)がどのように乳癌に必須の研究に資金提供しているかを、リー・キャンベル(Lee Campbell)が説明します。癌研究....
> 続きを読む

 

2011-10-24
専門家らがうつ病の革新的な治療法を討議(トレードアラビアより) - 先日、うつ病の革新的な治療薬に対する選択肢を討議するため、ドバイでこの種で初めての会議が行われ、湾岸地域全域から100名以上の医療専門家が参加した。この会議はフランスの大手製薬会社であるセルヴィエ社(Les Laboratoires Servier)....
> 続きを読む

 

2011-10-24
子どもにおける糖尿病の治療法とは?(アメリカ食品医薬品局より) - お子さんの体重が増えていませんか?家でごろごろばかりしていませんか?もしそうならお子さんは2型糖尿病にかかる恐れがあるかもしれません。米国国立糖尿病消化器病・腎疾患研究所によると、かつては肥満で40歳以上の....
> 続きを読む

 

2011-10-23
過食症(ザ・スター・オンラインより) - 過剰に食べた後にさまざまな方法で食べたものを排出しようとしているなら、過食症を患っています。神経性過食症は摂食障害です。この障害は食べ物を大量に食べ(むちゃ食い)、その後で本人が嘔吐を促したり、下剤を使用....
> 続きを読む

 

2011-10-23
男と女の盗癖(ニューヨークタイムズ・オピニオンより) - 万引きの文化史の研究開始にあたり、私はまず女性の事例から調査を開始した。どのみち、万引きの第一波が17世紀後半のロンドンで記録されて以来、万引きは女性のやることだとされていた。男性が路上強盗や殺人罪など....
> 続きを読む

 

2011-10-23
眠気と抑うつ状態(ザ・スター・オンラインより) - うつ病に対する合理的治療法の選択肢として概日リズムのリセットがある。概日リズム障害は、寝起きのリズムの変化によって生じるもので、うつ病の主因の1つであることが確認されている。マレーシアではうつ病は4番目に多い....
> 続きを読む

 

2011-10-22
成人期のニキビ撃退(アデレード・ナウより) - 時折発生するニキビから多数のニキビに至るまで、美を損なうトラブルは解決可能である。誰にでもニキビに悩まされた経験はあるもので、ニキビができたのはチョコバーのせいではないかと自問自答してみたり、洗顔方法が....
> 続きを読む

 

2011-10-22
認知症の手引き(ポストクレセントより) - 「認知症は本で、アルツハイマー病はその本中で一番ページ数の多い章だ」と、メナーシャ(Menasha)のシーダケア行動医学(ThedaCare Behavioral Health)の精神科ナース・プラクティショナー....
> 続きを読む

 

2011-10-21
ガバペンチン投与により閉経後のホットフラシュと睡眠障害が改善(ファミリープラクティス・ニュースより) - 徐放性ガバペンチン1日あたり1,200mgまたは1,800mgを閉経後女性に投与したところ、プラセボと比較し、いずれの用量でもホットフラシュ(ほてり)の回数と重症度が有意に低下し、睡眠障害が有意に改善された。クリーブランド州の....
> 続きを読む

 

2011-10-21
脳卒中の蔓延に対処する合剤錠剤(フレクシピル)の「大きな利点」(アイリッシュ・メディカル・タイムスより) - 寿命が延びているとはいえ、血圧のコントロール不良により、憂慮すべき脳卒中の蔓延が世界中で起こっている。心発作・心不全・腎不全の発症率の増加と、糖尿病との関連性は、重大な懸念事項である。
> 続きを読む

 

2011-10-21
脳卒中後の降圧薬は回復に役立つとの研究結果(サイエンス・コーデックスより) - 一般的に処方される降圧薬は、血管増殖を促進させて、脳卒中後の障害のない大脳半球の回復に弾みをつけるように思われることが、ジョージア大学(University of Georgia)の新たな研究で明らかにされた....
> 続きを読む

 

2011-10-20
エキセメスタンによる高リスク女性の乳癌発症が減少(セントルイス・アメリカンより) - バッファロー大学(University at Buffalo)の研究者らが実施した国際的二重盲検無作為化第III相臨床試験の結果により、エキセメスタンが乳癌の高リスク閉経後女性において、リスクを有意に減少させることが示された。この試験結果は....
> 続きを読む

 

2011-10-20
アルツハイマー病の進行遅延を狙いとする抗ヘルペスウイルス薬:研究(IBタイムズより) - マンチェスター大学(University of Manchester)の科学者らは、抗ウイルス薬の使用によりアルツハイマー病(AD)の進行を遅らせることができると示唆している。研究結果から示唆されるのは、AD特有の遺伝的リスクを有する人の脳内に単純....
> 続きを読む

 

2011-10-20
慢性食道逆流の治療(クリニカル・アドバイザーより) - 慢性食道逆流の治療にはどんな選択肢があるのだろうか?いったい外科手術はプロトンポンプ阻害薬(PPI)を用いた長期治療よりも好ましいのであろうか?
> 続きを読む

 

2011-10-20
ADHD検診は早期に開始して長期継続(モダンメディスンより) - 米国小児科学会(American Academy of Pediatrics:AAP)の新ガイドラインによれば、 注意欠陥/多動性障害(ADHD)に対する査定は、4歳で開始し、18歳まで続けるべきであるとしており....
> 続きを読む

 

2011-10-20
解消したい厄介な健康問題ベスト10!(ミラー・ライフスタイルより) - 恥ずかしい思いをする健康問題を抱えていませんか? ここでは多くの人々の悩みの種となる最も気まずい状況の真相に迫り、その対処方法について話します。1. 足の臭い - 足療医ロレイン・ジョーンズ(Lorraine Jones)氏は....
> 続きを読む

 

2011-10-19
発生頻度の高い振戦疾患に関する新ガイドラインの発表(USニューズ・アンド・ワールド・リポート誌より) - 米国神経学会の治療ガイドライン改訂版によれば、プリミドン(商品名Mysoline)という抗痙攣薬と、プロプラノロール(インデラル)という高血圧薬は、本態性振戦患者における身体の揺れを治療するのに最も有効な薬剤である。
> 続きを読む

 

2011-10-19
降圧剤がアルツハイマー病のリスクを最大50%削減(メールオンラインヘルスより) - この国の高血圧患者のうち血圧のコントロールができている人は3分の1にも満たない。現在、高血圧は世界的に最大の公衆衛生問題となって...
> 続きを読む

 

2011-10-19
厄介な6つの皮膚疾患の解決策(Peace FMオンラインより) - 「厚化粧で隠す」、「ローションを塗る」、「痒み」、「引っ掻き傷」などの言葉に馴染みがありますか? お肌のトラブルは20代で終わりを迎えることはありません。蛇のように脱皮して出直せたらと願っている方々の....
> 続きを読む

 

2011-10-18
欧州の新規HIV治療ガイドラインにより治療勧告が広まる一方、薬剤不足の可能性が予測される(エイズマップより) - 欧州エイズ学会(European AIDS Clinical Society:EACS)によるHIV患者のための治療ガイドライン新版が、セルビア(ベオグラード)で開催された第13回欧州エイズ会議で先週発表された。
> 続きを読む

 

2011-10-18
心不全による入院の減少で10億ドル節約(ハフィントン・ポストより) - メディケア(米国の高齢者等を対象とする公的保険)患者における心不全の入院率が10年間で顕著に30%低下した。この減少は米国内で初めてのことであり、発生頻度の高い疾患にかかる10億ドルの負担の削減に国家が一歩踏み出した....
> 続きを読む

 

2011-10-18
成人および青少年のHIV感染患者に対する抗レトロウイルス療法の最新ガイドラインをHHSが発表(エイズビーコンより) -米国保健福祉省(United States Department of Health and Human Services : HHS)は、「成人および青少年HIV感染患者における抗レトロウイルス薬の使用に関するガイドライン(Guidelines for the Use of Antiretroviral Agents in HIV Infected Adults and Adolescents)」の最新版を発表....
> 続きを読む

 

2011-10-17
抗ウイルス薬がアルツハイマー病の進行を遅らせる可能性(マンチェスター大学より) - ヘルペスウイルスを標的とするために用いる抗ウイルス薬は、アルツハイマー病(AD)の進行を遅らせるのに有効な可能性のあることが新たな研究により明らかにされた。
> 続きを読む

 

2011-10-17
アシクロビル投与の遅延により湿疹患児の入院期間が延長する可能性(ペディアトリック・スーパーサイトより) - 米国小児科学会2011年国内会議で発表された研究結果によれば、ヘルペス性湿疹で入院した患児に対しアシクロビル投与が1日でも遅れると入院期間の延長につながったという。
> 続きを読む

 

2011-10-14
視神経炎の治療にシンバスタチンを使用(バーチェスター・ヘルスケアより) - コレステロール低下薬は、急性視神経炎の治療にも有効であると考えられることが研究で示された。シンバスタチンは一般に高コレステロールの治療に用いる薬だが、多発性硬化症(ミエリンに損傷を与え視神経炎を引き起こすもの)の免疫反応を低下しうると....
> 続きを読む

 

2011-10-14
糖尿病の警告サインを見逃すな(ニュージャージー・オンラインより) - 30代または40代で、若かりし頃のように食べたり飲んだりしている人はいますか? 大盛りの夕食と砂糖入り飲料をレストランで注文し、ファーストフード店で週3回以上食べていませんか?
> 続きを読む

 

2011-10-14
エストラジオール(卵胞ホルモン)の閉経前投与により閉経期前後の抑うつ状態が減少(ファミリープラクティスニュースより) - 閉経前にエストラジオールをより長期間投与していた女性は、閉経移行期に抑うつ状態を発症するリスクが有意に低いことが、女性1,282人のデータに基づき明らかにされた。「閉経移行期に女性における抑うつ状態のリスクが....
> 続きを読む

 

2011-10-14
適正なバランスを取る糖尿病治療薬(フィリピン・デイリー・インクワイアラーより) - この糖尿病治療薬は、90年代後半に導入された後、ほんの数年で直ぐに最高の売り上げを打ち出した。ところが、2型糖尿病を治療する革命的な新規アプローチとして注目を集めた直後、多数の試験により心臓発作リスクが....
> 続きを読む

 

2011-10-14
侵襲性の高い乳癌は黒人女性に多くみられる(デイトン・デイリー・ニュースより) - 黒人女性は白人女性ほど癌の発現頻度が高くないが、侵襲性の高いタイプの癌で若くして死亡する割合は高い。フランキー・ヘラルド(Frankye Herald)はこれについて嫌というほど知り尽くしている。マイアミバレー病院(Miami Valley Hospital)の看護師....
> 続きを読む

 

2011-10-13
メタ分析: メトホルミンが2型糖尿病における大腸癌リスクを低下させる可能性(内分泌関連ニュースより) - メトホルミン治療は、癌細胞増殖リスクの有意な低下に関連しており、それにより全体的な癌リスクの低下がみられる。最近のメタ分析から得られたデータによれば、この効果はメトホルミン治療を受けた2型糖尿病患者のうち....
> 続きを読む

 

2011-10-13
スタチンあれこれ(サンタイネズバレー・ジャーナルより) - Q. スタチンは特効薬で、飲料水に混ぜてみんなに供給すべきと言われているとの意見も聞きました。この薬にはそれほどの価値がありますか?
> 続きを読む

 

2011-10-13
尿失禁には多数の治療選択肢が存在(ファミリープラクティスニュースより) - 尿失禁は女性が生涯で直面する最も厄介な疾患に相当すると思われる一方、治療を模索する患者の80%~90%で症状の緩和が得られるという朗報もある。
> 続きを読む

 

2011-10-13
乳がん患者は薬を変更すると生存率が改善(サイエンティスト・ライブより) - ジャーナル・オブ・クリニカル・オンコロジー(Journal of Clinical Oncology)で本日発表されたインターグループ・エキセメスタン試験(IES: Intergroup Exemestane Study)の....
> 続きを読む

 

2011-10-11
糖尿病の女性は乳癌になりやすい(10TV.COMより) - 糖尿病患者のナンシー・マクファーランド(Nancy McFarland)さんは、「私は乳癌を初期段階で見つけることが肝心だと思うので、個人的にはマンモグラフィを受けています」という。10TV(テレビ局)のアンドリア・カンバーン....
> 続きを読む

 

2011-10-11
長年不必要な忍耐を強いられてきた腰痛患者(メールオンラインヘルスより) - マギー・ヘイワード(Maggie Hayward)は、自分の腰の手術に夫のアル(Al)が3万5千ポンド(日本円で約425万円)の小切手を書いたとき、表情を曇らせました。「そんな大金を支払うことになり胸が痛み....
> 続きを読む

 

2011-10-10
乳癌は発病前に阻止しましょう!(英テレグラフ紙より)) - 乳癌発症の家系的リスクが高い女性に対し、極めて有望な結果を伴う予防薬が投与されている。
> 続きを読む

 

2011-10-10
慢性B型肝炎患者における疾病管理の新マーカーとしてB型肝炎表面抗原量を用いることを香港中文大学が発見(ヘルス・カナルより) - 現在は経口抗ウイルス薬が、B型肝炎ウイルス(HBV)の増殖を抑制するのに極めて有効である。しかし、肝臓内B型肝炎ウイルスの消失はごく少ない割合の患者でしかみられない。抗ウイルス薬の中止後、ほとんどの患者で肝炎の再発が....
> 続きを読む

 

2011-10-10
最も実績のある禁煙法は何ですか?(Boston.comより) - 喫煙の習慣を断ち切ることは時に難しく、大抵の人々は成功するまでに2度以上禁煙を試みなければならない程ですが、段階的に禁煙したい人々を助ける手段は数多くあります。米国保健社会福祉省....
> 続きを読む

 

2011-10-09
ピンクリボンを考える:乳癌治療を変える研究(デイリーインターレイクより) - 10月はピンクリボン月間と呼ばれています。地元の乳腺外科医メリッサ・フルバット博士(Dr. Melissa Hulvat)は、カリスペル地域医療センター(Kalispell Regional Medical Center)のバス乳腺センター(Bass Breast Center)で、革新的研究に関する情報の更新を始めました。また、それに伴い自身の診療業務....
> 続きを読む

 

2011-10-08
時差ぼけ対処方法(ニュージーランド・ヘラルドより) - 時差であなたの調子がひどく悪くなったときのために、ギル・サウス(Gill South)が専門家からアドバイスを求めます。私は大声で、得意げに言いますよ。私はちょうどメルボルンへの5日間の小旅行から帰ってきたところで、....
> 続きを読む

 

2011-10-08
スタチン療法がヒトの食道腺癌細胞の増殖や悪性度を抑制(JTCSより) - 目的:食道腺癌は通常転移拡散するまで診断されない進行性の悪性腫瘍で、現在、効果的な薬物療法がない。細胞内接着分子-1(ICAM-1)の発現は、様々なヒト腫瘍細胞の予後不良指標で転移能に大きく影響する。スタチン療法は....
> 続きを読む

 

2011-10-08
健康のヒント-ニキビのシンプルな治し方(エキスプレス・トリビューンより) - 朝7時、あなたは目を覚ますと、寝ぼけたままの状態でバスルームへと向かいます。擦り切れるほどダビングした、お気に入りのドラマシリーズ「ヴァンパイア・ダイアリーズ(Vampire Diaries)」を観ながら時間をかけてゆっくりと歯を磨き....
> 続きを読む

 

2011-10-07
肝疾患患者に注射を用いた治療試験を実施(BBCより) - 肥満により肝損傷を生じた患者の治療に連日の注射を使用可能かどうかが検討される予定である。
> 続きを読む

 

2011-10-07
躁症状は特定の抗精神病薬で最良効果を示す(サイカイアトリー・オンラインより) - 新たなメタ解析によれば、躁症状の治療では、3種類の抗精神病薬(リスペリドン、オランザピン、ハロペリドール)が、気分安定薬やその他の抗精神病薬よりも、有意に高い有効性を示している。
> 続きを読む

 

2011-10-07
新生児単純ヘルペスウイルスに対するアシクロビルにより長期的な神経発達の効果が得られる可能性(ペディアトリック・スーパーサイトより) - 単純ヘルペスウイルス感染症に関連する中枢神経系障害を有する小児にアシクロビル治療を行ったところ、神経発達の転帰に改善がみられたことが....
> 続きを読む

 

2011-10-07
静脈血栓塞栓症リスクを経口エストロゲンと経皮的エストロゲンで比較検討(ファミリープラクティスニュースより) - 5万人以上の女性から収集したデータに基づくと、経皮的エストロゲンを使用した女性は、経口エストロゲンを使用した患者よりも、静脈血栓塞栓症のリスクが30%低い、とノバルティス社のエリック・ベレスフォード(Eric Beresford)博士は....
> 続きを読む

 

2011-10-07
ベストなニキビ用医薬品を選ぶ(マーケット・プレス・リリースより) - ニキビトラブルにベストな薬を選び出すことと、ニキビを治すさまざまな薬が市販されていることとは全く違う場合があります。自分に最も合うニキビ用医薬品を選びやすくするには、各種の薬とそれぞれのニキビに対する効果について....
> 続きを読む

 

2011-10-06
アジスロマイシン単回投与は肺炎の治療選択肢として安全(ファミリープラクティスニュースより) - エスシタロプラムという抗うつ薬と一般的疼痛の緩和との間の関連を証明する恐らく初めての研究において、ボストン大学医学部(Boston University School of Medicine:BUSM)の研究者らは....
> 続きを読む

 

2011-10-05
双極性障害の治療に検討されている利用可能な薬剤(サイキアトリック・タイムスより) - 双極性障害に対し、メチレンブルーに加え数種の利用可能な薬剤が検討されている。テキサス大学(University of Texas)のマーサル・サンチェス氏(Marsal Sanches)とジェイアー・ソアレス氏(Jair Soares)はこれら薬剤のレビューを実施し....
> 続きを読む

 

2011-10-05
新生児ヘルペス:経口アシクロビルによる神経発達の改善(ファミリープラクティスニュースより) - CNS(中枢神経系)障害を伴う新生児ヘルペスを有する乳児に、ウイルスを抑えるための経口アシクロビルを6ヶ月間投与した場合、1歳の時点で神経発達に関する転帰が改善することが....
> 続きを読む

 

2011-10-02
高血圧 ―「世界的規模」で蔓延(アイリッシュ・メディカル・タイムスより) - この国の高血圧患者のうち血圧のコントロールができている人は3分の1にも満たない。現在、高血圧は世界的に最大の公衆衛生問題となって...
> 続きを読む

 

2011-10-01
有棘細胞癌の切除後に外傷後角化棘細胞腫の可能性(ダーマトロジー・タイムズより) - カリフォルニア州ラホヤ ― 外傷後角化棘細胞腫とは角化棘細胞腫の特定のサブタイプであり、皮膚の外傷後数日から数週間の間に発生する。この腫瘍は、非黒色腫皮膚癌の切除後に報告されている。「特に有棘細胞癌の切除後....
> 続きを読む

 

2011-09-30
心臓病:種類と治療法(ジー・ニュースより) - その名前が示すように、心臓病(心疾患)とは心臓が侵されるさまざまな病気の総称です。以下に心臓病の主な種類を挙げています。冠動脈心疾患冠動脈心疾患は、冠動脈の循環不全によって....
> 続きを読む

 

2011-09-29
筋肉をリラックスさせる最良のハーブと薬剤(サン・センティネル紙より) - 薬剤師さんへ:私は自動車事故に遭いました。それで筋肉のこりと痛みの治療薬を服用していますが、薬が切れるたびにまた痛み始めます。処方箋が必要な筋肉弛緩薬で最良なもの....
> 続きを読む

 

