心臓・血液の病気

向精神薬販売に関する重要なお知らせ

このカテゴリーの売上ベスト3!!

価格:320 円 価格:340 円 価格:750 円
アムロプレス (ベシル酸アムロジピン) 5mg インデラル40 (塩酸プロプラノロール) 40mg オルメシップ (オルメサルタン メドキソミル) 40mg
高血圧治療薬!血管の収縮を阻害し、血液の流れを改善することによって血管にかかる圧力を降下!優れた冠状動脈拡張作用から虚血性心疾患にも有効! β受容体を遮断して、心臓の拍動、収縮を抑制!交感神経伝達物質のノルアドレナリンの作用が抑制され、心臓の負担が軽減されて高血圧や狭心症に効果を発揮! 数あるアンジオテンシンII受容体阻害薬(ARB)の中でも抜群の効果!血圧上昇物質アンジオテンシンII受容体への高い選択制と強い結合力で効果的に血圧を降下!血管の収縮や血液中の血液量増加を抑える高血圧症の治療薬!

 

心臓・血液の病気 - 新しく追加した商品

価格:3450 円

ケナジオン(フィトメナジオン)10mg

体内での血液凝固作用に欠かせないビタミンK!不足したビタミンKを補い、血液凝固の遅延、抑制、出血症状などを改善します!ただし経口ビタミンK製剤が使用できない場合に限ります!

価格:1950 円

メルドニウム・エム・アイ・シー(メルドニウム)250mg

ユニークな作用機序を持つ抗虚血薬!心臓の機動力を糖質に切り替えることで血糖値を低下!より多くの酸素を心臓に送り虚血状態から保護!さらに持久力やストレス耐性の向上が期待できることから運動選手が使用することも!シャラポワ選手の使用で一躍有名に!Grindeks社・Mildronateのジェネリック!
※※ドーピング規制薬物※※

価格:4800 円

ブリリンタ(チカグレロル)90mg 

急性冠症候群や心筋梗塞の既往歴のある人の心臓血管系による死亡、心筋梗塞の確率を低減させるとしてアメリカ、ヨーロッパで幅広い適応症が認められている抗血小板剤!最短30分で効果が出るほど即効性に優れ、特にアテローム血栓性イベントの再発リスクが高い人に最適!

 

心臓・血液の病気 - 全商品一覧 (94)

心臓・血液の病気--心疾患 (36)

心臓・血液の病気--血栓症 (13)

心臓・血液の病気--その他 (7)

心臓・血液の病気(取り扱い無し・要問合せ) (36)

 

心臓・血液の病気 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

2016-11-02
オメガ3が強化の高オレイン酸キャノーラ油摂取が心臓血管疾患のリスクを低減(【News-Medical.Net】より) - グラナダ大学の科学者、CIDAF、そしてカナダのリチャードソン・センター機能性食品栄養補助食品研究所は、オメガ3が強化された高オレイン酸キャノーラ油の摂取が血中トリグリセリド濃度を大いに低下させたことを立証した。グラナダ大学....
> 続きを読む

2016-08-30
新たな経口抗凝血剤はワルファリン同様に脳卒中を予防するが出血は少ない(【Medical News Today】より) - 新たな経口抗凝血剤は、ワルファリンと同様の脳卒中予防効果を持つが頭蓋内出血はあまり引き起こさない、とデンマークにあるヘアリウ・アンド・ゲントフテ大学の調査員であるライラ・スターク博士は、2016年ESC総会において4万3000....
> 続きを読む

2016-08-30
安価な薬が1型糖尿病患者の心臓疾患の速度を遅くする可能性があると専門家が発言(【Medical News Today】より) - ニューキャッスル大学の科学者たちは、1型糖尿病患者が一般に2型糖尿病患者に処方される薬を日常的に服用すると、心臓疾患の発症や進行を遅くさせることを確信している。メトホルミンは、肝臓でのブドウ糖の生成を減少させて2....
> 続きを読む

2016-08-30
葉酸が先天性心臓欠陥に効く可能性(Medical News Today】より) - 葉酸が強化された食品が、カナダにおいて特定種類の先天性心臓欠陥率を減少させたという新しい研究結果が、米国心臓協会ジャーナル誌で発表された。葉酸は、新しい細胞を生成する際に体が使用するビタミンBのひとつで、健康....
> 続きを読む

