点眼薬・目軟膏

向精神薬販売に関する重要なお知らせ

このカテゴリーの売上ベスト3!!

価格:790 円 価格:440 円 価格:620 円
クリアリン点眼液(ナファゾリン)0.01% ゲンチシン点眼薬(ゲンタマイシン)0.3%  オフロックス点眼・点耳液 (オフロキサシン) - 0.3%w/v
炎症や疲労が引き起こす毛細血管膨張が目の充血原因!有効成分が膨らんだ血管を収縮させ、素早く赤みを取り除きます!ただし充血の原因そのものを治療する効果はありません! 幅広い抗菌力と殺菌的作用を持つ抗生物質!細菌のたんぱく質合成を阻害して増殖を抑制!結膜炎、角膜炎、ものもらいなど、細菌が原因の眼感染症の治療のための点眼薬! これ1本で外眼部や中耳、外耳に発症した細菌感染による炎症症状を緩和するニューキノロン系抗菌薬!タリビッド点眼・点耳液0.3%のジェネリック!

 

点眼薬・目軟膏 - 新しく追加した商品

価格:1980 円

ナタメット(ピマリシンジェネリック)5%(5ml)

カンジダ菌・アスペルギルス・セファロスポリウム・フサリウム・青カビなによって引き起こされる角膜真菌症治療の点眼薬!

価格:1260 円

アロー・ドルティム(塩酸ドルゾラミド/マレイン酸チモロール)30mg

40歳以上の視覚障害の第一原因とされている緑内障治療薬!配合されている2つの成分の相乗効果によって優れた眼圧効果を発揮!複数の点眼薬を使用する煩わしさがなく、さし忘れが少ないのが最大の利点!

価格:1260 円

ナタック点眼薬(ナタマイシン)50mg

カビ類の角膜への繁殖による角膜真菌症治療薬!真菌類の繁殖を抑制し、目の痛みや充血、そして視力低下といった症状を改善します!目の感染症の中でも比較的珍しいものなので医師のもとでの治療が大切!

 

点眼薬・目軟膏 - 全商品一覧 (58)

点眼薬・目軟膏--結膜炎・角膜炎 (17)

点眼薬・目軟膏--緑内障・眼圧降下 (12)

点眼薬・目軟膏--白内障 (1)

点眼薬・目軟膏--ドライアイ (1)

点眼薬・目軟膏--その他 (8)

点眼薬・目軟膏(取扱い無し・要問合せ) (17)

 

点眼薬・目軟膏 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

2015-04-10
アゴメラチンは緑内障の眼圧を下降させる(MPRより)― オフサルミック&フィジオロジカル・オプティクス(Ophthalmic & Physiological Optics) 3月号で発表された研究によると、経口全身治療薬アゴメラチンは、治療抵抗性の原発性開放角緑内障(POAG)患者の両眼の眼圧(IOP)を下降させる降圧効果がある....
> 続きを読む

2014-10-20
デキサメタゾン溶出涙点プラグで炎症および疼痛が緩和(ヒーリオより)― 徐放性デキサメタゾン溶出涙点プラグは、白内障手術後における前房内細胞の消失および鎮痛効果において、プラセボ溶出涙点プラグよりも優れていることが、発表された。米国眼科学会(American Academy of Ophthalmology)でトーマス・ウォルター(Thomas....
> 続きを読む

2014-10-20
前房内抗菌薬が術後の眼内炎を予防(ヒーリオより)― セフロキシムとモキシフロキサシンの眼房内併用投与は、水晶体超音波乳化吸引術に起因する眼内炎リスクを低下させることが、研究者らによって発表された。ニール・ショーステイン(Neal H. Shorstein)博士は「前房内抗菌薬は眼内炎....
> 続きを読む

2014-08-19
局所用タクロリムスがアレルギー性結膜炎の徴候及び症状を軽減(ヒーリオより)― 新たな研究によれば、増殖性病変又は角膜病変を伴う難治性アレルギー性結膜炎をタクロリムス点眼剤で治療し得た。この前向き試験では、難治性アレルギー性結膜炎患者1,436人を対象とし、タクロリムス眼科用懸濁液剤0.1%(千....
> 続きを読む

2014-07-17
ドキシサイクリン:眼疾患に対する二重の役割?(メッドスケープより)― ドキシサイクリンは、マイボーム腺機能不全の管理において既に重要な役割を果たしているが、これとは別に一般的な眼疾患である糖尿病性網膜症の治療にも有効となる可能性がある。現行の糖尿病性網膜症の治療法は血糖....
> 続きを読む

2014-06-12
結膜下リドカインが硝子体内注射後の眼内炎の発生率を低減(ヒーリオより)― 研究によると、麻酔として結膜下に投与するリドカインの抗菌性が、硝子体内注射後の眼内炎の発生率を低減する可能性がある。この遡及的診療録レビューは、硝子体内注射15,042例を対象とした。これらの注射のうち6,853例の前....
> 続きを読む

2014-04-22
アセタゾラミドと低ナトリウム食が視力を改善(ドクターズ・ラウンジより) - 特発性頭蓋内圧亢進症と軽度視力低下を有する患者において、アセタゾラミドと低ナトリウム減量食の併用療法は、食事療法単独と比較して、視野機能をやや改善させることを示す研究結果が、アメリカ医師会機関紙(Journal of....
> 続きを読む

2014-03-07
非増殖糖尿病網膜症においてドキシサイクリンが視力を改善する可能性(2ミニット・メディスンより) - この研究の狙いは、ドキシサイクリンの抗炎症という要素が非増殖糖尿病網膜症の進行を妨げるか確認することであった。患者30人をプラセボ群と治療群に分け、後者の群ではドキシサイクリンを24カ月にわたり毎日服用し....
> 続きを読む