2011-09-29
命取りとなるウィルスを死滅させよう:リステリア症治療(インターナショナル・ビジネス・タイムス紙より) - 先日、マスクメロンに付着していたリステリア菌に感染した72人のうち16人が死亡したと報じられた。リステリアは潜伏期間が長いため、非常に危険なウィルスである。しかし、予防措置を取れば、症状は3日から1週間....
> 続きを読む

 

2011-09-28
男性の下部尿路症状(アイリッシュ・メディカル・タイムスより) - 前立腺肥大症(BPH)は男性によくみられる泌尿器疾患で、前立腺が肥大して下部尿路症状(LUTS)が起こります。BPHの罹患率は年齢と共に高まり、40代の男性で40%、80歳以上の男性では90%にみられます。
> 続きを読む

 

2011-09-28
色素沈着過剰やシミについて知り尽くす(スタイル・ビストロより) - 色素沈着過剰(シミ、老人斑、その他にも多数の呼び方あり)を管理するにあたり必要となる2つの秘訣は、根気と努力である。3つ目に必要なのは現実的な期待である。色素沈着過剰に対し決定打的なものはまだ発見できていない....
> 続きを読む

 

2011-09-28
ロバスタチンは神経線維腫症1型患児に安全かつ有効だと考えられる(ニュースメディカルより) - 全米子供調査(National Children's Study:NCS)はロバスタチンの有益な効果に注目した。小児専門病院(Children's National Medical Center)の研究者らは、....
> 続きを読む

 

2011-09-27
はげしい夏の余韻を癒す(エグザミナーより) - 夏は過ぎ去っていったが、海辺の太陽を満喫したあとの余波は、わたしたちの肌にくっきりその跡を付けている。容赦なく降り注ぐ太陽光線にされされ、ブヨや蚊に刺されたあとが残り、塩素の入ったプールの水や海水で泳ぎ....
> 続きを読む

 

2011-09-27
ノコギリヤシで前立腺肥大が治療できる?(ウェブMDより) - 前立腺肥大を有する男性は、排尿困難などの症状を軽減するためのノコギリヤシと呼ばれるサプリメントに長年にわたり関心を寄せてきた。具体的に、どのようにしてノコギリヤシが症状を軽減すると考えられるようになったかは定かでないが....
> 続きを読む

 

2011-09-27
一般的コレステロール低下薬は安全であるとともに、神経線維腫症患者において学習障害を改善する可能性(EurekAlert!より) - ワシントンにある小児専門病院(Children's National Medical Center)の研究者らは、コレステロールを低下するスタチン系薬剤が、神経線維腫症1型(NF1)を有する小児に安全....
> 続きを読む

 

2011-09-27
ケトプロフェン ― 安全で有効な薬(ザ・ネーション紙より) - 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は、関節炎、変形性関節症、強直性脊椎炎、急性筋骨格障害などの疾患における軽度から中等度の痛みの治療用として、人および動物によく用いられている。2006年に....
> 続きを読む

 

2011-09-26
肥満の世界的蔓延(BBCヘルスより) - 世界的に問題となっている肥満について最近痛切に感じさせられたのが、なんとシエラレオネ(アフリカ西岸にある共和国)にいたときであった。シエラレオネは世界最貧国の1つであり、栄養障害の発生率と小児の死亡率....
> 続きを読む

 

2011-09-26
アルコール依存症と闘うアジア人にUCLAの新たな研究が有効となる可能性(UCLAニュースルームより) - UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の新たな心理学研究で、アルコール依存症と闘うアジア人は、特にナルトレキソンから利益を得られる可能性のあることが示された。ナルトレキソンはアルコール依存症の治療薬として....
> 続きを読む

 

2011-09-26
アロマターゼ阻害薬レトロゾールによる手術後の乳癌再発リスクの低下(BioScholar.comより) - アロマターゼ阻害薬レトロゾールは、閉経後ホルモン受容体陽性の早期乳癌が認められる女性において、乳癌の再発を予防し、死亡リスクを低下することが、研究者らによって明らかにされた。タモキシフェンとアロマターゼ....
> 続きを読む

 

2011-09-26
皮膚科学 ― 見た目だけにとどまらない(MDニュースより) - 皮膚は身体防御の第一線であることから、健康な皮膚は全身の健康状態や本人の幸せを確保するうえで重要な要素となっています。適切なスキンケアと肌を保護する習慣を促すため、皮膚科医はたゆまぬ努力を行っています。
> 続きを読む

 

2011-09-26
PTSDは学習反応である可能性:乗り越える秘訣(グレートフォールズ・トリビューンより) - 軍隊が派遣されている間、黄色いリボンがいたるところで見られるのは無理もないことである。黄色いリボンは、海外にいる大切な人への愛情と希望、そして未来を信じることのサインである。ところが、男性・女性軍人らが帰還してくると....
> 続きを読む

 

2011-09-24
アゴメラチンが湾岸アラブ諸国協力理事会(GCC)域内のうつ病患者に新たな希望をもたらす(AMEinfo.com より) - パリで開催された第24回欧州神経精神薬理学会議(24th European College of Neuropsychopharmacology (ECNP) Congress)に6,000人以上の医療専門家が集まり、アゴメラチンに関する....
> 続きを読む

 

2011-09-23
シルデナフィルがアイゼンメンゲル症候群に対して安全かつ有効であると考えられる(HEARTZINE.COMより) - アイゼンメンゲル症候群とはシャント関連の先天性心疾患で、肺高血圧症につながりチアノーゼを引き起こすものである。循環器系や、全身と肺の間のコミュニケーションに破綻をきたす性質から、循環器系薬剤の使用には特別....
> 続きを読む

 

2011-09-23
研究: アフリカ系アメリカ人女性において妊娠糖尿病や糖尿病前症により乳癌リスクが増加(ドラッグストアニュースより) - アフリカ系アメリカ人女性における癌の早期検出や予防を可能にすると考えられる細胞内シグナル伝達経路を研究者らが発見した。ワシントンで開催された米国癌研究学会(AACR)による癌医療格差に関する第4回総会で....
> 続きを読む

 

2011-09-23
多剤耐性HIV株の出現頻度が減少(エイズビーコンより) - ここ7年間にわたり実施されたHIV薬剤耐性検査の解析を行った結果、主な3クラスの抗レトロウイルス薬すべてに耐性を生じるHIV株の割合は、2007年以降減少していることが示された。この減少は主にプロテアーゼ阻害薬に....
> 続きを読む

 

2011-09-23
皮膚のトラブルに賢い解決策(ガルフニュースより) - 特定の美肌に関するトラブルは突発的に何度となく現れるものだが、解決することは可能である。皮膚科医リリアン・カーン(Lillian Khan)医師が、一般的なトラブルへの対処法を伝授する....
> 続きを読む

 

2011-09-22
親しい人が飲み過ぎるなら・・・(マクリーンズより) - かつてアルコール依存症であった1組のカップルが、AA(アルコール中毒者更生会)に代わる対処法のヒントを提供する。
> 続きを読む

 

2011-09-22
心不全患者におけるアルドステロン拮抗薬の使用(メド・インディアより) - 髄芽腫は小児に最もよくみられる悪性脳腫瘍である。ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション(Journal of Clinical Investigation)に掲載された研究によれば、その大部分はあるウイルスに感染している....
> 続きを読む

 

2011-09-21
化学療法による末梢神経障害:癌治療による衰弱効果(オンコロジーナースアドバイザーより) - 化学療法を受けている患者の多くに生じる重篤な副作用に末梢神経障害があり、投与量の減少に至る原因となったり、治療の早期中止につながったりする。また、患者のQOL(生活の質)にも著しい影響を及ぼす。がん化学療法に....
> 続きを読む

 

2011-09-21
アレルギーには親が注意を怠らずに(サイプレスクリークより) - アレルギーの季節がやってきた。我が子をアレルゲンから守ろう。アレルギーは1年を通して起こるが、現在、気候が例年になく乾燥しているのでアレルギーの最盛期だといえる。親はアレルギー反応の症状だけでなく、予防法も認識しておく....
> 続きを読む

 

2011-09-21
健康管理と帯状疱疹(サイプレス・タイムズより) - 帯状疱疹を発症すると痛みが伴う。この疾患の発生頻度は高く、一時的な内科疾患を引き起こすことがある。命にかかわるものではないが、こうした健康上の問題は医師または病院での診察を要する。
> 続きを読む

 

2011-09-16
欧州糖尿病学会(EASD):糖尿病治療薬「グリプチン系薬剤」が心臓を救う可能性(メドページトゥデイより) - リスボン-2型糖尿病患者を対象としたジペプチジルペプチダーゼ‐4(DPP-4)阻害薬に関するさまざまな研究について、心血管リスクの可能性を検討したところ、研究者らは驚くべき発見をした。いわゆるグリプチン系薬剤....
> 続きを読む

 

2011-09-15
新たに発見された蛋白質が乳がんの成長を抑制する可能性があると判明した(サイエンスデイリーより) - シュレシュ・アラハリ博士(Suresh Alahari)率いる研究チームは、自身の研究室で発見した蛋白質が乳がん細胞の成長を阻害することを明らかにした。アラハリ博士はニューオリンズにあるLSU医療科学センター....
> 続きを読む

 

2011-09-15
2型糖尿病の試験でノバルティス社のガルバス(Galvus)の有効性が明らかとなる(PBRクリニカルトライアルズより) - ノバルティス社が実施したガルバス(ビルダグリプチン)を評価するための24週間にわたる無作為化多施設共同二重盲検並行群間プラセボ対照試験では、2型糖尿病患者と、中等度または重度の腎機能障害患者に対する....
> 続きを読む

 

2011-09-15
抗菌薬を利用した局所治療によりライム病を阻止できるとの研究報告(インフェクションコントロールトゥデイより) - ライム病は、マダニが媒介する危険な病気である。吸血性のマダニは、吸血している間にこの病気の原因菌であるライム病ボレリア(Borrelia burgdorferi)とその類縁菌を摂取する。その後、次に吸血する....
> 続きを読む

 

2011-09-14
欧州糖尿病学会(EASD):リラグルチドとインシュリンの併用療法は体重増加を招かない(メドページトゥデイより) - 欧州心臓学会(European Society of Cardiology。略称:ESC)心不全部会(Heart Failure Association)主催の心不全会議2011(Heart Failure Congress 2011)で発表されたEMPHASIS-HF試験のサブ解析結果から、アルドステロン拮抗薬エプレレノン(ファイザー社のインスプラ)は....
> 続きを読む

 

2011-09-14
セレコキシブが肺癌細胞内の酵素GSK3を阻害する(ニュースメディカルより) - いくつかの臨床試験により、抗炎症薬セレコキシブの服用は、結腸癌につながるポリープの発生リスクを低下させることが明らかにされている。ただし、これまでの研究によると、この作用は心疾患リスクの増大を代償とする....
> 続きを読む

 

2011-09-14
強迫性障害を理解する(アイリッシュ・メディカル・タイムスより) - スティーブン・マクウィリアムス(Stephen McWilliams)博士は、強迫性障害の複雑な症状に注目し、治療できる方法はないか検討している。強迫神経症を患う小説家メルヴィン・ユドール(Melvin Udall)氏は....
> 続きを読む

 

2011-09-13
コフスが糖尿病研究を主導(コフスコーストアドボケートより) - コフス・コースト(オーストラリア)が、糖尿病研究の最先端に立っている。トオーミーナ(コフス・コースト)の家庭医イーアン・アーサー医師は、パースで開催された オーストラリア糖尿病学会&オーストラリア糖尿病教育士協会....
> 続きを読む

 

2011-09-13
抗HIV第一選択治療の効果は臨床試験と日常診療で同程度(エイズマップより) - 第一選択抗レトロウイルス療法(ART)の効果は無作為化比較試験と日常診療で同程度であると、ジャーナル・オブ・アクワイヤード・イミューン・デフィシェンシー・シンドロームズ(Journal of Acquired....
> 続きを読む

 

2011-09-13
妊娠中の喘息:症状、影響、薬物療法について(メド・インディアより) - 妊婦の約8%が妊娠中喘息に罹患しており、分娩合併症や胎児発育遅延が起きないよう正しい薬物療法が必要となる。喘息とは、可逆性気道閉塞と気管支痙攣を引き起こす気道の狭窄を特徴とする炎症性肺疾患で....
> 続きを読む

 

2011-09-12
アラガン社のラティース、脱毛症に向けた動き(オレンジカウンティビジネスジャーナルより) - アーバインを拠点とする製薬会社アラガン(Allergan)社が、まつげの育毛剤ラティース(Latisse)を脱毛症に用いた第2相臨床試験に着手したことを、ブルームバーグ(ビジネス雑誌)が報じた。企業側の意向....
> 続きを読む

 

2011-09-12
乳がん患者の一過性熱感に対するベンラファキシンとクロニジンの効果は偽薬を上回る(ファミリープラクティスニュースより) - 欧州心臓学会(European Society of Cardiology。略称:ESC)心不全部会(Heart Failure Association)主催の心不全会議2011(Heart Failure Congress 2011)で発表されたEMPHASIS-HF試験のサブ解析結果から、アルドステロン拮抗薬エプレレノン(ファイザー社のインスプラ)は....
> 続きを読む

 

2011-09-12
手洗いが有害な胃腸内寄生虫を回避する鍵(デイリーヘラルドより) - ある10代の少女にとって、せっかくの夏休みにそんな1週間を過ごすとは、決して素晴らしいとは言えないものだった。少なくとも嘔吐はしていなかったものの、それ以外のあらゆる不快な胃腸症状に苦しめられたのだ....
> 続きを読む

 

2011-09-12
処方せん医薬の筋弛緩薬は、アルコール依存症の魔法の薬?(ワールドクランチより) - アルコール依存症の治療薬を発見したと言う人が増えている。それは、バクロフェンという定番だが強力な筋弛緩薬である。 ただ問題は、ルー・ゲーリック病や脳性麻痺、また痙攣性麻痺を伴う病気などに苦しんでいるのでない限り....
> 続きを読む

 

2011-09-09
慢性背部痛の薬剤につながりうる遺伝子の発見(BBCヘルスより) - 慢性痛の原因となる遺伝子を特定するに至り、これが持続性の背部痛を治療するための薬に結びつく可能性がある、と研究者らは述べている。ケンブリッジ大学(University of Cambridge)の研究者らが....
> 続きを読む

 

2011-09-09
気になるニキビの症例(エクスプレス・トリビューンより) - ニキビは10代の悩みの種であるとともに、他に類を見ない社交上の不名誉なことであり、気恥ずかしさの原因となっている。顔にできる厄介な面皰(ニキビ)や赤いできものをはじめとする肌のトラブルは....
> 続きを読む

 

2011-09-06
脳腫瘍患者に対する標準治療を免疫遺伝子治療と併用するのは安全であることが研究から示唆(サイエンスデイリーより) - 遺伝子療法の一種が、致命的な脳腫瘍の治療に安全であることが臨床試験で示されるとともに、放射線療法との併用でも同様であった。オハイオ州立大学総合がんセンターのアーサーGジェイムスがん病院&リチャード・J....
> 続きを読む

 

2011-09-06
慢性閉塞性肺疾患の急性増悪に対する新たなアプローチ(サイエンスデイリーより) - ロサンゼルス生物医学研究所(Los Angeles Biomedical Research Institute : LA BioMed)で主任研究員を務めるリチャード・カサブリ医学博士(Richard Casaburi....
> 続きを読む

 

2011-09-06
埋め込み型デバイスで薬を徐放し副鼻腔の閉塞を解消(メールオンラインヘルスより) - 抗炎症薬を放出して徐々に溶け出す微小なインプラントが、蓄膿症に対する根治的な新規治療になりうるとして支持されている。このデバイスは米粒ほどの大きさで、外科医が挿入するものである。閉塞した鼻腔の壁でデバイス....
> 続きを読む

 

2011-09-05
ヨーロッパ人の約40%が精神疾患に苦しむ(インターナショナルビジネスタイムズより) - ドイツのドレスデン大学(Dresden University)により発表された新たな研究によれば、約1億6,500万人のヨーロッパ人(欧州人口の38%)が精神疾患を患っている。この脳障害には、抑うつ状態、不安....
> 続きを読む

 

2011-09-05
COPD増悪に抗生物質が有効(Nurse.comニュースより) - 慢性閉塞性肺疾患(COPD)に対する通常の日々の治療方法に一般的な抗生物質を追加すると、急性増悪の出現率が低下し、QOL(生活の質)も改善することが、臨床試験の新たな結果で示された。本研究は、米国国立衛生研究所....
> 続きを読む

 

2011-09-03
血圧には薬剤の併用投与がより効果的(ラーガンメールより) - 新たに発表された研究から「高血圧の治療には薬剤を併用する方が、単剤よりも優れている」ことが示唆された、とBBCニュースが報じた。この無作為化対照試験では、最初に血圧降下剤の併用で投与開始すると....
> 続きを読む

 

2011-09-02
薄毛との戦い:育毛の選択肢はまだあります(アメリカンヘルスアンドビューティーより) - 技術の進歩により、完全に手術以外の方法から新しい植毛技術まで、さまざまな手段で薄毛を治療できます。やせた髪、薄毛、そして男性型脱毛症に悩む方は男性女性問わず全国に大勢いますが、現在はかつてないほど多数....
> 続きを読む

 

2011-09-02
体内時計(インディペンデント・オンラインより) - 科学者らによって、概日リズムの乱れとうつ病の関連性が明らかにされています。概日リズムが乱れると、夜は眠りにつかせ、昼間は目覚めさせる体内時計のリセットがうまくいきません。概日リズムとは、24時間周期に従う....
> 続きを読む

 

2011-09-02
ウイルスの発見が小児の脳腫瘍治療を助ける可能性(キャンサー・リサーチUKより) - 髄芽腫は小児に最もよくみられる悪性脳腫瘍である。ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション(Journal of Clinical Investigation)に掲載された研究によれば、その大部分はあるウイルスに感染している....
> 続きを読む

 

2011-09-01
ウルソジオールとメトトレキサートの併用は長期にわたり胆汁性肝硬変に有効(インターナルメディスンニュースより) - 原発性胆汁性肝硬変に対するウルソジオールとメトトレキサート、またはウルソジオールとコルヒチンの併用療法は長期にわたり有効性を示し、20年間持続したことが明らかにされた。ジョン・リョン博士(Dr. John Leung)....
> 続きを読む

 

2011-09-01
イミキモドが一部の悪性黒色腫(メラノーマ)に適するという専門家の見解(モダンメディスンより) - ニューハンプシャー州レバノン ― メラノーマに対する標準治療は手術であるが、メラノーマが上皮内(非浸潤性)であるか、もしくは悪性ほくろとして発現し、浸潤する可能性がある場合は、イミキモドが一次治療の選択肢....
> 続きを読む

 

2011-09-01
ご一緒に乳癌を過去のものにしませんか?(サイエンスネットワークより) - 国際乳癌介入試験(International Breast Cancer Intervention Study:IBIS-II)を実施する研究者らは、乳癌を予防するのに極めて有用となりうる試験への参加を女性に呼びかけて....
> 続きを読む

 

2011-09-01
被験者にスタチン療法のベネフィットが継続(RTマガジンより) - ASCOT、つまりアングロ・スカンディナビアン心臓治療結果試験(Anglo-Scandinavian Cardiac Outcomes Trial)の最新の研究結果によると、スタチンは感染症や呼吸器疾患による....
> 続きを読む

 

2011-08-31
「抗癌作用のあるウイルス」が有望視(BBCヘルスより) - 遺伝子工学によって作られた(遺伝子組み換え)ウイルスは、血液中に注入すると、体全体の癌細胞を選択的に標的とすることができるもので、研究者らは今回が初の症例であるとしている。ネイチャー(科学誌)によれば....
> 続きを読む

 

