ホルモン補充療法・抗ホルモン剤 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2013-09-23

ソース(記事原文):腎臓&泌尿器学ニュース

性腺機能低下症の肥満男性に対する長期のテストステロンは有益

腎臓&泌尿器学ニュース(2013年9月23日) ― 【バンクーバー】―第33回国際泌尿器科学会総会(33rd Congress of the Societe Internationale d'Urologie)で発表された研究結果によると、性腺機能低下症の肥満男性が長期にわたりテストステロン注射を受けたところ、体重およびウエスト周囲径が徐々に減少したという。

この効果は心血管代謝や泌尿器系の転帰に有益かもしれないと、研究者らは結論付けている。

ボストン大学医学部(Boston University School of Medicine)生化学・泌尿器科学教授のアブドゥルマジェド・トレイシュMBA, PhD(Abdulmaged Traish, MBA, PhD)が、この研究を主導した。バイエル社(Bayer)の資金援助による今回の前向き登録研究では、ベースライン時のテストステロン値が12.1 nmol/Lを下回り、かつBMIが30 kg/m2以上の男性181名が対象となった。被験者の平均年齢は59.1歳(33~69歳)だった。各被験者は試験開始時と6週間後にウンデカン酸テストステロン注射(1回1000 mg)を受け、その後最長で5年間、12週ごとに同量の注射を受けた。被験者の全員に脂質代謝異常、97%に高血圧、39%に2型糖尿病、22%に冠動脈疾患を認め、19%は以前に心筋梗塞を経験していた。1例は治療の10カ月後に前立腺がんと診断された。

被験者らのテストステロンのトラフ値(最低値)を追跡したところ、治療を開始して12カ月の時点から終了の60カ月まで、値はベースライン時と比べ有意に高かったことが分かった。同時に、被験者らの体重およびウエスト周囲径が有意に減少していた。平均して、体重はベースラインの114 kgから18.83 kg、同じくウエスト周囲径は111 cmから9.87 cmの減少であった。また平均BMIも有意に低下し、ベースラインの36.72 kg/m2と比べ60カ月時点では30.22 kg/m2だった。

こうした変化は徐々に起こり、毎年、体重・ウエスト周囲径・BMIには前年比で有意な減少がみられた。被験者の99%は5年にわたって体重が5 kg以上減少し、さらに70%で15 kg以上、40%で20 kg以上減少した。

被験者の約3~5%では体重が平均1~2 kg増加した。「これら男性のほとんどに何らかの炎症性疾患があり、体重増加は、炎症が快方に向かったため体重が少し増えることになったという事実で説明できる」と、トレイシュ博士は語った。

そのほか、被験者らには試験期間にわたり以下の変化もみられた。

・平均残尿量が開始時の52 mLから57カ月で20.5 mLと、徐々に、かつ着実に減少。
・平均前立腺容積の緩やかな増加。開始時は31 mL、3年時点で34 mLに増加し、60カ月の5年時点では32 mLと再び減少。
・平均PSA値が開始時の1.8 ng/mLから5年時点で1.95 ng/mLと、わずかだが統計的に有意な上昇。
・「国際前立腺症状スコア(International Prostate Symptom Score)」の平均が、ベースラインの7.8から3年時点で3.5、5年時点では2.9と、着実に低下。
・C反応性蛋白の平均値が著しく低下し、ベースラインの4.0 mg/dLから5年時点で0.8 mg/dLに。
・「国際勃起機能スコア(International Index of Erectile Function)」の「勃起機能サブスケール」平均スコアの緩やかな上昇。ベースラインの21.1から60カ月の5年時点で25.25に届く。

また、長期にわたるテストステロン治療は脂質プロファイルにプラスの効果(総・LDLコレステロールの減少、HDLコレステロールの増加、トリグリセリドの減少)をもたらし、空腹時血糖やHbA1cを低下させ、炎症を軽減させた。この研究の論文は、『インターナショナル・ジャーナル・オブ・クリニカル・プラクティス(International Journal of Clinical Practice)』に受理され、発表されている。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- イントリンサ(テストステロン)300μg (8パッチ(約1ヶ月分)) 10690 円

- セルノス・ジェル(ウンデカン酸テストステロン)1% (14サシェ) 5260 円

- アンドリオール(ウンデカン酸テストステロン)40mg  (10カプセル) 920 円