2013-12-23
一般的な抗生物質がドライアイに効く可能性(マサチューセッツ・アイ&イヤーより) - マイボーム腺機能不全(MGD)はドライアイ(眼乾燥)の主な原因であり、数千万のアメリカ人に発症がみられる。しかし、FDAに認可されたマイボーム腺機能不全の治療薬は存在しない。一つの治療薬候補が、スケペンス眼研究所....
> 続きを読む

2013-06-03
レバミピドがドライアイの症状を緩和すると研究結果が示す(オプトメトリー・タイムズより) - 日本の京都府立医科大学眼科学教室の医師である木下茂博士と同僚らによると、2%レバミピド懸濁点眼液は、0.1%ヒアルロン酸ナトリウム液よりもドライアイの治療に効果がある。著者らの報告によると、ドライアイ患者....
> 続きを読む

2012-11-01
チモロールの使用でレーシック後の再近視化を治療できるかもしれない(ヘアリオより) - ある研究によれば、レーシック後に再び近視となった眼にチモロールを使用したところ、等価球面度数が改善し、効果は治療終了後少なくとも6カ月間持続した。「この治療の屈折矯正効果は弱いものの(12カ月時点で平均差0.62....
> 続きを読む

2012-10-26
シクロスポリンは適応外の抗炎症薬として有効である可能性(ヘアリオより) - 2012年アカデミー(Academy 2012)の会議(ポスターセッション)における臨床医らの報告によると、シクロスポリン(免疫抑制薬)0.05%乳剤は、安全性が認められているとともに、副作用は最小限となっており、一般的にコルチコステロイド....
> 続きを読む

2012-10-26
白内障手術後の痛み、(前房の)フレアおよび細胞をロテプレドノールゲルが効果的に消失させる(ヘアリオより) - フェニックス―アカデミー2012(Academy 2012)でのポスター発表によると、最近承認されたエタボン酸ロテプレドノールゲルは、白内障手術後の患者の眼の炎症および痛みの治療に有効なことが研究結果から明らかにされた。そのポスター....
> 続きを読む

2011-12-21
失明を阻止する治療に画期的躍進(カリフォルニア大学サンフランシスコ校より) - 失明の可能性のある眼感染症に対する一般的治療を年1回行った場合でも、6ヵ月ごとに行うのと同等の効果を得られることが、UCSF試験によって明らかにされた。この無作為化試験はトラコーマに関するもので....
> 続きを読む

2011-12-07
ケトロラク製剤によりPRK後の症状が緩和(モダンメディスンより) - カンザス州、カンザスシティ-PRK(レーザー屈折矯正角膜切除術)後の患者の快適感は、人工涙液製剤(システイン(Systane)、アルコン・ラボラトリーズ社(Alcon Laboratories))よりも....
> 続きを読む

2011-11-16
結膜下コルチコステロイドで特定の前強膜炎の治療の可能性(OSNスーパーサイトより) - 研究により、結膜下トリアムシノロンアセトニドは、少数の患者に眼圧上昇という限られた副作用は伴うが、非壊死性で非伝染性の前強膜炎の治療に使用できるかもしれない、と分かった。「トリアム....
> 続きを読む

2011-11-10
上皮下浸潤の治療薬として副腎皮質ステロイドに代わるシクロスポリンA 1%(眼科手術ニュースより) - 副腎皮質ステロイド点眼薬の離脱が不可能な患者に、シクロスポリンA点眼薬を投与すると治療に成功がもたらされることが、研究により明らかとなった。アデノウイルス角結膜炎後の上皮下浸潤の治療薬としてのシクロスポリンA 1%点眼薬....
> 続きを読む

2011-10-14
視神経炎の治療にシンバスタチンを使用(バーチェスター・ヘルスケアより) - コレステロール低下薬は、急性視神経炎の治療にも有効であると考えられることが研究で示された。シンバスタチンは一般に高コレステロールの治療に用いる薬だが、多発性硬化症(ミエリンに損傷を与え視神経炎を引き起こすもの)の免疫反応を低下しうると....
> 続きを読む

2011-01-12
インプラントが眼内炎症性疾患の治療への有効性を示す(サイエンスデイリーより) - JAMA/アーカイブ・ジャーナルの1つである「アーカイブ・オブ・オフサルモロジー」(眼科学に関する雑誌)5月号に掲載される予定で、先にオンライン版に掲載された研究報告によれば、眼内にデキサメタゾンを放出....
> 続きを読む

2010-09-30
盲目の冒険家が試験薬で一部の視力回復(TODAY.com より) - マイク・スコールズ(Mike Scholes)氏の視力が落ち始めたのは5年前で自由落下パラシュートジャンプの練習をしていた頃であった。英国ウェストサセックス州リンドフィールドに住む58歳の熱狂的冒険家は「眼鏡士に検査を受けに行き....
> 続きを読む

2010-05-28
目のアレルギー(BBCフィジカルヘルスより) - 目のアレルギーには、結膜(瞼の裏側から伸び眼球を覆う膜)の不快感から重度の結膜の炎症を伴う角膜瘢痕まで様々な種類がある、とエイドリアン・モリス医師は解説する。目の花粉症 - 季節性アレルギー性結膜炎は目の花粉症で一般人口の....
> 続きを読む

2005-12-01
アルツハイマー病の早期発見(サイエンスデイリーより) - 脳に発生するアルツハイマー病の過程と同じものが、眼にも生じるという最近の発見を踏まえて、同研究者らはアルツハイマー病の全患者の水晶体に....
> 続きを読む