2016-08-03
オメガ3が心臓発作後の心臓障害と機能を改善(【MedicalNewsToday】より) - 一度でも心臓発作を起こすとその心臓は損傷を受けることがあり、さらにほかの心臓関係の問題を起こすリスクが上昇する。しかし新しい研究によると、毎日オメガ3を摂取することでこのリスクを低減することができるかもしれ....
> 続きを読む

2016-06-28
オメガ3脂肪酸の血中濃度が心臓発作の致死的リスクの低減と関係(【News-Medical.Net】より) - 海産物と植物由来のオメガ3脂肪酸の血中濃度は、心臓発作による死のリスクの低下とやや関係があることが、本日『JAMA Internal Medicine』で発表されたスタンフォード大学医学部心臓血管内科のポスドク研究員であるリアナ・C・デルゴッボ博士と、ボストン....
> 続きを読む

2016-06-24
ワルファリンに満足(【MedPageToday.com】より) - 新種の経口抗凝固薬は、心房細動の患者に対して生活を今よりも楽にするともてはやされているが、ビタミンK拮抗薬の240人の新規使用者および567人の長期服用者を対象にした将来性のある調査の分析で、これらの薬は実生活の耐容性が実際に....
> 続きを読む

2016-06-21
心房細動脳卒中リスク低下に依然としてアスピリンを誤処方(【MedPageToday.com】より) - アスピリンには心房細動に関連する血栓塞栓症の予防効果がないにも関わらず、中等度から高度の脳卒中リスクを持つ心房細動患者の実に3分の1以上が、このリスク低減のために経口抗凝血薬ではなくアスピリンを処方されている、と....
> 続きを読む

2016-06-17
スタチンが脳卒中患者の感染症を58%低減させる可能性(【News-Medical.Net】より) - スタチンが脳卒中患者の感染症リスクを劇的に低減させたことを、ワシントン州立大学の研究者が発見した。ワシントン州立大学エルソン・S・フロイド医学部の非常勤教授であり、セント・ルーク・リハビリ研究所の研究室長である....
> 続きを読む

2016-05-11
生体弁術後のワルファリンは「危険」?(【MedPageToday】より) - 抗凝血剤は外科的大動脈弁置換術(SAVR)後の血栓塞栓症を減らさず、さらに高リスクの出血と関連があることが統合分析でわかった。クレーバーランドクリニックのハリス・リヤーズ博士および同僚によれば、ワルファリンはアスピリンおよび....
> 続きを読む

2016-04-21
よく管理されたワルファリン治療は心房細動を持つ患者の合併症リスクの低減と関連(【MedicalNewsToday】より) - オンラインで発表されたJAMA心臓学の研究で、スウェーデンにあるウメオ大学のフレドリック・ビェアク博士とその同僚は、よく管理されたワルファリン治療を受けている非弁性心房細動の患者における効率性と安全性を評価した....
> 続きを読む

2016-04-12
米国予防医学専門委員会が心臓血管疾患と大腸がんの予防にアスピリンを推奨(【NEJM】より) - 国予防医学専門委員会は、50~60代の心臓血管疾患および大腸がんの高いリスクを持つ成人に対する第一予防としてアスピリンを推奨している。2007年および2009年にグループ推奨定義が改訂されたそのガイドラインは、アナルズ・オブ....
> 続きを読む

2015-12-10
FDA委員会がエゼチミブの警告を高めようとしている(【MedPage Today】より) - IMPROVE-IT試験における徹底的な研究に基づいたエゼチミブ(ゼチーア)およびその配合成分シンバスタチン(バイトリン)の適応引き上げに関するメルク社の申請を検討するFDA諮問委員が来月の月曜日に開催されるが、そこで強烈で知的な激論....
> 続きを読む

2015-11-11
心房細動患者における抗凝血薬の使用が減少(【MedPage Today】より) - 脳卒中の再発防止にリバーロキサバンを処方された心房細動を持つ患者のわずか半数が2年後も引き続き治療を受けていたが、彼らのアドヒアランスはワルファリンやダビガトランで心房細動の治療を受けている患者よりも依然としてよかった、と研究者は語っている。....
> 続きを読む

