ホルモン補充療法・抗ホルモン剤

向精神薬販売に関する重要なお知らせ

このカテゴリーの売上ベスト3!!

価格:920 円 価格:430 円 価格:2960 円
アンドリオール(ウンデカン酸テストステロン)40mg  フェルトミッド (クエン酸クロミフェン) 50mg エストラドット100(エストラジオール)100mcg
【次回入荷未定】
経口タイプの男性ホルモン補充療法薬!テストステロン欠乏症による男性の性腺機能低下症や男性の不妊症などに効果を発揮します!肝臓への影響や副作用が少ないのが特長!
日本で最も使用されている排卵誘発による不妊治療薬!排卵を誘発するホルモンを刺激して排卵を促して、妊娠の可能性を増加!排卵誘発率は70%以上! 更年期障害の治療薬!肌に直接張り付けるだけで、エストロゲン(女性ホルモン)を継続的に補充し、更年期障害の様々な症状を緩和!内服薬よりもより少ない量で、同等以上の効果を発揮!

 

ホルモン補充療法・抗ホルモン剤 - 新しく追加した商品

価格:12450 円

ルティナス膣錠(プロゲステロン)100mg

天然型黄体ホルモンの補充薬!アプリケータで膣に直接挿入する錠剤タイプなので、効き目もよく、副作用が少なめなのも特長です!不妊治療の生殖補助医療における黄体補充に!

価格:630 円

ゲストン(プロゲステロン)50mg/mL 

受精卵の着床や正常な妊娠の維持に欠かせないプロゲステロンの注射薬!黄体機能不全を原因とする不妊症を初め、女性特有のトラブルのホルモン療法に効果を発揮!

価格:620 円

チロフィット25(チロキシンナトリウム) 25mcg

甲状腺ホルモンの合成、分泌不足によって引き起こされる甲状腺ホルモンの治療薬!不足しているホルモンを補充することによって疲労や体の機能の低下といった症状を改善します!チラージンSのジェネリック!

 

ホルモン補充療法・抗ホルモン剤 - 全商品一覧 (113)

ホルモン関係--更年期障害 (27)

ホルモン関係--不妊治療 (17)

ホルモン関係--甲状腺の病気 (14)

ホルモン関係--抗男性ホルモン (7)

ホルモン関係--その他 (24)

ホルモン関係(取扱いなし・要問合せ) (22)

 

ホルモン補充療法・抗ホルモン剤 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

2016-11-07
低オキシトシンが共感低下へと導く可能性(【Medical News Today】より) - ロマンチックな愛着と親子の触れ合いに関与しているホルモンが、共感にも影響しているかもしれないことが新しい研究で発表された。オキシトシン値を低下させる原因となる神経疾患の患者を研究者たちが調査し、この結果にたどり着....
> 続きを読む

2015-02-27
女性にはプロゲステロン補充のほうがプラス(バイオ・ホルモン・ヘルスより)― プロゲステロンに関する研究が見当たらない、なんてよく言われますが、フランスとアメリカのわりと最近の研究では、女性の「乳がんや脳卒中のリスクを減らす」「認知症を防ぐ助けになる」という現実的なメリットが明....
> 続きを読む

2014-12-04
骨髄増殖性腫瘍の発生を女性ホルモンが防ぐ(サイエンス・コーデックスより)― 血液疾患の中には治癒を期待できる治療法が現在もないものがあり、今回の発見はその治療法として応用できる可能性がある。この研究はCNICのサイモン・メンデス‐フェレール博士(Dr. Simon Mendez-Ferrer)がリーダーを務め、バーゼル大....
> 続きを読む

2014-07-17
抗うつ薬が更年期症状の治療に役立つ可能性(精神医学ニュースより)― 辛いホットフラシュ(ほてり)や寝汗の治療時、閉経期女性がエストロゲンを服用したくない時やできない時、抗うつ薬が効果的な代替薬となる可能性がある。エストロゲンは長年、閉経期のホットフラシュや寝汗に対する....
> 続きを読む

2014-07-09
乳癌治療薬が一部の女性の妊娠にどう役立つのか(ヘルス.comより)― 多嚢胞性卵巣症候群の女性患者は、現在の推奨薬の代わりに乳癌治療薬を服用することで、妊娠確率を高められることが、新たな研究で示唆されている。多嚢胞性卵巣症候群は、米国における女性不妊症の最も一般的な原因....
> 続きを読む