2011-08-30
夏に向けてボディの準備を(ヤフーライフスタイル・ビューティーより) - デコルテの脱・老化からセルライトやクモの巣状静脈のお手入れまで、マリー・クレール(marie claire)はちょうど夏に間に合うよう、よくある悩み別にお答えし、頭のてっぺんからつま先まで輝かせる方法を教えます....
> 続きを読む

 

2011-08-29
リピトールにコレステロール低下以外の効果があるとの研究報告(CNNヘルスより) - リピトールのようなコレステロールを下げる薬が、単に心血管疾患だけでなく、もっと多くの死因から体を守るとみられる。日曜日にヨーロピアン・ハート・ジャーナル(医学誌)に掲載された遡及的研究によれば....
> 続きを読む

 

2011-08-28
スタチンが感染症および呼吸器疾患による死亡を減少させる - 臨床試験終了から8年経過(インペリアル・カレッジ・ロンドン・ニュースリリースより) - スタチンとプラセボの比較検討を行い、2003年に終了した大規模試験において、試験終了以降は両投与群の被験者の大半がスタチンを服用していたにもかかわらず、死亡率は試験期間中にスタチンを処方された群のほうが....
> 続きを読む

 

2011-08-28
性器疣贅(イボ)について全て教えます(ザ・スター・オンラインより) - 性器疣贅(イボ)は軽視できないだけでなく、前癌病変の可能性があります。性器疣贅とは、性器や肛門、あるいはその周囲に認められる肉質の腫瘍のことです。これはヒトパピローマウイルス(HPV)が原因となって生じる....
> 続きを読む

 

2011-08-26
太っているのか、妊娠しているのか、それとも両方?(BBCヘルスより) - 「私は太ってるんじゃない、妊娠中なのよ!」実際にはその両方である女性も中にはいるかもしれませんが、英国には現在、妊娠中に体重が増えた場合、どの程度が増え過ぎとなるのか助産師や女性が決めるのに役立つ指針....
> 続きを読む

 

2011-08-26
トウガラシの辛味で副鼻腔の症状が緩和するとの研究報告(サイエンスデイリーより) - 辛いトウガラシは「涙が出る」ことで知られているが、今回シンシナティ大学アレルギー研究者ジョナサン・ベルンスタイン(Jonathan Bernstein)博士が主導した新たな研究で、辛いトウガラシ由来の成分....
> 続きを読む

 

2011-08-25
世界各国の政府は「肥満症への厳格な対策を講ずるべき」(BBCヘルスより) - 専門家らによれば、肥満の危機的状況に取り組むなら、各政府がジャンクフード(インスタント食品・スナック菓子など)に課税するなど、もっと手荒な措置を取ることが必要とされるという。一連の記事をランセット(医学誌)....
> 続きを読む

 

2011-08-25
肥満:これまでの経緯(BBCニュースより) - 肥満問題に関しランセット誌(Lancet)が、これ以上ないまでに明らかにしている。曰く、今こそ、行動することが必要なのである。この世界的に有名な医学誌は、今週号の大部分をこの問題に割いている。世界中の研究者が....
> 続きを読む

 

2011-08-25
広範に処方される抗生物質がCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の急性発作を減少 ― アジスロマイシンが再発の頻度と重症度を低下するとの研究結果(サイエンスデイリーより) - COPD(慢性閉塞性肺疾患)に対する日常の治療方法に一般的な抗生物質を追加することで、急性増悪の発現率を減少させ、QOL(生活の質)を改善できることが、臨床試験の新たな結果により報告された。本試験は米国....
> 続きを読む

 

2011-08-24
ナイアシンとフェノフィブラートの併用投与とともに、生活習慣の見直しをおこなうことがHIV患者に有益(エンドクリントゥデイより) - 抗レトロウイルス療法を受けているHIV(ヒト免疫不全ウイルス)患者において、定期的運動と低飽和脂肪食を加えたナイアシンおよびフェノフィブラートの治療を行ったところ、HDL(高比重リポタンパク質)値と....
> 続きを読む

 

2011-08-16
アレルギーマーチを抑える(サイエンスデイリーより) - 一般的には幼児期にアレルギー疾患を発症し、その後重なり合いながらさまざまなアレルギー疾患を徐々に発症することを「アレルギーマーチ」と呼ぶ。親や医師達は、こうした病状が広がりをみせることに苛立ちを覚えて....
> 続きを読む

 

2011-08-11
乳癌が肺に転移する仕組みを発見(ニュースワイズより) - 乳癌の遠隔転移は乳癌死亡例の90%以上の原因となっている。このたび、その遠隔転移の過程がジョンズ・ホプキンス(Johns Hopkins)の研究者らによって解明された。2つの医学誌の発表によれば、乳癌細胞を移動させて肺で受け取れる....
> 続きを読む

 

2011-06-08
ナプロキセンは結腸癌モデルマウスの腫瘍を減少させることを研究者らが報告した(サイエンスデイリーより) - 多数の試験から、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は結腸癌リスクを減らすことが明らかにされている。NSAIDのナプロキセンやその誘導体であるNOナプロキセンについて検討する動物試験は、主に化学的に誘発された腫瘍形成に焦点を合わせてきたが、....
> 続きを読む

 

2011-06-07
経口避妊薬の使用で体重は増加しないことがスウェーデンの研究により明らかにされた(サイエンスデイリーより) - 若い女性の多くは、体重が増えることを心配して経口避妊薬の服用開始を希望しないか、あるいはこの薬が原因で体重が増えてしまったと考えて服用を中止してしまう。しかしながらスウェーデンのヨーテボリ大学....
> 続きを読む

 

2011-06-06
皮膚がんの治療法が学会で明らかにされた(サイエンスデイリーより) -進行皮膚がん患者は、2つの新たな治療法により、より長く生きられる可能性のあることが、シカゴ開催のがん学会で発表された。ベムラフェニブ(Vemurafenib)という薬は、化学療法よりも長い生存期間を患者にもたらす可能性が大きい....
> 続きを読む

 

2011-06-01
ルンブロキナーゼ ― 強力かつ安定的なフィブリン特異的プラスミノーゲン活性化因子(バイオサイエンス&バイオテクノロジー国際学術誌より) ― 心障害と脳血管障害は世界各地で毎年約2,600万人の死者を出しており、世界規模で死亡率が高いというだけでなく、合併症の原因にもなっている。心筋梗塞、脳血栓症、静脈血栓塞栓症などの致死的合併症は、血栓溶解療法により良好な....
> 続きを読む

 

2011-05-30
減量した女性のほうがスリムな女性よりも魅力的(英テレグラフ紙より) - 減量したことのある女性のほうが、一度も太ったことのない女性よりも、男性にもてる可能性のあることが、新たな研究で示唆されている。体重を落としたずっと後も女性には、自分が太っていたという汚名が付きまとうことを研究者らが突き止めた。しかし、男性側は、体が大きい女性のほうが....
> 続きを読む

 

2011-05-26
関節リウマチとCOPDとの関連が研究により裏付けられる(サイエンスデイリーより) - 関節リウマチ(RA)患者の慢性閉塞性肺疾患(COPD)併発率は、健常対照者の2倍であり、年齢、性別、喫煙、肥満などの変数で補正しても、この関連性は維持された。この研究は、2011年欧州リウマチ学(EULAR)年次総会で発表された。関節リウマチ....
> 続きを読む

 

2011-05-24
早歩きが前立腺癌に効く(BBCニュース-ヘルスより) -前立腺癌と診断されて間もない男性は、早歩きをすることで癌の進行を抑えることができると研究者らは主張している。彼らの観察結果によれば、少なくとも週に....
> 続きを読む

 

2011-05-22
パーキンソン病と「関連する」細菌(BBCニュース・ヘルスより) -米国の研究者らによると、胃潰瘍の原因菌がパーキンソン病に関係しているそうだ。マウスをヘリコバクター・ピロリ(H.ピロリ)に感染させたところ、パーキンソン病様症状が....
> 続きを読む

 

2011-05-22
エプレレノンは心房細動を抑えることが試験により示された(サイエンスデイリーより) - 欧州心臓学会(European Society of Cardiology。略称:ESC)心不全部会(Heart Failure Association)主催の心不全会議2011(Heart Failure Congress 2011)で発表されたEMPHASIS-HF試験のサブ解析結果から、アルドステロン拮抗薬エプレレノン(ファイザー社のインスプラ)は....
> 続きを読む

 

2011-05-18
標準的な抗鬱薬と同程度に有効な体内時計作用薬(テレグラフより) - 「体内時計」調整作用を有する、ある薬剤は鬱病に対する新薬であるが、その有効性は標準的な治療法に匹敵すると研究者らは信じている。アゴメラチンを服用している患者は従来の薬剤を服用した患者と比べて、よく眠れるよう....
> 続きを読む

 

2011-05-16
前立腺がんの進行は肥満男性に多い(英テレグラフ紙より) - 肥満男性における前立腺から他の部位へのがん転移率は、健康体重の人より3倍高いことが研究で明らかにされた。ここ数十年間におよぶ肥満率の増加は、前立腺がん発生率の上昇の背後にある重要な要因である可能性が本研究から示唆される。ただし....
> 続きを読む

 

2011-05-12
抗レトロウイルス薬がHIV感染力の「減退に有用」(BBCニュースより) - 診断後に抗レトロウイルス薬の投与を受けるHIV陽性患者では、健康が衰えたときに受けるより、未感染パートナーへのウイルス拡散リスクが96%削減される....
> 続きを読む

 

2011-05-05
避妊薬とホルモン補充療法が脳動脈瘤を予防する可能性が研究から示唆(サイエンスデイリーより) - 脳動脈瘤を発症する女性は、経口避妊薬の投与やホルモン補充療法を受けている割合が低く、このことからエストロゲンの摂取に予防効果のある可能性が示唆されることが、ジャーナル・オブ・ニューロインターベンショナル....
> 続きを読む

 

2011-05-03
科学者らが「悪玉脂肪」を「善玉脂肪」へ変換(BBCニュースより) - 科学者らは、体脂肪をより優れたタイプの脂肪に変えることによりカロリーを燃焼させ減量する方法を発見したと述べた。米国ジョーンズ・ホプキンス(Johns Hopkins)の研究チームは、これはラットにおける飛躍的な進歩であるが、人間でも同様のことが行える可能性があり、新たな肥満治療法として希望を与えるものである....
> 続きを読む

 

2011-05-03
過体重が「認知症と関連」(BBCニュースより) - 肥満ではないものの過体重である中年者は、標準体重者に比べて認知症の罹患率が71%高いことが研究により示された。先行研究では、肥満と認知症との関連が指摘されている。....
> 続きを読む

 

2011-05-03
がん予防のガイドラインに従うことで、がん、心疾患、全死因による死亡リスクが低下する(サイエンスデイリーより) - 14年間にわたって100,000人以上の男女を対象に実施された試験から、がん予防のガイドラインに従った非喫煙者は、がん、心疾患、全死因による死亡リスクが低いことが明らかにされた....
> 続きを読む

 

2011-05-02
睡眠過多や睡眠不足により認知機能の老化が加速する可能性のあることが研究で明らかにされた(サイエンスデイリーより) - 5月1日発行の雑誌「スリープ」に掲載された研究は、中年後期の5年間に睡眠時間の変化がみられた場合、認知機能にはどのような影響があらわれるかについて説明している....
> 続きを読む

 

2011-04-26
比較的新しい経口避妊薬による胆嚢への安全性は、旧来の経口避妊薬と同等であることが研究から示唆(サイエンスデイリーより) - 米国とカナダにおいて販売数が最多の経口避妊薬ドロスピレノン(商品名:YazまたはYasmin)について、両国の一部の消費者や弁護士からクレームが出ているものの、同剤の胆嚢疾患リスクは旧来の経口避妊薬と....
> 続きを読む

 

2011-04-23
糖尿病マウスにおいて「食事療法により腎不全が改善」(BBCニュースより) - 高脂肪で低糖質の栄養制限食により糖尿病マウスの腎障害を修復できることが、米国の研究者らによって示された。プロス・ワン(PLoS One)に掲載された研究で、過剰な血糖が原因で腎臓の尿管に生じた損傷を「ケトン食療法」により改善....
> 続きを読む

 

2011-04-22
初期試験で抗うつ薬により損傷後の脳細胞が増加(サイエンスデイリーより) - 抗うつ薬が、脳損傷後の新規脳細胞の創出・生存を促進するのに有用となりうることが、ロチェスター医科大学(University of Rochester Medical Center)の脳神経外科医らによる研究で示された....
> 続きを読む

 

2011-04-21
ヨード(ヨウ素)を摂り過ぎると体に良くない?(くすり屋さんオリジナル記事) - 人間の体が必要とするヨード(ヨウ素)の量は、通常1日当たり0.05~0.15mgとごく微量です。私たちがよく口にする食品に含まれるヨードの量で、圧倒的に多いのが....
> 続きを読む

 

2011-04-21
痛風発作時に尿酸降下薬を開始すると関節炎が悪化?(くすり屋さんオリジナル記事) - 「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン(第2版)」によれば、未治療(尿酸降下薬を未投与)の場合に起きた痛風発作(痛風関節炎)では、尿酸降下薬を新たに開始することで発作が悪化するか....
> 続きを読む

 

2011-04-21
にきびに悩んでいます(くすり屋さんオリジナル記事) - にきび(医学的には「尋常性ざ瘡」)のできる仕組みをおさらいしましょう。皮膚の表面には脂腺という小さな穴が無数に存在し、皮脂という油分とともに、身体から出る不要な成分を排出しています。皮脂の産生が過剰になり....
> 続きを読む

 

2011-04-20
デスクワークの危険:机に座ったまま運動する方法(英テレグラフ紙より) -10年以上にわたりデスクワークを続けると、主な腸癌の一種に罹患するリスクが倍増することが、新たな研究で明らかにされた。インスリン分泌障害により血糖値が高くなるのを防ぐのに役立つ秘訣や運動の....
> 続きを読む

 

2011-04-15
10ペンスの糖尿病薬で乳癌を治療できる可能性(英テレグラフ紙より) -1日10ペンス(約13円)しかかからない糖尿病薬の投与により乳癌患者を治療できるかもしれないと研究者らが主張している。安価な治療で効果が得られる可能性のある患者を特定するための、新たな検査法を....
> 続きを読む

 

2011-04-15
糖尿病治療薬で乳癌治療の可能性-研究者らが語る (BBCニュースより) - 研究によると、何千万もの糖尿病患者が常用している薬には乳癌に対抗する役割があるかもしれないという。英マンチェスターの研究者らは、癌の進行が速い患者で、メトホルミンが有用である可能性のある患者を特定する新しいテストを開発した。この発見は....
> 続きを読む

 

2011-04-12
パーキンソン病患者に希望を与える薬剤(英テレグラフ紙より) - 重いパーキンソン病に苦しむ数千人の人々が、ふるえを軽減する新薬の恩恵を受けられる可能性がある、と研究が示している。脳神経変性疾患であるパーキンソン病の患者440名を対象にした2年間にわたる試験により....
> 続きを読む

 

2011-04-12
プラセンタについて教えてください(くすり屋さんオリジナル記事) - プラセンタとは胎盤のことです。哺乳類では妊娠すると子宮の内壁に胎盤が形成され、この胎盤を通じて胎児に栄養が送られます。つまり....
> 続きを読む

 

2011-04-12
まつげが抜ける病気はありますか(くすり屋さんオリジナル記事) - 砂漠地域原産のラクダはとても長いまつげをしています。このことからもわかるように、まつげはほこりが目にはいるのを防いでいます。センサーの働きもしていて、まつげに異物が....
> 続きを読む

 

2011-04-12
ラティースを指示通りに使用する事が重要な訳(くすり屋さんオリジナル記事) - まつげ育毛薬ラティースの主成分はビマトプロストという物質で、「ルミガン」という緑内障治療薬(点眼薬)の成分と同じものです。ルミガンを点眼した患者さんの一部に、まつげが濃くなる、という副作用....
> 続きを読む

 

2011-04-11
臨床試験により試験薬に前例のない体重減少の成果を見出す(サイエンスデイリーより) - デューク大学医学部(Duke University Medical Center)の研究者らによれば、肥満・片頭痛・てんかんの治療に承認されている薬剤を試験的に併用したところ、1年間の臨床試験に参加した肥満者....
> 続きを読む

 

2011-04-10
アスピリンは膵がんの危険性を低下させる可能性(サイエンスデイリーより) - 大規模な症例対照試験によると、アスピリンを少なくとも月に1回服用することは、膵がんの危険性の有意な減少に繋がる....
> 続きを読む

 

2011-04-07
買い物は「健康を増進する可能性」(BBCニュースより) - 研究によると、少なくとも台湾の65歳以上の人達の場合、買い物により寿命が延びるのだそうです。肉体的および精神的虚弱などの因子を調整しても、毎日買い物をする男性と女性は、買い物をしたがらない人たちより長生きした、と科学者ら....
> 続きを読む

 

2011-04-06
糖尿病治療に子宮体がんに対する予防効果もある可能性(サイエンスデイリーより) - ウォリック大学(University of Warwick)のウォリック医学部(Warwick Medical School)が主導した研究により、糖尿病治療と多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の女性に対する治療に用いる治療薬メトホルミンには、子宮体がんに対する予防効果が....
> 続きを読む

 

2011-04-04
ヘルペスとアルツハイマー病に関連性:「口唇ヘルペス」は認知機能低下につながる(サイエンスデイリーより) - 細胞内で増殖する単純ヘルペスウイルス1型(HSV1)感染症を観察する新技術が、ニューメキシコ大学(University of New Mexico)、ブラウン大学(Brown University)、ハウス耳科学研究所(House Ear Institute)の研究室で開発された....
> 続きを読む

 

2011-03-30
肝疾患による死亡が「糖尿病患者に多い」(BBCニュースより) - 糖尿病者では、糖尿病でない人に比べて、肝疾患による死亡率が70%高いことが、新たな研究で示された。糖尿病が、一部の肝疾患リスクを上昇させることは既に知られている。血糖コントロールが適切に行われないため....
> 続きを読む

 

2011-03-29
心拍異常は「概ね避けられる」(BBCニュースより) - 最も一般的な心律動障害の全症例の半分以上は、禁煙、より健康的な食事をするなどの「清い生活」で避けることができる....
> 続きを読む

 

2011-03-29
睡眠パターンが減量に影響する(BBCニュースより) - アメリカの科学者らによると、睡眠やストレスレベルを管理が肥満との戦いの一助となれるそうだ。6ヶ月の調査に参加した472人の肥満患者のうち、睡眠不足や睡眠過多の被験者の体重は減少しにくい傾向にあった。....
> 続きを読む

 

2011-03-27
乳がん予防薬を「処方すべき」(BBCニュースより) - がん専門家国際委員会によれば、乳がん発症リスクが高い女性に予防的薬剤を投与すべきであるという。同委員会は、タモキシフェンなどの薬剤により乳がん発症の確率を低下させることができると報告しており、....
> 続きを読む

 

2011-03-15
性感染症(STD)(CDCより) - クラミジアは、クラミジア・トラコマチス(Chlamydia trachomatis)と呼ばれる細菌により引き起こされる、よく見られる性感染症(STD)です。この細菌は、女性の生殖器に損傷を....
> 続きを読む

 

2011-03-08
リンゴを食することにより、試験動物の平均寿命が10%延長(サイエンスデイリーより) - 体に良いとされるリンゴの抗酸化物質を摂取することにより、試験動物の平均寿命が10%延長するという最初の証拠を....
> 続きを読む

 

2011-02-22
骨密度を高め、骨損失量を減らすニトログリセリン軟膏とその研究(ウィンニペグフリープレスより) - 更年期の女性が就寝時にニトログリセリン軟膏を塗ったところ、わずかな骨塩量の増加と骨損失量の低下がみられたと、カナダで行われた予備研究の結果報告に記されている。この研究結果は....
> 続きを読む