2015-09-15
50歳以上の人は心臓発作や脳卒中予防のために毎日アスピリンを服用すべき(【Medical News Today】より) - 米国予防医学専門委員会が発行しているガイドラインが改定され、心臓血管病リスクの高い50-59歳の人は、心臓発作や脳卒中予防のために毎日低用量のアスピリンを服用することが推奨された。 さらに米国予防医学専門委員会(USPSTF)は....
> 続きを読む

2015-08-11
テストステロン治療が高齢者の心臓血管リスクを減らすかもしれない(【MNT】より) - テストステロン補充療法を受けているテストステロン値の低い男性は、心臓発作、脳卒中そして全死因死亡のリスクも減少することが研究によりわかった。 『ヨーロッパ心臓ジャーナル』で発表されたその研究は、復員軍人援....
> 続きを読む

2015-07-07
オメガ3サプリが高齢者の心臓血管の健康を改善する可能性(【News-Medical.net】より) -%E3%82%AA%E3%83%A1%E3%82%AC3%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%AA%E3%81%8C%E9%AB%98%E9%BD%A2%E8%80%85%E3%81%AE%E5%BF%83%E8%87%93%E8%A1%80%E7%AE%A1%E3%81%AE%E5%81%A5%E5%BA%B7%E3%82%92%E6%94%B9%E5%96%84%E3%81%99%E3%82%8B%E5%8F%AF%E8%83%BD%E6%80%A7.html....
> 続きを読む

2015-03-02
ミネソタ大学とその提携先がアスピリン使用の普及を目指す(ミネソタ・デイリーより)― ミネソタ州ではミネソタ大学(University of Minnesota)と州の50を超える対象店舗が提携して、今春にもアスピリン常用の促進活動を行う。州の住民の心臓の健康管理に役立てるためだ。中年層には心臓発作や脳卒中のリスクが目立つこと....
> 続きを読む

2015-02-05
心筋梗塞後の患者のPAD発症を高用量アトルバスタチンが抑制(ヒーリオより)― MI(心筋梗塞)歴がある患者を対象としたIDEAL試験のデータによると、高用量アトルバスタチンは中用量シンバスタチンと比べて、末梢動脈疾患(PAD)の発生率を有意に下げたという。さらに、ベースライン時にPADの既往があ....
> 続きを読む

2014-09-02
高用量ロスバスタチンで心発作患者の冠動脈プラークが縮小(メディカル・エキスプレスより)― 2014年欧州心臓病学会(European Society of Cardiology:ESC)総会で発表された新規研究によれば、心発作の一種であるST上昇型心筋梗塞(STEMI)を起こした患者において、最大用量のコレステロール降下薬ロスバスタチンを1年間投与すると、動脈内プラー....
> 続きを読む

2014-07-14
心臓病リスクがある多くの患者に、有益なアスピリン治療に関する助言が欠如(フロリダ大学ニュースより)― フロリダ、ゲインズビル(GAINESVILLE, Fla)。毎日アスピリンを低用量服用すると、心血管疾患の重要な予防となりうるが、フロリダ大学(University of Florida)の 研究者らは、アスピリンで最も恩恵を受けることができる人が服用していない可能....
> 続きを読む

2014-06-13
ラノラジンでQOLが改善(ダイアビーティス・イン・コントロールより)― 2型糖尿病(T2DM)と安定狭心症を有する患者を対象にラノラジンを検討した「TERISA試験(Type 2 Diabetes Evaluation of Ranolazine in Subjects with Chronic Stable Angina)」の結果から、この薬は狭心症の発生頻度とニトログリセリンの使用を減らすことが分かった。TERISA試験のデ....
> 続きを読む

2014-04-29
急性心筋梗塞患者に対するエプレレノン投与で主要評価項目が改善(メディカル・エキスプレスより) - エプレレノンは、心不全患者の死亡率を低下させることで知られているが、急性(ST上昇型)心筋梗塞発症後の患者において早期投与することで、有意な効果を得られることが今回明らかにされた。研究者らによれば、本試験....
> 続きを読む