2014-07-02
テストステロン治療は心発作リスクを増加せず:研究報告(サイエンス・デイリーより)― 米国の高齢男性におけるテストステロン処方率は過去10年で3倍に増えている。最近の研究でテストステロン使用と心発作・脳卒中リスク増加が関連付けられ、患者やその家族に懸念が広まっている。高齢男性25,000人以上を対....
> 続きを読む

2014-06-14
老いた筋肉と骨の健康を回復させるために幸せホルモンと呼ばれるオキシトシンが役立つ可能性(テック・タイムズより)― カリフォルニア大学バークレー校(University of California, Berkeley)の研究者らは、幸せホルモンと考えられているオキシトシンが、老化した筋肉を再生させ、骨の健康を向上させるのに役立つ可能性があるとしている。本研究者らはオキシトシンを....
> 続きを読む

2014-06-02
エストラジオールもベンラファキシンもホットフラッシュに有効(メッドスケープより)― 5月26日の『JAMAインターナル・メディシン(JAMA Internal Medicine)』オンライン版に掲載された記事によると、閉経周辺期および閉経後の女性を対象に、血管運動神経症状(VMS)の治療として低用量エストラジオールと低用量ベンラファ....
> 続きを読む

2014-06-02
エストリオールが多発性硬化症の再発を減らす可能性(NPRより)― ずいぶん前から、多発性硬化症(MS)の女性が妊娠するとその間は病状が改善する傾向にあると指摘されています。これが基になって、妊娠と関連するホルモンをMS治療に使う試験が実施されました。そのホルモンとは、エ....
> 続きを読む

2014-03-13
オキシトシンが摂食障害への新たな治療薬となる可能性(ヘルス・カナルより) - 「幸せホルモン」としても知られるオキシトシンが、神経性食欲不振症に対する新たな治療薬となりうることが、イギリスおよび韓国研究者らのチームによる新たな研究で示された。本研究は、高カロリー食および肥満体形....
> 続きを読む

2014-03-12
認知症リスクのある閉経後女性においてエストラジオールが重要な脳領域を保持(メディカル・エキスプレスより) - 認知症リスクの高い女性において、エストラジオールによるホルモン療法を閉経直後に開始すると、重要な脳領域の委縮が予防されることが、スタンフォード大学(Stanford University)医学部の研究者らが主導する新たな研究で示された。商....
> 続きを読む

2014-01-15
女性のほてりへのプロゲステロン使用が心血管系の健康に安全であることを示す研究結果(UBCニュースより) - ブリティッシュ・コロンビア大学のジェリリン・プライア(Jerilynn C.Prior)によれば、「プロゲステロンのリスクは誇張されている」ことが最近の研究結果で明らかにされた。閉経後女性における重度のほてりや寝汗を軽減することが明....
> 続きを読む

2013-09-23
性腺機能低下症の肥満男性に対する長期のテストステロンは有益(腎臓&泌尿器学ニュースより) - 第33回国際泌尿器科学会総会(33rd Congress of the Societe Internationale d'Urologie)で発表された研究結果によると、性腺機能低下症の肥満男性が長期にわたりテストステロン注射を受けたところ、体重およびウエスト周囲径が徐々に減少したという。この効 ....
> 続きを読む

2013-06-18
テストステロンが女性の頭の切れを維持(メドページ・トゥデイより) - 閉経後女性を対象とした無作為化試験で、テストステロンゲルの連日塗布による認知機能改善の可能性が示唆された。オーストラリア・メルボルンにあるモナシュ大学(Monash University)のスーザン・デイビスMBBS, PhD(Susan Davis, MBBS, PhD)による....
> 続きを読む

2013-06-17
テストステロンは閉経後の女性における言語学習及び記憶を向上させる(e!サイエンス・ニュースより) - 新たな調査で、テストステロンジェルで治療を受けた閉経後の女性は、プラセボで偽治療を受けた女性と比較して、言語学習及び記憶が向上したことが明らかになった。調査結果は月曜日、サンフランシスコで行われた第95....
> 続きを読む

2013-06-17
テストステロン低値の男性における疼痛の改善にテストステロン療法が有用となる可能性(サイエンス・コーデックスより) - オピオイド(麻薬性)鎮痛剤によってテストステロンが減少した男性において、テストステロン治療が痛覚認知の抑制と関連することが、新たな研究で明らかにされた。この結果はサンフランシスコで開催された内分泌学会....
> 続きを読む