 

2011-02-21
スコットランドの研究者らが健忘に対する治療法を模索(BBCより)スコットランドの研究者らは健忘に対する治療法を発見することを目指し研究に着手した。CPSリサーチ(CPS Research)の医師らは、現代の多忙な生活習慣と「情報過多」の結果として、人はますます忘れっぽくなってきている...
> 続きを読む

 

2011-02-20
脳損傷に対するプロゲステロン(性ホルモン)の試験(BBCニュースより) -最初の避妊ピルに使用された性ホルモンである天然プロゲステロンが、重度の頭部損傷患者を対象に試験される予定である。研究者らは、3月に第III相試験を開始する予定とし、プロゲステロンが患者の命を救い、脳の損傷を軽減する....
> 続きを読む

 

2011-02-16
スタチンはHIVの進行と関連するマーカーに影響することが試験により示された(サイエンスデイリーより) - コレステロール降下薬アトルバスタチンに関する最近の多施設共同臨床試験により、この薬はHIV感染患者の血漿中HIV RNA量を抑えることはできないが、免疫活性化の細胞マーカーの発現および炎症を抑えることが明らかに....
> 続きを読む

 

2011-02-15
飲料水に含まれるエストロゲンは経口避妊薬が原因ではない(サイエンスデイリーより) - 一般に信じられているのとは異なり、米国の飲料水中にみられるエストロゲンのうち経口避妊薬由来のものは1%に満たないことが、このテーマに関して発表されたさまざまな研究を解析した科学者らによって結論付けられ....
> 続きを読む

 

2011-02-15
風邪の症状が亜鉛により軽減(サイエンス・デイリーより) - コクラン・ライブラリー(Cochrane Library[英国国保が発行])に掲載された系統的レビューによれば、亜鉛の補充により、風邪に起因する疾患の重症度が軽減され、疾患の持続期間も....
> 続きを読む

 

2011-01-26
抗うつ薬の使用に伴い閉経期のホットフラッシュが軽減する(サイエンスデイリーより) -閉経期への移行中または閉経後の女性が抗うつ薬エスシタロプラムを使用したところ、プラセボを服用した女性と比較して閉経期のホットフラッシュの頻度および重症度が低下し....
> 続きを読む

 

2011-01-12
インプラントが眼内炎症性疾患の治療への有効性を示す(サイエンスデイリーより) - JAMA/アーカイブ・ジャーナルの1つである「アーカイブ・オブ・オフサルモロジー」(眼科学に関する雑誌)5月号に掲載される予定で、先にオンライン版に掲載された研究報告によれば、眼内にデキサメタゾンを放出....
> 続きを読む

 

2011-01-10
プロザック(Prozac)による治療は脳卒中からの回復を促進する(BBCニュースより) - ある研究によると、患者が脳卒中の発作を起こした後、速やかにプロザック(Prozac)を投与すると麻痺からの回復に役立つかも....
> 続きを読む

 

2011-01-06
解明された緑茶の保護特性(サイエンスデイリーより) - ニューカースル大学(Newcastle University)の科学者らによる最新の研究によると、定期的に緑茶を飲むとアルツハイマー型およびその他の型の認知症の発症から脳を守れるかも....
> 続きを読む

 

2011-01-06
運動により前立腺がん患者の死亡リスクが低下する可能性(サイエンスデイリーより) - 前立腺がんの男性に関する新たな研究により、運動が、全死亡率リスクおよび前立腺がんに起因する死亡リスクの低下に関連することが明らかとなった....
> 続きを読む

 

2011-01-04
禁煙補助薬がどのように切望感を抑えるのかを検討した脳のイメージング試験(サイエンスデイリーより) -JAMA/アーカイブ・ジャーナルの1つであるアーカイブ・オブ・ゼネラル・サイキアトリー(一般精神医学に関する雑誌)5月号に掲載される予定で、すでにオンライン版に掲載されている2つの報告によれば、禁煙補助薬のブプロピオンとバレニクリンに関し、いずれもその投与に伴い喫煙刺激に対する脳の反応の仕方が変化し....
> 続きを読む

 

2011-01-02
ウォーキングはアルツハイマー病の進行を遅らせると研究が示している(サイエンス・デイリーより) - 北米放射線学会(Radiological Society of North America: RSNA)の年次総会で11月29日に発表された研究によると、ウォーキングは軽度認識障害(MCI)やアルツハイマー病の患者だけでなく....
> 続きを読む

 

2011-01-01
心臓を大切に(デカンヘラルドより) - 心臓疾患を抱えているインド人はおよそ6千万人。ウペンドラ・カウル(Upendra Kaul)博士がその原因と予防法を簡単に説明する。
> 続きを読む

 

2011-01-01
ヒトのネコアレルギー(ペットエジュケーションドットコムより) - ペットのアレルギーについてはたっぷり時間をかけてご説明するのに、ヒトのペットアレルギーのほうはお話するのを忘れてしまいがちです。動物アレルギーに苦しむ方は....
> 続きを読む

 

2011-01-01
脳が恐れを知らないとき ― 恐怖の発見がPTSDに対する新治療につながる可能性(サイエンス・デイリーより) -アイオワ大学(University of Iowa)の研究者らは、人に恐怖を体験させる脳の部位を特定した。この発見により心的外傷後ストレス障害(PTSD)や不安の諸症状に対する治療が....
> 続きを読む

 

2011-01-01
家庭でできる物忘れ治療法(ArticlesBase.comより) - 車をどこに駐車したのか忘れるような、時々起こる物忘れは、アルツハイマー病の初期症状の徴候ではない。しかし、どの程度のもの忘れであれば、悪化したアルツハイマー病に進展するリスクが大きいことが示されるのかについて、医師らは依然として確信が持てきれずにいる。問題となるのは、たまに鍵をどこへ置いたのか覚えてないことではなく....
> 続きを読む

 

2010-12-29
失業が、若者の精神不衛生に関連するとの報告(BBCニュースより) - 英国ウェールズでは、長期失業に伴い精神衛生上の問題を抱える若者の数が増加しており、その中でも長期的に失業している人に....
> 続きを読む

 

2010-12-15
健康:朝ごはんの前に運動をすると健康に良い(ニューヨークタイムズより) - 年末年始のこの時期には楽しいことが沢山ありますが、それと同じくらい悪いことが....
> 続きを読む

 

2010-12-15
カレースパイスから派生した混合物に脳卒中と外傷性脳損傷からの神経保護作用(サイエンス・デイリーより) - ソーク生物学研究所(Salk Institute for Biological Studies)の科学者らがカレースパイスのターメリックから作った派生化合物で、脳梗塞と外傷性脳損傷(TBI)の動物モデルに見られた分子欠損と行動障害の両方に驚異的....
> 続きを読む

 

2010-12-15
脳の新たな記憶増強メカニズム(サイエンスデイリーより) - ドイツのミュンスター大学(University of Munster)の科学者と協力して、UCIの研究チームがニューロペプチドS(NPS)という小さなタンパク質が不快な出来事から単純な物体まであらゆるものの記憶を....
> 続きを読む

 

2010-12-09
エキセメスタンは、ホルモン受容体陽性早期乳がんに対する、もう一つの第一選択補助療法であるかもしれない(サイエンスデイリーより) - エキセメスタンはエストロゲン産生を妨害するアロマターゼ阻害薬である。このエキセメスタンがホルモン受容体陽性早期乳がん手術後の閉経後女性に、もう一つの選択肢を与えてくれるかも....
> 続きを読む

 

2010-12-02
喫煙習慣を断つ:禁煙による気分の改善が研究で示唆(サイエンスデイリーより) - 禁煙が身体的健康に良いのは確かだが、たばこを止めることで、さらなる幸福....
> 続きを読む

 

2010-12-01
生殖年齢の女性の抑うつと産後うつ病(CDCより) - 抑うつを経験する女性は大勢います。他の病気と同じように、抑うつにも症状があります....
> 続きを読む

 

2010-11-28
テロメラーゼが老化プロセスを逆転させる(ネイチャーニュースより) - 染色体の末端を保護する酵素を再活性化させることにより、若年性老化症を逆転させられることが、マウスを用いた研究で判明した。 その酵素(テロメラーゼと呼ばれる)が欠乏するよう操作されたマウスに若年性の老化現象がみられた。しかし、テロメラーゼが補充されると健康な状態に戻った....
> 続きを読む

 

2010-11-22
糖尿病治療薬「アルツハイマーに希望」(BBCニュースより) - 主な糖尿病治療薬が、アルツハイマーに対する新しい治療法として開発し直される可能性のあることが、研究で示唆されている。英国ダンディーの研究者らは、アルツハイマーに関連する重要な脳異常の形成を予防するのに、メトホルミンが有用であることを発見した....
> 続きを読む

 

2010-11-15
オキシトシンと社会的接触とが不安を軽減:ホルモンは隔離された動物のストレス軽減には効果が薄い可能性(サイエンスデイリーより) - 新しい研究によると、オキシトシンはストレスを受けた動物の不安を軽減するが、仲間の存在がある場所で回復できる場合のみである....
> 続きを読む

 

2010-11-13
抗痛風薬が大腸腺腫進行の危険性を下げる可能性(サイエンス・デイリーより) -アロプリノール(Allopurinol)は比較的安価な抗痛風薬で、市場に出て20年以上になる。このアロプリノールが大腸腺腫に対して何らかの活性を有する可能性があるという....
> 続きを読む

 

2010-10-28
インスリン分泌細胞の研究が、糖尿病の治療を改善に導く可能性(サイエンスデイリーより) - 人体でインスリンを分泌するβ(ベータ)細胞は、30歳を過ぎると複製されなくなる。このことは、臨床医が優れた糖尿病の治療を行えるようになるまであと一歩のところ....
> 続きを読む

 

2010-10-18
骨髄腫に対する化学療法・新薬・幹細胞の第III相試験で高奏効率が確認(サイエンスデイリーより) - 新たな多発性骨髄腫患者を治療するための2種類の方法を比較するこの種では最初の研究により、この両治療法から肯定的....
> 続きを読む

 

2010-10-18
酸逆流および機能性消化不良が睡眠障害に重大な影響を及ぼす(サイエンスデイリーより) - 胃食道逆流症(GERD)や機能性消化不良などの上部消化管の異常が睡眠に及ぼす影響と、睡眠障害に苦しむ胸やけ患者または酸逆流患者の症状緩和を目的とした治療法....
> 続きを読む

 

2010-10-04
統合失調症に対する抗精神病薬に期待すべきこと(CNNヘルスより) - 統合失調症の症状で苦しんでいるのなら、抗精神病薬が役に立つ。数ある抗精神病薬の中でも特に、ハロペリドール(ハルドール)、リスペリドン(リスパダール)、オランザピン(ジプレキサ)等は統合失調症の主要な治療薬で....
> 続きを読む

 

2010-10-01
性機能障害 ― 男性は特に一時的な解決薬を受け入れやすい(コモン・グラウンドより) ― 過去10年間、男性用の性的能力向上処方薬は驚異的な成功を見てきました。そして今、ギアが変わり、製薬会社は女性向けの新薬のマーケティングにすっかり当惑しているようです。すでに「ピンクバイアグラ」と呼ばれる女性の....
> 続きを読む

 

2010-10-01
小児における風邪とインフルエンザ(BBCヘルスより) - 一般的な風邪とインフルエンザを見分ける方法や、子供たちをできるだけ早く回復させるのに役立つ最善策など....
> 続きを読む

 

2010-09-30
静注用治療薬が細菌性髄膜炎による死亡リスクを下げる可能性(サイエンスデイリーより) - 新たな研究により、ある静注用(IV)治療薬が細菌性髄膜炎による死亡リスクを低下させることが明らかにされた。この研究は、米国神経学会(American Academy of Neurology)の医学雑誌ニューロロジー....
> 続きを読む

 

2010-09-30
盲目の冒険家が試験薬で一部の視力回復(TODAY.com より) - マイク・スコールズ(Mike Scholes)氏の視力が落ち始めたのは5年前で自由落下パラシュートジャンプの練習をしていた頃であった。英国ウェストサセックス州リンドフィールドに住む58歳の熱狂的冒険家は「眼鏡士に検査を受けに行き....
> 続きを読む

 

2010-09-29
子宮内膜がんの治療に子宮内避妊用具が利用可(サイエンスデイリーより) - がん専門誌・アナルズオブオンコロジー(Annals of Oncology)のオンライン版に掲載された新しい研究によると、避妊用に開発された子宮内用具を使って子宮内膜がんを治療し、治すことさえできるという。子宮の内側の膜にがんが発生する子宮内膜がん....
> 続きを読む

 

2010-09-17
アカンプロセートがアルコール依存症の再発を防ぐと、レビューで明らかに(サイエンス・デイリーより) - 新しいコクラン・レビュー(Cochrane Systematic Review)によると、アカンプロセートの使用によりアルコール依存症の治療を受けた後に再飲酒を行う患者の数が減少するそうだ。この薬は....
> 続きを読む

 

2010-09-02
古代のビール醸造主が、当時では未知のはずの抗生物質を使用していた(サイエンスデイリーより) - 古代ヌビア人の骨の化学分析から、ヌビア人がテトラサイクリンを定期的に摂取していたことが示され、それがビールの中に含まれていた可能性が高いことが判明した。今回の結果は、公式的には1928年のペニシリンの発見にまで遡る抗生物質産生技術が、約2,000年前....
> 続きを読む

 

2010-08-31
妊娠中に特定の抗ウイルス薬を使用することは、主要な先天性欠損症のリスク上昇に関連しないことが研究で示唆されている(サイエンスデイリーより) - 単純ヘルペスは発症率が高く、疾患の素因がある女性の1%超が妊娠第1三半期に単純ヘルペスを発症しており、かなりの数の妊婦に抗ウイルス薬の治療が適応されている。「アシクロビル、バラシクロビル、ファムシクロビルの安全性は、概ね十分に確立されているが、これらの抗ウイルス薬の妊娠初期における使用に関するデータは乏しい」と著者らは記している。 デンマークの首都コペンハーゲンの国立血清研究所(Statens Serum Institut)のビョルン・パステルナーク(Bjorn Pasternak, M.D., Ph.D.)博士と、アンダース・ヴィード(Anders Hviid, M.Sc., Dr.Med.Sci.)博士は、....
> 続きを読む

 

2010-08-19
長期エンテカビル療法、慢性B型肝炎患者の線維症と肝硬変に効果(サイエンス・デイリーより) - この国際的な研究に携わった研究者らによると、エンテカビル(抗ウイルス剤)の累積治療を少なくとも3年間受けた慢性B型肝炎ウイルス(HBV)感染患者に、かなりの組織学的改善と線維症と肝硬変の改善がみられたという。同研究の....
> 続きを読む

 

2010-08-12
ファストフードと一緒にスタチンを無償配布することで心臓病リスクが相殺される可能性があると研究者らはいう(サイエンス・デイリーより) - ファストフード店が、顧客の高脂肪食による心臓病の危険をなくすために、スタチン系薬剤を無料....
> 続きを読む

 

2010-08-10
亜鉛の量が十分であれば、高齢者の肺炎が軽減されることが試験により明らかに(サイエンスデイリーより) - 観察研究において、介護施設入居者の高い割合で、試験期間中に血清(血中)亜鉛の低濃度がみられたことが明らかになった。科学者らは、血中亜鉛濃度が正常な群はその濃度が低い群と比較して、肺炎を....
> 続きを読む

 

2010-08-02
不眠症について(ArticlesBase.comより) - 不眠症とは? 不眠症にはさまざまなタイプがあります。多いのは寝つきが悪いことに苦しむタイプで、睡眠が途中で途切れてしまうタイプもあれば、早朝に目が覚めてしまうタイプもあります。また少数ですが単に睡眠の質が悪くて休んだという気がしないタイプもあり....
> 続きを読む

 

2010-07-29
オレックシジェン社の新薬で肥満患者の体重減少(ABCニュース・ヘルスより) - 食物への渇望を抑制するよう考案されたオレックシジェン(Orexigen)社のコントレイブ(Contrave)という研究段階にある薬が、過体重のボランティア参加者に投与され、1年間で約6kg(13ポンド)体重減少したことが、米国の研究者によって木曜日に報告された。 薬を服用した過体重者は、甘い物やでんぷん質の多い物に対する食欲が....
> 続きを読む

 

2010-07-20
アルコール依存症に対する治療としてナルトレキソン投与は男女で同等の効果(サイエンスデイリーより) - 1980年代の米国におけるアルコール使用障害(AUD)の有病率は男性のほうが女性の約5倍多かったが、この男女差は縮まり、現在では....
> 続きを読む

 

2010-07-19
乳児血管腫に対する治療結果の比較(サイエンスデイリーより) - 複雑な乳児血管腫に対し、より安全で優れた治療法を見出すための取り組みが続くなか、ウィスコンシ医科大学(Medical College of Wisconsin )とウィスコンシ小児病院....
> 続きを読む

 

2010-07-11
コレステロールを低下させる薬剤アトルバスタチン(ArticlesBase.comより) - アトルバスタチンを購入するよう勧められていて、この薬剤についてもっと良く知ることが必要ですか? こうした状況下で、この薬について詳しく知る必要があれば、本稿を読むことで適切な情報が得られます。同剤について....
> 続きを読む

 

2010-06-30
眼の研究により糖尿病性眼病変の進行を遅らせる2つの治療法が明らかになった(サイエンスデイリーより) - Ⅱ型糖尿病の高リスク成人患者の糖尿病性網膜症に関して、研究者らは同症の進行を遅らせる可能性がある2つの治療法を発見した。同症は眼病変の一種で、生産年齢のアメリカ人が失明する主要な原因である。 厳格な血糖管理を行うと、標準的な血糖管理を行った場合と比べて....
> 続きを読む

 

2010-06-30
葉酸により頭部損傷と脊髄損傷の治癒が促される仕組みを解明(サイエンスデイリーより) - 葉酸(葉酸塩またはビタミンB9とも呼ばれる)を十分に摂取しない女性から生まれた乳児は....
> 続きを読む

 

2010-06-27
11年間の試験結果に基づき、関節炎には早期かつ積極的な治療が推奨(サイエンス・デイリーより) - 抗リウマチ薬(DMARDs)は、関節リウマチ(RA)の最初の兆候が見られた時点で、早期にかつ積極的に用いるべきだ。バイオメッド....
> 続きを読む

 

2010-06-25
つわりによるひそかな苦痛(BBCニュース・ヘルスより) - 女性の中には激しいつわりを経験する為、妊娠を望んでいたのに中絶を考える人もいる。大いに苦痛を感じる女性を援助する十分な配慮は行われているのか?サリドマイド薬は、1960年代に発売されたつわり止めであり、胎児に先天性異常をもたらした。この紛らわしい名前....
> 続きを読む

 

2010-06-24
高血圧治療薬がアルツハイマー病を予防する可能性(サイエンスデイリーより) - マウントサイナイ医科大学(Mount Sinai School of Medicine)の研究者らは、高血圧の治療に現在処方されているカルベジロール(降圧薬)により、アルツハイマー病による退行への影響が軽減され、健常な....
> 続きを読む

 

2010-06-15
長期試験によって慢性不眠症と死亡リスクの上昇が関連付けられた(サイエンスデイリーより) - テキサス州サンアントニオ(San Antonio, Texas)で開かれた第24回米国睡眠関係学会連合年次集会(the 24th annual meeting of the Associated Professional Sleep Societies LLC)(SLEEP 2010)で発表された研究アブストラクトによれば、慢性不眠症の人は死亡リスクが増す....
> 続きを読む

 

2010-06-10
痛風治療薬は腎臓病患者に有益であるとの解析結果(サイエンスデイリーより) - 痛風の治療によく使用される薬剤が、腎臓病患者の健康を維持するのに有用となる可能性があるという....
> 続きを読む