2014-03-31
心臓緊急手術時の患者にはビバリルジンよりもヘパリンが有効(メディカル・エキスプレスより) - 心発作後の直接的経皮的冠動脈インターベンション(プライマリーPCI)施行患者を対象に、2種類の抗凝固薬を比較したところ、ヘパリンの方がビバリルジンよりも28日時点の重大な心血管病変が有意に少なかった。この研究....
> 続きを読む

2014-03-31
メトプロロールという安価な医薬品で心臓発作患者を救うことが可能:死亡リスクが60%低下(メディカル・デイリーより) - 新しい研究は、メトプロロールとして知られている安価な薬剤が緊急外来に向かう途中の心臓発作の患者を重篤な障害が起きる前に治療し、心臓の筋肉の低下を防ぐのに非常に有効であることを見出した。この研究の著者ら....
> 続きを読む

2014-03-31
昔ながらの薬剤(コルヒチン)が心疾患に有用(ライブ・ミントより) - コルヒチンは、古代エジプト王ファラオの時代にリウマチに対して使用されていたものであり、新たな臨床試験の結果によれば、再発する心膜炎の発作(心嚢の炎症)に優れた効果を有する。何世紀にもわたって急性痛風に....
> 続きを読む

2013-11-12
新ガイドラインはもっと多くの人へのスタチン適用を推奨(サンタフェ・ニューメキシカンより) - 米国で、心臓発作や脳卒中を予防するための新ガイドラインが10年ぶりに発表された。このガイドラインでは、コレステロール低下薬スタチンの服用を考慮すべき人の数は、これまでの2倍(全成人の3分の1)となる。米....
> 続きを読む

2013-10-15
プレガバリンが心臓手術後の持続痛を軽減(ヘアリオより) - アメリカ麻酔学会(American Society of Anesthesiologists)の年次総会で発表された研究データによると、手術前後にプレガバリンを投与された患者において、心臓手術後の慢性疼痛の発生率が減少した。無作為化二重盲検試験には、選択的心臓手術が....
> 続きを読む

2013-10-14
プレガバリン剤は心臓手術後の慢性痛発生率を減少させるのに有用(ニュース・メディカルより) - 2013年麻酔科学会(ANESTHESIOLOGY)の年次総会で発表された研究によれば、プレガバリン剤を心臓手術前と手術後14日間にわたり使用した場合、手術後の慢性痛発生率が低下するという。また、術後に長期的持続痛を発症するリスクのある患....
> 続きを読む

2013-10-10
ST上昇型心筋梗塞後のメトプロロール早期投与が梗塞サイズを縮小するとともに左室駆出率を上昇(ヘアリオより) - プライマリーPCI(直接的経皮的冠動脈インターベンション)を受けたKillip分類II以下の前壁ST上昇型心筋梗塞患者において、血流再開前にメトプロロールを早期投与すると、梗塞サイズが縮小し、左室駆出率が上昇した。血流再....
> 続きを読む

2013-10-09
救急搬送中のメトプロロール投与が心臓損傷を減少(ヘルス・ニュースラインより) - 病院搬送中の心発作患者に安価なβ(ベータ)遮断薬を投与すると、心臓へのダメージを有意に小さく抑えられることが明らかにされた。スペイン国立カルロスIII循環器研究所 (Centro Nacional de Investigaciones Cardiovasculares Carlos III:CNIC)と、米国マウントサイナイ....
> 続きを読む

2013-10-01
安価な薬剤(約3ドル未満)が心発作によるダメージを最小限に抑える可能性(サイエンス・コーデックスより) - 米国循環器病専門誌「サーキュレーション(Circulation)」10月1日号に掲載された臨床試験の結果によれば、病院搬送中の心発作患者にメトプロロールという安価なβ遮断薬を用いた早期治療を施した場合、心筋梗塞時の心臓へのダメ....
> 続きを読む

2013-09-04
コルヒチンは心膜炎の第一選択薬になるかも(メドページ・トゥデイより) - 抗炎症作用を持つコルヒチンの適応が、急性心膜炎の治療および再発予防にまで拡大される可能性を無作為化試験が示唆している。イタリア・トリノにあるヴィットリア病院(Vittoria Hospital)のマッシモ・イマジオMD(Massimo Imazio, MD)と共....
> 続きを読む