2013-06-13
鼻スプレー「ラブ・ホルモン」はあなたの結婚生活を救えるか?(abcニュースより) - キューピッドの矢が鼻スプレーという形で飛んでくるかもしれない。これは、オックスフォード大学の研究者らが現在レビューしている研究による考えだが、オキシトシンというホルモンを配合したスプレーが、結婚後いつ....
> 続きを読む

2012-10-04
閉経直後に開始するエストロゲン/プロゲステロン治療は安全かつ有効であるとみられる(ニュース・メディカルより) - 閉経直後に開始するエストロゲン/プロゲステロン治療は、安全であるとみられるほか、閉経後の女性が直面する多くの症状を軽減するとともに、気分および心血管リスク関連マーカーも改善させることが、フロリダ州オーランドで....
> 続きを読む

2012-07-12
オキシトシンが世界で最も素晴らしい分子である10の理由(io9.comより) ― 「信頼ホルモン」と呼ばれることもよくありますが、オキシトシンは単にカップルの絆を強める以上に多くのことを行う脳内化学物質であると、ますます考えられるようになっています。オキシトシンは、私達が自らの社会的関係を....
> 続きを読む

2011-12-12
オキシトシンスプレーが社交不安を軽減する可能性(PsychCentralニュースより) - クリスマスパーティー、面接、更には初デートなどの社交機会がストレスとなる人もいる。研究者らは、鼻スプレーを介した自然薬の服用がストレスを緩和し、より気持ちを落ち着かせ、より社交的な性格にしてくれるという....
> 続きを読む

2011-11-04
男性更年期の治療方法(FoxNews.comより) - 低テストステロン値の男性を治療すべきかどうかの見方は、ここ数年大きな議論になっている。この議論はテストステロン治療のリスクと利益に関連するもので、データからは加齢に伴う男性の血清総テストステロン値の低下が....
> 続きを読む

2011-10-07
静脈血栓塞栓症リスクを経口エストロゲンと経皮的エストロゲンで比較検討(ファミリープラクティスニュースより) - 5万人以上の女性から収集したデータに基づくと、経皮的エストロゲンを使用した女性は、経口エストロゲンを使用した患者よりも、静脈血栓塞栓症のリスクが30%低い、とノバルティス社のエリック・ベレスフォード(Eric Beresford)博士は....
> 続きを読む

2011-02-20
脳損傷に対するプロゲステロン(性ホルモン)の試験(BBCニュースより) -最初の避妊ピルに使用された性ホルモンである天然プロゲステロンが、重度の頭部損傷患者を対象に試験される予定である。研究者らは、3月に第III相試験を開始する予定とし、プロゲステロンが患者の命を救い、脳の損傷を軽減する....
> 続きを読む

2010-05-12
母親からの電話は「抱きしめるのと同じくらい子供を落ち着かせる」(BBCニュースより) - 働いている母親は家におらず、子供がパニックになっても抱きしめて安心させてやることができない。しかし研究により、母親の声を電話で聞かせても、....
> 続きを読む

2010-05-05
男性の肥満と低テストステロン値が関連、研究で明らかに(サイエンスデイリーより) - 肥満は心臓病と糖尿病に関連する病状として知られるが、他の健康問題とも関連があることが最近明らかになった。低テストステロン値、つまり男性にのみ見られる症状である。糖尿病専門誌『ダイアビーテス・ケア』に先だってインターネットで公表されたニューヨーク州立大学バッファロー校の内分泌学者らの研究結果で、男性性機能低下(HIM)研究の研究対象で肥満患者の40%が通常の数値よりも低いテストステロン値を記録....
> 続きを読む

2010-02-07
植物から女性ホルモンのプロゲステロンが初めて発見された(サイエンスデイリー) - 従来の見識をくつがえす研究結果として、科学者らが植物から女性ホルモンのプロゲステロンを初めて発見したと報告している。これまでは、動物しかプロゲステロンを産生できないと考えられていた。プロゲステロンは卵巣から分泌されるステロイドホルモンであり、子宮に妊娠の準備をさせたり、妊娠を維持する。合成プロゲステロンである....
> 続きを読む

2007-08-01
月経前症候群(PMS)(BBCヘルスより) - 月経前症候群とは、生理(月経)前、定期的に発現するが、出血が始まると収束する、心身の症状に与えられた名称。女性の三人に一人が影響を受ける病状として広く認められている。 どんな症状があるのか? PMSと関連した症状は150以上あり、個々の女性の症状も月ごとに変化する。 もっともよくある症状は....
> 続きを読む