 

2010-06-08
痛風治療薬が「心疾患である狭心症の痛みを防ぐ」(BBCニュースヘルスより) - アロプリノールは他の狭心症治療薬よりも安価であり、心臓が必要とするエネルギー量を減少させることで....
> 続きを読む

 

2010-06-04
ロバスタチン: ペストに対する新たな兵器?(サイエンスデイリーより) - ある実験的な研究によって、高コレステロール血(症)の治療に処方される薬品ロバスタチンが、動物をペストの致死的な影響から保護することが明らかになった。この伝染病は世界各地で急増中である。感染症・熱帯病研究所(Unité de Recherche sur les Maladies Infectieuses et Tropicales Emergentes)(CNRS/エックス・マルセイユ第2大学(CNRS/Université Aix-Marseille 2))の科学者らによって....
> 続きを読む

 

2010-06-01
薄片の多い頭皮(BBCヘルスより) - 頭皮の薄片で最もよくみられるのはフケであるが、フケとは別の薄片が存在する。フケの原因は何なのでしょうか?毎日、頭皮から古い角質が剥がれおちています。古い角質が通常よりも多いと....
> 続きを読む

 

2010-05-28
目のアレルギー(BBCフィジカルヘルスより) - 目のアレルギーには、結膜(瞼の裏側から伸び眼球を覆う膜)の不快感から重度の結膜の炎症を伴う角膜瘢痕まで様々な種類がある、とエイドリアン・モリス医師は解説する。目の花粉症 - 季節性アレルギー性結膜炎は目の花粉症で一般人口の....
> 続きを読む

 

2010-05-27
侵攻性リンパ腫、新研究で有望な治療(サイエンス・デイリーより) - 新たな研究によると、形質転換したリンパ腫の患者で、レナリドマイド(lenalidomide)に対して「瞠目すべき」反応....
> 続きを読む

 

2010-05-26
善玉コレステロールが多いほど健康に良いとは限らない(サイエンスデイリーより) - 心臓の健康状態の改善において高比重リポ蛋白質(又は善玉コレステロール)を増やし、低比重リポ蛋白質(又は悪玉コレステロール)を減らすことが重要であることは、誰もが耳にしたことがある。高比重リポ蛋白質は、その性質上、健康に良いものであると思われているのであるが、新しく行われた研究では、高比重リポ蛋白質がある特定の患者の健康を害する可能性があることが明らかになった。この研究は、健康に良いとされる....
> 続きを読む

 

2010-05-21
ヒトの異なる身体部位における白癬に対する治療(ArticlesBase.comより) - 白癬感染症が生じた身体各部位には、それぞれ病名があり、8種類に分類されるが、これを以下に列挙する。 1.足白癬(足) - トリコフィトン属(白癬菌属)に起因する足にみられる白癬。足裏、足指、足爪のような足のほかの部位には、斑点状または....
> 続きを読む

 

2010-05-18
ネットと電話を使ったカウンセリングは、チャンティックス投与との併用で禁煙効果のあることが試験で判明(サイエンスデイリーより) - 電話カウンセリングは、早期禁煙に対する治療に高い優位性があり、服薬遵守率を高めるように思われたが、....
> 続きを読む

 

2010-05-12
母親からの電話は「抱きしめるのと同じくらい子供を落ち着かせる」(BBCニュースより) - 働いている母親は家におらず、子供がパニックになっても抱きしめて安心させてやることができない。しかし研究により、母親の声を電話で聞かせても、....
> 続きを読む

 

2010-05-10
ナッツと血中コレステロール値改善の関連性(サイエンスデイリーより) - ナッツの消費量と血中コレステロール値改善に関連性がある可能性があることが、25個の研究データを集積・分析したところ、判明した。これは、ジャマ/アーカイブの1つであるアーカイブ・オブ・インターナル・メディシン5月10日版内で報告されている。「冠動脈疾患の治療計画や予防計画を立てる上で最も重要なのは...
> 続きを読む

 

2010-05-10
勃起不全(ED)治療薬に、特定の脳腫瘍に対するハーセプチン投与効果を増幅させる可能(サイエンスデイリー) - シダーズ・サイナイのマキシン・ダニッツ脳神経外科研究所(Cedars-Sinai's Maxine Dunitz Neurosurgical Institute)の科学者らによる新たな研究では、勃起不全治療に現在認可されている医薬品に、治療が難しい特定の脳腫瘍に対する抗がん剤ハーセプチンの投与効果を有意に高める可能性のあることが....
> 続きを読む

 

2010-05-08
抗菌薬は最終投与後数週間、過敏性腸症候群の症状を防ぐ(サイエンスデイリーより) - 目標を絞った抗菌薬投与は過敏性腸症候群(IBS)の症状を効果的、かつ持続的に軽減するとのことである。リファキシミンは服用中も、服用を止めたあともIBSの症状を抑える....
> 続きを読む

 

2010-05-05
男性の肥満と低テストステロン値が関連、研究で明らかに(サイエンスデイリーより) - 肥満は心臓病と糖尿病に関連する病状として知られるが、他の健康問題とも関連があることが最近明らかになった。低テストステロン値、つまり男性にのみ見られる症状である。糖尿病専門誌『ダイアビーテス・ケア』に先だってインターネットで公表されたニューヨーク州立大学バッファロー校の内分泌学者らの研究結果で、男性性機能低下(HIM)研究の研究対象で肥満患者の40%が通常の数値よりも低いテストステロン値を記録....
> 続きを読む

 

2010-05-03
紫色のツルニチソウで炎症性疾患に対抗できることが研究から示唆(サイエンスデイリーより) - 広く安全に使用されている植物エキスを新たに抗炎症薬として使用し、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療やその他の炎症性疾患の治療として使える日がいずれ来る可能性がある....
> 続きを読む

 

2010-04-30
「抱擁ホルモン」、男性を共感力豊かに(BBCニュースより) - ドイツと英国の研究者チームによると、オキシトシンを含むスプレー式点鼻薬によって、男性は他人の感情に対して、より共感力豊かになるという。同研究者チームは、「抱擁ホルモン」であるオキシトシンを吸い込むことで、男性が女性と同じように共感力豊かになることを発見。48人のボランティアを....
> 続きを読む

 

2010-04-25
科学の力で老化現象を遅らせる(テレグラフ紙(英)より) - プロヌトリとリグニンを混合し製造されたこの新聞には、細かいシワを目立たなくさせる効果があります。(これは効果を保証するものではありません。効果には個人差があります) いくらか説得力があるように見受けられるものの、科学的見地から述べられている上記の様な文句は似非(えせ)である。この様な文句を、化粧品業界のマーケティングのプロ達は長年用いて....
> 続きを読む

 

2010-04-21
善行や悪行は人を強くするのか(サイエンスデイリーより) - ハーバード大学にて新しい研究が行われた。その研究結果は、善行により、我々の意志の力そして体力の限界が押し上げられる可能性があることを示すものであった。この研究に参加した人々の内、善いことをした人々(困っている人に手を差し伸べることを想像しただけの人々でさえも)の体力テストの成績は、そうでない人々の成績を....更に、この発見は、不安症や鬱の新しい治療に役立てられる可能性がある、と....
> 続きを読む

 

2010-04-20
メトホルミンが喫煙者の肺がんを予防 - 初期研究報告(サイエンスデイリーより) -初期研究結果が、臨床試験にて確認されれば、2型糖尿病患者向け治療の中心であるメトホルミンが、肺がん予防に間もなく役立つかもしれない....
> 続きを読む

 

2010-04-13
前立腺癌ワクチンを承認(BBCニュースより) - アメリカ食品医薬品局は、前立腺癌の‘ワクチン’を承認した。このワクチンの効能は免疫システムの働きを利用し、前立腺癌を攻撃するのである。プロベンジは、アメリカ食品医薬品局に初めて承認された免疫療法薬であり、進行性の前立腺がんを患う男性用の薬である。服用量は個人個人で異なり、費用も高額で....
> 続きを読む

 

2010-04-13
片頭痛:アスピリンと制吐薬の併用は理にかなった選択肢である 再検討により判明(サイエンスデイリーより) - アスピリン900-1000mgの単回服用により片頭痛の痛みが2時間以内に大幅に和らぐ患者は服用者全体の半数以上である。また片頭痛に随伴する嘔気、嘔吐、光や音に対する鋭敏性(光恐怖症や音声恐怖症)もどんなものであれ軽快する。アスピリン900mgと制吐薬メトクロプラミド10mg併用服用の制吐効果は偽薬を服用した場合より高い。コクラン体系的再検討(Cochrane Systematic Review)は....
> 続きを読む

 

2010-04-12
高グリセミック指数食品の摂取量が多い女性は心疾患に注意(サイエンスデイリーより) - グリセミック指数(血中のブドウ糖値上昇の度合いを食物別に示す数値)の高い炭水化物食品と冠状動脈性心疾患の関連性が指摘されている...
> 続きを読む

 

2010-04-11
乳腺領域幹細胞のホルモン感受性が医薬品により抑えられる(サイエンスデイリーより) - ウォルター・アンド・イライザ・ホール研究所に勤める研究員が、乳腺領域幹細胞は女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンに対し非常に敏感である事を発見した。これは、乳がんの新しい治療法と予防法の開発に繋がる発見...
> 続きを読む

 

2010-04-05
早産と脳損傷:炎症が原因か(サイエンスデイリーより) - 早産で子供を出産する際に未熟児に何が起こり、脳損傷がどの様にして起こるのか。この謎の答えに研究者は近づいた。羊水内及び胎児の脳内の炎症と脳損傷に何らかの関係があることが、新たな研究により....
> 続きを読む

 

2010-04-02
痔核を未治療のまま放置すべきではない(ヘモロイド・トリートメントより) - 痔核は、肛門または直腸の静脈圧が上昇することにより生じる。慢性便秘や下痢が原因となり痔核を患う人が多いほか、妊娠に起因することもあるが、これは子供を....
> 続きを読む

 

2010-03-30
白血病再発を防止、細胞経路がターゲット(サイエンスデイリー) - 急性骨髄性白血病(AML)の寛解期にある、子供の約40%と大人の70%以下が疾患を再発させている。近年、医師らは、この原因が白血病幹細胞にあると考えるようになっている。この幹細胞は、白血病に特徴的な未熟血球を作り出し、そして典型的ながん治療に耐性を示すがん細胞を絶え間なく複製する。ボストン小児病院(Children's Hospital Boston)の研究者らは、これらの細胞を全滅させ、再発を防ぐことができる方法を....
> 続きを読む

 

2010-03-26
関節リウマチの新しい治療法となるか(サイエンスデイリー) - NYUランゴ―ンメディカルセンターの研究員が斬新な関節リウマチやその他の自己免疫疾患の治療方法を発見か:抗炎症作用を持つ免疫細胞活動を活性化させ...
> 続きを読む

 

2010-03-23
体重管理カウンセリングと医薬品の併用は女性の禁煙に効果的(サイエンスデイリーより) - 禁煙に伴う体重の増加を心配する女性に朗報。体重の増加に焦点を当てた認知行動療法を受けながらブプロピオンを服用すると、カウンセリングのみを受けた場合よりも禁煙効果が高い、との記事が5月22日刊行のジャマ/アーカイブス・ジャーナルの1つであるアーカイブス・オブ・インターナル・メディシンに掲載されている。「多くの女性喫煙者が、禁煙に伴う体重の増加を....
> 続きを読む

 

2010-03-20
不眠症の有病率・診断・最新治療(アーティクルベースより) - 入眠困難、中途覚醒、早朝覚醒、日中傾眠、いびき、または睡眠時無呼吸の経験があれば、不眠症を患っている可能性がある。不眠症は米国内ではよくある問題であり、5,000万人を超えるアメリカ人が、睡眠に関連した問題を抱えているとの報告がある....
> 続きを読む

 

2010-03-20
不眠症における患者数、診断、最新の治療(ArticlesBase.comより) - 背景: 入眠困難、中途覚醒、早朝覚醒、日中傾眠、いびき、睡眠時無呼吸のいずれかに当てはまる場合には、不眠症の可能性がある。不眠症は米国において多くみられる問題で、5,000万人以上のアメリカ人が睡眠に関連した問題を抱えていると報告されている。これは女性に多くみられ、特に閉経後や高齢の女性に....
> 続きを読む

 

2010-03-18
タバコの吸い殻1個あたり納税者が6.5ペンス負担させられている、とシンクタンクが警告(英テレグラフ紙より) - 英国ではタバコの吸い殻1個あたり、納税者の医療費が6.5ペンス(約8円:以下、円換算は概算)使われ、経済の生産性を奪っている、と、あるシンクタンクが試算し、タバコ税を引き上げるよう呼びかけている。タバコ税....
> 続きを読む

 

2010-03-16
勃起障害は死亡ならびに循環器疾患の転帰の強力な予測因子である(サイエンスデイリーより) - 勃起障害(ED)は全ての疾病に係わる男性の死亡(あらゆる原因による)や循環器疾患(CVD)に罹患している男性における心臓発作、脳卒中、心不全による死亡の強力な予測因子....
> 続きを読む

 

2010-03-13
前立腺がん治療薬デュタステリドが「がんのリスクを低減する可能性」(BBCニュースより) - 前立腺腫大を有する男性を対象にすでに使用されている薬が、前立腺がん発症リスクを低減するとみられることが、大規模国際共同試験で示された。 6500名以上を対象とした4年間の試験から、デュタステリドの投与を受けた男性では、プラセボ投与の男性よりも前立腺がんのリスクが23%低いことが示された。本試験はNew England Journal of Medicine(NEJM)誌に掲載されたもので....
> 続きを読む

 

2010-03-12
シラミ根絶?経口シラミ駆除薬の効果を実演(サイエンスデイリーより) - 先日、AP-HP(アンリ・モンドール病院及びアヴィセンナ病院)とフランス国立衛生医学研究所(ユニット738“慢性疾患療法に関する有効性評価のモデルと方法及びツアーのCIC202)の研究員達が、新分子のシラミ駆除効果を実演してみせた。従来のシラミ駆除薬品に耐性を持つシラミが増えているなか、この新しい医薬品は全く新しいシラミ駆除薬であり、研究に参加した人々の95%に効果が....
> 続きを読む

 

2010-03-08
ADHDに非刺激薬が有効な場合(ArticlesBase.comより) - ADHD(注意欠陥・多動性障害)用の非刺激薬はすべての患者に効くわけではないことが、患者の報告から明らかにされている。最近まで、非刺激薬アトモキセチン(ストラテラ)が効くかどうかは一か八かであると考えられていた。事例報告や科学雑誌によれば、アトモキセチンが非常によく効く患者もいれば、全く効かない患者もいる。 アトモキセチンに関して行われた多くの科学的研究から、この薬はほとんどの患者に対して....
> 続きを読む

 

2010-03-06
一般的な脱毛症との闘いに女性が打ち勝つことができるよう皮膚科医が手助け(サイエンス・デイリーより) - 原因不明の脱毛症は、多くの女性にとって生活の質全般に大きな心理的打撃を与えるものである。薄くなった部分を隠すため髪型を変えたり、さらなる脱毛を食い止めるため髪の手入れ管理を減らしたりするなど、こうした問題を隠そうと女性は数え切れないほどの手段を試すが、結果は....
> 続きを読む

 

2010-03-01
トランキライザー(精神安定剤)(BBCヘルスより) - 抗不安薬や睡眠薬は、短期使用であれば特定の状況に役に立ちますが、長期使用の場合は依存症が大きなリスクです。 トランキライザーとは? 不安を取り除いたり、眠りを誘発するために(時には筋肉の緊張を和らげるなど他の作用のために)使用される複数の異なるグループの薬です。このような薬として....
> 続きを読む

 

2010-03-01
ニコチン中毒(BBCニュースより) - 英国では、たばこを吸う成人の割合が4分の1を少し上回るが、噛みたばこの利用者数はそれよりはるかに....
> 続きを読む

 

2010-02-27
ストレスが高齢糖尿病患者の精神的退化の危険性を高めると研究が示している(サイエンスデイリーより) - ストレスが高齢糖尿病患者の記憶障害と認識低下の危険性を高めると研究が示している。大学の研究者らは、2型糖尿病に罹患している60歳から75歳の男性と女性、900人以上を対象に試験を行った....
> 続きを読む

 

2010-02-25
プロザック(Prozac)とセレクサ(Celexa)が抗炎症作用を示す(サイエンス・デイリーより) - フルオキセチン(プロザックⓇ)とシタロプラム(セレクサⓇ)を用いたマウスに対する治療ではコラーゲン誘発性関節炎(CIA)の進行を有意に抑制することが、新しい研究で明らかに....
> 続きを読む

 

2010-02-07
植物から女性ホルモンのプロゲステロンが初めて発見された(サイエンスデイリー) - 従来の見識をくつがえす研究結果として、科学者らが植物から女性ホルモンのプロゲステロンを初めて発見したと報告している。これまでは、動物しかプロゲステロンを産生できないと考えられていた。プロゲステロンは卵巣から分泌されるステロイドホルモンであり、子宮に妊娠の準備をさせたり、妊娠を維持する。合成プロゲステロンである....
> 続きを読む

 

2010-02-05
糖尿病の新しい治療法(アーティクルベースより) - 多くの医師や研究は、糖尿病症例の増加は世界共通の問題であると述べている。血糖値をコントロールし、合併症を軽減するための糖尿病治療を受けている新しい人材を見つけ出そうと絶え間ないリサーチが行われている。最も進歩がみられているのは....
> 続きを読む

 

2010-02-02
抗鬱薬で脳卒中後の認知機能が回復する可能性(サイエンスデイリーより) - 脳卒中を発症した患者に抗鬱剤であるエシタロプラムを投与したところ、偽薬や問題解決療法を受けた患者と比べ、思考、学習、及び記憶力に回復がみられたとの記事が....
> 続きを読む

 

2010-01-23
骨が脆い子供に希望を与える臨床試験(BBCニュースより) - ルーク・ホール(Luke Hall)が初めて骨折したのは、まだ母親の子宮にいた時のことだった。13歳までに40回以上骨折した。リーズ(Leeds)で暮らすルークは骨形成不全症(OI)患者....
> 続きを読む

 

2010-01-16
喘息発作治療薬の効果向上:喘息治療の新たな分野(サイエンスデイリーより) - レスター大学では、喘息用吸引器の使用と喘息症状の悪化の関連性とその対処法について新たな研究が行われている。感染・免疫・炎症学部のピーター・ブラディン教授が中心となり行った研究により、ある種の喘息薬の効能を阻害する要因に関する新たな見解が....
> 続きを読む

 

2010-01-04
乾癬: 常に症状が皮膚だけというわけではない(サイエンスデイリーより) - 赤いパッチ状の皮膚の隆起を引き起こす慢性的な疾患である乾癬は、関節炎や心血管疾患と結びついた全身性の疾患であり、ますます増えている。メイヨー・クリニック女性健康情報(Mayo Clinic Women's Health Source)の12月号には、ときに厄介な、この疾患の概要が掲載され....
> 続きを読む

 

2010-01-01
夜更かしと怠け癖(BBCサイエンスより) - 10代の頃の睡眠パターンは普通ではない。多くのティーンエイジャーは夜遅くまでコンピュータゲームをして遊ぶ体力はあっても、学校に行く時間にベッドから出る体力はないのである。これはもはや....
> 続きを読む

 

2010-01-01
心臓弁膜症(サイエンスデイリーより) - 心臓弁膜症は通常年齢とともに現れ、60歳以上の人に発症するものだが、感染の結果によって生じることもあり、その場合は数日中に心臓弁が「破壊」される....
> 続きを読む

 