2013-09-01
欧州心臓病学会: 急性心膜炎におけるコルヒチンの有効性(メドページ・トゥデイより) - 主に痛風治療に使用される抗炎症薬コルヒチンは、急性心膜炎の治療とその再発防止に効果的であるとみられることが、欧州心臓病学会で報告された。イタリアのトリノにあるマリア・ヴィクトリア病院(Maria Vittoria Hospital)のマッシモ・....
> 続きを読む

2013-06-04
スタチンは心臓病患者の腎臓障害を防ぐ(ニュースFIXより) - コレステロールを低下させるスタチンが心臓病患者を腎臓機能悪化から守ることを、臨床試験が示している。我々はすでに、高コレステロールが腎臓病につながったり、心臓病を悪化させうることを知っている。だから、コ....
> 続きを読む

2013-06-01
心疾患に対するアスピリンの抗炎症作用(ニュースFIXより) - アスピリンは、冠動脈の炎症を軽減させることにより、心疾患を予防する可能性がある。本来のアスピリンの用途の1つは、関節炎などの疾患における炎症を治療するためのものであった。さらに、心疾患や脳卒中の予防に....
> 続きを読む

2013-04-15
ジゴキシンが死亡率を上昇させる科学的根拠はないことが新たな試験で判明(ニュースワイズより) - 欧州心臓病学会誌(European Heart Journal)本日号に掲載された研究で、ジゴキシンが心房細動の患者における死亡率を上昇させる証拠はないことが明らかにされ、同じデータを解析した別の研究グループによる同一誌に掲載された結果に相反....
> 続きを読む

2013-04-06
キーホルダーに入ったアスピリンが命を救うかも(ロサンジェルス・タイムズより) - アスピリンの入った小さな赤いキーホルダーをキーチェーンにつないでおけば、心臓発作のときに使用することができます。もしも心臓発作に襲われたら、小さな赤いキーホルダーが生死を分けるかもしれません。アット....
> 続きを読む

2013-04-01
ミノサイクリンが出血性脳卒中の治療戦略に導入される可能性(ドクター・ティプスターより) - ジョージア・リージェンツ大学(Georgia Regents University)の研究者らは、広域抗生物質ミノサイクリンが出血性脳卒中により生じた身体障害の度合いを軽減させられるかどうか確認するための試験を主導している。この結果はこれまでのところ....
> 続きを読む

2013-03-14
米国心臓病学会(ACC):ジゴキシンが心不全による入院率を低下(メッドペイジ・トゥデイより) - ジゴキシンが心不全の高入院率を解決に導く一端となりうることが、DIG試験のサブ解析で示唆された。アラバマ大学バーミングハム校(University of Alabama at Birmingham:UAB)VA医療センターのアリ・アハメド(Ali Ahmed)博士らは、メディケア(老人医療保険)....
> 続きを読む

2013-03-12
高用量ロスバスタチンで急性冠症候群患者の造影剤誘発急性腎障害が減少(ニュース・メディカルより) - 急性冠症候群(ACS)患者が冠動脈造影検査を受けた後、造影剤が原因の急性腎障害が起こることがある。第62回米国心臓学会議年次総会(American College of Cardiology's 62nd Annual Scientific Session)で本日3月12日に発表された研究によると、ある人気のコレステ....
> 続きを読む

2013-03-11
プライマリPCI施行前のスタチン投与は心保護効果に関連(MPRより) - 急性心筋梗塞患者に対する直接的冠動脈形成術(プライマリPCI)を行う前のスタチン療法は、全死亡リスクや、心臓・脳血管の重大な有害事象リスクの低下に関連しなかったことを、佐賀大学循環器内科の下村光洋博士が発表....
> 続きを読む

2013-03-11
広く受け入れられることのなかった心不全治療薬がメディケアおよび病院の高額医療費問題を解決するのに役立つ可能性(アラバマ大学バーミングハム校ニュースより) - 心不全治療薬ジゴキシンは、1997年の臨床試験で「不成功」な結果に終わると、次第に使用される機会が減っていったが、初回投与後30日以内の入院リスクを34%低下させるという点で、どの薬剤でも達成できなかった効果を....
> 続きを読む