2009-12-18
ステロイド注射が糖尿病関連の眼疾患の進行を遅らせるかもしれない(サイエンスデイリー) - ジャマ・アーカイブ(JAMA/Archives)のジャーナルの1つであるアーカイブ・オブ・オフサルモロジ―誌(Archives of Ophthalmology:眼科学に関する雑誌)12月号に掲載された報告によれば、コルチコステロイドであるトリアムシノロンの眼内注射によって、糖尿病性網膜症の進行が抑制されるかもしれない。糖尿病性網膜症は....
> 続きを読む

 

2009-12-10
腰痛治療への新しいアプローチ方法が公表される(サイエンスデイリー) - ある科学分野に基づくアプローチ法。それは複合的な原因を持つ疾患を分野の枠を超えて研究する方法である。ミシガン州立大学の研究員が、腰痛のメカニズム解明における新しい見方とその治療法を...
> 続きを読む

 

2009-12-04
趾爪真菌症治療のためのテルビナフィン間欠投与(ArticlesBase.comより) -  テルビナフィン(商品名ラミシール)とイトラコナゾール(同スポラノックス)はともに趾爪真菌症(爪白癬)治療のための経口薬として広く使われている。これらの医薬品は高価で治療計画は通常3ヵ月間服用するというものである。イトラコナゾールは間欠投与が効果的であると明らかになっている。1週間毎日服用したのち3週間休薬、これを1周期として3周期繰り返す服薬法だ。12週間毎日服用する場合と比べるとこの服薬法は医薬品代が安く済む。テルビナフィンは....
> 続きを読む

 

2009-12-01
痛風(BBCヘルスより) - 痛風は、一般によくある関節疾患であり、100人に約1人が発症している。男性のほうが、女性よりも2~3倍発症する割合が高い。自らはかなり健康だと思っている人でも....
> 続きを読む

 

2009-11-27
ニキビ瘢痕のタイプ(ジェネラルメディスンより) - ティーンエイジャー(13歳-19歳)のニキビの重篤な合併症であるニキビ(挫瘡)瘢痕には、その深度や炎症反応した組織によって様々なタイプがある。適切な治療方法を計画するに当たって、ニキビ瘢痕をタイプ別に分類することが重要....
> 続きを読む

 

2009-11-10
リーシュマニア症:顧みられない寄生虫感染症の治療薬を見つけるための新しい戦略(サイエンスデイリーより) - 独自に開発した全く新しい方法を使い、ピッツバーグ大学創薬チームとウォルター=リード陸軍研究所の研究者らは共同で、リーシュマニア症に対する治療効果が期待できる化合物を発見した。リーシュマニア症は寄生虫感染症で、世界で最も見過ごされてきた疾患の一つだと広く考えられている。今回の発見は本日付けでオンライン科学雑誌「PLoS Neglected Tropical Diseases」に掲載される。これらの治療薬候補はリーシュマニア寄生虫の生活環の特定の段階においてこの寄生虫の成長を阻害....
> 続きを読む

 

2009-11-09
広く使われているコレステロール低下薬はパーキンソン病の進行を防ぐ可能性(サイエンスデイリーより) - 最も多く使用されているコレステロール低下薬シンバスタチンは、パーキンソン病の進行を食い止める可能性がある。ラッシュ大学メディカルセンター(Rush University Medical Center)の神経学研究者らは、パーキンソン病のマウスに、FDAに認可された薬剤の使用を検討する試験を実施したところ....
> 続きを読む

 

2009-11-03
ニキビ(CNNより) - 痤瘡や面庖又は皮膚の汚れそしてニキビ。どんな名前で呼ばれようと、ニキビはいやになるほどしつこいものであり、人々の悩みの種であることに変わりはありません。ニキビは治るのが遅く、ようやく1つ消えるなと思う頃には、もう他の個所にニキビができ始めています。ニキビの形成は....
> 続きを読む

 

2009-10-23
肥満薬よりも糖尿病治療薬の方が痩せる(BBCニュースより) - 糖尿病注射は、主要な肥満薬の一つよりも減量を促進させる効果的であることが明らかになったとの実験結果。 満腹ホルモンを含んだliraglutide(リラグルチド)を受ける患者は、orlistat(オルリスタット)を服用する患者より、かなりの体重を減らす可能性が2倍に...
> 続きを読む

 

2009-10-23
減量には抗肥満薬よりも糖尿病注射薬の方が有効(英テレグラフ紙より) - 糖尿病治療薬に体重減少効果がある。肥満患者が、ある糖尿病治療薬を使用したところ、5ヶ月間で16ポンド近い減量に成功した。これは抗肥満薬の2倍の効果である。研究報告。7月に発売されたビクトーザ(Victoza)は注射薬である。ビクトーザは2型糖尿病患者の治療に用いられ、血中ブドウ糖値が低下することにより....
> 続きを読む

 

2009-10-19
新生児へのHIV-1母体感染防止のための治療法(サイエンスデイリーより) - ある新しい研究によると、HIV-1感染治療で高活性抗レトロウイルス療法(HAART)を受けた母親は、この療法を受けていない母親と比べて、授乳による新生児へのウイルス感染が少ないという。 オンライン版の感染症ジャーナル(Journal of Infectious Diseases)11月15日号にある研究結果によると、アフリカのような資源の乏しい地域に住み、HAART療法を受ける資格のある母親は、出来るだけ....
> 続きを読む

 

2009-10-06
身体のサーカディアンリズムと血糖コントロールの密接な関係(サイエンスデイリー) - 科学者らは長い間、体内時計を解明しようとしてきた。チクタクと時を刻む音は、私たちを目覚めさせ、食事の時間、就寝の時間を知らせる。だが、何がサーカディアンリズム(24時間周期のリズム)を決めているのか。新たな研究によって、グルココルチコイドと呼ばれる強力な(効果のある)ホルモンの日々の変動と、体内で血糖を調整する、なくてはならない機序の一部である体内時計が....
> 続きを読む

 

2009-09-24
パーキンソン病進行を遅らせる可能性のある薬(サイエンスデイリーより) - 著者:ラダ・チタレ - 44歳のクリス・ウッズ氏はニューハンプシャー州メリマックに住んでいる。彼が右半身に違和感を最初に覚えたのは、2005年9月にニューオーリンズに1ヶ月間滞在していた時のことである。彼は、カトリーナ台風の被害を受けた地域でボランティア活動を行っていた。「右腕と右手に強張った感じと、右足に痛みと尖ったものを充てられているような感覚があった」とウッズ氏は当時を振り返る。「急速に症状が悪化....
> 続きを読む

 

2009-09-18
小児脳卒中が起こる可能性は、考えられていたよりも高い(ABCニュース・ヘルスより) - どこからどうみてもブレンドン・スピアは健康な新生児だった。しかし、彼の身体の動きにみられるわずかな異常を見た時、ブレンドンの母ジェシカ・スピアは、息子が本当に健康体なのか疑念を持ったのである。「生後2週目、ブレンドンは右側に顔を向くことができなかった。生後2カ月目、ブレンドンは、明らかに左手だけ....
> 続きを読む

 

2009-09-04
米国食品医薬品局:青少年の性器疣贅(せいきゆうぜい)の予防にメルク社のガーダシルが有効(ABCニュースより) - 米国食品医薬品局:メルク社の子宮頚癌予防ワクチンは、男性器疣贅の予防にも役立つ。メルク社の大ヒット商品であるガーダシルという名のワクチン(子宮頚癌の予防薬として既に使用されている)には、男性器疣贅を予防する働きもある、と米国食品医薬品局は....
> 続きを読む

 

2009-09-01
喘息の引き金(BBCヘルスより) -喘息の引き金となるものは、人それぞれである。冷気や煙、塵ダニや、感情の高ぶりさえもその引き金となるかもしれない....
> 続きを読む

 

2009-08-17
新たな発見が寄生回虫症の感染を食い止めるのに役立つかもしれない (サイエンスデイリー) - 寄生回虫駆除に有効な中国製の薬がある。カリフォルニア大学サンディエゴ校(University of California at San Diego)の生物学者らは中国の研究者らと共同でこの薬の作用機序を解明した。この薬の生物学的機序が解明されたことで回虫症とどう戦うかについて重要な新しい情報が得られる。熱帯地域では10億人以上が回虫症に感染しており....
> 続きを読む

 

2009-08-14
頭痛持ちでコーヒーをよく飲む人に悪い知らせ(サイエンスデイリーより) - 日々カフェインを多量に摂取する人では、少量摂取する人よりも、時折起きる頭痛に悩まされる傾向が強い....
> 続きを読む

 

2009-08-01
反射性交感神経性ジストロフィー(BBCヘルスより) - まれに見られる、苦痛を伴う神経系の機能不全。反射性交感神経性ジストロフィー(RSD)とは?反射性交感神経性ジストロフィー (以下RSDと呼ぶ)は、神経系の機能不全を含んでおり、それが痛み(たいてい随所に不断の激痛)や関連した感覚器官の異常を引き起こす。さらには、患部の血流や発汗の異常、筋肉の動き....
> 続きを読む

 

2009-08-01
膣トリコモナス(BBCヘルスより) - 膣トリコモナスはトリコモナス症、ないし略してTVともいいます。普通に見られる性的伝播感染症で小さな原虫寄生体が原因です。原因と危険因子:TVはほとんどの場合、感染者との性行為によって感染します。原虫は女性では膣の細胞の中や尿道に、男性では尿道に生息....
> 続きを読む

 

2009-07-27
致死性不眠症の症状。治療しなければ人生が生き地獄に変わる(Insominia Symptoms and Curesより) - 不眠症と診断されていらっしゃるかもしれません。十分災難です。しかし、ご自身でお考えになり、予想されているより、不眠症が実際にはもっと深刻なもの....
> 続きを読む

 

2009-07-21
欲望中枢を攻撃する新ダイエット薬(ABCヘルスデイニュースより) - 長期服用用ダイエット薬であるとの結論が出された新混合薬の試験結果。医師が比較。完璧なダイエットの薬、治療法、又は注射薬の開発は、金のなる木を遺伝子操作によって作り出すことと同じくらい難しいことのように聞こえるかもしれない。しかし、製薬会社はまだ諦めてはいない。昨日、コントレイブ(Contrave)と呼ばれる新肥満治療薬の開発元が、‘臨床試験の結果....
> 続きを読む

 

2009-07-04
ホルモン治療で小児の術後の苦痛が緩和される(サイエンスデイリーより) - 多くの子供にとって手術をするということは恐ろしい未知の体験であり、強い術前不安が生じることがある。多少のストレスは正常であるものの、多くの親が知らないのは、極度の術前不安が覚醒時せん妄発症の一因となる可能性についてである。覚醒時せん妄は麻酔から「覚める」時にあらわれる急性の行動変化であり、苦痛をもたらすものである。 小児とその家族の不安の軽減に注目した医師らが....
> 続きを読む

 

2009-07-01
心臓病治療薬が女児の腫瘍を除去(BBCより) - ワリントン出身の女児の赤ん坊はまぶたに腫瘍がありそれが原因で失明しかけていたが、通常は心疾患の治療に使用される薬によってその腫瘍が取り除かれた。ソフィー・オートンちゃんは、ベッドオードシャーの専門家にプロプラノロールと....
> 続きを読む

 

2009-06-22
抗癌化学治療薬は老化肌の改善に有効か(サイエンスデイリーより) - 抗癌科学治療薬であるフルオロウラシルを局所的に皮膚に塗布すると、皮膚癌になる一歩手前の状態から皮膚癌に進行するのを抑え、更に日光により老化した肌を若返らせられる可能性がある...
> 続きを読む

 

2009-06-16
抗癌クリームがしわと戦う(BBCニュースより) - 皮膚の前癌病変の治療に使用されるクリームは、老化の症状も改善することが試験で明らかになった。フルオロウラシルは、日焼けでダメージを受けた肌から前癌病変を取り除くという本来の効果の他に、しわ、しみ、くま、くすみも改善した。前癌性の日光角化症の患者は、治療の副作用として肌の若返りを期待できる....
> 続きを読む

 

2009-06-03
憩室性疾患(BBCより) - 憩室性疾患は、憩室と呼ばれる袋状の組織が腸の筋層から突出した場合に起きる疾患である。過去をみると、大腸の最下部のS状結腸という部位に発症することが最も多い。場合によっては、憩室が糞便により閉塞し....
> 続きを読む

 

2009-06-01
消化性潰瘍(BBCヘルスより) - 胃の潰瘍(胃潰瘍)と十二指腸(胃の後に続く腸の最初の部分)の潰瘍は、ともに消化性潰瘍として知られています。....
> 続きを読む

 

2009-05-27
タミフルとリレンザはどのような薬ですか?(ABCニュース・ヘルスより) - ブタインフルエンザの治療には、2種類の異なる抗ウイルス薬が使用されます。1つはオセルタミビル(別名タミフル)で、もう1つはザナミビル(別名リレンザ)と呼ばれるものです。両剤ともに....
> 続きを読む

 

2009-05-01
小児における甲状腺機能低下症(BBCヘルスより) - 甲状腺機能低下症とは、甲状腺の活動が低下するものである。甲状腺とは、頸部に存在し、T3とT4(サイロキシン)と呼ばれる2種類のホルモンを産生する重要な腺で、このホルモンにより多くの組織の代謝率が調整される。甲状腺機能低下症では、....
> 続きを読む

 

2009-04-18
自閉症児の睡眠障害に対し、メラトニン治療が効果的であることが試験により示された(サイエンスデイリーより) - 自閉症スペクトラム障害(ASD)、脆弱X症候群(FXS)、あるいはその両方を合併している小児を対象とした新たな試験により、市販のメラトニン薬が夜の睡眠潜時を短縮する可能性が検討された。 試験結果によれば、小児に市販のメラトニン薬を投与したところ、夜間の総睡眠時間、睡眠潜時、睡眠開始時刻が....
> 続きを読む

 

2009-03-24
自分のまつげをより長く、より魅力的に-これからはメークもエクステも不要(ArticlesBase.comより) - 自分のまつげが劇的に長くなることを想像してください。ラティース(Latisse)は、あなた自身のまつげをより長く、太く、多くする処方薬で、アラガン社(Allergan)の緑内障薬ルミガン(Lumigan)の有効成分であるビマトプロスト(Bimatoprost)を0.03%含有。ドクターがルミガンの副作用の1つとして....
> 続きを読む

 

2009-03-20
老人性色素班(肝班)(CNNニュースより) - 肝班や日光黒子とも呼ばれる老人性色素班とは隆起の無い灰色又は茶色若しくは黒色のシミです。シミの大きさはそれぞれ異なり、通常は...
> 続きを読む

 

2009-02-22
血圧降下剤は腎臓病患者のタンパク尿を激減させる(サイエンスデイリーより) - 血圧降下剤カンデサルタン・シレキセチルを推奨用量よりはるかに多く投与すると、腎臓病患者で尿中に排出されるタンパク質の量を減少させる効果があることが....
> 続きを読む

 

2009-02-20
40・50歳代の肌の手入れ法(BBCヘルスより) - 40歳代・50歳代では、どのようにして肌の手入れをすれば良いのでしょうか?そして、肌の手入れをするにあたり、どのような事に注意しなければならないのでしょうか?答え:40代50代....
> 続きを読む

 

2009-02-15
辛い記憶を消し去るベータ阻害薬(ABCニュース・ヘルスより) - たった1錠の錠剤で、過去の辛い記憶と、そこから生まれる恐怖感や不安感を切り離すことができると想像してほしい。オランダの研究者が行った新しい研究では、そのような事が可能であるという結論が出された。2月15日のオンライン版ネイチャー・ニューロサイエンスに掲載された。メレル・キント氏(Merel Kindt)と同僚は....
> 続きを読む

 

2009-01-01
薬の種類(BBCヘルスより) - どのような場合でもあなたのかかりつけ医や精神科医以外の人が精神病薬を処方することはありません。自分の服薬状況を変える前には医師らに相談することが大切です。トランキライザー: バリウム、テマゼパム、ゾピクロンなどのトランキライザーは、気分を落ち着かせて不安を軽減したり、睡眠の補助として使用される薬のグループです。特定の状況には抗不安薬が使用されます。具体的な状況として、飛行機で空を飛ぶのは怖いが飛行機に乗らなければならないといった場合に....
> 続きを読む

 

2009-01-01
未治療の水虫(アスリートフットドットネットより) - 水虫のシンプルな症例は手入れが実に簡単であり、また市販薬もたくさんある。この市販薬の使用には手間が掛からないため容易に水虫を治療する事ができる。ところが....
> 続きを読む

 

2008-12-30
シルデナフィルよりも低用量で効果が発現するバルデナフィル(ArticlesBase.comより) - レビトラは「PDE5阻害薬」と呼ばれる薬剤クラスに属しています。この薬は陰茎への血流を増加させることにより、勃起機能を改善します。性的刺激を受けると陰茎にある2つの陰茎海綿体に血液が充満しますが、レビトラの有効成分....
> 続きを読む

 

2008-12-29
パーキンソン病患者のうつ病治療には旧世代の抗うつ薬のほうが優れている?(サイエンスデイリーより) - 第一選択薬として使用されることの多い抗うつ薬で、セロトニンだけに作用する薬は、パーキンソン病患者のうつ病治療に最適ではない可能性のあることが新たな研究により明らかにされた。この新たな研究は、米国神経学会....
> 続きを読む

 

2008-12-15
放射線とホルモン療法の併用が前立腺がんによる死亡を削減(ABCニュース・ヘルスより) - 前立腺壁外への進展が認められる局所進行前立腺がんに対する放射線と長期ホルモン治療を併用して受けた患者では、死亡リスクが半減することが、新しい研究で示された。スウェーデンの研究チームは、この放射線治療を追加したことで患者がずっと長く健康でいられたと結論付けた。事実、放射線治療の追加によって、男性患者の全生存率が10%上昇し....
> 続きを読む

 

2008-11-08
痛風とパーキンソン病:通風の治療ならびに痛風の保護作用が研究で検討される(サイエンスデイリーより) -痛風患者の治療目標は、同患者に特有の高い血清尿酸値を引き下げることにより急性発作を減少させることにある。一方で、高い血清尿酸値は、パーキンソン病(PD)の発症リスクを低下することが示されている。痛風向けに開発された新薬で最近ヨーロッパでの使用が認可されたフェブキソスタットと....
> 続きを読む

 

2008-11-01
アルコール依存症に対抗する薬(サイエンスデイリーより) - 神経薬理学者らは臨床試験を行い、トピラマートという薬が重度のアルコール依存症を軽減し、アルコール依存症による身体的・精神的な害を減らすのに効果的な治療薬であるということを発見した。この薬は飲酒が(ドーパミンのレベル上昇によりもたらされる)気分高揚効果を制限することで、飲酒が前よりも楽しくなくなり、飲酒に対する渇望が減り、大量飲酒を食い止める手助けが出来る。また、トピラマートは....
> 続きを読む

 

2008-10-16
ウイルスの攻撃に反撃する方法(ABCニュース・ヘルスより) - もう病気で寝込まなくても大丈夫、病気をはねのける策がある。カゼやインフルエンザの菌がうようよしている季節だ。今年、アメリカ国内だけでも10億例のカゼと9千5百万例のインフルエンザが予想されている。10億例のカゼは統計であるが、この冬ひとりで2回カゼをひくだけで悲劇的な思いをすることになるし、実際その可能性は高い。2回カゼをひいただけで....
> 続きを読む

 

2008-10-09
インフリキマブをベースにした治療が、クローン病治療に効果的(ABCヘルスデイニュースより) - レミケードのみ、もしくはアザチオプリンとレミケードの併用服用は、炎症性疾患治療に有効。研究者の発表によると、クローン病の治療には、アザチオプリンのみを服用するよりインフリキシマブ(レミケード)のみ、もしくはインフリキマブとアザチオプリンの併用服用が効果的で...
> 続きを読む

 

2008-09-25
糖尿病性眼症に対する治療法(ABCヘルスデイニュースより) - 高血圧の治療に使用されるカンデサルタンが、糖尿病患者における網膜症発症リスクを抑えること、そして網膜症症状を軽減する事を示す更なる証拠が....
> 続きを読む

 

2008-09-08
性感染症によりHIV感染リスクが高まる仕組み(サイエンスデイリー) - 性感染症(陰部ヘルペス、淋病、梅毒、クラミジアなど)を有する人や、カンジダ膣炎(酵母感染)と細菌性腟炎を有する女性は、性的接触によりヒト免疫不全ウイルス(HIV)に暴露した場合....
> 続きを読む

 

2008-09-02
乳癌治療薬は認知低下と関係あらず:研究より(ABCヘルスデイニュースより) - 以前の研究結果に反して抗癌剤アナストロゾールは認知能力に損傷を与えないことが判明した。アナストロゾールはタモキシフェンよりも閉経後の女性の乳癌再発を防ぐのに優れていると証明された。しかし、断面調査によるとアナトロゾールなどの内分泌治療法は、より低下した言語記憶力や認知処理に関係....
> 続きを読む

 

2008-08-19
ED治療薬により下部尿路症状が軽減(ABCニュース・ヘルスより) - 勃起不全治療薬タダラフィル(シアリス)の1日1回投与は、前立腺腫大の徴候が認められる男性の下部尿路症状を軽減するのに有用であることが、新しい研究で示された。50歳以上の男性の50%超が下部尿路症状を有し、頻尿および尿意切迫、腹圧排尿、残尿、尿勢減弱など....
> 続きを読む

 

2008-08-04
ホルモンが精神病の症状を緩和する(BBCニュースより) - ホルモンパッチ剤は、統合失調症など重度の精神疾患の女性が精神病的な感情にとらわれるのを防いでくれるかもしれない。オーストラリアの科学者らは、女性患者に性ホルモンのエストロゲンを投与したところ、幻覚や妄想に悩まされたという報告が比較的少なかったことを明らかにした。アーカイブス・オブ・ジェネラルサイキアトリー・ジャーナル(Archives of General Psychiatry Journal)に掲載された報告によれば....
> 続きを読む

 

2008-08-04
結核がHIV治療を阻む‐研究報告(BBCニュースより) - 研究者らによると、患者が結核(TB)治療中の場合、HIV療法から最大の効果が得られない可能性があるという....
> 続きを読む

 

2008-07-31
ピロリ菌除去、がん治療に向けて(BBCニュースより) - 研究報告によると、胃がん患者の胃の中にひそむピロリ菌を除去することで、がん再発を防ぐことができるという。多くの胃潰瘍の原因であることが判明しているピロリ菌はまた、胃がんとも関係....
> 続きを読む

 

2008-07-24
HIV治療薬により「余命が13年延長」(BBCニュースより) -HIV治療が進歩したおかげで、HIV患者の余命が1990年代後半から平均13年延長したことが、研究で示されている。つまり現在では、HIVは死病というよりむしろ実質的に糖尿病のような慢性疾患ということになる、と研究者らは語っている。....
> 続きを読む

 

2008-07-12
しゃっくり-その原因、症状、治療(ArticlesBase.comより) - しゃっくり(hiccup、通常「ヒカップ」と発音され、hiccoughという古風だが今は使われていないスペルもある)とは、毎分数回繰り返される横隔膜のけいれん性の収縮。ヒトにおいては、空気が肺に突然入り込むことで、喉頭蓋が閉じ、「ヒック」という音を立てるもの。医学においては、同時性横隔膜粗動(SDF)または吃逆として知られている。 しゃっくりの原因: しゃっくりは自然に発生するものが多いが、特定の出来事によって生じるものとしても知られている。例えば....
> 続きを読む

 

2008-07-05
不安障害を治療しないとどうなるか(ヘルスセントラルより) - 不安障害には治療法があります。精神療法、認知行動療法、薬物治療が行われる可能性があり、不安症状を和らげ、健康で生産的な生活を送る助けとなります。しかし、有効な治療法があるのに治療を受けない人が無数に....
> 続きを読む

 

2008-06-09
アルコール渇望を薬剤で抑制(BBCニュースより) - 2件の研究プロジェクトはアルコール依存症に苦しむ人に現時点はもちろんのこと未来への希望も示した....
> 続きを読む

 

2008-06-04
病的賭博者に薬が有用なことが明らかに(ロイターヘルスより) - 病的賭博者を対象とした試験において彼らにナルトレキソンを投与したところ、賭博をしたいという衝動や賭博に関連した行動が軽減した。ナルトレキソンはアルコール依存症や薬物依存症の治療に頻繁に使用される薬である。ナルトレキソンを投与した病的賭博者のうち、40%近くは少なくとも1か月間すべての賭博を控えることができた。有効成分を含有していない....
> 続きを読む

 

2008-05-30
ニキビ治療における過酸化ベンゾイルの重要性(ArticlesBase.comより) - ニキビ治療製品に使用される最も一般的な原料の一つは過酸化ベンゾイルである。市販されているたいがいのニキビ予防のクリーム、ローション、クレンザーに含まれている。局所・塗り式トリートメントとして使用されているが、ニキビの完璧な治療は保証されてない。 軽度や中度のニキビに悩まされているなら、まず初めに....
> 続きを読む

 

2008-05-27
夏肌SOS-夏の肌に生じる大問題五つに対する応急処置(ABCニュース・ヘルスより) - 日焼けで肌が焼けるような思いをしている人、ウルシにかぶれて不快な思いをしている人なら誰にとっても、夏は肌にとって厳しい季節。が幸いにも、そのダメージの多くは簡単に治療できる。ここでは、よくある季節によるゴタゴタ五つに対する応急処置を紹介しよう。また....
> 続きを読む

 

2008-05-12
バイアグラ、筋ジストロフィー治療に効果あり(ザ・テレグラフより) - 非常に深刻な変性疾患である筋ジストロフィーによって生じる心筋の損傷が、バイアグラによって....
> 続きを読む

 

2008-04-01
病的な賭博衝動の治療を目的としたオピオイド拮抗薬ナルトレキソンの二重盲検プラセボ比較試験(Physicians Postgraduate Pressより) - 目的:病的賭博症(PG)は成人の約1%に認められる機能障害であり、試験で立証された治療法はほとんど存在しない。この試験では賭博衝動を有する成人の病的賭博者を対象として、オピオイド拮抗薬ナルトレキソンの有効性および忍容性を検討した。方法:18週間の二重盲検プラセボ比較試験を行い....
> 続きを読む

 

2008-03-31
緑茶と抗生物質と耐性菌(ABCニュース・ヘルスより) - 緑茶には、薬物耐性菌やスーパーバグに対する抗生物質の殺菌作用を3倍に高める作用がある。エジプトのアレクサンドリア大学(Alexandria University)の研究報告。緑茶は、エジプトでよく飲まれるため、抗生物質を緑茶と一緒に服用している人が、大勢いる可能性が高い。それ故、研究者は、緑茶は抗生物質の効能を弱まらせるのか、それとも....
> 続きを読む

 

2008-03-24
抗レトロウィルス薬はHIVの性交感染を防げるか(ABCヘルスデイニュースより) - マウスを用いた試験では、HIVの蔓延防止に抗レトロウィルス薬が役立つ可能性が高いことが示された。通常、抗レトロウィルス薬はHIV感染者の治療に用いられるのだが、この薬にHIVウィルス感染予防効果もある可能性があることが、ダラスにある....
> 続きを読む

 

2008-02-01
探し物(サイエンス・デイリーより) - 脳が既知形状の物体を探し求める仕組みを解明するための実験を認知科学者らが行った。点の動きを追うよう被験者に依頼し、fMRIを用いて、脳の....
> 続きを読む

 

2008-01-13
重度の感染症に対し、一昔前の抗真菌薬は未だに有効(ABCヘルスデイニュースより) - 命を落とす危険性もある真菌症の治療には、新しい抗真菌薬は勿論のこと、安く手に入る一昔前の抗真菌薬も有効であることが、最近行われた研究により判明した。健康な人々にとって真菌症は縁のないものであると思うが、何らかの疾患を患っている人や未熟児にとって....
> 続きを読む

 

2008-01-02
帯状疱疹に付随する痛みを防ぐためにできることがあるか?(ABCニュース・ヘルスより) - 帯状疱疹は厄介である。発疹が出て痛みを感じる人は多い。しかし人によっては、大きな悩みの種として、発疹が癒えた後もかなり長く痛みが続くことがある。このため、帯状疱疹は応急処置が必要な疾患と考えられている。発疹が出た最初の日の処置が、帯状疱疹の発症後、慢性の痛みに見舞われるリスクを大きく左右する。帯状疱疹の発疹の可能性がある小さな....
> 続きを読む

 

2008-01-01
あなたはイヌアレルギーですか?(スイート・ルーシーズより) -生まれてこのかたずっと犬が大好きでした。でも喘息や他のアレルギーがたくさんあって、最悪なのはイヌアレルギーだということなんです!幸い、無毛犬種なら、有毛犬種に比べればなんとかなるとわかりました。それに....
> 続きを読む

 

2007-12-01
コレステロール(BBCヘルスより) - コレステロールは体の機能に不可欠なものであるにもかかわらず、高コレステロール値に関する健康面での警告が数多くある理由とは? コレステロールの役割と、コレステロールの増加により健康被害が起きる理由について考察する....
> 続きを読む

 

2007-11-12
血圧の薬、多発性硬化症(MS)に効く可能性(BBCニュースより) - 数十年にわたり高血圧治療に用いられてきた医薬品が多発性硬化症治療の鍵となる可能性が....
> 続きを読む

 

2007-11-10
白血病治療薬に長期的な安全性および有効性が認められることが研究で示唆(サイエンスデイリーより) - グリベックという商品名でよく知られるメシル酸イマチニブが、進行型の慢性骨髄性白血病(CML)患者において、長期にわたり安全かつ有効であることを証明する研究が....
> 続きを読む

 

2007-11-01
海で見つかった抗癌剤(サイエンス・デイリーより) - 生物医学研究者は、サリニスポラ・トロピカ(Salinispora Tropica)というバクテリアの遺伝子の特定、配列決定を行った。抗癌作用のある混合物を作り出すこのバクテリアはバハマ沖の海洋堆積物中に....
> 続きを読む

 

2007-10-17
ステロイドが麻痺治療の「鍵」を握る(BBCニュースより) - 一般に処方されるステロイドが、顔面の外観を損なう症状を回復させるのに有用であることが、英国ダンディーの研究者らによって明らかにされた。ベル麻痺の主要研究において、プレドニゾロン投与による早期治療を受けた患者の95%が9ヶ月以内に完全治癒した....
> 続きを読む

 

2007-09-17
女性喫煙者に「顔のニキビが多くなるリスク」(BBCニュースより) - 喫煙する女性は、喫煙しない女性よりも座瘡(ニキビ)の一種を発症する傾向が強いことが、イタリアの研究で示唆されている。女性1,000人を対象とした研究で、喫煙女性の40%超に非炎症性ニキビが認められた。このニキビの特徴は....
> 続きを読む

 

2007-09-12
体を冷やしたこともエヴェレットの脊椎を守ったのかもしれない(ABCニュース・ヘルスより) - 実験的治療が奏功したと言う医師もいる 確信が持てないと言う医師もいる アン=カンサグラ医師(An Kansagra)、ダン=チャイルズ(Dan Childs) ABCニュース医療部。 ケヴィン=エヴェレット (Kevin Everett)はアメフトチ-ムバッファロービルズ (Buffalo Bills)のタイトエンドプレーヤーだった。日曜日のこと、エヴェレットは致命的な脊髄損傷を負って機能性四肢麻痺となり....
> 続きを読む

 

2007-09-07
サルコイドーシス-原因、症状そして治療法(アーティクルベースより) - サルコイドーシスは炎症性疾患で、類肉腫またはベスニエー-ベック病ともいいます。体の中のあらゆる場所のあらゆる器官に発症....
> 続きを読む

 

2007-09-04
処方薬や心理療法なしでどんな恐怖症でも治す方法(ArticlesBase.comより) - 恐怖症は強烈な恐れで、そのためにその恐怖の対象を避けるか、さもなければ耐え難いほどの精神的痛みを感じながら我慢するということになります。また、他の大部分の人たちが怖がらない、ないしそれほどは怖がらないものを怖がるという点で不合理な恐れでもあります。よくある恐怖症の例として....
> 続きを読む

 

2007-09-01
湿疹(BBCヘルスより) - 湿疹にはいろいろな種類があり、子供にも大人にも発症し原因も様々です。アトピー性皮膚炎と接触皮膚炎の2つが最も一般的です。この記事は、2007年9月にエイドリアン=モリス医師により医学的見地からその内容を....
> 続きを読む

 

2007-08-01
月経前症候群(PMS)(BBCヘルスより) - 月経前症候群とは、生理(月経)前、定期的に発現するが、出血が始まると収束する、心身の症状に与えられた名称。女性の三人に一人が影響を受ける病状として広く認められている。 どんな症状があるのか? PMSと関連した症状は150以上あり、個々の女性の症状も月ごとに変化する。 もっともよくある症状は....
> 続きを読む

 

2007-07-23
前立腺癌治療薬は、ほとんどのケースにおいて生殖機能を低下させず(サイエンス・デイリーより) - 米国南西部腫瘍学グループ(Southwest Oncology Group)が行った研究の著者らによると、男性やその内科医は、性機能障害を起こすのではという懸念にとらわれず前立腺癌治療に有効と証明されている薬をためらいなく使用してよい....
> 続きを読む

 

2007-05-31
禁煙薬に国営医療サービス(NHS)が適用される(BBCニュースより) - 「要処方箋禁煙薬の国営医療サービス(NHS)適用に関する草案が承認された。」バレニクリン(チャンピックス)は、特に喫煙者の禁煙を助けるために開発された初の非ニコチン薬で、2006年に英国で認可された。 英国国立医療技術評価機構(ニース)は、その薬が....
> 続きを読む

 

2007-05-23
月経を止める薬を米国が認可(BBCニュースより) - 月経を止めることを目的とした初の経口避妊薬が、米国での使用を認可された....
> 続きを読む

 

2007-04-04
HIV新薬が「有望である」(BBCニュースより) - HIV新薬を既存の治療と併用したところ、複数の試験において極めて有望な結果となった。 スペインの研究チームは、進行したHIV(ヒト免疫不全ウイルス)感染患者に対し、ダルナビルと、現在使用されている低用量の抗レトロウイルス薬リトナビルの2剤を....
> 続きを読む

 

2007-03-30
動脈を守る糖尿病薬(BBCニュースより) - 動脈血管壁に脂肪が溜まると心疾患の原因になるのだが、ある糖尿病治療薬を服用すると血管壁に脂肪が付きにくくなるとの研究報告がある。ピオグリタゾンには、インスリンと呼ばれるホルモンに対する感受性を高める作用がある。2型糖尿病患者の中にはインスリンが不足している場合が多い。シカゴ大学が行った研究の結果....
> 続きを読む

 

2007-03-27
科学の到来......(BBCホライゾンより) - 加齢とともに誰にでも皺ができるようになる。そして皺を目立たなくすると力説する商品広告を目にしたことのない人はいない。しかし....
> 続きを読む

 

2007-02-21
薬剤により「長期的ながんリスクが低下」(BBCニュースより) - 女性がタモキシフェン投与を止めてから後も、同剤による長期的な乳がんリスクの低下が認められることが....
> 続きを読む

 

2007-02-17
結核治療の期間短縮が可能かどうかについて、4年間にわたり試験を行う予定がある(BBCニュースより) - この試験は、ロンドンのセントジョージ医科大学(St George's Medical School)の医師らによって実施されるもので、アフリカの4ヶ国における患者1,200人を対象に、2種類の抗生物質の併用投与について検討....
> 続きを読む

 

2007-02-15
バイアグラが早産児の命を救う(ザ・テレグラフより) - 死の瀬戸際にあった早産児が、小さく青い勃起不全薬バイアグラ(Viagra)錠の投与後に「奇跡的な回復」を遂げた。妊娠わずか24週目で生まれたルイス・グッドフェローちゃん(Lewis Goodfellow)が瀕死の状態で病院のベッドで横たわっていた時に、葬儀のことを話し始めていた、とルイスちゃんの両親は述べた。しかし....
> 続きを読む

 

2007-01-05
クロルプロマジン(BBCニュースより) - イギリス医師会雑誌(British Medical Journal:BMJ)では、最も優れた医学的大発見を決定するためのコンクールを進めている。現代の医療専門家らにより、過去166年間の中から複数の発見が支持されている。 ロンドンにあるホマートン病院(Homerton Hospital)の精神療法指導医トレヴァー・ターナー(Trevor Turner)氏は、クロルプロマジンを支持している。クロルプロマジンは....
> 続きを読む

 

2007-01-01
極度のあがり症を克服する方法(ロヤーネ・リアル著「Your Guide to Finding Friends, Making Friends, and Keeping Friends(友達を見つけ、友達を作り、友達を維持する為のガイド)」より) - 大多数の人が時と場合によって人見知りをしたりあがっている状態を経験する。事実、国民のたった約7%の人がそのようなことがない。残りの我々にとっては、「あがる」ということにもちょっとした不便さを感じる場合から....
> 続きを読む

 

2006-12-11
精神展開薬:強迫性障害治療の希望の星(BBCニュースより) - ジャーミー(仮名)が最後にバスケットボールに触れてから、もう何年も経っていた。彼は、強迫性障害を患っているため、汚れや細菌が体に付くのを恐れていた。足の裏に触れる靴底以外、地面に体が触れるのを嫌っていたのである。しかし、強迫性障害患者に対するプシロシビン(マジックマッシュルームに含まれる幻覚誘発物質)の効果を測るために行われた小規模の臨床試験に参加中、ジャーミーは裸足で床の上に立ち、運動がしたい、ボールで遊びたいと....
> 続きを読む

 

2006-11-29
二重作用型の局所用ゲル剤によりニキビ発生が阻止される可能性(サイエンスデイリーより) - シンシナティ大学(University of Cincinnati:UC)の皮膚病学者らは、新たな局所用ゲル剤を検討している。この新薬は異常な毛穴の詰まりを軽減すると同時に、重症のニキビ発生に関連づけられている特定の細菌感染を防ぐ....
> 続きを読む

 

2006-11-14
糖尿病治療薬は動脈壁肥厚の進行を遅らせるのに役立つ可能性(サイエンスデイリーより) - JAMAオンライン版に本日掲載された研究によれば、糖尿病患者のインスリン感受性を改善するため投与される薬は動脈壁の肥厚も遅らせるようである。この研究は、米国心臓協会の科学セッション(American ....
> 続きを読む

 

2006-11-14
糖尿病治療薬は動脈壁肥厚の進行を遅らせるのに役立つ可能性(サイエンスデイリーより) - JAMAオンライン版に本日掲載された研究によれば、糖尿病患者のインスリン感受性を改善するため投与される薬は動脈壁の肥厚も遅らせるようである。この研究は、米国心臓協会の科学セッション....
> 続きを読む

 

2006-09-25
片頭痛治療薬は群発頭痛にも効果があることが判明(サイエンスデイリーより) - JAMA/アーカイブ・ジャーナルの1つであるアーカイブ・オブ・ニューロロジー(神経学に関する雑誌)2006年11月号に掲載される予定であり、本日、同雑誌のオンライン版に掲載された論文によれば、片頭痛治療に使用されるゾルミトリプタン点鼻薬は辛い群発頭痛の治療にも安全で有効な可能性がある。この論文の背景情報によると、群発頭痛は耐え難い痛みの発作を特徴とし....
> 続きを読む