2013-03-11
プライマリPCI施行前のスタチン投与は心保護効果に関連(MPRより) - 急性心筋梗塞患者に対する直接的冠動脈形成術(プライマリPCI)を行う前のスタチン療法は、全死亡リスクや、心臓・脳血管の重大な有害事象リスクの低下に関連しなかったことを、佐賀大学循環器内科の下村光洋博士が発表....
> 続きを読む

2013-03-11
アロプリノールが心不全患者の心房細動の発生率を低減(MPRより) - カリフォルニア州サンフランシスコ-アロプリノールが心不全患者の心房細動(AF)の発生率を低減させたことを、米国心臓学会(American College of Cardiology, ACC)第62回学術集会(2013年)で発表された後ろ向きコホート研究が見出した。近年....
> 続きを読む

2013-02-28
長期スピロノラクトン治療が心不全患者の左室拡張機能を改善(ニュース・メディカルより) - JAMA 2月27日号に掲載の研究論文によると、駆出率が保持された心不全患者に対する長期スピロノラクトン治療は、左室拡張機能を改善したものの、患者の最大運動能力、症状、生活の質(QOL)には影響を与えなかった。この....
> 続きを読む

2013-01-23
リコピン摂取は心疾患リスク低下に関連(ナチュラル・スタンダードより) - リコピン摂取が心疾患リスク低下に関連している可能性のあることが、新たな研究で示唆された。リコピンとは、人の血清中や皮膚内、それに肝臓、副腎、肺、前立腺、および結腸内に存在するカロテノイドのことである。....
> 続きを読む

2013-01-22
NHSウェールズでの使用を目的として慢性心不全治療薬エプレレノン(Inspra)採用(ニュース・メディカルより) - エプレレノン(商品名Inspra)の入院・死亡リスク低下における有効性を裏付ける証拠が提示され、このたび同剤がAWMSGに採用された。適応となる患者は、慢性心不全(うっ血性心不全)NYHA(ニューヨーク心臓病学会)クラスIIの成人患者....
> 続きを読む

2013-01-20
メトホルミンは心臓関連疾患の抑制においてグリピジドに勝る(糖尿病ヘルスより) - 冠動脈心疾患を併発する糖尿病患者を対象に中国が実施した調査研究では、脳卒中や心発作をはじめとする主要な心血管関連事象リスクの低下には、メトホルミンがグリピジドよりも有効であるという結論を得ている。シャンハイ....
> 続きを読む

2012-12-25
スピロノラクトンが拡張期心不全に有効性を示す(ファミリー・プラクティス・ニュースより) - 拡張期心不全患者に対するスピロノラクトン治療を評価した研究としては最大規模となる試験の結果から、明らかになったことがある。それは、この薬が構造的・血行力学的・生理学的に有益な効果を発揮し、その安全性は....
> 続きを読む

2012-10-17
ステロイドによる心臓手術の輸血節減(メドページ・トゥデイより) - 心臓手術中に高用量のステロイドを投与された患者は、血液製剤を必要とする割合が低いことが、研究者らによって発表された。オランダのユトレヒト大学医療センター(University Medical Center Utrecht)のジャン・ディルマン(Jan Dieleman)博士らによれば、....
> 続きを読む

2012-10-07
厄介な血栓(ザ・スター・オンラインより) - 静脈に形成される血栓(静脈血栓塞栓症)が出現する確率は、妊娠中に高くなる。血液は動脈(血管)を通って心臓から各身体部位に運ばれ、静脈という別の血管を通って心臓に戻ってくる。静脈は浅静脈と深静脈に分類される....
> 続きを読む

2012-10-01
一般的な抗うつ薬パキシルが心不全を予防する可能性(サイエンス・コデックスより) - ミシガン大学(University of Michigan)の研究者らによれば、うつ病や不安障害を治療するのに通常用いられる薬剤が心不全の予防に役立つ可能性があるという。ミシガン大学生命科学研究所(Life Sciences Institute)の研究教授で、ミシガン大学医学部薬理学教授の....
> 続きを読む