 

2006-09-07
期待の早漏治療薬(BBCニュースより) - 世界初の早漏治療薬の安全性と効果は確認されたとの報告 ランセット誌は、アメリカ合衆国で2,600人の男性を対象に行われた研究にて、ダポキセチンという名の医薬品に性交時間を3倍から4倍に延ばす効果があることが認められたと報じた。 ミネソタ大学研究員は、当該医薬品の服用により性交時間が従来の...
> 続きを読む

 

2006-07-26
双極性障害を抱えながら精一杯生きる(BBCニュースより) - 政府顧問は、双極性障害に対する治療および診断のための新ガイドラインを発行した。この疾患は、旧病名を躁鬱病といい、重度の精神健康障害のことであり、高揚状態の躁病から深い抑うつ状態への変動を特徴とする....
> 続きを読む

 

2006-07-13
米国にて3剤混合HIV薬が認可を受ける(BBCニュースより) - 米国にて3剤混合HIV薬が認可を受ける。一日一回投与の3剤混合HIV薬剤が米国食品医薬品局(FDA)にて初めて認可された。今回かなりの速さで認可されたアトリプラは....
> 続きを読む

 

2006-07-01
小児期のネフローゼ症候群(BBCヘルスより) - ネフローゼ症候群とは?糸球体と呼ばれる腎臓内の微視的濾過装置の機能障害により、体内のタンパク質が失われ、ネフローゼ症候群の諸症状をもたらすに至る。糸球体は、血液をきれいにして尿を生成....
> 続きを読む

 

2006-05-23
睡眠にはスリム体形を維持する効果がある可能性(BBCニュースより) - ぐっすり眠ると爽やかな気分でいられるだけでなく、スリム体形を維持するのに役立つ可能性がある。オハイオ州のケースウェスタンリザーブ大学(Ohio's Case Western Reserve University)の研究者らが16年にわたって70,000人近い女性たちを経過観察したところ、一晩に5時間以下しか眠らない女性は一晩ぐっすり眠る女性と比べて....
> 続きを読む

 

2006-05-19
薬局で片頭痛薬を販売(BBCニュースより) - 片頭痛薬が英国で初めて市販販売が可能となった、と医薬品ウォッチドッグが発表した。 医薬品・医療製品規制庁は、イミグラン・リカバリー (スマトリプタン)を急性片頭痛発作の軽減のために安全に販売できると述べた。トリプタンと呼ばれる薬品の種類であり、これは症状そのものではなく、初めて片頭痛の原因の治療に使われる。その薬は、英国で6月中旬から薬局で購入可能となる。片頭痛は英国の人口最大15%に影響を与え、患者の約3分の2が女性....
> 続きを読む

 

2006-03-21
女性の抜け毛治療に希望(BBCニュースより) - イタリアでの試験により、男性の脱毛症治療に使用される薬が薄毛の女性にも有用な可能性が示された。一生のうちに薄毛を経験する女性は半数に上る。研究者らは、Archives of Dermatologyに発表した研究結果から、フィナステライドは標準的なローション治療を利用できない女性に使用可能なことは明らか....
> 続きを読む

 

2005-12-19
妊娠中にどの喘息予防維持薬を使用すると安全なのか知っていますか(ArticlesBase.comより) - 妊娠中の喘息管理は非常に重要です。喘息を管理する「方法」は、妊婦と胎児にとって極めて大切なことです。喘息の治療に用いる主な薬と、胎児に与え得る影響について以下にまとめました。予防薬:・ベコタイド(ベクロメタゾンプロピオン酸エステル)のステロイド吸入剤は、妊婦への投与も含め長年にわたり安全に使用されてきており.... 
> 続きを読む

 

2005-12-01
アルツハイマー病の早期発見(サイエンスデイリーより) - 脳に発生するアルツハイマー病の過程と同じものが、眼にも生じるという最近の発見を踏まえて、同研究者らはアルツハイマー病の全患者の水晶体に....
> 続きを読む

 

2005-11-28
薬の服用に子供用ストローが大活躍(BBCニュースより) - ドイツに本社を置く製薬会社が、子供向けの薬用ストローを開発したと発表した。このストローには抗生物質が塗ってある。この抗生物質は無味であるため、口に運ばれる飲み物の中に薬が含まれていても子供は気付かない。コーラを含め、クラロシップは様々な飲み物に使用できる。ストローにはフィルターが付いており、ストローに付着している抗生物質の服用が完了すると、フィルターがそれを教えてくれる。毎年....
> 続きを読む

 

2005-10-14
米国が家庭用迅速HIV検査キットを検討(BBCニュースより) - 米国は初の家庭用迅速HIV検査キットの承認を検討している。自宅で1人きりで、20分以内に自分が感染しているかどうか分かるようになるだろう。多くの人は、この方法で調べた人が自殺する可能性があるため、検査を指導するとともに対面カウンセリングを行うべきであるとの懸念を表明している。こうした理由から英国では家庭用HIV検査キットは禁止されている。しかし、中にはインターネットで未承認キットを購入する者もいる。米国食品医薬品局(FDA)は、他の家庭用HIV検査キットをすでに1件承認している。しかしこの検査では....
> 続きを読む

 

2005-09-06
最善を期待すること(BBCリーズブログより) - 私の切断された足の腫瘍の組織構造に関する報告が戻ってきた。いい知らせは、腫瘍の全体が取り除かれたこと。私にはもう、腫瘍がない。わるい知らせは....
> 続きを読む

 

2005-08-01
脱毛症-トリシャ・マクネー博士(BBCニュースより) - 男性にとっては迷惑な話かもしれませんが、抜け毛は主に男性にみられる症状だとよく言われます。しかし現実では...
> 続きを読む

 

2005-06-02
心臓の専門家らがアスピリンの価値を認めた(BBCニュースより) - 心臓の専門家らは、心臓発作リスクが高い人の心臓発作を防ぐにはアスピリンが最も優れた薬であると、ある患者協会が発した懸念に対し応えた。....
> 続きを読む

 

2005-05-20
薬によって肺がんの生存率が上昇する(BBCニュースより) - 多剤併用療法は一部の肺がん患者の生存率を3分の1上昇させることが....
> 続きを読む

 

2005-05-01
脱毛症・ロブ・ヒックス医師(BBCヘルスより) - 脱毛症はおそらく男性にとって何よりも気がかりなことの一つだ。髪の生え際の後退や脱毛が始まると、男性の自信と自己イメージに劇的な影響をもたらすといえる....
> 続きを読む

 

2005-01-03
脳損傷に対する抗ヒスタミン薬の新しい効果(サイエンスデイリーより) - 胃潰瘍に対する抗ヒスタミン薬として広く使用されているラニチジンは、脳梗塞や外傷性脳損傷によって生じた脳虚血の新たな治療薬となるかもしれない。脳虚血は、先進国では死因の第3位となって....
> 続きを読む

 

2004-12-04
乳癌治療の進歩(BBCニュースより) - 高齢の早期乳癌女性には、現在のゴールドスタンダードとは別の薬剤を処方すべきであると専門家らは述べている。Lancet誌に掲載された5年データでは、閉経後女性の癌転移と再発を予防するには、アナストロゾールの方がタモキシフェンよりも優れていることが示されている。こうした女性患者には直ちにアナストロゾールを処方すべきであり....
> 続きを読む

 

2004-11-30
尿失禁治療に幹細胞が活躍(BBCニュースより) - 患者自身の幹細胞を移植して腹圧性尿失禁を治療することに、科学者達は成功した。幹細胞は患者自身の腕の筋肉組織から採取され、研究室で培養される。その後、幹細胞は尿道壁や括約筋に注入される。この治療法は、幹細胞注入部の筋肉の量や筋緊張を高めるため、尿失禁予防効果が得られる。治療後24時間以内に
> 続きを読む

 

2004-11-13
研究者らによると、ある医薬品治療の組み合わせによって、結核性髄膜炎による死亡を3分の1にまで減らすことができるという(BBCニュースより) - 伝統的な結核治療薬(TB)と抗炎症薬であるデキサメタゾンを用いることで、このまれな髄膜炎による死亡率が30%減少することが分かった。 デキサメタゾンはすでに、ヘモフィルスーインフルエンザ菌b型(Hib)のような急性の細菌性髄膜炎の治療に用いられているが....
> 続きを読む

 

2004-10-15
喘息に対する「振りかける」治療薬(BBCニュースより) - シングレア(モンテルカスト)の新バージョンは、食べ物に混ぜるか、または単独で服用することができる。モンテルカストは、他の薬で症状をコントロールできない場合に推奨される喘息治療薬の系統に属している。
> 続きを読む

 

2004-10-10
遺伝子スイッチで「癌をオフ」に(BBCヘルスより) - 科学者らはマウスの癌誘発遺伝子を停止できると証明し、癌患者治療のための新しい希望を与えた。米スタンフォード大学(The Stanford University)の研究チームは、癌を誘発することで知られているMycと呼ばれる遺伝子の働きを止める薬を使用した....
> 続きを読む

 

2004-03-16
抗熱帯病撲滅キャンペーンに、大きな期待(BBCニュースより) - 世界で一番おぞましく外観を損ない、生活に支障をきたすほどの障害を引き起こす熱帯病。その一つを撲滅させるキャンペーンによって、わずか4年の間に、8000万人が治療を受けた。世界保健機関(WHO)の象皮病プログラムは....
> 続きを読む

 

2003-11-11
薬が「心臓発作を防ぐ」(BBCニュースより) - 患者の心臓発作の再発を防ぐ闘いにおいて、科学者らは新たな治療法が存在すると述べている。彼らは、既存薬を服用できない3分の1の患者にはバルサルタンが有用となるだろうと話している。New England Journal of Medicine誌に掲載された試験によれば、バルサルタンは、心臓発作を起こした患者に通常投与される薬と同等の効果を示す....
> 続きを読む

 

2003-08-20
肥満による高山病のリスク(BBCニュースより) - 高地で休暇を過ごす肥満者は健康を損なう重大リスクに直面する、と研究者らは話す。テキサス大学サウスウエスタン校(University of Texas Southwestern)の研究者らは、急性高山病は肥満者に発生する頻度が高いことを見出した。この疾患は、標高が低い地点から、約2438メートル(8,000フィート)以上の地点への急速な上昇と通常関連が....
> 続きを読む

 

2003-07-14
期待のパーキンソン病治療薬(BBCニュースより) - ある薬には、パーキンソン病の進行を大幅に遅らせる作用があることが判明した。ロピニロールと呼ばれる医薬品の効能とパーキンソン病治療に広く使われているレボドパの効能を、科学者は比較した。その結果、レボドパと比べパーキンソン病初期にみられる....
> 続きを読む

 

2003-07-13
皮膚がん治療の希望(BBCニュースより) - 主要な酵素をたたくことが、皮膚がんを防ぎ、治療するための新しい方法を提供することになるかもしれない、と専門家は述べている。 JNK2と呼ばれるその酵素は、非黒色腫皮膚がんの成長において極めて重要な役割を果たすことが明らかになってきている。 ミネソタ大学からの1つのチームは、JNK2の働きを破壊することが....
> 続きを読む

 

2003-06-04
抗うつ薬が睡眠障害の役に立つ(BBCヘルスより) - 科学者らは、命を脅かす恐れのある睡眠障害が認められる人のほか、ひどいいびきをかく人にも有用な薬を発見した。睡眠時無呼吸の人は睡眠中に最長1分間の呼吸停止が生じ....
> 続きを読む

 

2003-04-01
月経過多(BBCヘルスより) - Q 月経がとても重いのですが。 最近、貧血により献血を断られました。数年前にこどもたちが生まれてから月経が重くなり、それが原因ではないかと思ってます。医者に診てもらうように言われているのですが、何をしてもらえますか?ローナ45歳 - A トリシャ・マクネアー医師の回答:重い月経は、医学用語では月経過多と言い、他に何の症状もない閉経前の女性の貧血の一般的な原因となっています。しかし、緊急な治療が必要かもしれない....
> 続きを読む

 

2003-03-21
抗生物質の投与で流産リスクが低下(BBCニュースより) - 軽度の腟感染に対する治療を妊婦に行うことにより、流産および早産のリスクが低下する可能性。細菌性腟炎は、悪い細菌種が膣に多く存在しすぎるときに生じる。感染には症状を伴わないことが多く、女性が見落としやすい。一方、妊婦にとってはもっと深刻なことになりかねない。英国の研究者らは、妊娠初期にこの症状を治療することで、流産および早産の両リスクを低下し得る....
> 続きを読む

 

2003-01-07
喫煙者、魚を食べて心臓病のリスクが軽減(BBCニュースより) - 喫煙によって生じた身体の損傷が、魚を食べることで修復される可能性があるという。アイルランド共和国の研究者らは、魚に含まれるアミノ酸が動脈硬化を抑止し....
> 続きを読む

 

2002-12-19
鼻水を止める方法(BBCニュースより) - 鼻水はうっとおしいうえにティッシュが無い時はどうにも困ります。しかし、化学者は鼻水が出る原因と、鼻水を止める術を知っている....
> 続きを読む

 

2002-11-20
皮膚癌に対するクリーム(BBCニュースより) - 体の露出部は皮膚癌になりやすい。最も多くみられる皮膚癌に対する有効な集団治療として、簡便なクリームがいずれ外科医のメスに取って代わるようになる可能性がある。英国がん研究所(Cancer Research UK)から研究助成を受けた臨床試験により、基底細胞癌(BCC)、いわゆる高頻度にみられる非メラノーマ性皮膚癌に対するイミキモドクリームの有効性が....
> 続きを読む

 

2002-11-08
結果がすぐ分かるHIV検査薬(BBCニュースより) - HIVとはエイズを発症させるウィルスである。この度、新しいHIV検査薬がアメリカ合衆国食品医薬薬品局により承認された。この検査薬により、HIV感染の有無を早く知ることが出来る。この検査薬はOraSure社によって開発されたものであり、消費者は検査開始から大よそ20分後にその検査結果が得られる。OraSure社は、検査結果が早く得られれば...
> 続きを読む

 

2002-06-27
「高齢者の脳卒中の危険を減らす」薬(BBCニュースより) - 高齢患者の高血圧を治療することで、脳卒中のリスクも大幅に減少できることが、ある研究結果から明らかになった。薬による知能障害や認知症につながる影響を恐れて、軽度の高血圧であれば治療せずにおくこともある。しかし、そうした危惧の念を抱く必要がないことが、この研究から明らかになった。脳への血液供給が中断されることで起こる脳卒中は....
> 続きを読む

 

2002-04-24
セックスドラッグは男性の持久力を高めるか(BBCニュースより) - 男性の持久力を高める医薬品がもうすぐ誕生する、と科学者達は口をそろえて言う。この医薬品は、バイアグラの様に大ヒットするかもしれない。この薬は、通常はパーキンソン病治療に用いられているのだが、性交時の男性のオルガズム抑制促進効果があることが分かった。臨床試験では、プロラクチンと呼ばれる
> 続きを読む

 

2002-02-26
抗うつ薬は「減量に役立つ」(BBCニュースより) - 研究により、抗うつ薬の服用は深刻な肥満者の減量に有用な可能性が示された。禁煙補助に使用されるザイバン(Zyban)の形態で、塩酸ブプロピオンと呼ばれる薬剤を肥満患者が服用したところ、24週間でかなりの量の体重が減少した。ただし、この薬物療法には厳しい食事制限と運動も組み合わされた。追跡調査から、さらに24週間薬を服用し続けた患者は....
> 続きを読む

 

2002-01-26
卵巣がんの治療に成功した(サイエンスデイリーより) - 重篤な卵巣がんに苦しむ女性たちに、集中的な化学療法が新たな希望をもたらしている。 すでに乳がんや前立腺がんの治療に使われている薬剤を、初期治療ののち再発した卵巣がんの患者に投与したところ80%の症例に効果が....
> 続きを読む

 

2002-01-01
性器疣贅(せいきゆうぜい) (ABCニュース・ヘルスより) - 定義:性器疣贅(尖圭コンジローマ又は性器イボとも呼ばれている)は、生殖器やその周辺にみられる腫瘍であり、性感染性の乳頭腫ウィルスが原因でおこる。乳頭腫ウィルスとは、皮膚や粘膜上に乳頭腫、又は良性の腫瘍を形成するウィルスである。詳細:性器疣贅は、一般の人々に最もよく見られる性感染症(STD)である。性生活のある18歳から45歳の人々の1%が性器疣贅を患っている....
> 続きを読む

 

2001-09-20
薬剤で糖尿病の腎不全が遅延(BBCニュースより) - 糖尿病の最も重篤な合併症の1つを最長2年遅延させられる可能性のあることが、専門家らによって報告されている。....
> 続きを読む

 

2001-09-05
脳卒中予防―1日50ペニーで(BBCニュースより) - 血圧を下げる治療を受けることで、脳卒中が起こるリスクを四分の一程度低減することが可能となった。費用は一日わずか50ペニー(約63円-2010年6月のレート)である。 6,000人以上の脳卒中患者を対象に世界的に行われた研究により....
> 続きを読む

 

2001-06-11
ハゲ治療薬、「初期テストに合格」(BBCニュースより) - 発毛を促進する錠剤が複数の実験でハゲ治療に有効であることを示しつつある。製薬会社グラクソ・スミスクライン社(GlaxoSmithKline)による予備実験で、有望な結果が出た。 ハゲのために地肌が見えている、また生え際が後退している男性が、デュタステライドという薬を摂取すると、著しい改善が見られ....
> 続きを読む

 

2001-03-22
糖尿病による死亡は「防止可能」(BBCニュースより) - 高血圧治療薬のイルベサルタン(アプロベル、Aprovel)による治療は何千もの命を救える可能性が....
> 続きを読む

 

2000-10-11
研究報告:喘息治療薬は子供の発育を遅らせるものではない - 著者:メリッサ・ショール(ABCニュース・ヘルスより) - 喘息持ちの子を持つ親御さんも一息つけるだろう。新しい研究が2件行われた。それらの研究結果は、コルチコステロイドを使用する喘息持ちの子供に見られる成長の遅れは一時的なものであり、成人になる前に他の子供たちに追いつくであろうと....
> 続きを読む

 

2000-08-23
抗がん剤はアルコール依存患者に有用(BBCヘルスより) - がん患者の治療に使用する薬剤はアルコール依存患者の禁酒に役立つ、と研究者らは述べている。オンダンセトロンという薬は、がん患者の吐き気の治療に用いられているが、米国の研究によって、この薬で重度の飲酒問題....
> 続きを読む

 

2000-08-02
皮膚治療薬が喫煙者に有用(BBCニュースより) - 乾癬(皮膚疾患)の症状を緩和するために開発された薬剤が、喫煙習慣を絶つのにも有用となりうることを、研究者らが報告している。その研究者らは、乾癬治療薬メトキサレンが喫煙者のニコチンへの渇望を減少させる....
> 続きを読む

 

1999-09-16
乳がん治療薬は大いに期待できる(BBCニュースより) - 進行乳がんに罹った閉経後女性にとって恩恵となるかもしれない。ある医薬品が臨床試験で極めて有望な結果を出しているのだ。この薬はアナストロゾールといい、アリミデックスという商品名でゼネカ社(Zeneca)が販売しているが、現在の治療薬タモキシフェンの優位に疑問を投げかけることになるかもしれないと一部の科学者は考え...
> 続きを読む

 

1998-10-31
C型肝炎の優れた治療法(BBCニュースより) - C型肝炎に対し、現在の治療法よりもはるかに効果があると考えられる治療法が、科学者らによって開発された。C型肝炎ウイルス(HCV)による慢性感染症は、世界では1億7千万人、ヨーロッパでは500万人以上が発症していると推計される。このような人達のおよそ20%から30%は慢性肝疾患に....
> 続きを読む