2012-06-17
心房細動:Flec-SL試験が短期の抗不整脈薬治療の有効性を証明(EurekAlert!より) - 心房細動(AF)は最も頻繁に持続する心臓の不整脈で、ヨーロッパでは数百万人が罹患している。AFは心房の収縮を消失させ、心不全を生じさせる。さらに、脳卒中のリスクの高さに関係がある。脳卒中の5例に1例がAFに起因する....
> 続きを読む

2012-04-01
スタチン療法の有益性は脂質低下にとどまらない可能性(ヘルスカナルより) - ノースカロライナ大学チャペルヒル校医学部(the University of North Carolina at Chapel Hill School of Medicine)の研究者らが主導した研究によって、異常な血栓形成につながる分子経路が特定された。彼らは、コレステロール値を低下させる薬剤クラスとして....
> 続きを読む

2012-01-20
スタチン:心臓病薬の連日投与が何千もの命を救う(イクスプレスより) - スタチンというコレステロールを低下させる心臓病薬を毎日服用することが、癌を打破する鍵となる可能性がある。この薬は心臓発作と脳卒中を予防する目的で何百万という人に毎日服用されているものだが、腫瘍の増殖や....
> 続きを読む

2012-01-20
スピロノラクトン投与によりメタボリックシンドローム患者における心筋異常が改善(ヘアリオより) - ACE(アンジオテンシン変換酵素)阻害薬またはアンギオテンシン受容体遮断薬に、スピロノラクトンを併用すると、メタボリックシンドローム患者の線維化マーカーが低下するとの試験結果が明らかにされた。メタボリックシンドローム....
> 続きを読む

2011-12-26
シルデナフィルが心臓病を緩和させる仕組みに関する報告(ニュース・メディカルより) - バイアグラの有効成分シルデナフィルが心臓病を緩和させる仕組みについて、ロチェスター(ミネソタ州)のメイヨークリニック(Mayo Clinic)の研究者らとの共同研究で、ボーフム(Bochum)の研究者らが....
> 続きを読む

2011-11-24
スタチンの有益性についての検討(キャリック・トゥデイより) - 「心臓発作や脳卒中のリスクがある人たちに強力なスタチン処方をすれば、1年に何千件もの死亡を防ぐことができる」とデイリー・メール(Daily Mail)紙が報じました。この新聞によれば、スタチンの強力な使用は標準療法より....
> 続きを読む

2011-11-23
スタチン使用の長期的な有益性と安全性が試験によって確認された(ファームプロより) - 水曜日にランセット誌(Lancet)に発表されたある試験結果は、心血管疾患リスクの高い人にスタチンを投与すると、その効果が投与終了後少なくとも5年間は持続することを示している。また、この薬を使用しても....
> 続きを読む

2011-11-04
心臓病が低テストステロンに関連(サードエイジより) - 低テストステロン値の男性は心臓病のリスクが高い可能性のあることが、新たな研究で示された。3,600人を超える高齢男性から得た5年間にわたるデータを研究者らが解析したところ、低テストステロン値の男性は....
> 続きを読む

2011-10-18
心不全による入院の減少で10億ドル節約(ハフィントン・ポストより) - メディケア(米国の高齢者等を対象とする公的保険)患者における心不全の入院率が10年間で顕著に30%低下した。この減少は米国内で初めてのことであり、発生頻度の高い疾患にかかる10億ドルの負担の削減に国家が一歩踏み出した....
> 続きを読む

2011-09-30
心臓病:種類と治療法(ジー・ニュースより) - その名前が示すように、心臓病(心疾患)とは心臓が侵されるさまざまな病気の総称です。以下に心臓病の主な種類を挙げています。冠動脈心疾患冠動脈心疾患は、冠動脈の循環不全によって....
> 続きを読む

2011-09-23
シルデナフィルがアイゼンメンゲル症候群に対して安全かつ有効であると考えられる(HEARTZINE.COMより) - アイゼンメンゲル症候群とはシャント関連の先天性心疾患で、肺高血圧症につながりチアノーゼを引き起こすものである。循環器系や、全身と肺の間のコミュニケーションに破綻をきたす性質から、循環器系薬剤の使用には特別....
> 続きを読む

2011-09-22
心不全患者におけるアルドステロン拮抗薬の使用(メド・インディアより) - 髄芽腫は小児に最もよくみられる悪性脳腫瘍である。ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション(Journal of Clinical Investigation)に掲載された研究によれば、その大部分はあるウイルスに感染している....
> 続きを読む

2011-09-16
欧州糖尿病学会(EASD):糖尿病治療薬「グリプチン系薬剤」が心臓を救う可能性(メドページトゥデイより) - リスボン-2型糖尿病患者を対象としたジペプチジルペプチダーゼ‐4(DPP-4)阻害薬に関するさまざまな研究について、心血管リスクの可能性を検討したところ、研究者らは驚くべき発見をした。いわゆるグリプチン系薬剤....
> 続きを読む

2011-06-01
ルンブロキナーゼ ― 強力かつ安定的なフィブリン特異的プラスミノーゲン活性化因子(バイオサイエンス&バイオテクノロジー国際学術誌より) ― 心障害と脳血管障害は世界各地で毎年約2,600万人の死者を出しており、世界規模で死亡率が高いというだけでなく、合併症の原因にもなっている。心筋梗塞、脳血栓症、静脈血栓塞栓症などの致死的合併症は、血栓溶解療法により良好な....
> 続きを読む

2011-05-22
エプレレノンは心房細動を抑えることが試験により示された(サイエンスデイリーより) - 欧州心臓学会(European Society of Cardiology。略称:ESC)心不全部会(Heart Failure Association)主催の心不全会議2011(Heart Failure Congress 2011)で発表されたEMPHASIS-HF試験のサブ解析結果から、アルドステロン拮抗薬エプレレノン(ファイザー社のインスプラ)は....
> 続きを読む

2011-03-29
心拍異常は「概ね避けられる」(BBCニュースより) - 最も一般的な心律動障害の全症例の半分以上は、禁煙、より健康的な食事をするなどの「清い生活」で避けることができる....
> 続きを読む

2011-01-01
心臓を大切に(デカンヘラルドより) - 心臓疾患を抱えているインド人はおよそ6千万人。ウペンドラ・カウル(Upendra Kaul)博士がその原因と予防法を簡単に説明する。
> 続きを読む

2010-08-12
ファストフードと一緒にスタチンを無償配布することで心臓病リスクが相殺される可能性があると研究者らはいう(サイエンス・デイリーより) - ファストフード店が、顧客の高脂肪食による心臓病の危険をなくすために、スタチン系薬剤を無料....
> 続きを読む

2010-06-08
痛風治療薬が「心疾患である狭心症の痛みを防ぐ」(BBCニュースヘルスより) - アロプリノールは他の狭心症治療薬よりも安価であり、心臓が必要とするエネルギー量を減少させることで....
> 続きを読む

2010-04-12
高グリセミック指数食品の摂取量が多い女性は心疾患に注意(サイエンスデイリーより) - グリセミック指数(血中のブドウ糖値上昇の度合いを食物別に示す数値)の高い炭水化物食品と冠状動脈性心疾患の関連性が指摘されている...
> 続きを読む

2010-01-01
心臓弁膜症(サイエンスデイリーより) - 心臓弁膜症は通常年齢とともに現れ、60歳以上の人に発症するものだが、感染の結果によって生じることもあり、その場合は数日中に心臓弁が「破壊」される....
> 続きを読む

2005-06-02
心臓の専門家らがアスピリンの価値を認めた(BBCニュースより) - 心臓の専門家らは、心臓発作リスクが高い人の心臓発作を防ぐにはアスピリンが最も優れた薬であると、ある患者協会が発した懸念に対し応えた。....
> 続きを読む

2003-11-11
薬が「心臓発作を防ぐ」(BBCニュースより) - 患者の心臓発作の再発を防ぐ闘いにおいて、科学者らは新たな治療法が存在すると述べている。彼らは、既存薬を服用できない3分の1の患者にはバルサルタンが有用となるだろうと話している。New England Journal of Medicine誌に掲載された試験によれば、バルサルタンは、心臓発作を起こした患者に通常投与される薬と同等の効果を示す....
> 続きを読む